コピペブログ
う゛ぃぺぶろぐ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コピペで泣いたら死亡
2008年 01月 06日 (日) 04:11 | 編集
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:05:21.10 ID:lOEPStyx0
684 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2007/10/22(月) 23:48:21 O
アンタはいい塩梅の風呂だなあ。
と言われ、は?と説明を求めると
いや、ほえーっとのべーんとできてあったかくて心地良くてホッとして眠くなる

ヨメの言葉はいつも暗号か電波みたいなので苦労するが、実家で虐待を受けていた奴なので、
誉め言葉として最上級らしいのはとりあえずわかった。
しかし風呂以外に思いつかなかったのか。



685 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2007/10/23(火) 10:39:33 0
>684
それ、多分お風呂以外の家の中では安心した事がないから
お風呂って単語が出てくるの。



2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:06:17.54 ID:LqzMgHZ10
当時の俺はリア厨だったよ。
そのころ俺はどうしてもほしいものがあってな。
今考えるとどうしてそんなものほしがったんだ?と首を傾げたくなるんだが。
俺は地球儀がほしかった。もちろん国名、地名が入ってるやつな。
俺はそれが欲しくて欲しくて、おやつも我慢して、親の手伝いを必死こいてやって毎日毎日、少しずつ小金をためていたんだ。
そうやってちまちま小金をため始めて1年ぐらい経って、ようやく念願の地球儀が買えたんだ。
今でも覚えてる。青くピカピカ光ってて、友人にも見せびらかしたよ。
でもな・・・。

買 っ た 2 日 後 に ソ 連 が 崩 壊 し て し ま っ て な 。

三日三晩泣きどおしだったな。



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:08:13.79 ID:AXcLuMj50
ありえない仮定を持ち出す
 「もしも太陽がなかったら」

自分に有利な将来像を予想する
 「地球はたちまち凍りつく」

全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する
 「花は枯れ鳥は空を捨て」

自分の見解を述べずに人格批判をする
 「人はほほえみ失くすだろう」

知能障害を起こす
 「イエーイ!」

主観で決め付ける
 「太陽は生命の星だ」
 「幸せを守る炎だ」

 イーグル!シャーク!パンサー!
 イーグル!シャーク!パンサー!

一見、関係がありそうで関係のない話を始める
 「俺たちの魂も燃えている」

ありえない解決策を図る
 「Follow The Sun, Catch The Sun」

レッテル貼りをする
 「太陽戦隊サンバルカン」



6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:08:56.35 ID:cGaTS1h0O
小学生のとき、少し足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅いA君がいた。
でも、絵が上手な子だった。
彼は、よく空の絵を描いた。
抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。

担任のN先生は算数の時間、解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。
冷や汗をかきながら、指を使って、ええと・ええと・と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。
N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。
私はN先生が大嫌いだった。

クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、N先生は違う学校へ転任することになったので、
全校集会で先生のお別れ会をやることになった。
生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。
先生に一番世話をやかせたのだから、A君が言え、と言い出したお馬鹿さんがいた。
お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。

私は、A君の言葉を忘れない。

「ぼくを、普通の子と一緒に勉強させてくれて、ありがとうございました」

A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。
水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。
放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。
その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。
N先生がぶるぶる震えながら、嗚咽をくいしばる声が、体育館に響いただけでした



8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:09:42.47 ID:cGaTS1h0O
「最後の親孝行に」

片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、
2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で「もう生きられへん。
此処で終わりやで。」などと言うと、母は「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。
片桐被告が「すまんな」と謝ると、母は「こっちに来い」と呼び、
片桐被告が母の額にくっつけると、母は「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。

この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、
自分も包丁で首を切って自殺を図った。冒頭陳述の間、
片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。
肩を震わせ、眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。

裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2人のやりとりや、「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。
目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。



11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:10:56.58 ID:mo4NCEYTO
数年前、ランチを買いに大雨の中コンビニに行った。
自動ドアが開き、店内に入ろうとしたら足が滑り、
カーリングの石を投げる人のような格好で入店。
大慌てで立ち上がろうとするも、靴が滑ってうまく起きられない。
ぐっと力を込めた瞬間バキャッという音とともに180度大開脚。
あまりの痛さに「アァォ!」と大声一発。
パニック状態で上体をひねったら、その格好のままクルーっとターン。
床にひれ伏すようにして足を戻し、ガニマタになりながら退店。
自動ドアが閉まる音と同時に店内にいた十数人の爆笑が聞こえた。
恥ずかしかったです



12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:11:57.04 ID:lOEPStyx0
>>6の続き

昨日、デパートのポストカードなどに美しい水彩画と、A君のサインを発見いたしました。

N先生は今、僻地で小学校で校長先生をしております。
先生は教員が少なく、子供達が家から2時間ほどかけて登校しなければならないような
過疎地へ自ら望んで赴任されました。

N先生のお家には、毎年夏にA君から絵が届くそうです。
A君はその後公立中高を経て、美大に進学しました。
お別れ会でのN先生の挨拶が思い浮かびます。

「A君の絵は、ユトリロの絵に似ているんですよ。
 みんなはもしかしたら、 見たこと無いかもしれない。
 ユトリロっていう、フランスの人でね、街や 風景をたくさん描いた人なんだけど。
 空が、綺麗なんだよ。
 A君は、その才能の代わりに、他の持ち物がみんなと比べて少ない。
 だけど、決して取り戻せない物ではないのです。
 そして、A君は それを一生懸命自分のものにしようしています。
 これは、簡単なことじゃありません!」

A君は、空を描いた絵を送るそうです。
その空はN先生が作り方を教えた、
美しいエメラルドグリーンだそうです。



13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:13:27.22 ID:CT+ZMkz80
アリの巣コロリってあるじゃん。
蟻の行列にポンと置くと、一瞬ビックリして列が乱れる。
邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る。
そのうち好奇心旺盛な一匹がアリの巣コロリに入る。
そいつをマネして何匹も入る。

毒とも知らずにツブツブを運び出す。
一匹が一粒づつ。
いつのまにか行列はアリの巣コロリが折り返し地点になる。
黄色い粒と黒い蟻が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい。
一匹が一粒づつ、丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ。
せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。
蟻さんって働き者だなと思う。
俺も頑張らなきゃなと思う。
次の日、あれほど沢山いて俺を困らせた蟻が一匹もいない。
ほんとにいない。
探してもいない。
泣きたくなった。



15 1/2投稿日:2008/01/04(金) 23:21:46.93 ID:lOEPStyx0
252 名前: 245 投稿日: 2007/02/20(火) 08:25:15 ID:z7R08kZB
昨日気がついたら車で3時間かかるのにいつの間にか実家に帰っていた。
案の定、お袋は
「突然どうしたの?何かあったの?」
と心配ばかり。
思わず
「何もないけど・・・帰ってきたら不都合だった?」
と悪態ついてしまった・・・

その後、ゆっくりテレビを見ていたら、お袋が
「風呂丁度いいけどついでに入る?」
と言って来た。
言われるがままに風呂に入った。

かーちゃん・・・綺麗な湯と背中に感じる冷たい浴槽が身にしみるよ。
この寒い中、冷えた残り湯で俺の為だけに風呂を洗って急いで
湯を張ってるお袋の姿がハッキリ見えて、風呂場で泣いた。

風呂から上がると晩飯ができていた。
お袋は
「大したものじゃないけど、晩御飯の残り物で悪いけど
 コレでも食べて明日からも頑張ってね。」
と・・・

食器を下げる時に気付いた。
晩御飯の残り物は白飯だけじゃないか・・・
他の料理は明らかに今作った物だった。
「上手かった!」
とだけ言い残しトイレに行った。
お袋の気持ちを考えて・・・又泣いた・・・



17 2/2投稿日:2008/01/04(金) 23:22:17.23 ID:lOEPStyx0
日が変わって直ぐ明日も仕事だからと
帰ろうとするとお袋が心配ばかりする。
いつもなら寝ている時間なのに・・・

(お袋も明日は仕事なのに・・・お出迎えはいいから寝ろ寝ろ~)
と思わず悪態つきそうになったが今度は言葉を飲み込めた。

その後、親父が何かあったんだろ?と背中を押してくれたので
勇気を出して言ってみた。
「別に大したことじゃないけど・・・
 心変わりする事があったから・・・一応・・・一言さ・・・言いたい事があって・・・
 母さん・・・・・・・・・・・・・・・いつも有り難うな。」

お袋は
「突然何言い出すんだい!
 相変わらず可笑しい所は治ってないねw」
と下を向いて笑っていたが、嬉しそうに泣いていた。

たった、こんな一言だけで・・・
お袋って生き物は本当に世話がやけるwwww

と心で誤魔化しつつ・・・・途中のパーキングで何度も泣いた。

ここのみんな有り難う。
そしてお袋・・・いつも有り難うな。
あんたの息子で良かったよ。



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:24:18.77 ID:pIr4/wQvO
17:( ^ω^)ブーン系お絵かきスレのようです。 (74)
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1199437695/

18:( ^ω^)ブーンはタワーで目覚めるようです (33)
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1199455295/

19:( ^ω^)ブーンが(*゚ー゚) しぃをレイプするようです (30)
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1199455367/



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:29:08.14 ID:lOEPStyx0
434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/02(日) 14:11:11.80 ID:v/be0nSU0
全盛期の俺伝説

・必要な事以外出歩かないのは当たり前、放課後まで席を離れない事も
・会話の始めに「あ」を頻発
・俺にとっての「好きな人どうし」は拷問
・俺に近寄らないゲームも日常茶飯
・家庭科の裁縫は1人で作成
・修学旅行も余裕でハブ
・ペアの相手が先生に見える
・寝たふりが特技
・席が隣になっただけで相手が泣いた、精神崩壊を起こす生徒も
・トイレ行く時でも人が多ければ用をたさずに帰ってきてた
・あまりにグループ分けで余るから先生が配慮
・そのグループ分けも余る
・視界に入っただけでドン引きされる
・学校の無い日でも憂鬱
・クラスの集まりに呼ばれなかったことも
・自分の転がした消しゴムを自分の鉛筆で打って自分でキャッチ
・昼休みに校内1周なんてザラ、2周することも
・生まれてこなければよかった
・偶数二人一組で余った
・隣の席と、前の席、後ろの席、斜めの席の生徒ともども机を離した
・クラスメイトのヤジに脳内で反論しながら投げられたゴミを背中でキャッチ
・すれ違っただけで笑われた
・テストでいい点数とってブーイングが起きたことはトラウマ
・俺が余ってるけど「3人でやろうぜ」
・席替え楽しみにしてた奴が俺の傍になると文句言う
・物拾ったお礼にそれをくれるというサービス



21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:31:57.80 ID:lOEPStyx0
67 名前:無い内定[] 投稿日:2007/10/12(金) 00:44:22 ID:18/P4+XI
今日、何気なくメールのチェックをしていた
返事を書いたりいろいろしてるうちになんか飽きてきた。

それでふと「主人がオオアリクイに殺されて一年が経ち・・・
と言うのを思い出し俺のところにも面白いメールが来てないかなーと思い
ノートンアンチスパムのフォルダをチェックしてみる。
普通のスパムばっかりだなと思いつつそれはあった

件名「4次選考のお知らせ」

このたびは○○○←(本命企業)の選考におこしいただきまして・・・・
・・・ぜひ、(俺の名前)に次の段階に進んでいただきたく・・・
今度の個人面接が最終の選考となり・・・

日時 7月・・・・日 10時・11時・14時・15時の中から選び・・・

Σ(゚д゚lll)ガーン

どうしてノートンはこれをスパムと勘違いしたのだろうか('A`)
どうして私はあの時このフォルダを確認しなかったのだろうか('A`)
八つ当たりと自覚してるが今ノートンを削除した('A`)



22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:33:53.89 ID:lOEPStyx0
218 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/09/26(水) 02:44:24 ID:rlZz9yFR
この喜びをどこにぶつければいいかわからないのでここに書いてみる。
今まで友達なんていらねーと思ってたし、作るのも苦手だった23年間。
転職した先が社会人テニスサークルとかやってて、そこで2年先輩のNさんと仲良くなれた。
まあ、会社だけでの付き合いだろうと思ってたけどご飯食べに行くぞー!とか
お前のうちに泊まる!とか人生初めてのことをいろいろやってくれた。
他にも飯作ってくれとか、反対に飯食え!とか旅行いこうとか、2人でいろいろ遊んだ。
それでもまだNさんは他にも仲良い人がいて…とか色々ちょっときもい感じに考えてたら、
Nさんが、「R(俺)は何でも話せる。俺にとったら最高の親友なんだけどなー。」と
酔った勢いだけど言われた。俺涙目。
あと、「良はなかなかなつかないけど仲良くなったら情が深い。」とか、今まで俺の性格について
考えてくれた人なんていなかったから、かなりうれしいいいいいい!!
いまテンション上がりまくり。早く旅行とか行きたいよーーー。
友達っていいね。他の人は今までこんな楽しいことをやってたのか!とか考えて眠れねー!!
ありがとうみんな。大好きだ!!!!!



23 1/2投稿日:2008/01/04(金) 23:42:02.02 ID:lOEPStyx0
79 :名無しさんの初恋 :03/02/05 01:33 ID:u1WXtBgR
年間同棲していた彼が他界した。

大喧嘩をした日、交通事故に遭った。本当に突然の出来事だった。

その日は付き合って3年目の記念すべき夜だった。
しかし、仕事が長引いてしまって約束の時間に帰宅する事ができず、
せっかく彼が用意してくれた手製の料理が冷め、台無しになってしまった。

いつも通り軽く詫びを入れて事を済まそうとしたが、その日の彼はいつもとは違い、
私に対してきつくあたった。丁度その時私は気分も優れず、仕事のストレスも
あってか、そんな彼と話していくうちに強烈な憤りを覚え、つい言ってしまった。

「もういい!こんな些細な事でそこまで怒る事ないでしょ!
 あなたは自分の都合でしか物事を考えられないの!?」

…彼は黙った。少しの間の後で、私も少し言い過ぎたと思い、黙って席を立ち、
界隈を散歩して頭を冷やそうと思い、一旦家を出た。

いつも通う小さな喫茶店で、30分少々の時間を潰した。
あの人もただ単に怒りに任せて私に怒鳴り散らした訳じゃない。
それだけ今日のこの日の事を大切に思っていたからこそではないか、と考えた。
そんな彼の気持ちを思うと明らかに私の振る舞いは最低だった。
身勝手な自身を忘れ、改めて彼に謝ろうと思い、家に向かって歩いた。



24 2/2投稿日:2008/01/04(金) 23:42:33.34 ID:lOEPStyx0
80 :名無しさんの初恋 :03/02/05 01:34 ID:u1WXtBgR
しかし、彼は家には居なかった。料理も、携帯電話も、机に置いたままだった。
マメなあの人が携帯電話を忘れるのは珍しく、近くにいるのかと思い、私は家を出て
近辺を歩き回った。しかし見つからない。公園や近くの空き地も見たが、彼の姿は無かった。
彼の実家や、携帯を調べ、彼の友人宅等にも電話を入れたが、来ていないと言う。

家に帰り、2時間が経過した。私はその時考えていた。帰ってきたら頬をつねってやろうと。
幾らなんでも心配させすぎだ、悪戯が過ぎる、と。明日は休日だからこんな事をするんだろう、と…

それが彼との最後の夜だった。

事故現場は家周辺の一方通行の十字路だった。横から飛び出してきた車と衝突、
即死だったそうだ。時刻はPM10:20、丁度私が家を出て10分経過した時間だった。

その際彼が持っていた遺品は、缶コーヒー1本、
女性用のガウンジャケット、現金で120円だということを聞かされた。

私のガウンジャケット、まだ未開封の缶コーヒー、私の為のジュース代。
細やかな気配りの中に、彼の深い愛情と優しさが感じられた。

一緒に帰りたかった。その言葉を心の中でつぶやいた。
同時に私の目から涙がとめどなく溢れた。

改めて、彼という存在の大きさに気付いた。ただ、情けなくて、悔しかった。



26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:51:29.09 ID:lOEPStyx0
786 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/29(月) 00:39:04 ID:Qg9+Mz9u
還暦を迎えた母に誕生日おめでとうメールを送った返信。

件名:ありがとう
本文:ついに60代になってしまいました。
思い返せば、30代は小さなあなた方を夢中で見つめていました。
40代は、若々しく成長していくあなた方に見とれていました。
50代は頼もしく輝いていくあなた方に目を奪われていました。
あなた方がみんな素敵な伴侶を見つけ、巣立って行ってから迎えた60代は
20代の頃に戻ってもう一度お父さんと見つめ合おうと思います。


うっかり感動してしまった。



28 1/2投稿日:2008/01/04(金) 23:55:47.86 ID:lOEPStyx0
407 名前:_ 投稿日:02/03/15 00:52 ID:Poev7mYM

「○○おにいさん、こんにちは。
 僕のお母さんが、今度○○おにいさんのお父さんと結婚するので、
 僕と○○おにいさんはきょうだいになることになりました。
 僕はお父さんができることと同じくらい、自分におにいさんができるのが
 とてもうれしいです。」

俺のおふくろは、俺が18のときに親父が迎えた後妻だが、
メス犬だった前のおふくろではなく、本当のお袋だと思ってる。
結婚が決まってから、初めて俺はおふくろと新しい弟に会った。
半ズボンにブレザー、緊張した9歳の坊主から俺はこの手紙をもらった。

俺も一人っ子で、本当は嬉しかったのに照れくさかったから、
かなり無愛想にその手紙を受け取った。
だけど新しい弟に会ったのはそれが最初で最後になった。
弟はそれからすぐ事故で死んだ。



29 2/2投稿日:2008/01/04(金) 23:56:19.13 ID:lOEPStyx0
723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/02(木) 10:59:55.60 ID:U/5f5adS0
俺は何でもしてやるつもりだった。
中学に入って生意気になってきたらエロ本をくれてやるつもりだった。
学校でいじめられたら、仲間連れてお礼参りしてやるつもりだった。
タバコをおぼえ始めたらぶん殴って兄貴風吹かして叱り付けるつもりだった。
単車だって、俺のお古をくれてやって兄弟で走りに行くつもりだった。
「おにいちゃん」から「兄貴」に変わる年頃になったら、
そして彼女ができたら、からかってやるつもりだった。
弟の部屋にのこのこ現れて、バカやって二人の邪魔をする。
「ふざけんなよ兄貴ぃ!」なんて言われたらとっくみ合いの喧嘩をして、
おふくろが止めに入って、二人してどやされる、そんな光景を夢に見てた。

葬式では、おふくろよりも俺の方が激しく泣いた。
友達が心配するくらいに狼狽して、一人で立っていられないくらいに。
タイムマシンがあったら、ほんの一週間前の自分にあって
胸ぐら掴んでやりたいくらいに後悔した。
もっと優しくしてやればよかった。どんな想いで手紙を書いて、
どんなに緊張して俺に手紙を渡したんだろうに。

724 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/02(木) 11:00:38.94 ID:U/5f5adS0
俺は弟の代わりにおふくろを大事にしている。
この人こそが俺のおふくろだと思ってる。
「俺のおふくろを粗末にすんじゃねえぞ兄貴」
「わかってらぁ!るっせえよヴォケ!!」
弟とのそんなやりとりを、今でも空想しながらおふくろに接してる。
生きていたら、俺の弟は今年の春、大学に入学していたはずだ。
たった一回しか会わなかったが俺には弟がいた。



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/04(金) 23:59:35.81 ID:lOEPStyx0
286 名前:もぐもぐ名無しさん 投稿日:02/09/02 01:11
夏休みで実家に帰省していた最後の日に母親が
「これ持っていきなさい」と、おにぎりを渡された。
すでにタオルや洗剤を、お土産?として持たされていた俺は、
「これ以上は、荷物が増えるから、こんなんいらねー」って断ったんだけど、
母親は「いいから、この位持っていけるでしょッ」と強引にカバンに詰め込みました。
それで、お互いにムッとして気まずいままに、俺は実家を出ました。
でも実際、住んでいる所へ戻る途中、お腹が空いたので、
そのおにぎりを食べたのですが、何年かぶりに食べた母親の大きなおにぎりは、
コンビニのおにぎりよりも断然に美味しかった。

母さん、ゴメンナサイ、アリガトウ。



33 1/2投稿日:2008/01/05(土) 00:04:57.85 ID:JMWvkSld0
漏れが就職して初めてのボーナスが出た日、職場の皆で呑みに行った。
ベロベロに酔っ払って、ゲーセンは行ったらケーキの形したぬいぐるみのUFOキャッチャーがあった。
3000円ぐらい使って1コ取って、気になってた同僚の女の子にあげようと思ったら、「いらな~い」って言われた。
どうしていいやらわからずに、とりあえずカバンに入れてそのまま持って帰った。
ケーキのイチゴの部分を押すと、電子メロディで「ハッピーバースデー」の曲が流れた。
ちょうど母親の誕生日が近かったので、それとなく「母ちゃん、これあげる」って渡した。
今まで誕生日プレゼントなんてあげたのは2、3回しかなかった。照れくさかったから。
母親は驚いた顔をしつつ、ニコニコしながら受け取った。
「ここを押すとメロディが流れるから」って教えると、延々とハッピーバースデーを聴いていた。

2年後の母親の誕生日。
仕事がキツくて夜中まで働いた翌朝、起きる時間まであと20分あった。
朝の20分の睡眠時間は貴重だった。
なのに、耳元で耳障りな電子音が聞こえてきた。
例のケーキのぬいぐるみだった。
母親が、
「メロディ止まらなくなっちゃったのよ、なんとかして」
と言って立っていた。



34 2/2投稿日:2008/01/05(土) 00:05:30.02 ID:JMWvkSld0
「知らねーよ。眠いんだから出て行け」

と言ったら、母親はぬいぐるみを俺の枕元に置いていった。
けたたましく鳴り響くハッピーバースデーのメロディに、漏れはブチ切れて

「ふざけんなよ、うるせーんだよ!」

といってぬいぐるみを廊下に叩きつけた。
唖然としてぬいぐるみを拾い上げる母親。
メロディは鳴らなくなっていた。
母親がうっすらと涙を浮かべていたのに気が付いてはいたが、そのままベッドにもぐりこんだ。

朝食は無言のまま。バツが悪いのでさっさと出勤した。


それから母親がそのぬいぐるみの事を口にする事はなかった。
でも、漏れは知っている。押入れのたんすの中にそっとしまわれている事を。
もう8年ぐらい前の話だ。

母親はまだ健在だが、どうしてもあの時自分がしてしまった事を後悔している。
なんとか、あのぬいぐるみを直してやりたい。

誰か、知らないだろうか?
ボタン電池ぐらいの大きさで、押すと電子メロディでハッピーバースデーが流れる小さな回路を。
どこか売っていたら教えてくれ。頼むから…



38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:11:48.11 ID:JMWvkSld0
910 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/08/27(月) 22:42:54
 昨日残業して2時頃帰ったら、リビングに行き倒れ状態の嫁と娘が。
嫁の手にはクラッカー、娘の手には「ぱぱおにんじょびおめでと」
のカードが。部屋はお誕生日パーティの飾りが、冷蔵庫には食べかけの
俺の大好物のラザニアとケーキ(どちらも普段は太るからと、めったに
食卓には上がらない)とシャンパンまで・・・
 残業だから先に寝てろって言っといたのに。泣きながら布団かぶせたら
嫁が起きて、「ごめん、1時までがんばったんだけど・・・」その声で
娘も起きて寝ぼけ眼で「パパあけましておめでとう」また泣いた。

今これ書きながら思い出し泣きした。



39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:15:44.81 ID:JMWvkSld0
120 水先案名無い人[sage] 2007/08/20(月) 15:15:42 ID:z0tRp5NH0
欽ちゃんはかつて、視聴率100%男と呼ばれていて、色々な番組に引っ張りだこだった。
そんなとき、24時間テレビの企画が持ち上がり、記念すべき第一回のMCを誰にしようか考えたとき、
まっさきに浮かんだのが欽ちゃんで、さっそく企画について説明し、オファーを出した。

しかし欽チャンは、提示された金額を見て、「こんな安いギャラじゃ引き受けられない」と突っ返した。
でも企画自体は、欽ちゃんがMCってことで話が進んでいたので、
そっからスタッフは何回も足を運んで、ギャラを増やして交渉するにしたが、
「これじゃ安すぎる」「ケタ間違えてるんじゃないか」と、まったく首を縦に振らなかった。

もうしょうがないので、制作費で出せるギリギリの金額を提示して、
「すいません、もうこれ以上は出せません」と言ったところ、
「よし、これならやる」と、やっと承諾してくれた。
そしてすぐ欽ちゃんが言った言葉は、「よし、じゃあこれ全部寄付してくれ」



40 1/2投稿日:2008/01/05(土) 00:16:10.11 ID:H2M67Qoj0
369 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/08/24 12:23 ID:i3z/QBXP
どうして私がいつもダイエットしてる時に(・∀・)ニヤニヤと見つめやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして私が悪いのにケンカになると先に謝りますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうしてお小遣減らしたのに文句一つ言いませんか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして交代でやる約束した洗濯をし忘れたのに怒りませんか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして子供が出来ないのは私のせいなのに謝りますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして自分が体調悪い時は大丈夫だと私を突き放して私が倒れると会社休んでまで看病しますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして妻の私に心配掛けたくなかったからと病気の事を隠しますか(゚Д゚)ゴルァ!
おまけにもって半年とはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
長期出張だと嘘言って知らない間に手術受けて助からないとはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
病院で俺の事は忘れていい男見つけろとはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
こっちの気持ちは無視ですか(゚Д゚)ゴルァ!
正直、あんた以上のお人よしで優しい男なんか居ませんよ(゚Д゚)ゴルァ!
それと私みたいな女嫁にすんのはあんた位ですよ(゚Д゚)ゴルァ!
もう一つ言い忘れてましたが私、お腹に赤ちゃん出来たんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
あんたの子供なのに何で生きられないのですか(゚Д゚)ゴルァ!
そんな状態じゃ言い出せ無いじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!
それでも言わない訳にはいかないから思い切って言ったら大喜びで私を抱きしめますか(゚Д゚)ゴルァ!
生まれる頃にはあんたはこの世にいないんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
元気な子だといいなぁってあんた自分の事は蔑ろですか(゚Д゚)ゴルァ!
病院で周りの患者さんや看護婦さんに何自慢してやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!
病気で苦しいはずなのに何で姓名判断の本で名前を考えてやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして側に居てあげたいのに一人の身体じゃ無いんだからと家に帰そうとしますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうしていつも自分の事は二の次何ですか(゚Д゚)ゴルァ!



