コピペブログ
う゛ぃぺぶろぐ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厨二病の俺が悪徳業者と話してみた
2008年 01月 06日 (日) 21:16 | 編集
厨二病の俺が悪徳業者と話してみた


1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 18:55:27.30 ID:vRa923w6O

厨二病フルスロットな俺が悪徳業者の奴と話し合ってみた

暇な人だけ見てくれ







3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 18:56:16.34 ID:vRa923w6O

件名:登録料金未納のお知らせ

FC2の広告メールしか来ない俺のメールフォルダに、いつもとは違う件名のメールを発見した

内容を要約すると「アンタはエロいサイトで登録したのに登録料金を払ってねぇぞ。早く担当者の石橋に連絡しやがれ」とのことだった

とりあえず電話の通話ボタンを押す







6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 18:57:11.62 ID:vRa923w6O

「はいもしもし」

「もしもし、内藤ですが担当者の石橋さんをお願いします」

「あ、内藤さんねー。どうも石橋です」

「メールに関して問い合わせたく電話致しました」

「いやー、支払いまだでしょ?」

「意味がわかりません」

「いや、意味がわかりませんじゃねぇんだよ」

向こうはどうやら喧嘩腰だ







8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 18:58:38.73 ID:vRa923w6O

「何の料金かわからないのですが」

「登録料と延滞料金に決まってんだろうが」

「いくらですか?」

「98020円」

「違法な料金にしか聞こえない金額ですが……」

「るせぇな!!文句あんなら直接出向いて来いや!!」

「いいですよ」

「はあ?」

「メールに書いてある住所に伺います。いつ頃伺いましょうか」

「こちとら忙しいんだ!!来んなら今すぐ来いや!!」

「わかりました。今すぐそちらへ伺います」

「へ?」







18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:02:25.38 ID:vRa923w6O

以前も俺はモルモンや創価と厨二病で挑んできた黒歴史があるため、こういうことには慣れていた

とりあえず上着を来て携帯と財布(もしものときに備えて大金は入れない)を持ち、いざメールの住所へ


なんか普通のビルだった







24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:05:24.04 ID:vRa923w6O

とりあえず、ビルの3階へと向かう

階段を進む度に、人の働く音が聞こえてきた。本当にこのビルであってるらしい

「関係者以外立ち入り禁止」と書かれた紙の貼られたドアを開け、中に入った

まず、タバコの煙が凄かった







34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:09:27.05 ID:vRa923w6O

若者と怖そうな中年の二つのパターンしかいなかったその部屋はまさに「悪いことしてますよ」と言ってるようで、少し笑えた

「料金未納に関しての問い合わせに伺った内藤でーす!!担当の石橋さんはいらっしゃいますかー!!」

奥から筋肉質で体格の良い金髪坊主の男が来る

「本当に来たのか」

こいつが石橋のようだ
なんか簡単に殺されそうな感じだった







47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:14:18.56 ID:vRa923w6O

みんなこっちを睨んでくる。とりあえず石橋の言うがままに応接間ともとれない汚い場所のソファーに座った

石橋は俺の正面に座り、話を始める

「で?」

「で、とは」

「アンタ、支払うためにきたのか?」

「支払う気があるなら銀行に行くだろ」

「ああ?」

「払う気は無い」

「何で来たんだテメェ」

何で来たと思ったんだろう






50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:15:24.44 ID:b9VgJWXt0

ヒントマン思い出したのは俺だけ?