41 2/2投稿日:2008/01/05(土) 00:16:34.22 ID:H2M67Qoj0
370 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/08/24 12:24 ID:i3z/QBXP
医者からいよいよダメだと言われ泣いてる私に大丈夫だよとバレバレの慰めを言いますか(゚Д゚)ゴルァ!
こっちはあんたとこれからも生きて行きたいんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
それがもうすぐ終わってしまうんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
バカやって泣きそうな私を包んでくれるあんたが居なくなるんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
忘れろと言われても忘れられる訳ないでしょ(゚Д゚)ゴルァ!
死ぬ一週間前に俺みたいな奴と一緒になってくれてありがとなですか、そうですか(゚Д゚)ゴルァ!
こっちがお礼を言わないといけないのに何も言えず泣いちまったじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!
あんなに苦しそうだったのに最後は私の手を握りしめて逝きやがりましたね(゚Д゚)ゴルァ!
何で死に顔まで微笑みやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!
そんなのは良いから起きて下さい(゚Д゚)ゴルァ!
生まれてくる子供を抱いて下さい(゚Д゚)ゴルァ!
子供に微笑みかけて下さい(゚Д゚)ゴルァ!
たのむから神様何とかして下さい(゚Д゚)ゴルァ!
ダメ女な私にこの先一人で子供を育てろと言いやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!
そんなあんたが死んで5ヶ月...
子供が生まれましたよ(゚Д゚)ゴルァ!
元気な女の子ですよ(゚Д゚)ゴルァ!
目元はあんたにそっくりですよ(゚Д゚)ゴルァ!
どこかで見てますか(゚Д゚)ゴルァ!
私はこの子と何とか生きてますよ(゚Д゚)ゴルァ!
あんたも遠くから見守って居てください。



45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:23:33.36 ID:JMWvkSld0
「生まれたときから目が見えない人に、空の青さを伝えるとき何て言えばいいんだ?
こんな簡単なことさえ言葉に出来ない俺は芸人失格だよ」 - 江頭2:50
「目の前で悲しんでいる人を見つけたら何とかして笑わせたい。
そのためなら警察につかまってもいい。寿命が縮まってもいい」 - 江頭2:50

「気持ち悪いって言われることには慣れたけど、たまにしねって言われるんだ。
俺は言ってやりたいよ。こんな人生死んだも同然だってね。」 - 江頭2:50

「これをやったら次回出られなくなるんじゃないかなんて考えないようにしている。
人間いつ死ぬか分からないからその時のすべてを出し切りたいんだ。
俺はいつ死ぬか分からないし、見てくれてる人だっていつ死ぬか分からない。
視聴者が最後に見た江頭が手抜きの江頭だったら申し訳ないだろ?」 - 江頭2:50



46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:24:44.40 ID:JMWvkSld0
656 名前:( ´∀`)ノ7777さん[sage] 投稿日:2007/11/15(木) 19:23:57 ID:PEkonORr

エガちゃんは毎週、渋谷で公開ラジオをやってる。
毎週来てるというコアなファンや、物珍しさで覗く人で
ブースの前は、人だかりが出来ている。
そんなある日…朝から小雨が降っていた為か、いつもより少ないファンの数。
だけど、そんな事は全く気にせずいつものテンションで番組は進んでいく。
そんな日の放送終了後…予期せぬハプニングが起きた。
雨の中、上半身裸で黒タイツのエガちゃんがブースから外へ出てきた!!
みんなが驚く中…エガちゃんの第一声……
「お前らに物申~す!お前ら、そろいも揃って駄目人間だ!!
 ここは渋谷だぜ~ 遊ぶとこいっぱいあんじゃん?
 う~ん…くっせ~!!いかにもカッペの臭いがする、遊ぶとこも知らね~んだろwww
 それに雨降ってんのに、何でこんなとこで1時間も過ごしてんだ?寒いだろ?」
(エガちゃん、あんたこそ…上、裸じゃん)多分、その場にいたファンはみんな
同じ事を思ってたと思うwwwそんな時……
「風邪ひいても俺のせいじゃね~ぞwww分かったな?………ありがと…ありがとね」

エガちゃん…それはこっちのセリフだよ。



47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:30:12.84 ID:JMWvkSld0
その昔、大学の同級生の女の子にがりがりに痩せた子がいた。
細身の娘が好みだったのでお声掛け。程なく恋仲に。
あるとき、「心臓に大穴が空いていて、苦しい。子供も無理。諦めるなら今のうち。」と告白された。
本人は死ぬ気だったらしい。迷うことなく、恋人のまま。
出来る手術があるのなら、と方々の心臓外科を探しまくってなんとか手術にこぎ着けた。

どきどき。

成功した。うれしかった。術後も良好。でも、子供は無理。受胎しないだろう、と言われた。
当然、親同士は結婚に猛反対。オレの親は勿論、向こうの両親も。
無視。
無視し続けてもなを、説得も続け、6年掛けてやっと挙式/入籍。

10年後、余程経過が良かったのか、妊娠が発覚。
主治医に相談したら、妊娠できたのなら出産は問題ないだろう、「挑戦しましょう」
おまい、オレの女房だぞ、オレの子供だぞ、大丈夫なんだろうなぁ。

どきどき。

無事出産。3,000g 元気な男の子。あまりに嬉しくて、2寸ほど、宙に浮いていた。
半年後、かみさんに似たような心臓障害発覚。成長しないだろうってどういう事?
「様子を見ながら出来るものなら手術をしましょう。」かみさんの執刀医の紹介で
小児心臓外科の先生にお願いする。十年待った一粒種、殺すなよ。頼むから。

どきどき。

成功した。これ以上ないくらい。あれから15年。ころころ太ったかみさんが居る。
「うぜえんだよ、親父。」憎まれ口を聞く、ちょっと小振りな男子高校生が居る。
さえないサラリーマンの普通の一家がある。
かみさんにも、せがれにも言わないが、幸せを噛みしめている。



48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:33:49.71 ID:JMWvkSld0
129 おさかなくわえた名無しさん 2007/09/16(日) 02:03:40 ID:rvGuzami
当方、社会人♂。
来週、母の誕生日なのだが、母は物欲が少なく、
何を贈ったらいいのやら、今年は全く思いつかなかった。
それで、最近仕事が忙しくて全然実家に帰れていなかったので、
1日休みをもらって母に内緒で帰り、
サプライズバースデーパーティーを開こうと思い立った。

この計画には父という協力者が欠かせないので、
まず父に連絡。
俺「もしもし父さん? 母さんに内緒の話があるんやけど、ええかな?」
父「うん、分かった。それで?」
俺「来週、母さんの誕生日やん? そんでな…(計画の説明)。」
父「ふんふん…。あ!一回電話切っていい? すぐ掛け直すから。」
俺「ほーい(母さんでも帰ってきたんかな?)。」

15分後、父から電話が掛かってきた。
父「もしもし? 母さん、すっごく喜んでたぞ!」
俺「( ゚д゚) …。」
父「切符も用意したし、お前の好物作って待ってるから、
  身一つで帰ってきなさい。」

いつになったら恩返しできるやら…orz



49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:37:13.24 ID:JMWvkSld0
長年一緒に育ってきた犬。
なんだかちょっと元気なさそうだったんで、普段は外に繋いでるのに
その夜は部屋に上げてやったんだ。
大喜びではしゃいで元気いっぱいに喜んでたのに、朝起きたら冷たく
なってやがんの。

心配させまいと思って無理してたんだろうなぁ。
お前、辛かったら辛いって態度を示してくれよ。
俺はわかんねぇよ( ´Д⊂ヽ


限界。



51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:41:09.93 ID:JMWvkSld0
俺の母親は、俺が2歳の時にがんで死んだそうだ。
まだ物心つく前のことだから、当時はあまり寂しいなんていう感情もあまりわかなかった。
この手の話でよくあるような、「母親がいない事を理由にいじめられる」なんて事も全然なくて、
良い友達に恵まれて、それなりに充実した少年時代だったと思う。
こんな風に片親なのに人並み以上に楽しく毎日を送れていたのは、
やはり他ならぬ父の頑張りがあったからだと今も思う。

あれは俺が小学校に入学してすぐにあった、父母同伴の遠足から帰ってきたときのこと。
父は仕事で忙しいことがわかっていたので、一緒に来られないことを憎んだりはしなかった。
一人お弁当を食べる俺を、友達のY君とそのお母さんが一緒に食べようって誘ってくれて、寂しくもなかった。
でもなんとなく、Y君のお弁当に入っていた星形のにんじんがなぜだかとっても羨ましくなって、
その日仕事から帰ったばかりの父に「僕のお弁当のにんじんも星の形がいい」ってお願いしたんだ。
当時の俺はガキなりにも母親がいないという家庭環境に気を使ったりしてて、
「何でうちにはお母さんがいないの」なんてことも父には一度だって聞いたことがなかった。
星の形のにんじんだって、ただ単純にかっこいいからって、羨ましかっただけだったんだ。
でも父にはそれが、母親がいない俺が一生懸命文句を言っているみたいに見えて、とても悲しかったらしい。
突然俺をかき抱いて「ごめんな、ごめんな」って言ってわんわん泣いたんだ。
いつも厳しくって、何かいたずらをしようものなら遠慮なくゲンコツを落としてきた父の泣き顔を見たのはそれがはじめて。
同時に何で親父が泣いてるかわかっちゃって、俺も悲しくなって台所で男二人抱き合ってわんわん泣いたっけ。

それからというもの、俺の弁当に入ってるにんじんは、ずっと星の形をしてた。
高校になってもそれは続いて、いい加減恥ずかしくなってきて「もういいよ」なんて俺が言っても、
「お前だってそれを見るたび恥ずかしい過去を思い出せるだろ」って冗談めかして笑ったっけ。

そんな父も、今年結婚をした。相手は俺が羨ましくなるくらい気立てのいい女性だ。
結婚式のスピーチの時、俺が「星の形のにんじん」の話をしたとき、親父は人前だってのに、またわんわん泣いた。
でもそんな親父よりも、再婚相手の女の人のほうがもらい泣きしてもっとわんわん泣いてたっけ。
良い相手を見つけられて、ほんとうに良かったね。
心からおめでとう。そしてありがとう、お父さん。



54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:44:52.06 ID:MJq0Aom+0
母のお弁当 

私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、
母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えない質素で見映えの悪い物ばかりだった。
友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。
ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。
私は生返事でそのまま高校へ行き、こっそり中身を確認した。
すると確に海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし
彩りも悪いし、とても食べられなかった。
家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。
私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので
「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。
母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。
それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。
中を見ると弁当のことばかり書いていた。
「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」 日記はあの日で終わっていた。



55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:46:51.79 ID:JMWvkSld0
新聞に載ったパラオの話。

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。
「あそこでみんな死んでいったんだ・・・」
沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやいた。
太平洋戦争のとき、その島には日本軍が進駐し陣地が作られた。
老人は村の若者達と共にその作業に参加した。
日本兵とは仲良くなって、日本の歌を一緒に歌ったりしたという。
やがて戦況は日本に不利となり、
いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。
仲間達と話し合った彼は代表数人と共に
日本の守備隊長のもとを訪れた。自分達も一緒に戦わせて欲しい、と。

それを聞くなり隊長は激高し叫んだという
「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」
日本人は仲間だと思っていたのに…みせかけだったのか
裏切られた想いで、みな悔し涙を流した…
船に乗って島を去る日 日本兵は誰一人見送りに来ない。
村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。
しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。
そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。その瞬間、彼は悟ったという。
あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと・・・。



56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:47:43.86 ID:JMWvkSld0
パラオは今でも非常に親日的な国で、今でも子供に日本人名をつけたりしています。

ペリリュー玉砕戦で日本軍は全滅しましたが、ペリリュー島民の中には日本軍とともに
米軍と戦う意志を持った方もいました。
ですが、民間人を犠牲にしてはならぬという判断により、ペリリュー島民の強制疎開を実施したそうです。

日本軍玉砕後にペリリューに戻った島民は、島中に散乱する日本人の遺体を見て非常に悲しみ、放置されていた日本兵の遺体を埋葬してくれたそうです。。

また、ブラッディーノーズの近くにあるペリリュー神社には、
米軍ニミッツ元帥による以下の日英2文が記されています。
「Tourists from every country who visit this island should be told how courageous
and patriotic were the Japanese soldiers who all died defending this island.」
「この島を訪れる、もろもろの国の旅人たちよ。
 あなたが日本の国を通過することあらば伝えてほしい。
 此の島を死んで守った日本軍守備隊の勇気と祖国を憶うその心根を……」

1994年にパラオはアメリカから独立しました。
独立にあたって「国旗」を制定することになり、国民からデザインのアイデアを募集。
その結果、日本の日の丸を模した今のデザインに決まったのです。



60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:53:29.98 ID:bW2l4hXm0
ガキの頃を思い出すぜ。あの頃は段ボール1つでヒーローになれたんだ。
古タイヤ転がすだけで幸せになれたんだ。
用水路を歩くだけで探検家になれたんだ。
風呂敷をマントにして空を飛べたんだ。
木に登るだけで星をつかめたんだ。
土管に入るだけで宇宙へ行けたんだ。
あの街が僕の全世界だったんだ。

ガードレールからかっぱらった反射板が一つあればウルトラマンになれたんだ。
2つあれば仮面ライダーにもなれたんだ。
毛布を被るだけで怪獣になれたんだ。
イチゴのキャンディーをなめるだけでドラキュラになれたんだ。
サングラスかけるだけでハリマオになれたんだ。
ついでにシャンプーキャップとマスクをつけるだけで月光仮面になれたんだ。
映画の下敷きを買っただけで次の日話題の中心になれたんだ。
そんな僕らの恋だったんだ。
なぜだか涙が止まらないんだ。



62 1/2投稿日:2008/01/05(土) 00:54:26.43 ID:JMWvkSld0
子供の頃。今は永遠だと思っていた。明日も明後日もずっとこうして続いていくような気がしていた。
大人になるってことは自分とは無関係だと思ってた。大人っていう生き物は自分たちとは別の生き物だと思ってた。

学校へ行って、友達と昨日遊んだ事を話して。

授業中、女子の手紙を別の女子に渡しながらノートに落書きして。

休み時間、誰かが打ったホームランのボールの軌道を青空の向こうに見上げてた。

昼休み、給食のメニューに一喜一憂して、牛乳早飲み王決定戦に参加した。
先生に怒られてからはその目を盗んで開催した。

放課後、今日は誰と何して遊ぼうか。公園、駄菓子屋、友達の家。
僕らは遊びの天才だった。何をやっても楽しかった。

誰かの家でした、気になる女子の話。
「いいか?誰にも言うなよ?男同士の約束だぞ?」
「う、うん。約束する」
「お前から言えよ。」
「やだよ。おまえからいえよ。」
「じゃあ、じゃ~んけ~ん・・・」

小さな恋は叶わなかったけれど。
結局誰にも言わずに今まで守られた、小さな男同士の約束。



63 2/2投稿日:2008/01/05(土) 00:54:57.26 ID:JMWvkSld0
夏休みに自転車でどこまでいけるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。
国道をただひたすら進んでいた。途中大きな下り坂があって自転車はひとりでに進む。
ペダルを漕がなくても。何もしなくても。
ただ、ただ気持ちよかった。自分は今、世界一早いんじゃないかと思った。
子供心に凄く遠いところまできた事を知り、一同感動。滝のような汗と青空の下の笑顔。

しかし、帰り道が解からず途方に暮れる。不安になる。怖くなる。いらいらする。
当然けんかになっちゃった。泣いてね~よ。と全員赤い鼻して、目を腫らして強がってこぼした涙。
交番で道を聞いて帰った頃にはもう晩御飯の時間も過ぎてるわ、親には叱られるは、
蚊には指されてるわ、自転車は汚れるわ。
でも次の日には全員復活。瞬時に楽しい思い出になってしまう。絵日記の1ページになっていた。

今大人になってあの大きな下り坂を電車の窓から見下ろす。
家から電車でたかだか10個目くらい。
子供の頃感じたほど、大きくも長くもない下り坂。
でもあの時はこの坂は果てしなく長く、大きかった。永遠だと思えるほどに。

今もあの坂を自転車で滑り落ちる子供達がいる。楽しそうに嬌声を上げながら。
彼らもいつの日にか思うのだろうか。
今、大人になってどれだけお金や時間を使って遊んでも、

あの大きな坂を下っていた時の楽しさは、もう二度とは味わえないと。
もう二度と、友達と笑いながらあの坂を、自転車で下る事はないだろうと。
あんなにバカで、下らなくて、無鉄砲で、楽しかった事はもう二度とないだろうと。



65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:59:07.59 ID:JMWvkSld0
258 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/12/24(月) 14:47:20 ID:WeDGegiP
>>257のような知的な人間になりたいと思った。

ところで先日バスに乗った。座席はほぼ埋まっていて一箇所しか空いてなかったが
うまく座ることができた。
すると一緒に乗ってきたオッサンがキョロキョロ席を探し、空きがないとわかると
優先座席のほうに歩いていき、座っていた妊婦の脚を蹴って「立て!」と怒鳴った。
妊婦以外に優先席に座っていたのは爺さんばかり。妊婦はもうすぐ生まれそうなでかい腹、
それに小柄。爺さんといえども男に喧嘩を売るのが怖かったから、小柄な妊婦を
狙ったとしか思えない。
ちょ、酷いな…と思いつつ、自分が注意することなど考えもせず見ていたら
妊婦の隣に座っていた爺さんがスックと立ち上がり
おっさんに「ご婦人に対しなんということをする!謝れ!」と叱りつけた。
するとその場にいた爺さん達が次々に「お嬢ちゃん大丈夫か」
「おいお前、人を蹴る元気があるなら立っとれ!」「いまどきの奴は躾がなっとらんわ」
など言い出した。
おっさんは「俺は疲れて…」とか言い訳してたが、爺さんたちの「誰だって疲れとる!」
の一言で黙った。
その後最初の爺さんが降りた時、おっさんに注意したときはシャンとしていたのに
杖をついてやっとという様子で、ヨロヨロしながら歩いているのを見て驚いた。
誰かを守るときだけ変身する、ヒーローみたいな爺さん。カッコよすぎると思った。



66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 00:59:30.13 ID:lVt5u3rH0 BE:208637142-2BP(3501)
オレは小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。
当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいない。
いつしかオレはノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていた。
それをばあちゃんに見せては
「ここでモンスターが出るんだよ」
「ここに止まったら三回休み~」
ばあちゃんはニコニコしながら、「ほうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれる。
それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。
やがてオレにも友達が出き、そんなこともせず友達と遊びまくってたころ
家の事情も解消され、自分の家に戻った。ばあちゃんは別れる時もニコニコしていて、
「おとうさん、おかあさんと一緒に暮らせるようになってよかったねぇ」と喜んでくれた。

先日、そのばあちゃんが死んだ。89歳の大往生だった。
遺品を整理していた母から、「あんたに」と一冊のノートをもらった。
開いてみると、そこにはばあちゃんが作ったすごろくが書かれてあった。
モンスターの絵らしき物が書かれていたり、何故かぬらりひょんとか
妖怪も混じっていたり。「ばあちゃん、よく作ったな」とちょっと苦笑していた。
最後のあがりのページを見た。「あがり」と達筆な字で書かれていた、その下に

「義弘(オレ)くんに友達がいっぱいできますように」

人前で、親の前で号泣したのはあれが初めてでした。
ばあちゃん、死に目に会えなくてごめんよ。そしてありがとう。



67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:00:17.50 ID:JMWvkSld0
787 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 2007/10/21(日) 22:48:02 ID:39mamHRJ
DQNと言われるかも知れませんが。
明日、誕生日だ。20歳になる。

虐待され、16歳で逃げて、スーパーのレジ打ちをしながら、
ワンルームを借りて始まった私の人間らしい生活。

あの頃は、毎日ごはんが食べれる、毎日お風呂に入れる、誰も私をぶたない!
と、自由に涙したっけ。一日一回、白飯に醤油をかけて食べたっけ。

そんな私には、今現在、誕生日をお祝いしてくれる旦那がいる。
幼い頃、あんなに憧れたケーキを、今年も買ってくれる。
おめでとうって、言ってくれる。

しかも今年は、赤ちゃんだっている。

あの頃とは大違いだ。
私を殴るやつなんて、もう誰もいない。
私、幸せになったなぁ。
辛かった事もあったけど、やっぱり生きててよかった。
死んじゃわないでよかった。
生きるって、とても素敵な事なんだなぁ。

やっと得れた、あたたかいこの家庭を、私は守っていきたい。
誕生日を前に、改めてそう実感する。



68 1/5投稿日:2008/01/05(土) 01:02:16.88 ID:JMWvkSld0
幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。


       J('ー`)し
        (  )\('∀`)
        ||  (_ _)ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

学もなく、技術もなかった母は、個人商店の手伝いみたいな
仕事で生計を立てていた。

┌─────────┐
│  個 人. 商 店  │
└─────────┘
 │  J('ー`)し     |
 │   (  )    ┌─|
 │   ||    │ i|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


それでも当時住んでいた土地は、まだ人情が残っていたので
何とか母子二人で質素に暮らしていけた。
   │
   │
   │
   │  J('ー`)し_____________
  / ̄ ̄ (  )  ('∀`)
/      ||  (_ _)ヾ



69 2/5投稿日:2008/01/05(土) 01:02:47.69 ID:JMWvkSld0
娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を
持って、近所の河原とかに遊びに行っていた。

///////ww   w  ww
//////w ww        J('ー`)し
/////w w ww. ('∀`)  □ノ(  )
////w w  w   ( ヘヘ    ||
///w  ww ww  w



給料をもらった次の日曜日にはクリームパンとコーラを
買ってくれた


         J('ー`)し         ワーイ コーラ ダ
          (  )ヽ□ ヽ('∀`)ノ クリームパン ダ
          ||      (_ _)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらって
きた

       J('∀`)し
        (ヽロロ   ヽ('∀`)/
        ||      (_ _)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



70 3/5投稿日:2008/01/05(土) 01:03:20.28 ID:JMWvkSld0
俺は生れて初めてのプロ野球観戦に興奮し、母はいつも
より少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。


   J('∀`)し
t─┐ノ( ノ)        ヾ('∀`)ノロロ
  │■| |       .  (_ _)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に
止められた

──┐
   │                _[係]
   │   J(;'Д`)し       (`Д´ )
   │     (  )\('д`) ロロヾ(  )
   │     ||  (_ _)ヾ    / └
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


母がもらったのは招待券ではなく優待券だった。
チケット売り場で1人1000円ずつ払ってチケットを
買わなければいけないと言われた。

──┐
   │                _[係]
   │   J( ;'A`)し       (`Д´ )
   │     (  )\( 'A`) ロロヾ(  )
   │     ||  (_ _)ヾ     ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



71 4/5投稿日:2008/01/05(土) 01:03:51.00 ID:JMWvkSld0
帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは
外のベンチで弁当を食べて帰った。

電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら


  ( '∀`) J('A` )し
  .(_ _)   (  )  .┌─
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄くく ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


母は 「母ちゃんバカでごめんね」 と言って涙を少しこぼした


  ( 'A`) J('A` )し
  .(_ _)   (  )  .┌─
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄くく ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



72 5/5投稿日:2008/01/05(土) 01:04:22.06 ID:JMWvkSld0
そんな母が去年の暮れに亡くなった。
死ぬ前に1度だけ目を覚まし思い出したように
「野球、ごめんね」 と言った。

                 ('A` )
         J('A`)し    (  )
      /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ  ||
     // ̄ ̄ ̄フ /
   / (___/ /
   (______ノ

俺は 「楽しかったよ」 と言おうとしたが、
最後まで声にならなかった

                 ('ー`;;)
         J('A`)し    (  )
      /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ  ||
     // ̄ ̄ ̄フ /
   / (___/ /
   (______ノ



76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:10:57.51 ID:JMWvkSld0
59 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2001/05/13(日) 21:21
もう5年位前の話。
私達、平日の朝山手線をとめました。
その理由は、自分達の車両に急病人(若い兄ちゃん)が出たから。
原宿駅で駅員を呼ぼうとしたが、ホームには誰もいない。
仕方なく、兄ちゃんを介抱する人、ドア閉めを妨害して駅員が来るのを待つ人、
下の駅員詰所まで駆け下り駅員を呼ぶ人。
丁度中間の車両だったので、車掌は訳がわからず怒っていたが、兄ちゃん意識不明なので、
私達は必死だった。
で、駅員に何とか兄ちゃんを引き渡した後、電車は5分遅れで発車。
介抱していた奥さんは心配のあまり泣いていた。そしてそれを隣でなぐさめる女性・・・。
今ならボタン一つなんだろうけどね。あの時の連帯感は忘れられない。



77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:11:10.22 ID:3IbYFNBH0

平日の昼下がり。
長年の激務から開放されたのぶ代は近所の公園で一人、のんびりとしていた。
夕暮れにさしかかった頃、砂場で遊ぶ一人の少年をみつける。
小学校低学年と見られるその少年は、小さい体に似合わない大きな黒ぶちの眼鏡をかけ、一人黙々と砂山を作る。
「おばちゃんもお手伝いしていいかな?」
少年はパッと顔をあげ、か細い声で
「うん・・いいよ」
と答えた。少年の横に座り、砂山に砂をかけていくのぶ代と少年。
「一人で遊んでるの?お友達とは遊ばないのかな?」
砂山にまっすぐ視線を向けたまま、少年は答える。
「僕・・・今日は友達と喧嘩しちゃったんだ・・あいつすっごい凶暴な奴でさ、気にいらないとすぐ僕の事殴るんだよ」
のぶ代は目を細めながら少年を見つめる。あぁ、君みたいな子を私はずっと知っているよ・・と。
「僕ちゃん、ドラえもんてアニメ知ってる?」
「知ってるよ。僕タケコプターが欲しいな。あれがあれば毎日遅刻なんかしないのに!」
「おばちゃんね、ドラえもんの物真似ができるんだよ」
「本当に?やってみせてよ!」
少年は初めて小さな笑顔を見せてくれた。
「・・・・・ノビ太くん、ジャイアンなんかに負けるな!僕がついてるよ・・!」
ふと見ると、少年の顔がうっすら雲っている。「おばちゃん・・・」
「ドラえもんの声は、そんな変なガラガラ声じゃないよ。全然にてないじゃないか。うそつき!」
砂山をぐしゃりと潰し、走り去っていく少年。のぶ代は何もいえなかった。
あたりは暗くなり始めていた。
「・・・・・・・・・・僕、ドラえもん・・・・・・」



80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:15:32.62 ID:JMWvkSld0
524 :名無しさん@明日があるさ :04/05/08 23:53
今日、近所の交差点で車に乗って信号待ちをしていると、前方の右折車線でジリジリ前進している車がいた。
明らかに信号が青になった瞬間に曲がっちまおう、っていうのが見え見え。
この道路は主要幹線(って言っても所詮田舎のだが)で交通量も多い。確かにこのチャンスを逃したら、右折信号が出るまでの数分は足止めを食らうだろう。

俺は「ほんの数分も待てねーのかよ。やらせっかよ、このDQNが」と毒づきながら、信号が変わる瞬間を待っていた。
当然譲る気は無い。昼飯前の空腹感と暑さが俺を少々苛立たせていた。

すると、いきなり、俺の左の車線の車から中年の男性が降りてきた。自分の車を放っておいて。その車には誰も乗っていない。
もうすぐ信号が変わる大通りで信じられない出来事。
そのおっさんは、俺の車の前に背を向けて立ち、『止まっとけ』のサインを出しつつ、右折しようとした車に『早く行け』と手を振った。

右折車が結構なスピードで右折していく。しかし、俺の目にははっきりと見えた。
苦しそうな顔の女性が。助手席の窓にまで達した大きな腹。明らかに妊婦。

俺は、咄嗟に助手席の窓を全開にし、小走りで車に戻ろうとしていたおっさんに叫んだ。
「ありがとう! 全然気づかなかったよ!」
おっさんは、ちょっとびっくりしたような顔をすると、
「仕事が交通整理なんでな!」
と、笑いながら言い返してきた。その顔の誇らしげなこと。とても眩しく見えた。

後続車の猛クラクションの中、俺たちは慌てて発進した。ハザードを2回焚く。多分、隣の車も。
結果的に俺は何も出来なかった訳だが、あそこで「ありがとう」と言えた自分に感謝したい。
素直な感謝の気持ちをそのまま言葉にする。
自分が本当に思っていることを口にして言うだけなのに、それが恥ずかしくて出来なかった、愚かな俺。
いままで、本当に言いたいことも言えず、へらへら生きてきただけの自分を後悔する毎日だったから。
それがちゃんと出来ることを教えてくれたおっさん、本当にありがとう。
そして、あのときの妊婦さんが、元気な子供を生んでくれることを、心からお祈りします。



83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:18:22.75 ID:JMWvkSld0
52 名前:名無しさん@そうだドライブへ行こう 投稿日:02/10/12 02:16 ID:ai7ucpaa
今年の終わりに新車が来ます。
今の90年式のクラウンとはお別れです。
悪友と徹夜でドライブしたのもこの車。
京都にいた彼女を送り迎えしたのもこの車。
彼女にふられて今の嫁と出会ったときもこの車でドライブしました。
子供が生まれて退院してきた我が子を乗せた時も、
家族で旅行に行った時も、
独立して営業に回ったときも、この車でした。
商売も軌道に乗って、新しい車を買うことになりましたが、
廃車になるそうです。
わかっていたんですが、そう言われるとやっぱりさみしいですね。
せめて最後はピカピカに洗って、写真を撮って、サヨナラします。
13年間、14万キロの思い出をありがとう。



87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:27:35.12 ID:JMWvkSld0
606 :名無しさん@お腹いっぱい。 :05/02/05 20:39:30 ID:ZOvlIuWa
俺の母親が作った弁当はいわゆる「のり弁」
蓋にのりがはりついてるのはいつものことで。
学校が冬休みでも頼んで朝作ってもらってさ、それをコタツにいれて保温してたのをわざわざ昼まで待って食う。
それが弟と俺の休みの日の楽しみだったんだ。

弁当箱の殆どが飯で、オカズは1,2品と漬物って感じだったけど。
このスレを読んで、今度また頼んで作ってもらうかー、なんて思ってはいたけど、忙しさにかまけて電話もほとんどしなかったんだよね。
俺が作っても微妙に似て違う味なんだよ、甘い卵焼きとかさ、かあちゃんは丸いフライパンでどうやって作ってたのかな?
もう一回会えたらまた弁当作ってほしいな。
ふつうのご飯のオカズでもいいんだ。



88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:29:38.45 ID:AgrRchmXO
>>87
さらっと言うなカスwwwwwwwww








こういうの弱いんだよ・・・



91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:32:12.44 ID:SdExSWhWO
>>74
こんなヤツ↓


大音響で音楽を聴きまくっていた時の事。
いきなり音が鳴らなくなった。
叩いても何も音が出ない、どうやら壊れたようだ。
13800円のいいヘッドホンだったのに


むしゃくしゃした俺はテレビを床に叩きつけた。
大きな震動と共にテレビが床に落ちる。

ふと我に帰った俺は急いでテレビをつけてみた。
なんてこった、映像は映るものの音がでない。


気持ちを落ち着かせるために窓を開けて景色を眺めた。
なんだか今日はやけに静かな日だなぁ



93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:35:40.29 ID:Z0Ox4oTd0
2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。
その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

少女「あんたら地元の人間か?」

団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」

少女「で、何しにきたんや?」

団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」

少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」

団体「・・・・?」

少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。
   寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて
   夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。
   私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。
   あんたらにわかるか?
   消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。
   でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」


最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。
あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。
団体は撤退。
彼女が門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。



96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:38:07.21 ID:JMWvkSld0
438 :774号室の住人さん :2006/01/11(水) 01:26:56 ID:31dH3p0e
今まで当たり前だと思ってきた家族の優しさ。
実はちっとも当たり前なんかじゃなかったことにようやく気付いた。

お父さん、最初は反対してたけど、お金のかかる東京の私立の大学に行くことを許してくれてありがとう。
休日も返上で一生懸命働いてくれてありがとう。
お母さん、帰省したとき、いっぱいおいしいご飯食べさせてくれてありがとう。
お母さんが自分のために高いものなんか買ってるの見たことないのに、
「なんか欲しいものある?足りないものはない?」って私のことばっかり気にして…。

いざ会うとなんか恥ずかしくて素直に言えないけど、本当に感謝してます。
ありがとう。



98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:38:56.33 ID:JMWvkSld0
14 :774号室の住人さん :04/09/24 05:08:31 ID:Flbemq4w
アレだな、大学から一人暮らし始めて、一年位経った頃。
ふと輪ゴムが必要になって、部屋にあるわけねーよなと、押入れに入れてる小タンス
の引き出し開けた時、輪ゴムの箱があったのよ。
恐らく引越しの時に、実家で使いかけの箱を持たせてくれたのだろう、
長い間使わなかったとしても痛まないように、サランラップで巻いてあった。
引越し当時、親が色々世話焼くのが鬱陶しくて、○○持ってく?と言われても
ことごとく必要になったら買うからイラネと跳ね除けていたのを思い出し、
一人暮らし1年目にして初めて泣いた夜になった。おかん、ありがとう


18 :774号室の住人さん :04/09/24 13:58:24 ID:fhI8ww2j
働きながら家事をやってた母親に対して、やれ飯がマズいだの弁当手抜きだの‥ブーブー文句ばかり言ってた。
一人暮らしを始めて、何でも一人でやらないといけなくなって‥‥。
帰省した時に、「文句ばっかり言ってて悪かった」って言ったら、ちょっと涙ぐんでた。
言葉でも親孝行できんだなって思った。



104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:42:41.69 ID:JMWvkSld0
232 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/04 09:56:54 ID:qvhak+dx
俺は高校までずっと都立で給食だったし、大学も学食やらコンビニやらで
済ませて来た。
母親の手作り弁当の記憶なんて、運動会か遠足、それも遠すぎて覚えてない。
就職しても、社食が当たり前で妻も俺に弁当を作ったことはない。
俺自身も、弁当箱持って歩くのも荷物になるし弁当への思い入れも何もなかったある日
今年中学生になった娘が、「はい。オヤジさん(←娘は俺をこう呼ぶ)」と
バンダナで包まれた弁当箱を手渡した。
「なんじゃ?これ?」と俺が言うと
「だって、今日オヤジさんの誕生日じゃん」と・・・・。
俺、絶句。
「何だ、お前弁当作ってくれたのかよ。食えるのか?」と、恥ずかしさのあまり悪態をついてしまった。
だが、娘は「一生懸命、早起きして作ったよ」と笑顔だった。
素っ気無い顔しときながら、気になって弁当箱の中身を会社について確認したら
ご飯には、鮭フレークでハートが描いてあった。
おかずはハンバーグと、ウインナーと、ベーコンポテト。俺の好きなチーズも入っていた。
胸が詰まった。
2450グラムと小さく生まれてきた日のこと、夜中熱を出して夜間診療所に駆け込んだこと
運動会の徒競走で転んだこと、父の胸に幼い日の娘の姿がよぎる。
あいつ、こんなに大きくなりやがって。
食べた弁当の味は、しょっぱい、勿論俺の涙の味だ。



106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:44:09.31 ID:JMWvkSld0
[911]おさかなくわえた名無しさん<sage>
04/06/08 10:32 ID:nOEY4iPR
昔、姉が流産した。
心配して駆けつけると、姉は「大丈夫、元気だよ」と私に笑って見せた。
電話で話している時も悲しそうなそぶりを一切見せず、今まで通りの姉だった。

その後、数年して姉の夫が交通事故で亡くなった。
喪主を務める姉は背筋を伸ばして黙々と務めを果たし、私と目が合うと微笑んだ。
夫が亡くなっても、姑の介護があるから、と姉は実家へは戻らなかった。
何度か家を訪問しても、変わらない笑顔で迎えてくれた。
姑さんは姉のいない隙を見ては「あれは子供が死んでも夫が死んでも泣かない。
冷たい女だ」と私に言った。

姑が去年亡くなった時も、姉は涙を見せなかった。
いろいろな手続きが済んで、姉が実家へ戻ってきた。姉は変わらず、明るい姉のままだった。
けど、夜寝る時にハードロックの流れる姉の部屋を何の気無しに開けたら、姉が泣いていた。
家族に心配かけたくなくて、ずっとこの人はこうして一人で泣いてきたんだ、と思ったら
これまでの笑顔が切なくて、切なくて、何もできなかった自分がくやしかった。



108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:46:43.11 ID:JMWvkSld0
976 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:02/10/05 21:11 ID:fWts+Ezo
前、実家帰って、帰る時のこと。
俺は母子家庭で仕送りもらってるくせに
冗談めかしに帰りのタクシー代と電車賃ちょうだいと母にせがんだら
「何言ってんの!うちもキツキツで生活してるのに、自分で払いなさい!」
と怒鳴られた。

俺も腹立って、電話でタクシー呼んでそのあとは一言も母とは口聞かなかった。
しばらくしたらタクシーが来て、俺は何も言わずに家を出てってタクシーに乗り込んだ。

ちょうどその時、母が財布もって慌てて外に出てきたけど、
その時ちょうどタクシー発進。
俺は自分の情けなさと母ヘの申し訳なさと感謝の気持ちと後ろめたさに
振り向くことができなかった。
タクシーの中で涙こらえるのに必死だった。
後味の悪い帰省だった。



110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:49:41.76 ID:JMWvkSld0
>>91 これとは違う?


さっき、2万4千円のヘッドホンが突然壊れた。
音楽を大音量で聴き過ぎたせいか、いきなりプチッと音が出なくなった。
俺はムカついて思わずわざとテレビを床に落とした。
ズドンとテレビが床に落ちた振動を感じて俺はふと我に返った。
何やってんだ俺は。このテレビは15万もしたじゃないか。
たまたま落とした場所には布団が敷いてあって
落ちた振動は多少あったが落ちた音は全くしなかった。
たぶん壊れていないだろうと思いながらテレビの電源を入れてみた。
映像は普通に映るのだが、音が全く出なくなっていた。
最悪だ。15万円のテレビまで壊れてしまった。
それにしても今日は外が不思議なくらいに静かだ・・・
気晴らしにちょっと散歩にでも行ってみようかなぁ。



111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:50:00.11 ID:eeNUwPFc0
今日ついにマリ見てに手を出してしまった
アレはヤバい、何がヤバいって購入がダヨ
コンビニでエロ本なんてそんなもんじゃない、あれはガチで晒しもんだ
まず置いてある場所が既に結界
狭い棚と棚の間、少女コミックとハーレクインの狭間
この時点で相当キツいが、そこには聖域を守る妖精(女)達が俺という部外者を冷たい視線で睨んでくる
無視してコバルト棚へ逝くと何冊か発見、順番も確認せずにレジ直行(ストパニ付きで)
女の店員のほうがまだよかった
イケメン風の兄ちゃんが俺をチラと見て、いぶかしげに会計した
俺はひたすら「内気な妹に頼まれて仕方なく買いにきた兄」を装い「ったく…こんぐらい自分で買えよな」とか呟いてイライラしたふりしてた
内心滝汗
もう買いたくない



112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:53:36.12 ID:KGuUVuOo0
208 :わんにゃん@名無しさん :03/02/09 11:56 ID:zf2mbRis
先週、風邪で39℃の熱が出て寝込んでた。
ひどい悪寒と関節痛で二日間まったく動けなかった。
そろそろ氏ぬのかなーってボンヤリ思っていたら、
ネコが布団に入って来た。
暖かかった。おかげでやっと熟睡できた。

翌朝、熱は37℃まで下がってた。
だがネコはいつの間にか居なかった。
そーいえば、あいつ七年前に氏んだんじゃなかったっけ?

心配かけてスマソ、ラビ
助かったよ。

160 名前:わんにゃん@名無しさん 投稿日:03/01/24 03:09 ID:LzNjZCYB

 |  // /
 |// /
  / ̄
  |_∧
  |ー゚) モウイチドダケ アイタイナ
  ⊂|
  | ~
  |∪
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:54:56.70 ID:Z0Ox4oTd0
入社4年目で初めての結婚記念日の日。社内でトラブルが発生した。下手したら全員会社に泊まりになるかも知れないという修羅場なのに、結婚記念日なので帰らしてくださいとは絶対に言えなかった。5時を回った頃、T課長が俺を呼びつけ、封筒を渡して、
「これをK物産に届けろ」
と言う。K物産は、隣の県にある得意先で、今から車で出ても8時までに着けるかどうかすら分からない。
「届けたら直帰していいから」と言うが、直帰も何も、K物産に届けて家まで帰ったら、きっと11時は過ぎるだろう。

文句を言いたかったが、
「わかりました」
と言って封筒を預かった。中身を見ようとすると
「中身は車の中で見ろ。さっさと行け!」
とつれないT課長。不満たらたらの声で
「行ってきます」
というと、課内の同情の目に送られて駐車場へ向かった。車に乗り込み、封筒を開けると、一枚の紙切れが。
「結婚記念日おめでとう。今日はこのまま帰りなさい」
と書かれていた。会社に入って初めて泣いた。

その翌年、T課長は実家の家業を継ぐために退社した。送別会の席でお礼を言ったら
「そんなことあったか?」
と空とぼけていた。T課長、お元気でおられるだろうか。



115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:56:17.42 ID:JMWvkSld0
652 名前:水先案名無い人  sage 投稿日:2007/12/09(日) 16:48:43 ID:naWG+ZiU0
396 名前:pH7.74 メェル:sage 投稿日:2007/05/31(木) 14:51:29 ID:gChJmvap
3年位前にでっかい発泡スチロールの風呂おけ?というかかなり巨大なもの
を梱包するやつだと思う(子供4~5人入れるくらい)
を川で拾って川岸に置いといた。
ただ置いといただけなんだが大雨や台風で水が入り、そこへ川遊びにきた人達が
採った魚や水草を放したりして良い感じのビオになってた。
が、近くに高速道路が出来る事になり川は埋められてしまった。
昨日偶然通りかかったら綺麗なコンクリの土手の間に妙な物体が・・・
そう、薄汚く変色したあの発泡スチロールのビオがまだ残っていた!!
急いで駆けより中を覗くと・・・
居た!クチボソやフナ、メダカがさっと水草の陰に隠れて。。。
もうお前らの故郷は無いというのに・・・
ちょっと目頭が熱くなった。



116 1/3投稿日:2008/01/05(土) 01:56:58.31 ID:KGuUVuOo0
109 :わんにゃん@名無しさん :03/08/31 09:07 ID:5TzNneMx
父親が犬を貰ってきた
しかしまもなくおやじは単身赴任で北海道へ
面倒臭がり屋の俺はろくすっぽ世話をしなかった
母親が
「散歩に連れて行ってあげなさい」
と言うと、親父の犬だろ、かーちゃん代わりに行けよ
と動物嫌いの母親にまかせっきりだった

それでもたまには散歩に連れて行った
ろくに躾もしなかったのでの他の犬にからむは、興奮すると
飼い主噛むわで、相変わらずであまり奴に愛情はなかった

110 :わんにゃん@名無しさん :03/08/31 09:07 ID:5TzNneMx
8年の月日がたった
ある日奴の様子がおかしいので、母親と一緒に病院へ連れて行った
「フィラリアです」
どーでもいいから早く治してやってくれよ
「手術をしても一時的に良くなるだけです。
 このままで最後を迎えるかどうかは、飼い主さんの判断に任せます。」
は?最後って何?

奴はそのまま入院、手術となった
家に戻って電話で父親に報告した
「二週間後、そっちに戻るから、それまで生きていてくれれば・・・。」
二週間?そんなにすぐ死んじゃうのか?