53 放課後ニャンニャン ◆0qkXBFmuAg 投稿日:2008/01/06(日) 19:16:56.35 ID:6gF3rf4d0

                 __
              / -―‐- 、:丶
             〃´      \:ヽ
             {{ __       }.::}
       _, - ―‐‐┤ \ー‐――'<
      /.::_/.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
______//_/____::/|.::{.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ::.::ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~|lll|'.::|.::|.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.l.::.::. ',
_             |lll「.::j.::l::.::.::l\⌒.::.::.::|.::.::.::l   
│            |lll|::ハ.l:.::.:: |  ヽ.::.::.: |.::.::.::|  もしやこいつ・・・
│            |lll|  ',.::.::.│  \.::.|.::.::. |   かなりのDQNなんじゃ・・・
│            |lll|三 ヽ ::.:|三三7:ヽ|.::.::.`ヽ   
│            |lll|"    \| ""・l.::.::|⌒l:ド、l
│            |lll|、 ‘ー'ー'     j.::.::|-イ.:|
│            |lll|:l>ー‐rーt< リ .::|.: l :|
│            |lll|:|_j;斗<_,>/.:: /! ::.: |
│            |lll|:| >、 __/.:: / ヽ.::. |
├‐tュ‐‐┬‐tュ――|lll|:| /     /.:: /   i.::.|
│ ∥  ∥ ll    |lll|:V      ,'.::.:/   .|.::.|
│ ∥  ∥ |!____ |lll|.::ヽ    i/.:/l    |.::.|
_j ̄|! ̄`|! ̄|! /  ̄ l\{     Ⅳ /    |.::.|






54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:17:07.07 ID:vRa923w6O

「話すなら直接来いって言ったのはどこのどいつだ」

「知らん」

お前だ

「払わないっていう意思表示のために俺は来た」

「なに?ケンカ売りに来たの言うが?」

話を聞けラオウ







58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:18:07.92 ID:vRa923w6O

>>50
すまん、もうコテはやめたんだ

>>53
ただの高2だ







68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:21:31.77 ID:vRa923w6O

「話を聞け。俺は払う意思が無いと言いに来ただけだ」

「はあ?なんでよ」

「アンタらの言う請求に法的根拠があるとは言えないって言ってんだ」

「良いから払え。こっちだって忙しいんだよ」

「これもアンタの仕事の内だろ?まともに対応してみろ」

「ああ?」

「やるか?」







79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:24:55.29 ID:vRa923w6O

威嚇かよくわからないが、石橋は横にあった積み重なった書類やゴミの山を蹴りだした

「威嚇か?」

「テメェよ。あまり図に乗ってんじゃねぇぞ」

「こっちのセリフだ。法的に見て俺の方が有利だってことがわからないのか?」

「なんだってんだテメェ?」

「矛盾点を一つ一つ処分していってやろうか」

「やってみろ」

「最後はお前らを処分してやるよ」







95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:31:51.35 ID:vRa923w6O

「おぉーやってみろー?」

石橋が顔を近づける

「息が臭い。離れろ」

石橋の顔が真っ赤になっていく

「ガキが……」

「なんだ豚が」

「殺すぞ」

「ダウト、脅迫だ。お前のその後の行動によっては殺人未遂だ」

「ああ?」

「座れ。豚は立ち上がる動物じゃない」

「調子のんなよ?」

「豚は豚らしくブタ箱に入れられてぇか?座れ」







114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:36:56.01 ID:vRa923w6O

石橋は不機嫌そうに座った

「おい内藤」

「何か」

「テメェ覚えてろよ」

「アンタの前科を?」

石橋の顔が更に真っ赤になっていく

「テメェ生きて帰れると思うなよ」

「お前はまっすぐ家に帰れると思うな。まず問題点はアンタらのサイトの違法性」







136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:45:06.45 ID:vRa923w6O

「今から言う問いに、お前は必ず墓穴を掘る。必ずだ」

「んなわけねぇだろ」

「このサイトはどこに許可を取って運営している」

「ちゃんと許可は取ってるに決まってんだろ」

「どこにだ」

「警察にちゃんと許可を……」

「ダウト、こういう許可を取る場所は警察じゃない」

「……」

「ほら、墓穴掘った」







154 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:50:30.52 ID:vRa923w6O

「この時点でアンタらの信憑性もたかがしれてんな?石橋?」

「……!!」

「変な気は起こすなよ。こんな狭い場所で血が飛び交ったらアンタ二度と太陽が見れなくなるぞ」

「殺すぞ」

「お前なんかがこの俺を殺せるのか?」

しばらく石橋とにらみ合う。この間に次は何を話すか考えていた







164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 19:56:12.68 ID:vRa923w6O