117 2/3投稿日:2008/01/05(土) 01:57:46.87 ID:KGuUVuOo0
111 :わんにゃん@名無しさん :03/08/31 09:08 ID:5TzNneMx
手術後、奴を迎えに病院へ行った
俺の顔を見るなり、寝そべっていた奴は起き上がり尻尾を振った
「器官に虫がつまり、呼吸困難になっていたので
 喉を切開してこれだけの虫を除去しました。」
なんだこれは、こんなのが体の中にいたのか

首に包帯を巻いた奴は、自宅に戻ると嬉しそうにはしゃいでいた
「僕、手術したんだ。今は傷口痛いけど、もう大丈夫。
 呼吸できるし、だるくないし、早くまた散歩に行きたいよ。」
奴が散歩に行ける事はなかった。
手術後、一瞬調子が良く見えたのもつかの間
数日後には、起き上がる事さえ出来なくなった

112 :わんにゃん@名無しさん :03/08/31 09:08 ID:5TzNneMx
部屋の隅で毛布の上に横たわる奴に向かって母親は
「もうおしっことか垂れ流しで・・・」
と愚痴をこぼした
しかしそんな母親を責める資格は俺には無かった

俺が近づくと無理やり起き上がろうとするので
「いいよ、寝てろ」
と撫でてやると、しっぽをパタパタ振った
小さく切ったハムを口元へ運んでやるが、もう飲み込む力は残っていなかった

父親が帰ってくる二週間をまたずに、奴は逝った
俺も母親も仕事で留守だった
奴は部屋の片隅で一人ぼっちで死んでいった



118 3/3投稿日:2008/01/05(土) 01:58:29.83 ID:KGuUVuOo0
113 :わんにゃん@名無しさん :03/08/31 09:09 ID:5TzNneMx
昔は嫌いではなかったが、今は犬が大嫌いだ
こんな俺に尻尾を振るな
そんなに嬉しそうな顔をするな
もっと自分本位に生きろ
俺には動物を飼う資格なんか無い
どんなにくやんでも、もう、奴は帰ってこない


114 :わんにゃん@名無しさん :03/08/31 11:20 ID:j5ByIf4f
>113
失うことの痛みを知ったあなたには
動物を飼う資格が有る



119 1/2投稿日:2008/01/05(土) 01:58:42.76 ID:Z0Ox4oTd0
彼との結婚を私(25歳)の父と母は猛反対していました。
彼は昔両親を亡くして、祖父母に育てられていました。
そして4年前祖父が亡くなり、彼は32歳になる今まで84歳の祖母と二人暮しでした。
それが反対の理由でした。
「何も結婚してすぐに介護が目の前にあるような結婚をする事はない」と。
結婚を申し込みにきた彼と彼の祖母ににもそう言い放ったんです。
その2日後でした。
彼の祖母が置手紙を残していなくなりました。
仕事から帰った彼からの電話で、私達は必死で探しました。
探して探して探して
空が明るくなりかけた頃、彼の祖父の眠るお墓の前に座りこんでいる祖母を見つけました。
歳も歳だったので衰弱し、そのまま即入院になりました。
その事がきっかけで、私の両親も私達の結婚を許してくれ
結婚式はせず、すぐに籍だけをいれました。
もう10年近く前の話です。
祖母は入院後1ヶ月ほどで亡くなりました。
その時の手紙です。




120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:58:44.79 ID:JMWvkSld0
>>114


泣ける話ではないかもしれませんが… 私がホテル勤めをしていた頃の話。

ある披露宴、新郎が海自の方でした。同僚上司達は制服で出席。
披露宴も御披楽喜に近づき、新郎のおじいさんの挨拶がありました。
自分が海軍にいた事。孫が艦に乗っている事を誇りに思う事。
自分達の世代の不甲斐なさのせいで今の海上勤務の方達には苦労を
掛けていると思う事。たとたどしくですが話されました。同僚達は
知らなかったらしく酔っ払っていたのが、段々背筋が伸びていき
神妙に聞き入っていました。挨拶が終わり高砂の席の一人が
「何に乗っておられたのだ」と尋ねると、新郎は小声で「大和です」
それを聞いた海自組一同すっ転ぶような勢いで立ち上がり直立不動で敬礼を送りました。
おじいさんも見事な答礼を返されました。

私はその後は仕事になりませんでした。



121 2/2投稿日:2008/01/05(土) 01:58:54.29 ID:Z0Ox4oTd0
45 :('A`):05/01/03 09:35:24
785 名前:2/2  sage 投稿日:04/09/27(月) 05:47:29 ID:mIA12xh9
●●へ(彼の名前)

ばあちゃんは本当に貴方がかわいかった。
貴方のお父さんとお母さんが死んだ時
私のこの先の人生は貴方の為に使っていこうと心に誓いました。
ばあちゃんは年であるしお金もない
何も何も持ってはおりません。
貴方への愛情だけです。
そして貴方はばあちゃんの事をとてもとても大切にしてくれた
とてもとても良い子に育ってくれました
そして人生の伴侶となるべき相手を見付けました。
でもばあちゃんがそれをじゃましているんだね。
幸せになってください。
ばあちゃんは貴方を育てる事が出来た事がとてもうれしいです。
とてもとても幸せでした。
妙子ちゃん(私)と、どうかどうか幸せになってください。



123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 01:59:54.47 ID:Z0Ox4oTd0
>>114

泣ける話ではないかもしれませんが… 私がホテル勤めをしていた頃の話。

ある披露宴、新郎が海自の方でした。同僚上司達は制服で出席。
披露宴も御披楽喜に近づき、新郎のおじいさんの挨拶がありました。
一通りの祝いの言葉の後に、

自分が海軍にいた事。孫が艦に乗っている事を誇りに思う事。
自分達の世代の不甲斐なさのせいで今の海上勤務の方達には苦労を
掛けていると思う事。
たとたどしくですが話されました。
同僚達は知らなかったらしく酔っ払っていたのが、段々背筋が伸びていき
神妙に聞き入っていました。挨拶が終わり高砂の席の一人が「何に乗っておられたのだ」
と尋ねると、新郎は小声で「大和です」
それを聞いた海自組一同すっ転ぶような勢いで立ち上がり直立不動で敬礼を送りました。
おじいさんも見事な答礼を返されました。

私はその後は仕事になりませんでした。
ウェイトレスの女の子達は不思議そうな顔をしておりましたが。



125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:01:05.76 ID:wVhU11iXO
全盛期のイチロー伝説

・3打数5安打は当たり前、3打数8安打も
・先頭打者満塁ホームランを頻発
・イチローにとってのホームランは内野安打の打ちそこない
・先頭打者サイクルヒットも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で逆転

泣けるよな、相手は



126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:02:27.65 ID:3sPjQ/+N0
1 名前: ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:41:45.75 ID:60VRmiQN0
僕はシロ、しんちゃんのともだち。十三年前に拾われた、一匹の犬。
まっ白な僕は、ふわふわのわたあめみたいだと言われて。
おいしそうだから、抱きしめられた。
あの日から、ずっといっしょ。

5 名前: ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:43:23.40 ID:60VRmiQN0
「行ってきマスの寿司~~~~~~。」
あいかわらずの言葉といっしょに、しんちゃんは家から飛び出していった。
まっ黒な上着をつかんだまま、口に食パンをおしこんでいるところを見ると、
今日もちこくなんだろう。
どんなに大きな体になっても、声が低くなっても、朝に弱いのは昔から。
特に今年は、しんちゃんのお母さんいわく『ジュケンセイ』というやつだから、
さらにいそがしくなったらしい。
たしかに、ここのところのしんちゃんは、あんまり僕にかまってくれなくなった。
しかたのないことだとしても、なんだかちょっと、うん。
さみしいかもしれない。



128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:03:09.53 ID:3sPjQ/+N0
6 名前: ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:43:42.54 ID:60VRmiQN0
せめてこっちを見てくれないかな、と言う気持ちと、がんばれという気持ち。
その二つがまぜこぜになって、とにかく少しでも何かしたくなって。
小さくほえてみようとしたけれど、出来なかった。
なんだかとても眠たい。
ちかごろ多くなったこの不思議な感覚、ゆっくりと力が抜けていくような。
あくびの出ないまどろみ。
閉じていく瞳の端っこに、しんちゃんの黄色いスニーカーが映って。

ああ今日もおはようを言い損ねたと、どこかで後悔した。



7 名前: ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:44:22.87 ID:60VRmiQN0
ぴたぴたとおでこを触られる感覚に、急に目が覚める。
いっぱいに浮かんだ顔に、おもわず引きぎみになった。
ひまわりちゃんだ。
「シロー。朝ご飯だよ。」
そう言いながらこちらをのぞき込んでくる顔は、しんちゃんに似ていて。
やっぱり兄妹なんだな、と思う。
「ほら、ご飯。」
ひまわりちゃんは、片手で僕のおでこをなでながら、もう片方の手でおわんを振ってみせる。
山盛りのドッグフード。まん丸な目のひまわりちゃん。
あんまり興味のない僕のごはん。困った顔のひまわりちゃん。
僕は、それをかわるがわる見ながら、迷ってしまう。

お腹は減っていない。
でも食べなければひまわりちゃんは、もっと困った顔をするだろう。
でも、お腹は減っていない。



129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:03:46.56 ID:3sPjQ/+N0
8 名前: ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:44:48.83 ID:60VRmiQN0
ひまわりちゃんは、悲しそうな顔になって、僕の目の前にごはんを置いた。
そして、両手でわしわしと僕の顔をかきまわす。ちょっと苦しい。
「お腹減ったら、食べればいいよ。」
おしまいにむぎゅうっと抱きしめられてから、そう言われた。
ひまわりちゃんは立ち上がると、段々になったスカートをくるりと回して、
そばにあったカバンを持つ。
学校に行くんだ。
いってらっしゃいと言おうとしたけれど、やっぱり言う気になれなくて。
僕はぺたんとねころんだ。
へいの向こうにひまわりちゃんが消えていく。
顔の前に置かれたおちゃわんを、僕は鼻先ではじに寄せた。

お腹は、ぜんぜん空いていない。



10 名前: ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:45:32.66 ID:60VRmiQN0
ごはんを欲しいと思わなくなった。
おさんぽにも、あんまり興味はなくなった。
でも、なでてもらうのは、まだ好き。
抱きしめられるのも、好き。

『ジュケンセイ』っていうのが終わったら、しんちゃんは。
また僕をいっぱい、なでてくれるのかな。抱きしめてくれるのかな。
そうだといいんだけど。



133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:05:24.20 ID:3sPjQ/+N0
12 名前: ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:45:48.60 ID:60VRmiQN0
目を開くと、もう辺りはうすむらさき色になっていて。
また、まばたきしているうちに一日が過ぎちゃったんだと思う。
ここのところ、ずっとそうだ。何だかもったいない。
辺りを見回して、鼻をひくひくさせる。しんちゃんの匂いはしない。

まだ、帰ってきてないんだ。

さっき寄せたはずのおちゃわんのごはんが、新しくなっている。お水も入れ替えられている。
のろのろと体を起こして、お水をなめた。冷たい。
この調子なら、ごはんも食べられるかと思って少しかじったけれど、ダメだった。
口に中に広がるおにくの味がキモチワルイ。思わず吐き出して、もう一度ねころがる。
夢のなかは、とてもしあわせな世界だった気がする。
僕はまた夢を見る。

しんちゃんと最後に話したのは、いつだっただろう。



135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:05:53.60 ID:3sPjQ/+N0
14 名前: ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:46:14.94 ID:60VRmiQN0
僕はしんちゃんを追いかけている。
しんちゃんはいつものあかいシャツときいろいズボン。小さな手は僕と同じくらい。

シロ、おて
シロ、おまわり
シロ、わたあめ

『ねえしんちゃん。僕はしんちゃんが大好きだよ。』
『オラも、シロのこと、だいすきだぞ。シロはオラの、しんゆうだぞ!』

わたあめでいっぱいのせかいはいつもふわふわでいつもあったかで
いつまでもおいかけっこができる

いつまでも



136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:06:27.17 ID:3sPjQ/+N0
20 名前:第二話(1/6) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:48:48.90 ID:60VRmiQN0
また朝がきた。
でも、その日はいつもと違っていて。しんちゃんのお母さんが、僕を車に乗せてくれた。
しんちゃんのお母さんの顔は、気のせいか苦しそうだった。

車はまっ白なお家の前で止まって、僕は抱きしめられたまま下ろされる。
そして一回り大きなふくろの中につめられた。まっくらだ。どうしようか。
昔なら、びっくりしてあばれてしまったかもしれない。でも今は、そんな力も出ない。
とりあえず丸くなると、体がゆらゆらとゆれた。
それがしばらく続き、次にゆれが収まって、足もとがひんやりとしてくる



137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:06:56.74 ID:3sPjQ/+N0
21 名前:第二話(2/6) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:49:20.46 ID:60VRmiQN0
いきなり辺りがまぶしくなった。
目をぱしぱしさせていると、変なツンとした匂いがする手につかまれ、持ち上げられる。
いっしゅんだけ体が宙に浮いて、すぐに冷たい台の上に下ろされた。
まっ白い服を着た人が、目の前に立っている。そばには、しんちゃんのお母さん。
二人が何かを話している。白い人が、僕の体をべたべた触る。
しんちゃんのお母さんが、泣いている。

22 名前:第二話(3/6) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:49:54.03 ID:60VRmiQN0
どうして泣いているのか解らないけれど、なぐさめなくちゃ。
でも、体が動かない。またあの眠気がおそってくる。起きていなきゃいけないのに。
なんとか目を開けようとしたけれど、ひどく疲れていて。
閉じていく瞳を冷たい台に向ければ、そこに映るのはうすよごれた毛のかたまり。

なんて、みすぼらしくなってしまったんだろう。



139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:07:25.22 ID:3sPjQ/+N0
24 名前:第二話(4/6) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:50:16.79 ID:60VRmiQN0
ああそうか、僕がこんなになってしまったからなんだ。だからなんだ。
だからしんちゃんは、僕に見向きもしないんだ。
おいしそうじゃないから。
あまそうじゃないから。

僕はもう、わたあめにはなれない。



26 名前:第二話(5/6) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:50:52.84 ID:60VRmiQN0
わたあめ。
ふわふわであまあまの、くものかたまり。

いちど地面に落ちたおかしは、もう食べられないから。
どんなにぽんぽんはたいても、やっぱりおいしそうには見えないよね。

だけど、君はいちど拾っててくれた。
だれかが落として、もういらないって言ったわたあめを。
だから、もういいんだ。



140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:08:12.69 ID:3sPjQ/+N0
28 名前:第二話(6/6) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:51:12.89 ID:60VRmiQN0
何かにびっくりして、僕はまた戻ってきた。
見なれた僕のお家。いつもの匂い。少しはだざむい、ゆうやけ空。
口の中がしょっぱい。

「なんで!!!!!!」

いきなり、辺りに大声が響いた。びりびりとふるえてしまうような、いっぱいの声。
重たい体をひきずって、回り込んで窓からお家の中をのぞきこむ。
しんちゃんのお父さんとお母さん、ひまわりちゃん。
そして、僕の大好きなしんちゃんも。
みんなみんな、泣いていた。

32 名前:第三話(1/4) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:54:02.21 ID:60VRmiQN0
「母ちゃんの行った病院は、ヤブだったに決まってる!! オラが、他の病院に連れてくぞ!!!」
しんちゃんが、ナミダをぼろぼろこぼしながら、怒っている。
ひまわりちゃんも、うつむいたまま顔を上げようとしない。
「しんのすけ、落ち着け。仕方ないんだ。」
しんちゃんのお父さんが、ビールの入ったコップをにぎりしめたまま呟いている。
「仕方ないって、父ちゃんは…ホントにそれでいいの!!!???」
「良いわけないだろ!!!!!」
しんちゃん以上のその大きな声に、だれもなにも言わなくなった。
その静かな中に、しんちゃんのお父さんの低い声が、ゆっくりひびく



141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:08:45.67 ID:3sPjQ/+N0
33 名前:第三話(1/4) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:54:26.96 ID:60VRmiQN0
「しんのすけ、良く聞け。いいか、生き物は何時かは死ぬんだ。
 それは、俺たちも同じだ。……もちろん、ひまやお前の母さんもそうだ。
 それが今。その時が、いま、来ただけなんだよ。解ってたことだろう?」
しんちゃんは、なにも言わない。しんちゃんのお母さんも、続ける。
「あのね、ママが最初ペットを飼うのに反対したのはね、そう言う意味もあるの。
 しんちゃんに辛い思いをさせたくなかったから…ううん。
 私自身が、そんな辛いお別れをしたくなかったから。だから、反対してたの。
 でも、もうこうなっちゃった以上、仕方ないでしょう?
 せめて、最期を看取ってあげることが、私たちに出来る一番良い事じゃないの?」
「最期って!!!」
しんちゃんが泣いている。ぼろぼろ泣いている。手をぎゅっとにぎりしめて。
僕よりもずっと大きくなってしまった手を、ぎゅっとかたく。



34 名前:第三話(3/4) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:55:04.41 ID:60VRmiQN0
僕の体のことは、たぶんだれよりも僕自身が一番知っていて。
でも、いいと思っていた。
このままでもいいって。
だって夢の中はあんなにもあったかくてあまくって。

だからずっとあそこにいても、かまわないと思ってたんだ。
それじゃだめなの?



142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:09:20.72 ID:3sPjQ/+N0
36 名前:第三話(4/4) ◆TmK8dn3Gxg [2間違えた… sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:56:13.74 ID:60VRmiQN0
しんちゃんがこっちを見た。
しばらく目をきょろきょろさせたあと、僕を見付けて、顔をくしゃくしゃにさせる。
「シロ。」
名前を呼ばれた。本当に、ひさしぶりに。

わん。

なんとか声が出た。本当に小さくて、ガラスごしじゃあ聞こえないかと思ったけれど。
でも、たしかにしんちゃんには届いた。
しんちゃんが近付いてくる。窓を開けて、僕に手をのばして。
「大丈夫、オラが、何とかしてやるぞ。」

やっと抱きしめてくれたしんちゃんの胸は、いっぱいどくどく言っていて、
夢の中の何十倍も、とってもあったかかった。
ねえ、よごれたわたあめでも。



143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:09:56.47 ID:3sPjQ/+N0
39 名前:第四話(1/6) ◆TmK8dn3Gxg [どこまでいけるかな… sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:58:12.06 ID:60VRmiQN0
僕は夢を見る。
何度目になるかはわからない夢。でも、それは今までとはちがう夢。



41 名前:第四話(1/6) ◆TmK8dn3Gxg [どこまでいけるかな… sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:58:27.31 ID:60VRmiQN0
僕は段ボール箱に入っていて、そのはじをしんちゃんがヒモで三輪車に結びつけている。
三輪車がいきおいよく走る。
箱ががたがたゆれて、ちょっときもちが悪い。
ふいに、その箱から引っぱり出され、僕は自転車のかごに乗せられた。
小さな自転車。運転しているのはしんちゃん。せなかにはまっ黒なランドセル。
シロに一番に見せてやるぞって、嬉しそうにしょって見せてくれたランドセル。
まだまだ運転は下手だったけど、とってもあたたかかった、春。



42 名前:第四話(3/6) ◆TmK8dn3Gxg [又間違えた… sage] 投稿日:2006/04/07(金) 01:59:03.35 ID:60VRmiQN0
自転車のかごが一回り大きくなる。
くるりとまわると、しんちゃんが今度は、まっ白なシャツを着ていた。
自転車も、新しくなっている。もうよたよたしていない。スピードも、速い。
そういえば、よくお母さんに怒られたとき、
ナイショだぞって僕を、こっそりフトンの中に入れてくれたよね。
もちろん次の日には、お母さんに怒られるんだけど、それでもやめなかった。
二人だけのヒミツがあった、きらきらしてまぶしい、夏。



144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:10:31.46 ID:3sPjQ/+N0
45 名前:第四話(6/6) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 02:00:29.17 ID:60VRmiQN0
寒かった冬。でも、冬は春への始まり。あたたかな春への始まり。
僕は丸まって、わたあめのようになって、あったかいうでの中で。
春の始まりをまっている。

たとえそれがほんのいっしゅんのものでも。



48 名前:第五話(1/6) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 02:02:11.66 ID:60VRmiQN0
かしゃん、という、なにかがたおれる音がして、僕は目を開けた。
電灯がぽつりぽつりとついた、暗い道の真ん中で、見なれた自転車が横になっている。
のろのろと首を上げると、しんちゃんの前髪が顔に当たった。
道のはじっこのカベに、もたれかかるようにしてしゃがみ込むしんちゃん。
その体はひっきりなしにふるえていて、とても寒そうだった。
僕を抱きしめたまま、動こうとしないしんちゃん。
しんちゃんに抱きしめられたまま、動くことができない僕。

ああだれか僕の代わりに、しんちゃんを抱きしめてあげて。



146 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:11:03.91 ID:3sPjQ/+N0
49 名前:第五話(2/6) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 02:02:35.86 ID:60VRmiQN0
「ごめんな、ごめんなシロ。オラ、何にも出来なかった。」
ぽつりぽつりと、しんちゃんが話しかけてくれる。
「いっぱい病院回ったんだ、でも、どこも空いて無くて。
 空いてるトコもあったんだけど、大抵シロを一目見ただけで…何も。
 あいつらきっとお馬鹿なんだぞ。お馬鹿だから、何にも出来ないんだ。」
しんちゃん、泣いてるの? ねえ、泣かないで。
「でも、ホントにお馬鹿なのは……オラだ。」
しんちゃんなかないで。
「オラっ……シロがこんなになってるの、気付かなくて…!!
 ずっと、一緒にいたのに…親友だって……思ってたのに、なのに!!!」
なかないで、もういいから。
「シロっ…………。」



50 名前:第五話(3/6) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 02:03:01.37 ID:60VRmiQN0
しんちゃんが泣いている。僕はなにもできない。
せめて元気なところを見せようと思って、僕はしんちゃんのほっぺたをなめた。
しんちゃんのほっぺたは、少しだけ早い春の味。



149 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:11:43.54 ID:3sPjQ/+N0
51 名前:第五話(4/6) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 02:03:28.44 ID:60VRmiQN0
僕がメスだったら、しんちゃんのために子供を作っただろう。
僕が居なくなっても、寂しくないように。
僕がわたあめだったら、しんちゃんのためにせいいっぱい甘くなっただろう。
僕が食べられても、甘さが少しでも長く口にのこるように。
僕が人間の手を持っていたら、しんちゃんを抱きしめただろう。
僕がしんちゃんにもらった、温もりを返すために。
僕が人間の言葉をしゃべれたら。

きっと、いっぱいいっぱいのありがとうとだいすきを、君に。



52 名前:第五話(5/6) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 02:03:57.22 ID:60VRmiQN0
ひっきりなしにこぼれるナミダをなめながら、僕はあることに気が付いた。
僕はここを、今しんちゃんがすわりこんでいるここを、知っている。
ここは、僕と君が初めて会ったところ。
僕と君との、始まりの場所。



150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:12:19.44 ID:3sPjQ/+N0
54 名前:第五話(6/6) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 02:04:19.48 ID:60VRmiQN0
僕は待っていた。
あきらめながらも、いつか。
いつか、おっこちたわたあめでも。
おいしいそうだって言ってくれる人が。
ひろいあげて、ぱんぱんってして。
まだ食べられるぞって、言ってくれる人が、来てくれるって。



59 名前:最終話(1/3) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 02:05:47.18 ID:60VRmiQN0
「シロ。」
名前をよばれて、僕は顔を上げる。しんちゃんが、笑っていた。
まだまだナミダでいっぱいの顔で、それでも笑っていた。
「シロ、くすぐったいぞ。
 そんなにオラの涙ばっか舐めてたら、しょっぱい綿飴になるぞ。
 しょっぱいシロなんて、美味しそうじゃないから。
 だからシロ、オラ、待ってるから。
 今度はオラが待ってるから。」

しんちゃん。

「だから、もう一度、美味しそうな綿飴になって。
 そんでもって、戻ってくるんだぞ。」

だいすき。



151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:12:51.71 ID:3sPjQ/+N0
61 名前:最終話(2/3) ◆TmK8dn3Gxg [sage] 投稿日:2006/04/07(金) 02:06:26.84 ID:60VRmiQN0
ぼくはしんちゃんに抱きしめられながら、さいごの夢を見る。
もういちど、わたあめになる夢を。
もういちど、おさとうになって、とかされて。
くるくるまわって、あまい、あまいわたあめになる。

目ざめたときに、だれよりも、
君がおいしそうだって言ってくれるわたあめになるために。

ふわふわのわたあめ。さくらいろの、あったかなわたあめ。
君が大好きだっていうキモチをこめた、君だけのわたあめ。



62 名前:最終話(3/3) ◆TmK8dn3Gxg [ありがとうございました sage] 投稿日:2006/04/07(金) 02:06:58.49 ID:60VRmiQN0
僕はシロ、しんちゃんのしんゆう。十三年前に拾われた、一匹の犬。
まっ白な僕は、ふわふわのわたあめみたいだと言われて。
おいしそうだから、抱きしめられた。

僕はシロ、しんちゃんのしんゆう。
今度はさくらいろの、ふわふわのわたあめになって。
君に、会いに行くよ。



152 1/2投稿日:2008/01/05(土) 02:13:22.50 ID:KGuUVuOo0
36 :おさかなくわえた名無しさん :2006/08/09(水) 17:20:45 ID:wksXYbnO
思い出って言うか最近(先月)のことなんだけど
うちから2キロぐらい離れた所で夏祭りがあってて、
夜 窓から花火を見ていたら、庭に誰かが居た。

よく目を凝らしたら、じいちゃんがばあちゃんの手を引っ張って、
うちの庭で花火がよく見える場所まで連れてきていた。

絵に書いたような九州男児のじいちゃんは頑固で偏屈で、
孫の私にも説教ばっかだけど若い時苦労した反動か
早くボケてしまったばあちゃんに凄く優しい。(誰も居ない時は)

婆ちゃんはもう、
子供も孫も、
じいちゃんも、
周りに居る全部の人がほとんど分からなくなっている。




154 2/2投稿日:2008/01/05(土) 02:13:38.69 ID:KGuUVuOo0
じいちゃんが手を繋いだら
きっとばあちゃんは知らない男の人が
手を繋いできたと思ってひどく脅えるだろう。
けれど、じいちゃんはそんなもんに負けない。

二人はずっと手を繋いだまま花火を見ていた。
(多分そうしてないと婆ちゃんはすぐどっかへ行っちゃうから)

私は花火じゃなくてそれを見て、
もの凄く綺麗だと思った、

そして、ボケる前の婆ちゃんは花火が凄く好きだった事も思い出してた。
家の中に帰ってきた婆ちゃんに「花火綺麗だった?」と聞くと。

「さっきの??えらい綺麗かったばい、
 花火、って言うと?」
 って笑ってた。

じいちゃんは私に背を向けたままシャツ一枚で寝転んでた。

なんだか、私リアル厨房だけど、
あの二人が手を繋いでいる光景は一生忘れない気がした。



155 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:13:47.30 ID:JMWvkSld0
>>145

関係をせまると、あなたは紳士じゃないといわれる
関係をせまらないと、あなたは男じゃないといわれる

たびたび部屋を訪れると、もっと1人の時間がほしいといわれる
あまり部屋を訪れないと、二股かけているのかといわれる

はやりのカッコいい服を着ると、あなたって流行にふりまわされて軽薄といわれる
はやりのカッコいい服を着ないと、あなたってダサダサで恥ずかしいといわれる

話を聞きながら発言すると、黙って聞いてよといわれる
話を黙って聞いていると、なにか言ってよといわれる

待ち合わせに30分遅れていくと、30分も待たせるなんてひどいといわれる
自分が30分遅れると、30分ぐらいなによといわれる

やきもちをやくと、しばられるのはいやという
やきもちをやかないと、もう愛はないのかという

そうだねと賛成すると、自分の考えがない人ねといわれる
そうじゃないと反対すると、理解がない人ねといわれる

愛してるよと言うと 口の軽い人ねと言われる
大好きだよと言うと それだけしか言えないのと言われる

墓に供え物をすると 君は無視する
僕は泣いているのに 君は安らかに笑っている



159 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:17:38.47 ID:R2ZLt3U30
>>130
こことはちょっと毛色が違うが初見物が多かったのから


http://nantara.seesaa.net/article/45044300.html




160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:18:17.80 ID:Z0Ox4oTd0
62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/12(土) 14:40:41.82 ID:t+GBdNIAO
ネタスレにマジ話すまんが。


中学時代、クラスメートに、いじめられてる女子がいたんだ。
可哀想だったものの、人気者でも権力あるわけでも喧嘩強いわけでもない俺に、喧嘩を止められる方法が浮かばなかった。
だけど俺はそのクラスメートをなんとかして助けたかった。好きだったからさ。
だから、俺、ある日いじめっ子に生意気な態度とってみた。
したら、計画通り、いじめの標的が俺に変わったんだ。
おかげで、あの子はいじめられなくなった。
2、3人程度だけど友達ができて、クラスの中でも安定した位置につけたみたいだった。元々顔も性格も悪くない子だったからさ。
俺は辛かったけど、中学校の最後の一年だけだったから我慢できた。
これってハッピーエンドなのかな?


今にして思えば、もっと良い解決方法が浮かばなかったのかよ、俺。




161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:18:38.47 ID:Z0Ox4oTd0
去年3月に定年を迎えた父に兄と私で携帯電話をプレゼント。
退職前は携帯などいらんと言っていたがうれしそうだった。
使い方に悪戦苦闘の父に一通り教えてまずメールを送ったが返事はこなかった。
その6月に脳出血で孫の顔も見ずに突然の死。
40年働き続けてホッとしたのはたったの2ヶ月。
葬式後父の携帯に未送信のこのメールを発見した。
最初で最期の私宛のメール。私は泣きながら送信ボタンを押した。
私の一生の保護メールです。

「お前からのメールがやっと見られた。
返事に何日もかかっている。
お父さんは4月からは毎日が日曜日だ。
孫が生まれたら毎日子守してやる。」

 萌えないかもしれないけれど、このページに集まってくれている人に
読んでほしかった。

 父さん、おつかれさま。そして、ありがとう。



163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:19:17.43 ID:5PRadYyn0
去年、仕事でニューヨークに行った時、オフィスで紹介されたボスが辛党だった。
彼は何でもうんざりするくらいタバスコをかけるのよ、とか。
だから、日本から持ってきた暴君ハバネロをプレゼントした。  
ニック(仮名)、日本のスナックだ。あげるよ。  
うまそうなパッケージだな。ありがとう。←バリっと開ける。
パクッ  ポテトだな。パクッ ボリボリ ふーん。
それで、聞きたいことがあるんだが、このプロモーション素材の、

ふ  ふ、  フォ━━(━(━(-( ( (゚ロ゚;) ) )-)━)━) ━━ !!!!!
えー何コレ?マジうまくね?いやすげーわ!!バクッバクッバクッ
どこで売ってるの?日本?アジアンマーケット?
ない?知らない?バクッバクッバクッ  うっわーいいわこれ!バクッバクッバクッ  おおぉぉ!燃える!燃える!バクッバクッバクッ
あーダメ!あーダメ!神様!信じられない!バクッバクッバクッ  (ここらへんでオフィスの人間が異常を察して集まってくる)
ノー!ノー!絶対あげないよ(誰もくれと言ってない)バクッバクッバクッ…アハァーーー!すばらしい。君の部屋にあるスナックを全部売ってくれないか?
それは日本で買ったんだから、もうないよ。

( ゜д゜ ) ←本当にこんな顔した
日本に帰ってからもメールでハバネロ頼まれた。箱単位で。



166 1/4投稿日:2008/01/05(土) 02:21:20.18 ID:JMWvkSld0
548 :水先案名無い人:2006/06/23(金) 18:39:57 ID:8qJ8h9f00
俺のかーちゃん、俺が高3に上がったときに
いきなり倒れて入院した。

検査をして入院が決まったが
俺は内容を詳しくきかされなかった。
夏頃から受験勉強もあって
かーちゃんに会いにいく時間も取れなくなっていった。

俺は決して頭が良くはなかった。かーちゃんは立教大学出身
俺は小さい頃良く「かーちゃんと同じ大学にいく」と言ったものだ。
実際に受験となると、ハードルは高かったけれど
立教を目指してがんばった。
冬になり、かーちゃんは次第に痩せていった。
飯も食わなくなり、俺の手を良く握るようになった。
かーちゃんは俺に色々話をさせた
学校 進路 夢
思えば何であのとき気がつかなかったんだろう…

涙が…ちょヤバ…
最後の模試の結果が出た。
努力の甲斐か、立教大B判定が出た。
俺からすれば奇跡に近い判定
おれは帰りに病院に行き結果を見せた。
俺「かーちゃん、おれ立教大いくよ。判定もホラ」
得意げに模試を見せた
かーちゃん「がんばってるのね
タケシ(仮)が後輩になってくれたらかーちゃん嬉しいよ」
その日もかーちゃんは俺にたくさん話をさせた
俺の手を握りながら…楽しそうに



167 2/4投稿日:2008/01/05(土) 02:21:51.74 ID:JMWvkSld0
それからすぐ、俺は大学入試を迎えた。
大本命の日、朝早く起きて下に降りるとかーちゃんが台所にいた
俺:何やってんだよかーちゃん、寝てなきゃ
母:今日は本命の日でしょ、お弁当持ってきなさい
一年ぶりのかーちゃんの弁当だった
俺は涙が出るのをこらえながら準備をして出かけようとしたとき
かーちゃんが急に苦しみだした
俺は急いで病院に電話し、救急車がきた
家には俺しかおらず、付き添って行った。
意識が飛びそうになるくらい
混乱しながら苦しむかーちゃんの手を握った。
病院についてすぐ親父も駆けつけた。しばらくして担当医に呼ばれた。
最期になるかもしれないのでついてあげて下さい
俺と親父が病室に入ったときかーちゃんは無惨なほどだった
血の気は引き、やせ細り…しばらくして意識が戻った
かーちゃんはいつもみたく手を握った
病人とは思えないくらい強く 俺は子供みたいに泣いていた…
かーちゃんは声にならない声で何かを呟いていた。
俺は耳を近づけて聞き取ろうとすると確かにこう言っていた
「うけてきなさい」
そしてかーちゃんは俺から手を離した



168 3/4投稿日:2008/01/05(土) 02:22:22.99 ID:JMWvkSld0
そんなの無理に決まっている。
かーちゃんを置いて受験に行くなんてしかももう8時を回っている
間に合うとしてもギリギリだった。困惑した俺に親父が声をかけた。
「行ってきなさい、母さんもそうしなさいと言ってくれてるんだ」
俺はかーちゃんのてをもう一度握ると弾けたように病室を飛び出していた。
そこからどうやって来たかはおぼえていない。走って…乗り換えて…池袋駅を疾駆して
何とか一限の筆記を受けたときやっと正常な時間の流れに戻った気がする。
昼休み、何も食べる気がしなかったがかーちゃんの弁当を思い出した。
俺は中庭でそれを広げた時
何とも言えない懐かしさと何かこみ上げるものを感じた。
それは俺が中高5年間食べたかーちゃんの弁当だった
おいしい…涙をこらえ食べた かーちゃん…
それからは流れるように時間がたち手応えも何も感じないまま
フラフラと地元まで帰った…

病室に入ると、かーちゃんは居なかった
看護婦さんに聞いて霊安室につれていってもらった。
数名の御遺体の中、変わり果てたかーちゃんを見つけ
俺は叫びともつかない嗚咽をし、かーちゃんを抱きしめた。
担当の看護婦さんに連れられてラウンジで落ち着くまで色々な話を聞いた。
かーちゃんは俺が来た数日は本当に機嫌がよかったそうだ
看護婦さんや医者、同じ病室の人にも よく俺の話をしていたらしい。
逆に俺が来ない日が続くと元気がなく、泣いている日もあったという。
帰り際に、一枚のメモをもらった。
病院備え付けの薄っぺらいメモ用紙には震えた力無い「お疲れさま」の文字があった。



169 4/4投稿日:2008/01/05(土) 02:22:53.69 ID:JMWvkSld0
葬式や通夜が終わり、俺は発表を見に行った。
結果は合格
俺は泣いた
合格も嬉しかったけれど
何より心で叫んだ
かーちゃん、ちゃんと受かったよ!!!!
お祝いしてくれよ、かーちゃんの弁当で花見行こうよ
何で…こんな時にいないんだよ…

かーちゃん…

俺は合格通知をかーちゃんの墓に見せに行き
たくさんの話をした。
端から見たら変な人に見えるだろう
でも俺はこの18年間のごめんなさい ありがとう を全部語った。



170 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:24:49.52 ID:JMWvkSld0
36 :素敵な旦那様 :04/10/02 07:58:47
嫁の日記を盗み読みしたら
いつも昼飯は、納豆ご飯やお茶漬けしか食べてないって分った。
友達とファミレスに行くのも月に一度と決めてるらしい。
俺に美味しい料理を食べさせたいからみたいな意味のことが
書いてあった。昼飯けずって夕飯にまわすって。
しかも、すげー明るく書いてあんの。
「今日は○ちゃん(俺)の好きな牡蠣を買うのだ~」とかさ。
俺の文句とかも書いてあるけど、文句書いてるくせに最後は俺を庇ったこと書いてるし。

マジで泣いた。もっと俺に甲斐性があれば昼から寿司でもなんでも食わせてやるんだけどな。
給料少ないのに専業で居てくれって言ったの俺だし。
金のことで責められたこと一度もないし(タバコ減らせとは言われるが)
節約も楽しいよーとか言ってたし。

盗み読みは良くないことだが、結婚してよかったってつくづく思った。
こんなに俺につくしてくれたのって親以外で初めてだし。
何もしてやれんから、浮気だけはしないと誓うよ。ま、浮気しようにももてないからできない俺だがな。



174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:26:17.40 ID:JMWvkSld0
369 :就職戦線異状名無しさん :04/08/16 07:15
内定0の状態が延々と続き、しかも本命の最終落ち・・・と鬱なときに親に電話してみた。
その日はおやじの誕生日。「内定をプレゼントしたかったんだけどね」と漏れ。
いつもはあんまりしゃべらないおやじが一言、「それでもがんばるおまいの姿が今年の誕生日プレゼントだ」。
親の前(電話口だけど)ではじめて号泣しますた。悔しいのとうれしいのと、たかがシュウカツでここまで弱ってる自分が情けなくて・・・

でも、本当に親を大切にしなきゃっておもった。「ありがとう」・・・



175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:26:54.82 ID:JMWvkSld0
158 :素敵な旦那様 :04/12/17 16:19:19
昨日の夜。年末だし仕事も超忙しいし残業続きだし、
普通に午前2時に帰宅、いつもどおりだよ。
テーブルの上の冷めたおかずがいつもより少しリッチだった。
ボーナス出たばっかしだしな、
でもあんま飛ばして使うとすぐなくなっちゃうぞー、
オレの稼ぎは少ないぜぇー、
かなんかブツブツ言いながら食って、風呂入って、ビール飲んで即寝。

今朝、しょんべんで目が覚めたら
オレの横でまだ寝てるかみさんの枕元に、花一輪。
摘みたてっぽい、なんかわからんけど、とにかく花だ。
なんか供えてあんの。
なんじゃこりゃ、と思いながらしょんべん行って
二度寝する前にリビングで、我が家で一番の早起き小僧に
「かーさんの枕元に花置いたのお前か」ってきいたら
犬の散歩の途中で近所の人に
「かーさんにあげたいので一輪だけ下さい」って貰ってきたんだと。
「とーさん、好きな女の誕生日には、花ぐらいあげなきゃだめだ」
ってマジ顔で言われた。
「あの花、とーさんから、ってことにしといてやるから。」って。

昨日、かみさんの誕生日だった。
・・・・・わすれてた。。。。。

小4の息子、生まれた時なんか3キロなかったんだぜ、
あのチビスケがオレに貸し作りやがった。
嬉しいやら情けないやらで、朝からなんだか涙ぐんじゃったよ。
オレ、今日、ケーキ買って早めに帰るよ。



176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:27:45.55 ID:JMWvkSld0
結婚して子供ができて、ホカホカした食卓にみんな笑顔で並んでたりして、
ときどき泣きそうなくらいの幸せを噛み締めるなー。
「荒みじんの玉葱が入ったでっかいハンバーグ」とか、「大皿いっぱいの散らし寿司」とか、
カミサンと子供には、自分が子供の頃に満たされなかったものを埋めてもらってる。
「ケチャップで名前書いたオムライス」「釜で炊いたお米のキレイな狐色のお焦げ」
「ジャガイモとニンジンのゴロゴロしたカレー」みんな夢見るだけで一回も与えられなかったものだ。
「年の数だけロウソクの立ったケーキ」も。
なんか、三十過ぎた今になってようやく、切ない気分にならずに見られるようになった。
最初の頃なんか幸せな食卓に座るたび「なんで俺がこんなトコにいるんだろ」とか思ったけど。
自分みたいな一人きりの惨めな飯とか、親も不在で金も食いモンも無くてひもじい思いとか
ぜったいさせたくないな。うちね、端的に言うと親が超DQNだったの。
当時のウチのメシ見たらみんな残飯かゴミかと思うよ、きっと。
幸か不幸か自立して生きて来れた。優しい嫁とも会えた。元気な子供もできた。
だから、俺はきっと神様っていると思う。

新婚当時は出されたもの食べてた。しばらくして(長男を妊娠した頃か)
「ね、好きなものなんでも作るよ、なに食べたい?」って
聞かれたから、思わず「おっきいハンバーグ」って答えた。
我ながら三十過ぎてなにいってんだ思ったけど、嫁はニッて笑って、
小さめの座布団みたいな超巨大ハンバーグ作ってくれた。
俺のこと見ててなんか感じたのかな。爪楊枝のちっちゃな旗が立ってて、
お手製ハンバーグソースで「○○くん(はぁと」とか書いてあった。

俺って妻だけではなく、初めて家庭と母親を手に入れたんじゃないのかな



177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:28:16.44 ID:JMWvkSld0
688 :素敵な旦那様 :05/01/12 00:07:38
いつもは、うちから携帯に電話なんて無いのに、
今日、22時ごろ嫁から電話があった。
「たまには残業早く切り上げて帰っておいでよ」
ちょうど、行き詰ってたもんで、やめにして。
23時ごろうちに着いた。
家族が、みんな起きてた。
忘れてた(笑) 漏れの誕生日だった。
息子から、マフラ貰った。娘と嫁の共同で財布貰った。
ケーキとか、なんもなかったけど・・・ 家族全員が待ってた。
そのあと、普通に飯食って風呂入ったら、みんな寝てた。

今、独りで飲んでる。

なんか、すげぇ嬉しい。泣きそう。



180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:28:56.40 ID:JMWvkSld0
嫁が風呂に入っているときに携帯を見てしまった。
おれが送った「今から帰る」みたいなくだらないメールばかり。
でもフォルダがあって、そこにメールが一杯たまってた。
彼氏から彼女に送るような甘い内容のメールばかり・・百通ぐらいあったかも試練。
感情的になってしまい、風呂からあがってきた嫁に問い詰めた。そしたら
「自分が送ったメールなのに、忘れてしまったのですか?」
といって嫁は笑った。さっぱり気づかなかった。
言われて見れば、差出人がおれの昔の携帯の番号だった。忘れていた。
そうこうしてる間に嫁の携帯の電池が一つになってた。もう何年も前から同じ携帯だ。
機種変しないのか?と聞いたら、メールが消えるのが嫌だったからだと。
なんだか携帯盗み見た自分が恥ずかしくなった。
謝ると、嫁は笑いながら「こんな私を貰ってくれる人なんて貴方以外にいません」
といっておれを抱きしめてくれた。
今週末嫁の携帯を機種変しにいってきます。おれの自腹でOTL



181 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:29:27.21 ID:JMWvkSld0
232 :素敵な旦那様 :04/11/13 12:11:35
俺は毎日嫁さんより先に寝てしまう。
俺や息子が寝た後、弁当や朝飯の下準備や家計簿を付けて嫁さんが寝る。
コレがいつもの我が家。

その日はなかなか寝付けなくて布団でモコモコしていた。嫁さんがいつもの仕事を終えて寝にきた。
俺は寝たふりをして、驚かそうと思っていたら、小さい声で嫁さんが言った
『明日も一日○くん(俺)が事故にあいませんように。元気に過ごせますように』
そして息子の健康を祈ってねた。(別に宗教じゃない)
親以外で俺をそんな風に思ってくれる人がいたのか。22で結婚して二年、いつも祈ってくれてたなんて…。俺は幸せだよな。



182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:30:46.35 ID:KGuUVuOo0
23 :大人になった名無しさん :2005/09/01(木) 02:40:26
父の葬儀があった。
もう年だし、悲しくもなく淡々と取り仕切っていた。
数年間はずっと病気続きだったが、工務店を経営しており、たくさんの職人さんを抱えてた事もあった。

葬儀に子供の頃に見覚えのある職人さんが来てくれた。
何十年も出入りはしてなかったが。
父より年上で80近いだろう。
礼服ではなく、失礼だがこぎれいとは言えない格好だった。
香典袋ではなく封筒にくしゃくしゃの千円を包んでくれた。

「親方にはお世話になったんですわ。偶然聞きつけたのも縁が続いてる証拠ですわ。」

その時、心のたがが外れた。
涙が止め処なく流れた。
そして心からありがたいと言う気持ちになった。

改めてお礼にあがった。
掛け金を払ってなくて年金は無いらしい。
作業場の下働きなどで何とか家賃1万の生活を支えていた。
ずっと一人暮らしだという。
失礼ながら生活保護を勧めたが、静かにこう話した。

父に会う30年前まで月50万稼いでたと、でも全てが悪銭だったという。
父は汗をかいて稼ぐ事を教えてくれたといってくれる。
おかげで人間として生きる事が出来たと。
それで十分、いつか人知れず死んでしまうかもしれないが、満足のいく人生なんですよ、と。
この人の高邁な生き方に感動し、私の知らない父の生き方を知ることができた出来事だった。



183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:31:04.07 ID:JMWvkSld0
私が彼と最初に出会ったのは会社の懇談会でした。

ふとしたことから一緒に遊ぶようになり、付き合いはじめました。
私はもともと打たれ弱い性格だったので、彼にグチってしまうことが 多かったのです。

でも、彼はそんな私に嫌な顔一つせずに、優しい言葉をかけてくれたり、 励ましてくれていました。
彼はグチ一つこぼさず、明るい人だったので、
「悩みがないなんていいねー。」なんて言ってしまったりすることもありました。

彼との別れは突然訪れました。彼が交通事故で亡くなったのです。
彼のお葬式に行っても、まったく実感が湧きませんでした。
お葬式の後、彼の両親から彼の携帯を渡されました。

携帯をいじっていると、送信されていない私宛のメールが たくさんあるのに気付きました。
そのメールには仕事のグチや悩みごとなどがたくさん書いてありました。

その瞬間、私は彼の辛さに気付かなかった自分のくやしさや、無神経な言葉を言った 自分への後悔、
常に私を気遣っていてくれた彼への感謝で涙が止まりませんでした。

あの日からもう1年以上になりますが、その携帯は大切にとってあります。



184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:31:22.48 ID:is3rT9XV0
やあ (´・ω・`)突然だが、君に【呪い】をかけたよ
今年は「人生最悪の年」になる呪いだ。

ああ、君が怒るのも無理はない。 落ち着いて欲しい。
この呪いを解くには方法はただ一つ、↓のスレに

http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1199281578/





しぃ可愛いよしぃ
そしてぬるぽ





と書くだけなんだ。それじゃ検討を祈るよ



185 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:31:42.12 ID:JMWvkSld0
一人暮らしと同時に飼い始めたうさぎが8歳でお星様に。

翌日、三人しかいない小さな事務所で無愛想かつ厳しいとっつきにくい上司と
おばさんパートに囲まれて仕事をしていたが不意に涙が出てきて何度もトイレに。

昼休みにお弁当を食べながらパートさんにウサギの話をして慰めてもらったけど上司は
「だったらぬいぐるみでも買え」と一言。

しかもその日は上司に急がなくてもいい書類に残業を命じられ一人事務所でPCに向かってた。
上司もさっさと帰ってしまい遠慮なく涙をこぼしながら仕事をしていたら一通のメールが。