「いいか石橋。しかもお前らのやり方はワンクリック詐欺。世間じゃ色の濃い犯罪だ。警察にバレたら即逮捕だろうな」

「ガキのくせに調子乗ってんじゃねぇぞ」

「そのガキに圧されてる自分を客観的立場から見てみろ」

「警察に言って捕まんのはテメェだ」

「……お前らのサイトにはクッションページが無い。この時点でお前らは確定なんだよ」

「は?」

「知ってるか石橋。クッションページが無いまま登録されるサイトを世間はワンクリック詐欺と呼ぶんだぜ」

「デタラメ言ってんじゃねぇぞ」

「出鱈目かは裁判所で判断してもらうか?電子契約取引法違反で捕まるのはお前だ。石橋」

まっすぐ石橋を指差した







192 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:02:24.36 ID:vRa923w6O

ここで後ろからナイフか何を首に突き付けられた。冷たい感触が首を走る

「お前に殺せるのか?」

ナイフの男は「やってやんよ」と言う。正直死んだと思ったが、最期に足掻くのはカッコ悪いからやめた

「やめろ笹森」

石橋がナイフを突き付けた奴を睨む。さすがに多少は警戒しているらしい

「名前の通りだな石橋」

「ああ?」

「石橋を叩いて渡るか」

「笑えねぇんだよ」

笹森は爆笑してるが







211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:05:57.88 ID:vRa923w6O

「笹森、そんなにおかしいか」

石橋は不機嫌になる

「まあそう怒んな」

俺は何様のつもりか知らないけど石橋を宥める

「とりあえず俺らが違法だって証拠はあんのかガキ」

「だから山ほどあるんだっつうの豚が」

「……笹森、仕事に戻れ」

笹森は笑いながら席に戻った







225 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:09:38.47 ID:vRa923w6O

「いいか」

石橋に人差し指を近づける

「よく聞け石橋。俺はまだ世間も知らない阿呆なガキだ」

「ああ」

「だがな」

「……?」

「俺はお前らをブタ箱に放り込むことなんて容易いんだよ」

俺はニヤけながら言い放った

その部屋全体の手が止まり、電話のコール音だけが響く







244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:14:09.06 ID:vRa923w6O

「ぁああああああ!!!」

笹森が殴ってきた。3人ぐらいが慌てて笹森を止める

「俺ァこういう奴が一番ムカつくんだよォォォ!!!」

笹森はキレていた

俺は鼻血をたらしながら取り乱す笹森とそれを止める3人を見ていた

そうだそうだ、取り乱せ
取り乱せば取り乱すほどお前らは墓穴を掘る

俺は溜め息を吐き、言った

「茶も出ないのか。この事務所は」








264 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:19:17.72 ID:vRa923w6O

取り乱した笹森は止まらない。石橋は焦っていた

「おうおう威勢が良いなクズが。ここの前に行ったヤミ金の奴の方がよっぽど痛かったぜ?」

笹森は「殺す!!!」と言いながら落ち着く気配は無い

「お前にこの俺が殺せるか?爪の無いスピッツめ」

笹森は3人がかりで隔離された

「ティッシュ貰うね石橋」

鼻血を吹いた。骨は折れてないっぽい






273 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:21:22.76 ID:j3oB01i00

>>264
ヤミ金wwwwwハッタリすか?wwwwwwwwwwwwwwww






281 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:23:24.01 ID:vRa923w6O

とりあえず鼻血を拭き終わり、別の人が来た。石橋は退室

「申し訳ありません。大丈夫ですか?」

お、礼儀正しい

「大丈夫です。そもそも俺は鼻血を垂らすためにここにきたわけじゃありません」

この人なら話が通じそうだ

「あ、はい。請求についてですね」

やっとまともな人が来たようだ







287 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:23:56.21 ID:vRa923w6O

>>273
6割ハッタリ







300 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:28:12.28 ID:vRa923w6O

この人は話が通じそうだと思ったが、あえてこの人が取り乱すところを見るのも楽しい気がした

「ウチの者がとんだご挨拶を……お前は?」

「内藤です」

「内藤さん、申し訳ありません」

「社会人なら名刺の一枚や二枚出したらどうです」

「ああ、申し訳ありません」

田尻ね

「よろしく田尻」

名刺を破った

「これはとんだご挨拶を」

うむ、手強そうだ







322 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:31:48.98 ID:vRa923w6O

「知的な方のようで嬉しいよ田尻」

「こちらこそ話のわかりそうな人で良かった」

「まあお前も犯罪者に変わりはない」

「あら、そうでしょうか?」

「とことん追い詰めてやるよ。ブタが」

「どうぞ」

こいつは挑発効かないタイプだ。一番苦手だ







349 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:36:17.58 ID:vRa923w6O

「まずサイトにクッションページが無い件については?」

「これはこちら側の若い者の不手際でした」

「意図的ではなかったと言うんだな?」

「はい。ですが、お支払は取り消せません」

「なぜ」

「確かに不手際は不手際ですが、この料金を取り消すか否かの判断は最終的に私により下れるからです」

「意図的ではないため、違法にはならないということか」

「えぇ、変わりに部下を減給処分と致します」

ふむ







375 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:42:23.68 ID:vRa923w6O

うん、やっぱこいつもバカだ

「請求の明細はあるか田尻」

「はい」

田尻はファイルから一枚の紙を取り出した

延滞料金が8割を占めてる。こりゃあ明らかに違法だぜ

「わかりました」

「ご納得いただけましたか」

「いや?」

「あら、何かご不明な点でも」

「やっぱり、俺は払う気は無い」

「……ほう」







387 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:45:48.94 ID:vRa923w6O

「支払いには応じない」

「内臓でも売りますか?」
田尻は顔色を変えない。こいつは相当慣れてるようだ

「いや?俺は何一つ内臓を置いていく気は無い」

「じゃあ腕でも置いていきます?」

「お前の首が飛ぶ」

「面白い」







412 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 20:54:43.97 ID:vRa923w6O

「お前がどう主張しようと、この金額は暴利だ」

「そうですか?」

「だから俺は払う気は無い」

「……じゃあ裁判所にでも行きますか?」

「ああ、それいいな」

「なに?」

「そうだ。金は弁護士を通して払うよ。それで良いだろ?お前曰く法的に正しい請求なんだから」

「……」

よし、こいつもバカだった







443 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 21:04:03.55 ID:vRa923w6O

「よし、早速警察を交えて会話するか!!」

「ま、待て!!」

「どうした田尻?」

「う………」

こうして警察を呼び、田尻は放心状態になった

そして結局料金は支払わなくてよくなった







461 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 21:06:18.57 ID:vRa923w6O

こんな感じだった

まだ報告できることはたくさんあるけどどうしよう

まだ報告する?







480 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 21:09:54.35 ID:vRa923w6O

モルモン教と接触したときの話で良いかしら






488 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 21:10:58.56 ID:vRa923w6O

ちなみに深夜に立てたベリィトゥベリィはネタです






503 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 21:13:17.38 ID:vRa923w6O

去年の話になるんだけど良いだろうか

まだヘタレの頃の話だからつまんないかも






スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
こまっちゃって…
明けましておめでとうございまぁす!( ・∇・)ノ
友達がコレ→http://onani.darani9pi.net/3ccmt/にハマっちゃって…(^.^;
困ってます。
2008/ 01/ 06 (日) 21: 25: 34 | URL | 真紀( ・∇・)ノ # 7di3CiSc[ 編集 ]
このスレ主キモい……
2008/ 01/ 07 (月) 00: 44: 19 | URL | # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) う゛ぃぺぶろぐ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。