サブジェクトは「いままでありがとう」。
本文は

「○○(私)ちゃん
 ○○ちゃんと会えて
 とっても、とっても幸せだったよ。
 一緒にいれてほんとうに幸せだった。
 ありがとう。
 ぜったいにまたいつか会えるよね。
 いつも近くにいるよ。
 だから元気だしてね。だいすきだよ。」

そして最後にペイントで描いたらしき下手くそなうさぎの絵が。
送り主は上司のノートパソコンのアドレスでした。

次の日からも上司は何も変わらず無愛想で厳しかったけど
そのメールは綺麗な紙にプリントアウトして自宅に飾ってあります。
でも本当、絵が下手ですね、××(上司)さん(笑)



186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:32:19.34 ID:Z0Ox4oTd0
塾に行く途中、道端ににダンボール箱があったんだ。
それを見てみたら捨て猫だった、とても可愛かった。
けど、俺の家はペットを飼えるほど裕福な家柄じゃなかったから、
猫にごめん。家じゃ飼えないんだと言ってそのまま塾に行った。

塾が終わって家に帰るとニャーと猫の声がした。
どうしたのと聞いたらお母さんが可哀想だったから家で飼ってあげましょと言った。
俺はお母さんの子供で良かったと思った。



187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:32:44.28 ID:JMWvkSld0
そういえばふと考えるとさ。

俺の母親は自分の服や鞄は全く買わないんだ。化粧もしない。
昔は「女なんだから少しは気使えよ!」って思ったけどさ。
そうじゃないんだよな。
自分の物買うより家族の物を買ってたんだよな。
子供の服や文房具代や生活費や。

食事もそうだ。そういえば好きな食べ物なんて知らないんだ。
俺達(子供)が欲しがったら全部くれるんだ。
「いいのよ。全部食べなさい」って。

母親の好きな食べ物ってなんだろう。
明日聞いて買いに行こうと思う。



188 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:33:16.56 ID:JMWvkSld0
34 :Mr.名無しさん :04/09/20 23:36:06
おれのカーチャンもそう。
おれの顔は人並みだけど、かっこいいと言う。
みんなが100点取るようなテストで100点取っても大喜びで誉めてくれる。
誰でも出来るような、例えば逆上がりみたいな簡単な事でも喜んで誉めてくれた。

小学生の時は「へー。おれってすごいのか?」と思ってた。
中学生で「いや、こんなんみんなも出来るし」って思い始めた。
高校生になると「こんな事でいちいち騒ぐなようるせーな」って逆に嫌がるようになった。
正直、自分からみたらつまんない事を大げさに誉めてくれるカーチャンをバカにしてた。
もっと凄い奴だっているのにカーチャンは知らないのかと。

今は院生。
大抵の事はカーチャンより上手に出来るようになったし、体力でも知識でも負けない。
カーチャンが何考えてるかも分かる。カーチャンを凄く小さく感じるようになった。
そんな、何も分かってないような人間の評価より、社会的な評価とか自己評価とかの方が大事になった。

でも、なんか最近はカーチャンに誉められると、小学生の時みたいにすげー嬉しく感じる。
こないだとか、おれの書いた論文見せたっけ英語なんて読めないのに「凄いねえ、凄いねえ」って。
お前は内容分かって言ってんのかと。
エロゲについてくだらん事をグダグダ書いてんのかもしれないじゃねーかと。

多分、カーチャンの限界が見えて「盲目的な愛」ってもんが分かっちゃったからじゃないかと思う。
カーチャンは他人みたいに「凄い事したから誉める」んじゃないんだよ。「カッコいいから誉める」んじゃない。
自分の息子が何事かをした、ってそれだけで嬉しいんだなと。だから誉めてくれる。
「盲目的」ってのはある意味危ないけど、でもどんな時でもこの人だけはおれの味方でいてくれるんだなと思う。
それは凄く幸せな事で。
外でどんなに辛くて嫌な事があってもう氏にたいとか思っても、
家に帰ればカーチャンがいて「あんたは凄いよ」って誉めてくれるんだろうなって思えるのは凄く有り難い。
ほんとに凄くなってカーチャンの評価を世間の評価にしてやりたいと思う。 顔は無理だけど。



190 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:34:04.18 ID:JMWvkSld0
カーチャン。俺は知っています。家には借金があるんだね

カーチャン。俺は知っています。俺のために無理してるんだろ


「何を言ってるのwカーチャン、ちゃんと働いてみたかったのよ?
毎日、楽しく好きなことしてお金が貰えるの…カーチャンは幸せ者ねw」


カーチャン、無理して笑わないで。自分の寝言に気付いてるかい?

「すみません。…申し訳ありません……どうして……」

眠りながら涙ながして、必死に謝ってる。働き始めてからだね
職場でイジメにあってるんだ。それなのに毎朝、笑って仕事に向かう


悔しかったよ。自分のふがいなさに号泣した。

カーチャン待ってて。もうちょっとで俺も働けるようになるよ

カーチャン待ってて。もうちょっとでカーチャンを守れるようになるよ

カーチャンを世界で一番シアワセなカーチャンにしてみせる

カーチャンの口癖。「自慢の息子」に恥じない男になるから

カーチャン。待ってて
カーチャン。大好きだよ
カーチャン。ありがとう



193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:35:12.73 ID:JMWvkSld0
沖縄旅行中にレンタルしたバイクが故障してしまい、
電話を借りようと思ってフラっと入った汚い食堂での出来事。
無事バイク屋と連絡が取れ、引き取りに来るまで一時間程かかるっつーから
仕方無しにその食堂で待たせてもらう事にしたのね。
で、まあ電話借りるだけってのも悪かったから
腹減ってなかったけど適当に「ソーキソバ」って注文したのさ。
そしたらさ、おばちゃん。なぜかすげぇ嬉しそうな顔してすげぇ大盛りのソーキソバ持ってくんの。
「え~!!これが沖縄サイズかよ!!」とか思いながら仕方無しに食い始めたんだけど
暑くて夏バテ気味だし大盛りだし食い切れないのよ。
30分くらい頑張ったんだけど、もう麺なんか伸びて汁吸っちゃって
出てきた時と見た目変わんないくらい残ってんのね。
仕方無しに「ご馳走さま」っておばちゃんに声掛けたらそのドンブリ見て
「口に合わんかったか…」って寂しそうに言うのよ。

「ごめんおばちゃん、美味かったけどお腹そんな減ってなかったんだ」
って言ったらおばちゃんベソかきながら
「大阪にあんたと同じ位の息子が働きに出ててねぇ、
その息子もこのソーキソバ不味い言うて全然食わんのよ。
あんたも食わんでしょ。だから本当に不味いんか思うてね」
なんて言うもんだからさ、俺も高校のアホみたいな反抗期の頃
母ちゃんが作ってくれた弁当捨ててコンビニのパンで済ませてた事
思い出して泣いちまった。二人でワンワン泣いたよ。

おばちゃん、あの時は残してちゃって本当にごめん。
そしてありがとう。あれから俺は親に、食い物に感謝するようになった。
好き嫌いも直った。絶対に、何があっても食い物は残さなくなった。
本当にありがとう。
そして大阪で働いてる息子。おばちゃんのソーキソバは美味い。死ぬほど美味い。
特にお前にとって世界中のどんなものよりも美味いはずだ。
まぁ随分昔の話なんでもう気付いてるだろうけどな。



195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:36:56.71 ID:JMWvkSld0
683: 11/09 22:21
昨晩このスレROMってて無性に言いたくなった。

朝食を食べながら
「なあ・・・愛してるよ」
とさらっと言ってみた。

そしたら嫁は
「なっ・・何寝言言ってんのよ!早くいきなさいよ!」

・・・・・・('・ω・`) って顔で出社orz

さっき帰ってきたら夕飯がビーフシチューと海鮮サラダという豪華ぶり
ビーフシチューなんて時間がかかるから3ヶ月に1回くらいしか食えないのに・・・
俺がニヤニヤしてたら、
「べっ別に何にもないんだから!暇でしかたなかっただけよ!」



!!!雑貨屋でネタで買ったYES/NOマクラがYESになってる(`・ω・´)
ちなみにうちの嫁はリアルツンデレです



198 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:39:09.74 ID:JMWvkSld0
事情があって生活保護を受けている母子家庭の知人の子供が
夏休みに法事で東京へ来た。

「おじさんがディズニーランドへ連れてってあげるよ」と言うと
頑なに固辞するので、子供のくせに遠慮するなあと思って理由を訊いたら
「だって高いから」とだけ言うと、その子は下を向いてしまった。

「じゃあおじさんと、明日どこかドライブへ行こう」と次の早朝連れ出した。

首都高から湾岸線、浦安で降りるとTDLの看板があり、その子は
まだきょとんとしていたが、駐車場へ入るあの角を曲がったときの
その子の驚きと感動の歓声が忘れられない

持ちきれないくらいのおみやげを買ってやり、
5万くらい使ったが、馬にぶち込むよりはいい使い方だと思った。



201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:40:29.45 ID:JMWvkSld0
俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。
見た目普通の写真なんだけど、実はその時父が難病(失念)を宣告されていて
それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と・・・と撮った写真らしかった。
俺と妹はまだそれを理解できずに無邪気に笑って写っているんだが、
母と祖父、祖母は心なしか固いというか思い詰めた表情で写っている。
当の父はというと、どっしりと腹をくくったと言う感じで、とても穏やかな表情だった。

母がその写真を病床の父に持って行ったんだが、その写真を見せられた父は
特に興味も示さない様子で「その辺に置いといてくれ、気が向いたら見るから」と
ぶっきらぼうだったらしい。母も、それが父にとって最後の写真と言う事で、見たがらないものをあまり
無理強いするのもよくないと思って、そのままベッドのそばに適当にしまっておいた。

しばらくして父が逝き、病院から荷物を引き揚げる時に改めて見つけたその写真は、
まるで大昔からあったようなボロボロさで、家族が写っている部分には父の指紋がびっしり付いていた。

普段もとても物静かで、宣告された時も見た目普段と変わらずに平常だった父だが、
人目のない時、病床でこの写真をどういう気持ちで見ていたんだろうか。

今、お盆になると、その写真を見ながら父の思い出話に華が咲く。
祖父、祖母、母、妹、俺・・・。


その写真の裏側には、もう文字もあまり書けない状態で一生懸命書いたのだろう、
崩れた文字ながら、「本当にありがとう」とサインペンで書いてあった。



207 1/2投稿日:2008/01/05(土) 02:43:48.80 ID:Z0Ox4oTd0
僕と彼女は小学校から中学まで一緒だった。
僕は小学校から彼女の事が好きだった。
いつも軽口を言い合い、彼女といると楽しかった。
中学二年生ぐらいに何度か告白しようとした。
でもいつも勇気が出なくて言えなかった。この関係を失いたくなかったから

しかし中学卒業の時に僕は彼女に呼び出された。
そして僕は彼女に告白された。
まさに奇跡だと思った。僕は嬉しくて飛び上がりそうになったけど、付き合う事は出来ないと答えた。何故なら僕は美容師になるために大阪の職業訓練校に行く事になっていたからだ。
彼女はそれでもいいと言った。僕は髪が切れる様になったらこの街に帰って来て君の髪を切ると約束した。
彼女はそれまで待ってますと微笑んだ。

それから四年間、僕と彼女は連絡を取り合い続け、他愛もない話、辛かった話、失敗した話。電話や手紙でやり取りを繰り返した。
僕はどんどん彼女を深く好きになって、早く逢いたいと必死に練習した。
そしてとうとう故郷、彼女の居る街に帰る日が後半年に迫ったある日、一本の電話が僕宛に入った。

それは彼女が危篤で有ると言う電話だった。

その日の内に僕は休みをとり、飛行機に乗って彼女の元へ向かった。(なんでこんな事に、生きてくれ)初めて神様に祈る様な気持ちだった。

病院に着いた時、 入り口で彼女の母親が迎えてくれた。
そこで僕は彼女が死んだ事を知った。間に合わなかった。崩れ落ちそうに地面が揺れた様な気がした。

白血病だったらしい。半年前から発病したのだと言った。 僕に心配かけまいと黙っていたらしい。 僕は涙とショックを堪えて歩くのがやっとでまるででも何故か現実感がなかった。

霊安室の扉を開くと、ベットの上に綺麗に横たわる彼女が居た。



208 2/2投稿日:2008/01/05(土) 02:44:08.89 ID:Z0Ox4oTd0
久しぶりに近くで見た彼女の髪の毛は薬の副作用で髪が所々しか生えて居なかった。
思わず彼女の頭を撫でた時に、彼女の母親は彼女は毎朝僕に切って貰うのだと言っては微笑んで、みっともなくてもずっと剃らなかったと教えてくれた。

僕は鞄からハサミを取り出して1番太い髪の束を取り出して半分切った。

隻を切ったみたいに堪え切れない涙が零れた。
後から後から溢れて来る涙を抑え切る事が出来なくて大声で泣いた。
涙と鼻水でぐちゃぐちゃになった。息が詰まって頭がぼーっとして指先が痺れた。

こんなに待っててくれたのに僕は何もしてやれなかった。気付いてさえあげられなかった。

悔しさと寂しさ自分へのいかり。いろんな涙が出た。

そしてあの日言えなかった。君が好きって言葉を言った。
鳴咽でよく聞こえなかったかも知れないけど。

ずっと好きだったんだって。

今は愛してるって。

たくさん言った。

あれから僕はずっと一人ぼっちでいる。

だって彼女より愛せる人なんて何処探したっていやしないから。

なんかみっともなくて情けないな俺。



210 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:44:18.06 ID:JMWvkSld0
142 :名無しさん :04/03/01 21:56
昨日、最後の話し合いをした。
俺に非があったから仕方ない、と自分を納得させて、
うちに帰った。
まだメールとか残ってるのを見たら泣いてしまった。

んで今日、仕事終わってからクイックマッサージに行って
付き合ってる頃欲しかったスニーカーを買おうと思ったんだけど、
いざショップに行くと欲しくなくなってた。
帰りに自分の車に乗って一人で運転してたらずっと彼女のこと
考えてしまったよ。
「もうとなりに座ってくれる人もいないんだなー」
なんてボーっと考えてたんだけど、ふと後部座席を見ると
別れる前に彼女が開封せずに置いてった「おさつチップス」が・・・
それを買ったときのこと思い出してなきそうになりながら
うちに帰ってきて2ちゃん見てます。



214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:45:37.70 ID:JMWvkSld0
126 名前: 素敵な旦那様 04/10/25 16:21:18
これは、俺に問題があるってのは分かってはいるのだが、
大体はどんなに好きな女でも、飽きてくるし、馬鹿馬鹿しくなってくる。
軽蔑する部分も見えてくる、頭では自分だって同じとは分るが、感情がそうさせない。

だから、俺は結婚に向かないと思ってきた。友達も少ないし。

でも今は楽しい、気持ちいい、心地よい、ラクチン、そして仕事への闘志も燃える。

新婚さんと思われたかもしれないが、結婚26年だ。
立派なオッサンだ、ジーサンと言われても仕方がない。

勝手な結論だが、良い女ってのは良い男だと信じさせてくれる女、だってことだ。
俺は無職の時期が長かったし、中卒だし、2chでいうドキュンだったが
嫁さんに会って代わった、嫁があんまり褒めてくれるから、その気になって仕事も頑張った。
今は自営業をやってる。贅沢はしてないが、貧乏もしてない。今後も分らないけど
心構えが違う。俺を世界一褒めてくれる嫁がいるから、本当は町内一にもなれん俺でも
猪突猛進するよ、女の為でかっこ悪いかも知れんが、今まで頑張れたのは嫁のおかげだ。
これからも嫁の応援を信じて頑張るよ。



220 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:48:49.41 ID:JMWvkSld0
923 :Mr.名無しさん :04/10/28 19:56:58
11年前の8月1日の俺へ

こんにちは。11年後の君です。
儲け話いっぱい知ってるし、彼女になる女の子も知ってます。
でも君には教えてあげません。その代わりもっと大事な事教えてあげます。
明日、君の弟死にます。高3なのにくも膜下出血なんてジジィみたいな死にかたで
風呂の中に浮いてます。まあ今の時点で避けられないだろうから、
せめて君が最初に見つけなさい。母さんを第一発見者にするな。

あとせめて弟に言ってあげなさい「俺もイケメソでモテモテのお前が自慢だ」って。
君の弟は「俺はバカだけど俺の兄貴は大学生でこの後大学院行くんだぜ!」
って無邪気に自慢していたことを、葬式に来た弟の友だちに知らされます。
君は内心弟を恥じていますね?バカな弟と。でもバカは君の方です。
避けられない別れなら、せめて弟に言ってあげなさい。
「お前は俺にとって自慢の弟だ」と。



221 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:49:24.31 ID:hw0xLRa40
50 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:14:26.71 i8UE+cve0
そういうのすごくよくわかる!寂しい一人暮らしだと、
会社や家族以外の人とのふれあいが結構うれしかったりするんだよね。
俺の場合は、その日一日は本当ついていなくて、会社で他人のミスが自分に
降りかかってきて上司にめちゃくちゃ怒られるわ、いつもの定食屋が混んでて
自分の注文忘れられ、担当のお客には怒られ(超理不尽な理由で!)、
ありえない量のサービス残業押し付けられてもうさんざんな状態で、帰るころには夜12時を回ってた......
こういうときは気分転換にいつもと違ったルートで帰るといいと思って
寄り道がてら見知らぬラーメン屋に立ち入ったら、
そこで偶然中学のときのクラスメート数人とばったり出会ったのよ。
特に盛り上がった会話はしなかったけど、一人暮らしの寂しい俺にとって
こういう偶然の旧友との出会いって、なんか元気でるんだよね。
おかげでどん底から抜け出せたよ。

52 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:19:42.96 jfiemV9s0
>>50ラーメン屋にクラスメート数人って、何人くらいいたの?

56 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:28:11.46 i8UE+cve0
>>52よくよく思い出してみると、結構な人数いたかも。
女子とかも、こんな子そういえばいたなーって子もいたな。 懐かしかった。

59 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:34:12.54 jfiemV9s0
>>56
OK
やはりそれは同窓会だ

65 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:39:16.31 i8UE+cve0
>>59
ありがとう
今週中に死ぬ



224 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:49:57.42 ID:JMWvkSld0
惚れた理由を晒せ!

6 :恋する名無しさん :2006/07/06(木) 18:18:39
好奇心旺盛な目。
かわいい・・・・・。

16 :だー:2006/07/06(木) 19:16:51
好きなのか好きじゃないのかわからないけど
バイトが一緒になると楽しい一時を過ごせる

20 :恋する名無しさん :2006/07/06(木) 19:35:05
いつもどこか寂しそうな顔してるから
一緒にいて笑わせてあげたいと思った
今思ったら変な理由で惚れたのな俺・・・

39 :恋する名無しさん :2006/07/07(金) 02:10:37
一途さ

110 :恋する名無しさん :2006/07/07(金) 23:47:22
席が後ろだから、普段いつも何気なく見ていた。
ああキレイだ、突然そう思った。

247 :恋する名無しさん :2006/07/18(火) 23:21:13
大人しい子だと思ってたけど、
はしゃいでる姿がたまらなく可愛かったから

255 :恋する名無しさん :2006/07/19(水) 23:35:45
お互い人嫌いなのに
初めて会った時普通に話せたから、かな。



225 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:50:28.18 ID:JMWvkSld0
59 :名無しさんの初恋 :2006/08/19(土) 07:56:37 ID:44/GgmmD
ずっと引きこもってて社交性0で友達も一切いなかったんだけど、
大学でサークル入って予想通り周りと壁ができはじめた頃に
ある女の子が優しく話しかけてくれた

最初は俺は女の子って苦手だから避けてたけど
それでも話しかけてくれて次第に普通に話せるようになって
好きになってしまった

好きだと気づいたのは結構遅かったんだけど、
とにかく当時は少しでもその子と一緒にいたくて
イベントごとや付き合いには全部参加したし、遊びに誘ったり、
自分の気持ちがバレないようにいろんな人から情報を集めた

そうこうしてる間に気づけば気軽に話せる友達・先輩が
たくさんできて、結構積極的になれた

たぶんあの子がいなかったら
俺はずっと引きこもってたままだった、ずっと屑人間だった

結局フラれてしまったわけだけど、たぶんあんなに
一生懸命努力することはもう二度とないと思う

でも、その努力のおかげで今の俺があるし、
そんな今の俺を好きでいてくれる彼女もできたんだ

あの子は気づいてないと思うけど本当に感謝してます

それでも未だに思い出すと泣いてしまう自分が情けないです
たぶん初恋だったのだと思います



227 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:50:48.65 ID:vT8Wdfjp0
343 名前: インストラクター(宮城県) 投稿日: 2007/03/23(金) 20:44:18.91 ID:/ZMdGYhE0
俺さ、高校を中退したんだ
共働きで小さいパン屋を経営してた両親は働きもしない俺に何も言わなかった
そんなだから俺も遊びまわって両親に対して何もしてやれなかった
中退して3年後ぐらいかな、親父が働きすぎて入院
母親は手が足りなくなった店に俺を無理やり働かせようとした
反抗したけど、見たこともない剣幕で怒鳴られ嫌々手伝いをした
パン屋って朝早いのな。今まで遊んでた俺にとって最初の1ヶ月は地獄だった
1ヵ月半ぐらい経ってようやく一つのパンを作っても良いと母親に言われた
今までずっと見てきたのを見様見真似で作った。必死で作った
作ったパンを見た母親が「お父さんに食わせる」とかいってやんの
俺は勘弁してくれといってるのに母親は全く聞かず、入院が終わって自宅で療養していた親父の元へ
「これ、あの子が作ったパンだよ」とか言って親父に手渡した
親父は俺の顔とパンを交互に見て、俺が作ったパンを少しだけ齧った
そしたら親父は「まだまだだな」と俯きながら言いやがった
初めて作ったんだからしょうがねえだろと言おうと思ったら、親父が
「でも、お前が作ったパンだから何よりも美味しい」と涙を流しながら言った
俺恥ずかしくなったけどさ、「もっと美味いパン作ってやるから、早く良くなれよ」とか言ってやった
母親に乗せられた感があって悔しいが、初めて親孝行ってのが出来たのかなと思った

一日でも早く親父の背中を抜いてやるんだ



228 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:51:49.15 ID:JMWvkSld0
俺の事を好きだなと思ってしまった女の子の行動

4名前: ('∀`)投稿日: 2006/08/05(土) 00:07:03
話している時にやたら近い

5名前: ('∀`)投稿日: 2006/08/05(土) 00:09:20
授業中寝てるとシツコク起こしてくる

27 名前: CHESTER ◆ZBmNr7DRH6 [sage] 投稿日: 2006/08/05(土) 01:12:24
耳元で手を添えながら話された時

54 名前: ('∀`) [sage] 投稿日: 2006/08/05(土) 20:22:40
「彼女いるの?」って聞かれただっけで
こいつ俺のこと好きなんだなと勝手に妄想してる
俺様がきましたよ!

62名前: ('∀`)投稿日: 2006/08/12(土) 22:33:42
メルアド聞いた時に
「あ!うん。いいよぉ!ちょっとまってね!」
と慌ただしくケータイを取り出す

102 名前: ('∀`) [sage] 投稿日: 2006/08/24(木) 20:05:24
授業中後ろの席の女子がいきなりシャーペンの芯を刺してきて
笑いながら「痛い?」と聞いてきた。
もちろんその女子に芯を刺し返しましたよw



230 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:52:40.48 ID:JMWvkSld0
137 :恋人は名無しさん :2006/08/17(木) 23:47:27
駅でみかけたんだけど、
キレイ系の彼女が改札から出てきた。
そこにチャラそうな彼が寄っていって
「おかえりー!」つって公衆の面前で抱き締めたら
彼女が超クールに「うざか。」っつって突き放した。

スタスタ先に行く彼女の後ろを突き放された彼氏が
トボトボ歩いてたら彼女が黙って戻ってきて手を繋いであげてた

彼氏の方はそれでめっちゃうれしそうな顔して
「今日な、晩飯、酢豚にしたばい!」っていってた。

同棲カップルかなー。
かわいかった。なごんだ。in博多駅



231 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:52:43.25 ID:iU0m0qdiO
移植


ある青年が肝臓移植を希望してドナー提供者を数年、待っていた。

医者のドマーニ博士はその青年に「やっと提供者があらわれたぞ!」嬉しそうに声高くして言った。

でもその青年は既に死んでいた。



232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:52:50.17 ID:Q1fcHKOo0
>>204
スマン。来年送るよ。

しかもさ、このデジタル真っ盛りの時代だけどさ、
俺全部手書きにしたんだ。変なところでアナログ主義やから。
でも今日にやっと来た二通は全部プリント、
別に寂しくは無いけど、今年もよろしくとか手書きでちょっと付けて欲しかった
そんな俺はおまいらがよく言う「ゆとり」。
VIPは俺のことを生まれ年のせいでよく軽蔑したりするけど、自分で言うのもなんだけど、
ゆとりでも俺みたいな奴もいるって事も覚えておいて欲しいな。

文才無くてすまん。絶対言われるから自分で言っとくけど、↑日本語でおk



233 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:53:11.07 ID:JMWvkSld0
この女を離したくないと思った瞬間

32 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2001/02/09(金) 08:30
助手席の無防備な寝顔。

116 名前: 恋人は名無しさん 投稿日:2001/04/06(金) 02:45
少し疲れているように見えた彼女の表情が、俺を見つけた途端、
ぱあっと明るく輝いた。冥利・・・。

122 名前: 恋人は名無しさん 投稿日:2001/04/07(土) 18:16
一緒に寝ていて、自分だけ眠れなくて体の体勢を変えようと
握っていた手を離してしばらくしてたら、自分の手を探して
握ってくれた時。起きていたのか朝聞いたところ覚えてなかったみたい。

139 名前: 恋人は名無しさん 投稿日:2001/05/24(木) 11:48
俺の彼女、俺がなかなか休みが取れなくて
夏に1週間連休を取る話をしていたら
ニコニコ笑っていてから、何?って聞いたら
だって久しぶりにずっと一緒にいれるから嬉しいもんって
言って目をウルウルさせてた。
思わず俺もウルウルなってしまった。

145 名前: 恋人は名無しさん 投稿日:2001/06/12(火) 22:05
目の前で居眠りこいちゃったのに
起こさないで待っててくれた時。
起こせよっつたら寝顔見てても幸せと言われた。



234 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:53:13.33 ID:DW6HZc5r0
親父系は泣けるな…
俺とーちゃんいないけど
あとじーちゃんばーちゃんのもやばいな
かーちゃんのも泣ける
恋愛もやつも泣ける

結局全部泣けるwwww俺変わったなwwww



236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:54:21.70 ID:JMWvkSld0
「あぁ、この人でよかった…」と思う瞬間
9 名前: 恋人は名無しさん 03/04/02 02:26
うちのおかんと彼女が一緒になって、自分をからかう時。
仲が良くてよかった…・゚・(ノД`)・゚・

59 名前: 恋人は名無しさん 03/04/10 02:09
抱き合ってる時に生理学や進化論とかの話をしても、熱い議論になる時。

71 名前: 恋人は名無しさん 03/04/14 20:08
何かの拍子に子供の頃のつらい体験を思い出して、
冗談まじりに話したら、真顔で「俺がその場にいたらなあ、
かばってやれたのになぁ。」って言ってくれた時。
それまで笑って話してたんだけど、
言われた瞬間にぶわっと涙が出て号泣しちゃったよ、嬉しくて。

146 名前: 恋人は名無しさん 03/05/13 15:50
結婚とかじゃないけど、今まで不幸続きだった彼女が
俺に「幸せにしてほしい」涙ながらに言ってくれたとき。

彼女の親が離婚、再婚して「結婚なんか絶対しない」と
いってたのが「あんたならいいかな」といってくれたとき。

348 名前: 柳腰 03/07/15 13:31
喧嘩しても別れるとか距離を置くとか言わないで
逃げたがる自分と必死で向き合おうとしてくれる時。
今の彼がそんなだから、早まって別れたりする事がなくなりました。
かんしゃですわ、、、



237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:55:32.51 ID:JMWvkSld0
やべぇこいつに惚れたって思ったとき

40 名前: 恋する名無しさん 投稿日: 2005/04/17(日) 01:40:58
 仕事先の、いつもからかって遊んでるバイトの子が
 いつも入る曜日に休み取ってた時。
 その日も当たり前にシフトに入ってるもんだとばかり思ってたから
 いないとわかるとなんでか寂しい。

 あー惚れてたんだってそん時気付いた。

201 名前: 恋する名無しさん [sage] 投稿日: 2005/05/11(水) 03:19:42
 中学ん時、やたらもててた娘が居た。
 可愛いは可愛いが、正直俺は皆して何処に惚れてんだ?と思ってた。
 ある時クラスでイジメられてる女とその娘が一緒に歩いてるのを見た。
 今考えるとカナーリ子供の発言だが、後で
 「一緒に居たら自分もイジメられるとか考えないの?お前は」
 と聞いてみた。
 ありがちな自分の株あげる為に一緒に居る。って感じは微塵もなく、
 ちょっとの事でイジメが始まり、その人の内面見る事も出来ないのは馬鹿げてる。
 って感じに説教された。

 中学ながらにちと自分が恥ずかしくなるのと同時に
 あっこの娘なんか…、と思って一気に惚れた。

 今年成人を迎えたんだが、最近イキナリその娘からメール来た。
 嬉し泣きそう。

633 名前: 名無しさん@そうだ選挙に行こう [sage] 投稿日: 2005/09/11(日) 03:02:51
 本当にその男には無関心だったけど、カレーを4口くらいで
 食べたときはビビっときた



240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:56:25.96 ID:JMWvkSld0
51 :名無しさん@明日があるさ :2005/04/14(木) 15:49:24
今日は花見の帰りに兄貴の墓に寄ったんだが、人の良さそうな御婦人が
お墓(多分旦那さんの墓だと思う)を掃除しながら色々話しかけていた。
「孫がねぇ、生まれたよ」「一緒に桜を見たかったね」とか言うのを聞い
てたら不覚にも泣きそうになってしまった…orz
俺も死んだらこんな風に話しかけてくれる人がいたらなぁ…
幸せってこういうことなのかと少し優しい気持ちになれた。
もう少しがんばってみようかな



242 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:57:00.38 ID:JMWvkSld0
母さん

いつも笑ってくれる母さん
いつも参観日に来てくれる母さん
いつもお弁当作ってくれる母さん
いつも僕のためにお金を工面してくれる母さん
いつも余計なお世話を欠かさない母さん
いつも体調の悪さを隠して頑張る母さん
いつも手料理を作ってくれる母さん
いつも黙って僕の洋服を洗ってくれる母さん

母さんはいつもいつも僕のために何でもしてくれたね
でもね…母さんはいつまでも母さんじゃないって、死んでからようやく気がついたよ
どうしてあの時、「ありがとう」って言えなかったんだろう…後悔しても遅いのにね…

母さん…今までありがとう、そしてお疲れ様



244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:57:55.24 ID:JMWvkSld0
1985年湾岸戦争勃発、このときフセイン大統領は
「今から48時間後いかなる飛行機でもイラク上空を飛行するものは打ち落とす」と声明を発表しました。
各国とも自国の大使館員や自国系企業の民間人等を救出すべく、
民間機や空軍の輸送機をイラクに飛ばし出国させました。
一方日本は自衛隊機は法的規制があり飛ばせない、民間機は危険すぎて飛ばせない。そんな対応でした。

タイムリミットまで残り1時間15分

トルコ国籍の飛行機が日本人救出のためバクダットに降り立ちました。
結果無事にイラク在住の日本人は救出されました。
何故、トルコは日本人を救ってくれたのでしょうか?

明治22年にトルコの軍艦エルトゥールル号が和歌山県沖で暴風雨に遭い座礁しました。
587名が死亡、生存者69名という大惨事でした。
この時暴風雨の危険を顧みず地元串本町の漁師や住民が懸命の救出活動を繰り広げ、
生存者を介抱し死亡者を手厚く弔った。
そして明治天皇の命により生存者は日本の軍艦2隻で母国トルコに送還された
トルコ側はこの一連の日本及び日本人の行為に大いに感謝した。
当時は「他国の不幸は自国の幸福」といわれた帝国主義真っ只中の世界情勢の中で、
この行為は日本の誠実さを世界に知らしめる事となった。

湾岸戦争時の駐日トルコ大使ネジャッティ氏曰く
「エルトゥールル号遭難はトルコの歴史教科書に掲載されている。
 子供でも知らないものはいない。だから当たり前の恩返しをしただけ」
とのことです。



245 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 02:58:16.37 ID:JMWvkSld0
俺の幼馴染に、男の癖に弱虫で涙もろい奴がいた。
ただそいつは天性のマラソンランナー、陸上部では英雄だった。
俺も同じ種目だったが、どうやっても追いつけない。
いや、他の誰でも-先輩でさえあいつの走りには勝てなかった。
悔しくて悔しくて、俺はあいつに負けない練習量をこなし続けた。

そして中学に入ってすぐの頃、俺は初めてあいつを抜かした。
でも、俺が速くなったからじゃない。向こうが遅くなったんだ。
全身の筋萎縮症。詳しい病名は忘れたが、それが医者の診断だ。
あいつは生きる希望を、俺は勝利の機会を永遠に失った。
なのにあいつ、元気一杯に俺を応援し続けるわけよ。
「僕は走るのも、走ってる人を見るのも好きなんだ」て。
俺が地区予選で優勝したときなんか、人前で大泣きしちゃってさ。
車椅子の中で、自分のことみたいに顔をくしゃくしゃにしてた。
あれが恥ずかしかったのかなあ。
それとも、やっぱり走れないことが辛かったのか?
あいつはそれからしばらくして逝った。

その後もあいつを追い続けた俺を、人は「最速の男」と呼ぶ。
けれど、それは間違いだ。
まだ、一度もペースメーカを抜けたことがないのだから。
何年も見続けたあいつの背中が、今日も俺を引っ張っている。
いつまでだって、その後を追ってやるさ。
あいつの残像に追いつくまで……追い越すまで。
そして、同じところに召されるまで。
誰にも見えない、ゴールインの直後を駆け抜けるんだ。

2、ゲット



249 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:00:36.17 ID:IYlBcrhRO
†聖ニート領域†
まだ言わないで 就職促すその言葉
゛学歴゛が羽の様に薄い 働いて
今より厳しい生活で
奪う覚悟があるのならば

平日の部屋のベットに 埋もれ寝る俺よりも
たくましく家族は生きているの
どうすれば苦しい事が 蔓延ったこの世界
疲れずに働いて行けるのか
一人家の中  ネトゲ続けても
社会での生活は 遠すぎるの

まだ触れないで その夢見る将来は
低学歴の甘い考え
フロムA この狭い視野の奥にまで
届く自信があるのならば

上野の職安所なんて 行ける訳ないじゃない



251 1/5投稿日:2008/01/05(土) 03:01:42.90 ID:JMWvkSld0
Saga2は思い出のソフトなんだ……今でもよく思いだしては切なくなってます。

俺さ、産まれた時から酷い小児喘息だったのよ。
夜中にかーちゃん起こして病院連れてってもらうなんてしょっちゅうだったし、
小学校あがって更に病状が悪くなって。もちろん体育なんかでれないし、
みんなと外で遊ぶ事すらできなかった。

んで、小五になってからほぼ毎日病院行って吸入するくらいまで悪化しちゃって、
そのまま3週間入院する事になって。。。

んでね、そん時4人部屋の病室だったんだけど
二人はおばあちゃんとおじさん、んでもう一人は俺と同い年くらいの女の子だった。
俺、昔からすげぇ人見知りが激しい上に物凄い照れ屋で、なかなかその同室の人達と仲良くなれないで
一人で勉強してるかゲームボーイやってるかだったのよ。
そん時家から持ってきたソフトが「Saga2」で、もう一回クリアしたやつだったんだけど
ヒマだしもっかいやるかな、って毎日やってたワケさ。



253 2/5投稿日:2008/01/05(土) 03:02:13.57 ID:JMWvkSld0
んで入院して一週間立った頃、俺がゲームボーイやってる時は
なんかその同室の女の子がじーっとこっち見てる事に気づいたんよ。俺が彼女の方みると慌てて目逸らすんだけどね。
もしかしてやってみたいのかな?と思って、「良かったらコレ借そうか?」って聞いたのよ。
そしたら目ぇ輝かせて「いいの?」っていうもんだから、「もう飽きたからな」とか照れ隠しして借してあげたさ。

でも案の定操作が分からないらしく、画面とずっとにらめっこしてるもんだから
俺が操作教えながら一緒にゲーム進めることにしたんよ。
パーティーは人間・男の主人公「リョータ(俺の名前)」で、仲間は人間・女「さやか(彼女の名前)」
あとはエスパーガールとロボットにそれぞれ同室のばあちゃんとおじさんの名前つけたっけ。

それからどんどんそのコと仲良くなって、二人でゲームボーイやるだけじゃなく、色んな話もするようになった。
学校の事、家族の事、好きな音楽の事、近くに迫った夏休みの事…



254 3/5投稿日:2008/01/05(土) 03:02:44.25 ID:JMWvkSld0
それからの時間はあっという間だった。すぐに俺が退院する時がやってきた。
看護婦や同室のおじさん、ばあちゃん達が口々に「おめでとう」って言ってくれてる中
彼女だけ泣いてた。それ見て俺も泣きそうになったさ。でもグッと堪えて
「オマエ退院するまでコレ借してやるよ。退院したら連絡くれよな」ってそのままゲームボーイとSaga2置いていったのよ。

それから何回もお見舞しに行こうと思った。…でもいざ行こうかと思うとなんか照れくさくて行けなかった。
連絡がないまま1年半が過ぎて、俺も小学校を卒業する頃になった。
せめて卒業前にもう1度会っておきたいな、と思って意を決してお見舞に行く事にしたんよ。



255 4/5投稿日:2008/01/05(土) 03:03:14.85 ID:JMWvkSld0
病室に行ったけど彼女はいなかった。病室入口の名前欄にもない。
もうとっくに退院してたのかな…?と思ってとりあえずナースセンターで聞いてみた。

「遠い所にいった」とかうまくはぐらかされたけど、俺も小6だったし、そこまでバカじゃない。
その場の空気や後ろの看護婦が泣き出したのを見ても明らかだった。
俺がショック状態で呆然としてる中、その看護婦が
「ああ、そういえばさやかちゃんから、リョータ君が来たら渡しといて、って言われた物があるのよ」
と言って俺にそれを渡してくれた。借してあげたゲームボーイとSaga2だった。

俺はそれを受けとって家に帰った。
帰るなりメシも食わないで、暗い自分の部屋でゲームボーイのスイッチを入れた。



256 5/5投稿日:2008/01/05(土) 03:03:45.69 ID:JMWvkSld0
もう一つのデータはやたらレベルの低いデータだった。
最初から始めてすぐ飽きたんかな?と思ってそのデータをロードしてみた。

パーティー四人の名前がこうなっていた。

「リョータ」

「いろいろ」

「ありがと」

「バイバイ」

…今でもSaga2のOPの曲を聞くと涙が出るよ。
お見舞行ってあげられなくてゴメンな…。



258 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:05:58.32 ID:IYlBcrhRO
337 名前が無い@ただの名無しのようだ 2007/07/14(土) 06:14:39 ID:5dhviB5t0
ちょっと書かせてもらう、

俺の友達でゲームがすげー好きなやつがいたんだよ。
ドラクエとか、誰より一番に解いたり、俺たちにヒントくれたりさ。

中学2年のとき、そいつ事故にあって、右手なくなっちゃったんだ。
やっぱ片手じゃうまくゲーム出来ないみたいで、というか出来なくて、
「俺もうゲームとか卒業したから、子供のあそびじゃん」とか言うわけ。

でもさ、そいつの家に行くと、隠してるつもりなんだろうけど、
ベッドの下にゲーム雑誌とかあるんだよね、普通エロ本だろうにw

でまぁ、そんなこんなで年月はたって、Wiiがでてこのドラクエがでたわけよ、
これならやつでもできるんじゃね?と思って、誕生日ってのもあって、
本体とセットでくれてやったんだ。
そしたら「こんなもんいらねーよー、出来るわけねーだろ、嫌味かよw」
とかいって開けもしなかったんだ。

んで、帰ってしばらくしたら、そいつの親から電話きて、
あの子が泣きながらゲームしてるんです、ほんとにうれしそうに・・・、ありがとうね!って。
深夜何時だよって感じだったんだけどさw、もう俺まで号泣だよw

ごめん、チラ裏でした、寝れなくて、こんな時間だし誰にも言えないし、ここに書かせてもらいました、すまん。



265 1/3投稿日:2008/01/05(土) 03:09:09.52 ID:JMWvkSld0
皆さんのお話を読み、俺が高校生の時に逝った爺ちゃんの事を思い出しました。
乱文かと思いますが綴らせてもらいます。

俺は爺ちゃんにとって4番目の孫でしたが他の孫達は皆地方に住んでいて、
自営業の寿司屋を継いだ親父の子である俺を爺ちゃんは内孫として
特に可愛がったそうです。
でもまだ俺が小さい頃は、爺ちゃんが苦手でした。

小学生の時、俺は少年ラグビークラブに通っていて毎週日曜日の練習後は
仕事で迎えに来れない両親の代わりに爺ちゃんが迎えにきてくれました。
けど昼飯でたまにファミレスなんかに入ると爺ちゃんは昭和初期からの
職人気質で(寿司屋の板前です)中々届かない料理にウエイトレスを
度々呼んではいつも怒っていました。
その時の爺ちゃんは子供ながらに怒らせちゃいけない存在なんだと思っていました。

ある時、赤いファイアーパターンが自慢のMTBを爺ちゃんが勝手に真っ黒に
塗ってしまったことがありました。爺ちゃん曰く、
『赤い自転車なんて女の子の乗り物だぞ!』
らしく、流石に両親に泣き喚いて親父が爺ちゃんをこっ酷く注意したそうです。
普通の祖父なら新しい自転車を買うのかもしれません。けど爺ちゃんは
俺を地元の馴染みの喫茶店に連れてってこう言いました。
『俺が死ぬまでお前は此処でアイスくりぃむ食べ放題だぞ!』
あの恐い爺ちゃんがアイスって、可笑しかったのを覚えています。
いつも額に皺を寄せて恐い顔をした爺ちゃんでしたが甘いモノは大好きで
その間だけ笑顔になるのが俺自身とても嬉しかったんです。
それと癖なんですが俺は小さい頃から皺などの柔らかい部分を
撫でるのが好きで爺ちゃんに逢った時はよく顎下辺りを撫でさせてもらいました。
この時も爺ちゃんは嬉しそうに笑ってくれたんです。



266 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:09:12.11 ID:IYlBcrhRO
京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、
認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。
母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、
06年1月31日に心中を決意した。

「最後の親孝行に」

片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は
「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が
「すまんな」と謝ると、母は
「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は
「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。
この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、
自分も包丁で首を切って自殺を図った。
冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、
眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2人のやりとりや、
「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。
目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。



267 2/3投稿日:2008/01/05(土) 03:09:40.52 ID:JMWvkSld0
中学に入る頃、爺ちゃんは足を怪我して歩かなくなりました。
家族に甘えていたんだと思います、リハビリをしっかりすればまだ歩ける
可能性はあったのに爺ちゃんは全然リハビリを受けませんでした。
日に日に身体も衰弱し、入退院を繰り返しました。
俺自身、中学生になってからは色々忙しくなり、あまり爺ちゃん家にも顔を出さなくなりました。
高校の入学式、久々に爺ちゃん家に行った時には爺ちゃんは身体も小さくなり、
一歩もベッドから出れない状態になっていました。
自宅療養を願い、もうあまり時間も無いと医者も言ったので
週2でヘルパーを頼み、婆ちゃんと一緒に介護をしていました。
あまり喋ることも出来なくなっていて名前を呼ぶのが精一杯という感じです。
それでも爺ちゃんの好きな苺ジャムパンやアンパンなんかを持っていくと、爺ちゃんは笑顔になって顎下を指で指してきました。
俺はやるせない気持ちで爺ちゃんの顎下を撫でました。
もっと、もっと撫でてあげたかったよ、爺ちゃん。

春、爺ちゃんの好きな桜が咲いた日の夕方、爺ちゃんは天国に逝きました。
親父に呼ばれて急いで駆けつけて、死に目には逢えませんでしたが
その顔はうっすらと、口端を上げて笑っていました。
婆ちゃんが泣きながら俺の手を握っていました。とても、とても強く。
皆で身体を拭いてあげました。
上着を脱がして背中、胸、腕…。俺の番になりました。
その時、初めて俺は涙を流しました。嗚咽も無く、ただひたすら涙だけが
頬を伝っていました。俺は握ったタオルを顎の下にもっていきました。
皆が泣きました。俺がその部分を好きだというのは皆知っていました。
俺は涙で前が見えないのにゆっくりと、優しく、あの柔らかい部分を撫でてあげました。
まだ暖かく、爺ちゃんの顎下はとても柔らかかったです。
葬式は自営業の店で上げる事にしました。戦後の焼け野原から築いた
場所で還してあげたかったんです。白袴も断りました。
生前爺ちゃんのお気に入りだった茶色のジャケットとストライプの入った
パンツを履かせてあげました。死化粧を施してジャケットを着こなした
爺ちゃんは、あの頃の元気な爺ちゃんに戻ったようでした。



269 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:10:05.76 ID:IYlBcrhRO
次の7つの単語の中から、1つを自由に選んで見て下さい。

サッカー、女、時計、ゲーム、枕、携帯、パンツ

選びましたか?
では今度は、その単語と関係あると思うものを、次の7つの単語から選んで下さい。

彼女、エロ、画面、スピーカー、嫁、コナン、お茶

はい、ありがとうございます。
選んだそれを強くイメージしてから、次に進みましょう。
そのものの特徴を、次の4つの中から選んで下さい。

二次元、じゅうたん、作曲、いす


選びましたか?
では、ズバリ当てて見せましょう。





あなたは、童貞 ですね?



270 3/3投稿日:2008/01/05(土) 03:10:11.17 ID:JMWvkSld0
沢山の人が通夜に来ました。親戚、近隣住人、数少くなった友人達、
若い頃世話になったというヤクザ者まで、本当に沢山の人が集まりました。
遺影はまだ爺ちゃんが元気な頃に撮ったと思われる写真が使われました。
どうも爺ちゃん自身が用意していたものらしく棚に封筒で包んで
しまってあったそうです。ただ何故か荒画質の荒さが目立っていました。
それでも爺ちゃんの表情は、俺の大好きだったあの笑顔でした。

それから数日後、後片付けをしていたオカンから電話があって爺ちゃん家に
行きました。するとそこには涙を流したオカンと婆ちゃんと親父が
いました。親父が俺に何かを差し出しました。
『見てみろ、お前が、あの爺さんの笑顔を作ったんだ』
俺は差し出されたものを見ました。写真のようでした。
ジャケットを着た爺ちゃんが写ってました。袴を着た幼い俺が写っていました。
俺の七五三の写真でした。爺ちゃんの顔の部分に印がついていました。

遺影に使われた笑顔は、俺の七五三で笑った笑顔でした。

俺は写真を見た瞬間、初めて人前で声を上げて泣きました。
息が出来ませんでした。息の仕方も忘れてただ泣きました。
婆ちゃんが抱きしめてくれました。オカンが手を握ってくれました。

爺ちゃん。俺、出棺の時コンビ二に走ってジャムパンとアンパン
買ってきたんだ、天国で売ってるなんて限らないからさ。
爺ちゃん。あの後、喫茶店に行ったんだ、爺ちゃんと一緒に食べた
同じ席に座って同じ抹茶アイスを2つ頼んでさ、美味かったろ。
爺ちゃん。最後、あまり行けなくてご免な、優しくない孫でご免な。
爺ちゃん。それでもあんたは、最高の爺ちゃんだったよ。
爺ちゃん。本当に、本当に、有難う。



271 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:11:27.35 ID:JMWvkSld0
>>262 >>256のレスの改変で有名なのは


もう一つのデータはやたらレベルの低いデータだった。
最初から始めてすぐ飽きたんかな?と思ってそのデータをロードしてみた。

パーティー四人の名前がこうなっていた。

「かんごふ」

「さんにこ」

「ろされる」

「たすけて」



274 1/2投稿日:2008/01/05(土) 03:13:13.81 ID:JMWvkSld0
2年付き合った彼に振られました。
それはもう、彼が言ったとは思えないほどのひどい言葉で。
どんなにまだ好きだと言っても復縁はかなわず、音信不通になってしまいました。
そんな彼の友達から、彼が亡くなったことを聞き、彼が書いた日記をもらいました。

『入院二日目、昨日は周りのモンがめずらしくて初体験ばっかだったけど、 今日からヒマなんだよな~。
こうやって日記つけてみたわけだけど、 オレのことだから続かんだろなぁ。
N(私のことです)は今頃元気にしてるかなぁ。最後傷つけちゃったけど、新しい男でも見つけてくれんかなぁ』

最初、私は彼が病気をしていたことも、入院していたことも知らず夢中で日記を読んでいました。
日記には彼の私への想いがたくさん書いてありました。

『今日テレビでディズニーランドの特集やってた。
Nと行ったことを思い出した。 あいつ買い物大好きだったから、あの時は疲れていい加減にしろとか思ってた。
でも帰りにこっそり買っといてくれたミッキーはうれしかった。
今枕元にあるわけだけど、友達なんかにからかわれるから皆が来るときだけは隠してる。
別れちゃったしなぁ・・・好きなんだよなぁ』

『夢にNが出てきた。半年会ってないよなぁ。
別にたいした夢じゃないけど喋った。それだけで幸せだなぁ。
なんで目、覚めちゃったんだろ。
今ごろ誰と喋ってんだろ。宇多田の歌みたいだ』

それは日記では無く、私のことばかり書いてありました。

『やっぱりNが好きだぁぁぁ忘れられねぇぇぇぇぇ。
日常の一つ一つにNが出てくるんだよう。
ばかやろぉぉぉぉぉぉ』



275 2/2投稿日:2008/01/05(土) 03:13:44.49 ID:JMWvkSld0
そして、次のページが最後でした。

『オレはもうすぐ死ぬらしい。
医者ははっきりとは言わんけど、わかるモンだなぁ。
思えば治らない病気(病名は伏せ)だって聞いてからもう1年だ。
結構長く生きた方だし、充分な人生だったんじゃねぇ? って
思おうとしたけどやっぱりダメ。もっと生きたい。 Nともっと一緒にいたかった。
入院してる間、振ったことを、あんなひどい 言葉を言ってしまったことをずっと後悔してきた。
でも、完治なんて可能性が無い。
Nはキレイだし性格いいんだからすぐ次に男ができる。
オレのために人生棒に ふらせるわけにはいかん・・・って何回も納得したはずなのに。
Nと喋りたい。今から電話したい、会いたい。 まだ死にたくない。
まだフォアグラ食べてないし、USJ行ってない。
大学卒業したかったし、母さんに親孝行もしたかった。ベタでも父さんと酒飲みたかった。
Nをもっと抱きたい。結婚して子ども欲しかった。
おじいちゃんおばあちゃんになっても 手とつなぐような夫婦になりたかった。Nにあいたい。
でももう叶わない。後悔してばっかりだった。
死ぬときは笑っていきたいけど、 本音は辛すぎる。N、やっぱりまだまだ愛してる。オレのこと忘れて幸せになれよ』

涙が止まりませんでした。
彼は私のことを常に考えてくれて、でも私は彼の体のことなんてまったく気付かずに自分のことばっかり考えていました。
何で死んじゃったんだろう。私には彼しかいないのに。
友達はこの日記を病院のゴミ箱で見つけたそうです。私に見つからないようにだと思います。
私のことをここまで想ってくれる人はもういません。 お葬式には行けませんでした。
明日は彼の一周忌です。
最初は自暴自棄な私でしたが、彼の遺志を尊重するために幸せになろうと思います。



278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:15:01.13 ID:JMWvkSld0
俺は母親が嫌いだ。大嫌いだ。
おせっかいなとこが嫌いだ。何よりも子供を一番に考えるとこが嫌いだ。
大学に入り、一人暮しを始めて二年も経つ俺を赤ちゃんみたいに心配するとこが嫌いだ。
今まで付き合った彼女より誰よりも俺を心配してくるとこが嫌いだ。
金が無くなって「もっと金を送れ!」と、言って結局送ってくるくせに
しぶるとこが嫌いだ。「こんな家に生まれてこなければよかった」と、言うと
電話越しに本気で泣くとこが嫌いだ。

俺は母親が嫌いだ。とにかく嫌いだ。
そんな母親がこの間死んだ。毎日のように俺を心配してかけてくる電話が
ただただウザくて、俺は携帯の電源を切っていた。だから、通夜にも行けなかった。
死因は働き過ぎでの過労と、電話が繋がらない俺を心配して体調を悪くした併発だった。

俺は母親が嫌いだ。自分の給料の倍以上の仕送りをする為に、働き過ぎるとこが嫌いだ。
こんな俺のために死んだ母親が嫌いだ。五十年近くの人生の半分を俺に費やしたとこが嫌いだ。
死ぬ直前まで、俺の声を聞きたがっていたとこが嫌いだ。

俺が毎日2chに入り浸っているとも知らず、死ぬまで働いた母親が嫌いだ。
今日をもって、俺は2chを引退する。嫌いだった母親にしてあげれなかった
親孝行を今更だがしたい。受け止めれない程の愛をくれた母親の為に頑張って生きていきたい



279 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:15:35.52 ID:JMWvkSld0
そのときの部長はすっごく冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせてる人だった。
飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会なんかでも一人で淡々と飲むようなタイプで、
良く怒られていたこともあって俺はすごく苦手だった。

ある日のこと、部長の解雇を伝える社内メールが全員に届いた。
あのむかつく部長が居なくなる!!心の中でガッツポーズしたのは俺だけじゃなかったはずだ。

それから1週間後、部長の最後の出勤日。
退社のセレモニーが終わるとみんなそそくさと帰って行ったが
部長と俺だけは居残って仕事を片付けていた。
送別会の開催も自ら断った部長を苦々しく思っていると、珍しく専務から呼び出された。
しぶしぶ専務室に行くと、課長と専務が待ち構えていた。
俺はそこで始めて課長から「部長解雇の真相」を聞いた。
原因は俺だった。俺のミスの責任を全て部長がかぶってくれたらしい。
話を聞いてたまらなくなった俺は急いで部署に戻ったが、部長の姿はすでに無かった。
ふと自分の机の上を見ると、封の開いた買い置きのタバコ。すでに一本無くなってる。
横に添えられたメモにはこう書いてあった。

「これぐらいはいただいても良いはずだ」

俺にとっては無くなったその一本が、思い出の一本です。



280 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:16:01.95 ID:9aM0tTH1O
258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/05(土) 03:05:58.32 ID:IYlBcrhRO
337 名前が無い@ただの名無しのようだ 2007/07/14(土) 06:14:39 ID:5dhviB5t0
ちょっと書かせてもらう、

俺の友達でオナニーがすげー好きなやつがいたんだよ。
クリムゾンとか、誰より一番に読んだり、俺たちにティッシュくれたりさ。

中学2年のとき、そいつ事故にあって、右手なくなっちゃったんだ。
やっぱ片手じゃうまくオナニー出来ないみたいで、というか出来なくて、
「俺もうオナニーとか卒業したから、子供のあそびじゃん」とか言うわけ。

でもさ、そいつの家に行くと、隠してるつもりなんだろうけど、
ベッドの下にエロ本とかあるんだよね、普通ゲーム雑誌だろうにw

でまぁ、そんなこんなで年月はたって、クリムゾンがの新作がでたわけよ、
これならやつでもできるんじゃね?と思って、誕生日ってのもあって、
新刊と既刊をくれてやったんだ。
そしたら「こんなもんいらねーよー、出来るわけねーだろ、嫌味かよw」
とかいって開けもしなかったんだ。

んで、帰ってしばらくしたら、そいつの親から電話きて、
あの子が泣きながらオナニーしてるんです、ほんとにうれしそうに…ありがとうねっ!て。



283 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:17:34.00 ID:JMWvkSld0
434 :Mr.名無しさん :03/06/29 21:01
俺の母は俺が中3の頃死んだ。
技術家庭の授業中に担任が飛んできた。
母の死を告げられても不思議と落ち着いていた。
家に帰ると妹が大泣きしていた。父は憔悴していた。

滞りなく、告別式、葬式が終わり普通の日常に戻ったとき
初めて泣いた。食卓の席が一つ空いていたから。



284 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:17:38.12 ID:R2ZLt3U30
以前から探している奴で見つからないのが・・・

恋人(彼女)が病気で亡くなって、手紙か遺書には
妹をよろしく・・・みたいなやつ。

夢に出てくる女性が妹?だったとか・・・

キーワードも定まらずぐぐっても見つからない



285 1/3投稿日:2008/01/05(土) 03:18:05.16 ID:JMWvkSld0
659 :のほほん名無しさん :03/08/19 23:56 ID:???
妹に先を越されました

今年、妹は高校一年生になりました
それでも妹のドジ加減は昔から変わりません
本当に見ていない時は不安がありました
本当に「しっかりしてくれよ」と、何度も言いました
本当に小さい頃から何度も言いました
でも、その不安も今は無くなりました
心配してやりたくても、心配はできません
不安な気持ちになりたくても、形だけでは心に変化は起きません

いい子でした
正直可愛くて仕方ありませんでした
いっぱいも喧嘩をしました、その分仲直りもしました
そしてこの前も派手な喧嘩をしました
その日の喧嘩は明らかに俺のせいでした、それは断言できます
だから、近所のコンビニで妹の好きなチョコを買ってきて
それをきっかけに謝ろうと思いました

でも、その日、妹が帰ってくる事はありませんでした

妹は喧嘩した後、友達に俺の愚痴を吐いていたらしいです
2時間延々と愚痴を吐き、そのまま妹は家に帰ると言って友達の家を後にしました
その30分後
交通事故でした



286 2/3投稿日:2008/01/05(土) 03:18:36.02 ID:JMWvkSld0
660 :のほほん名無しさん :03/08/19 23:57 ID:???
俺がどれだけ注意しても、俺がどれだけ怒っても
最後はあっけなく訪れました
事故当所、妹はコンビニの袋を持っていたらしいです
俺が病院でその袋を確認させてもらった時
中には俺の好きなアイスが入っていました、既に溶けており原型は留めていません
帰り道にアイスなど買わなければ妹は交差点など通る事はありませんでした
でも、俺の為にアイスを買って帰ろうとしてくれました
そのせいで車にはねられました


俺は病室でそのアイスを食べました
液状になっていても構わず食べました
いっぱい妹の病室を汚してしまいました
その日は汚してしまった病室を掃除してから家に帰りました

家に着き、何も言わず自分の部屋に戻りました
既に親は泣き崩れていたので
2階に上がり、ドアを開けふと視界に入った物

妹の為に買ったチョコでした
唯一、謝る事の出来なかった喧嘩
チョコがそれを証明していました

次の日の朝、家の中で妹の笑顔は見れません
無くなった日常はあまりに大き過ぎます
でも、だからっていつまでも沈んではいれません



287 3/3投稿日:2008/01/05(土) 03:19:07.28 ID:JMWvkSld0
661 :のほほん名無しさん :03/08/19 23:58 ID:???
俺はその日から妹が小学校からやっていたピアノを始めました
妹はピアノが大好きでした、先日も「やろう」と進めてきました
今はもう進めて来る事などありません
だかた、その日から妹の分まで、妹の為に弾いてやると思い今日も練習しています
まだ妹の様に上手に弾く事はまったくできません
それでも、妹の出る予定だった演奏会までには形にしてみます
どんなに無謀でも妹の糧を背負った以上挫折はできません
でも、出来ないのはあくまで責務、そんなのに囚われません
俺は挫折なんてしたくない、だから弾き続けます
妹を越す日まで
妹と言う壁は何処まで行っても見えないかもしれません
真剣に向かい合っていなかった俺には見付けられないと思います
それでも、最後の最後に妹より上にいなくちゃ、笑われてしまいます
兄として、忘れてはいけない一人約束です

少しスレの話からずれていたかもしれません
それでも嘆きたい自分がいました

生き物である以上終わりは訪れます
それはあまりに唐突な事かもしれません
後悔するなと言っても、予知する事など不可能です
ただ、少しでも兄弟と言う避けられない関係を大事だと思ってみて下さい
どんなに嫌いでも、どんなに実質な差があっても
たった少しだけでいいんです
大事だと思ってあげてください

最後に
俺は妹に先を越されました
それでも俺には、大好きな妹がいました



293 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:23:40.88 ID:JMWvkSld0
309 :非通知さん :04/03/23 21:32 ID:s+lGoCjl
母親とつまらない事でケンカした。
つまらない事なのに、凄い暴言を吐いてしまった。
一人暮らし中の私は、そのまま自分の家に帰って
母から電話が掛かっても、絶対に出なかった。

3日経ってやっと頭が冷え、自分のバカさ加減に情けなくなり
「謝らなきゃ・・・」と思うようになった。
とはいえ、直接電話するのも躊躇う。
卑怯かもしれないけど、謝りのメールを母に送る事にした。

『この前はごめんなさい。』 これが精一杯の言葉。
10分後、母からメールが返ってきた。
ドキドキしながら見ると、件名には『アホな娘へ』と書いてある。
もっとドキドキしながら本文に目をやると
『アホやね お母さんは怒ってませんよ(^0^)
夜ご飯食べにおいで 待ってます』

子供の時みたいにボロボロ泣いた。
メールにしといてよかった・・・



295 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:25:44.48 ID:JMWvkSld0
45 :名無しさん@自治スレ参加募集中 :04/08/30 04:51 ID:yl8maFoH
四年前の私へ

親友を病院に連れて行け。
嫌だとかそんな暇無いとか言うけれど
無理にでも連れて行け。
抵抗したら殴ってもいい。

今ならまだ胃潰瘍で済むから。

癌が進んで骨と皮ばかりになりいつ死んでも
おかしくない親友を見続けるのはとても辛いぞ。

あなたは今、笑ってばかりで、
泣いたのはいつだったか思い出せないだろうけど、
四年後は毎日何回も泣く生活になる。

だから親友を病院に連れて行け。



296 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:27:30.18 ID:iPUU4yAW0
20年前ぐらいの前の話

当時俺の家はいわゆる片親ってやつで、すげぇー貧乏だった。
子供3人養うために、かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた。
それでもどん底だった・・・

俺は中学卒業してすぐ働きに出た。
死ぬほど働いた。遊んでる暇なんてなかった。

1年ぐらいして同級生に久しぶりに会った。
飯食いに行こうって話になった。
メニューの漢字・・・読めなかった。
読めたのは、一つだけカタカナで書いてあった「オムライス」だけ。
同級生は「焼きそばとごはん」って注文した。

無知な俺は「じゃあ俺はオムライスとごはん」って店員に言った。
店員、固まってた。
クスクスって笑い声も聞こえてきた。
そしたら同級生
「さっきのキャンセルね!!俺もオムライスとごはん!!」

・・・
店出た後、同級生が一言
「うまかったな」って言った。
「仕事がんばれよ」って言ってくれた。

泣けてきた
心の底から人に「ありがとう」って思った。
そいつは今でも親友です。



297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:27:38.60 ID:LA9Lz/ljO
>>294
俺の彼女Hしたあとに俺のパンツをはくのが好き
いたずらっぽそうに笑う

君はこれをはきなよって自分の下着を渡す…

はけるわけないじゃんw



299 1/5投稿日:2008/01/05(土) 03:29:34.37 ID:JMWvkSld0
770 名前: 本当にあった怖い名無し 04/10/26 16:14:48 ID:aFLRHW85
 俺の妹さ、俺が17の時死んだのよ。今からもう8年前。
まだ6歳でさ。末っ子で、男兄弟ばっかだから、兄貴も弟も猫かわいがりしてたね。
でも、元々病弱でさ、ちっちゃくてさ。
でも、めちゃくちゃ可愛くてさ、ちょっとしたことでも、泣くんだよ。
「兄ちゃん、兄ちゃん」って。いっつも俺の後ついてくんの。
街にあるケーキ屋のショートケーキが大好きでさ、一週間に一回ぐらい、バイト代で買ってやってた。
食ってるとき「おいしいー」って笑う妹が、とっても可愛くてさ、すっげぇ可愛くて…

妹が発作で倒れたって聞いて、俺、学校からバイク飛ばして中学校で弟拾って即効病院に行った。

色んな機械つけて、妹は寝てた。
おかんとばあちゃんが「もうだめだぁ…」って、なんかじいちゃんに拝んでるし。
「シノを連れてかんといて!お願いや」って、じいちゃん、妹生まれてすぐに亡くなってる。
シノを抱くことなく逝ってしまったじいちゃんは、死ぬ間際まで「シノを抱っこしたいなぁ」って言ってた。
俺が行って「シノ!シノ!!」って呼ぶと、意識が戻った。

「にーやん、あんねー、シノ、ショートケーキ食べたいん」
「いっぱい買って来てやるから死ぬな!寝るな!おきてんだぞ!」
って、俺はケーキ屋からあるだけのショートケーキ全部買ってきた。
でも、妹死んじゃったよ。
俺がショートケーキ買って来て、病室のドア開けると、妹が笑ってて、
「買ってきたぞ!シノ、食って元気出せ!」
って、一口食わしたら、
「おいしいー…ありがと、にいや」
って、笑って目を閉じてソレっきり。
すぐに、ピー―――――って、機械が。電気ショックとかやっても無駄だった。



300 2/5投稿日:2008/01/05(土) 03:30:05.08 ID:JMWvkSld0
771 名前: 本当にあった怖い名無し 04/10/26 16:15:35 ID:aFLRHW85

棺おけに入るときに、気に入ってた、おかんが作ってやった紺色の、フリルのいっぱいついたドレス着てた。
ばーちゃんが作ってやったお手玉もいれてやった。
お気に入りのテディベアも入れてやった。
俺、一年ぐらい立ち直れんかった。
壁にさ、誕生日に妹がくれた「にーやん達の顔」って絵があってさ。
まだ六歳だから下手糞でさ、でも、兄弟で笑ってんの。
俺と一番上の兄貴の間で、カチューシャ付けた妹が笑ってる絵。
もう、ソレ見るたびに泣けて来るんだよ。

でも、我が家でな、ちょっと不思議なことが起きるようになったのはそれからなんだ。
夜中に、ばーちゃんの部屋から声がすると思ったら、ばーちゃん(ボケてなくて、霊感あり)が、
「あぁ、じーさん、紫乃連れてきてくれたん。そう、その服気にいっとんのな、あぁ、そうかそうか、これて嬉しいか」
障子の隙間から見ると、ばーちゃんが笑ってんの。相槌まで打ってさ。
テーブルにお茶とジュースまで出してさ。妹の好きな、地元の古い店が作ってる瓶のサイダー。
俺、ついついばーちゃんの部屋あけちゃった。
そしたら、ばーちゃん、慌てもせずにさ「ヒロトー、じいちゃんとシノがそこに来とる、挨拶せぇ」
って、俺にまでお茶出すし。
「これ飲んだら、かえるとこまで帰りんさい」って、ばーちゃんは笑ってた。



301 3/5投稿日:2008/01/05(土) 03:30:35.85 ID:JMWvkSld0
まぁ、それくらいは序の口。

 おかんが台所で、弟のおやつにホットケーキ作ってたら、作っといた一皿の、一枚の半分だけが無くなってんだって。
歯型ついてて。どう見てもシノの口の大きさでさ。
「あの子、ホットケーキも好きやったからなぁ」
って、ばーちゃんもおかんも涙してんの。
あとは、家に居るときに、シノの声を聞いたことは、全員ある。
おとんが、「きっと、この家が好きで出て行かないんだろう」って言ってたな。

67 名前:3/4[sage] 投稿日:2007/04/17(火) 02:50:19 ID:hjxCx7O60
772 名前: 本当にあった怖い名無し 04/10/26 16:16:25 ID:aFLRHW85


 で、就職するからって東京で一人暮らし始めた。
その頃、好きな女もできて、告白しようか迷ってた。
ある日、夢ん中、妹とよく行った公園で、二人でベンチに座ってた。
「にーやんは、あの人すきなの?」
おかんが作ってやったフランス人形みたいなドレス着てさ、妹が笑ってんの。
向こう側のベンチに、俺の好きな人が座って、本を読んでて、それを指差しながら。
「うん」
って、俺が答えると、
「大丈夫、シノが何とかしたげる」
って笑ってた。



302 4/5投稿日:2008/01/05(土) 03:31:06.59 ID:JMWvkSld0
 んで、しばらく経ったある日さ、その女の人から告白されてしまった。
それから、そのまま今に至るってわけで。
 結婚して、しばらく経って、実家に、シノとじーちゃんの墓参りに行った時、墓前でさ、俺の奥さんが言うんだよ。
「そういえばね、不思議な事があったの」
「なに」
「あなたに告白する前にね、不思議な子にあったの。
 新宿で買い物してたら、ちっちゃい女の子に声をかけられてね、紺色に白いフリルのドレス着てて…
 でね、『おねーさんは、にーやんのこと好きですか』って言われたの。
 『にーやんってだれ?』って聞いたら、『大丈夫ー、おねーさんは、にーやんのお嫁さんになる、うちのにーやんもおねーさんの事好き』って
 言って、どっかに消えちゃったの。でね、その子が居なくなった後、不思議なんだけど、あなたの顔が頭に浮かんだの」
「…シノ…」
しか、思い当たる所は無い。
そのことを、嫁に話すと、嫁は「まさかー」って笑ってたが、実家に戻って、茶の間に飾ってある、妹の写真見て、
「この子!!」って、驚いてた。



303 5/5投稿日:2008/01/05(土) 03:31:37.27 ID:JMWvkSld0
で、またしばらくして、嫁が妊娠。
でも、ちょっと危なかった。
ある日、病院で、嫁の看護しながら、眠っちまった。
そしたら夢に、またシノが出てきた。
「にーや、おとーさんになるの」
「そうだね」
また、公園だった。今度は俺の横に、腹が大きい嫁が座ってた。たまごクラブ読みながら。
「シノ、にーやの子供、守る」
って言って、
嫁も、「お願いね」って言ったら嫁の腹の中に入ってっちまったよ。
むしろ、消えたの方が正しいのか。
目が覚めて、朝、嫁にその事を話したら、嫁も、同じ夢を見てたらしい。
で、嫁も「お願いっていったら、おなかン中入ってっちゃった」って笑ってて…

無事、生まれました、我が子。

健康な、女の子です。今年三歳になります。
しぐさが、妹に似てます。
笑い方とか、喋り方とかね。あと、性格とか、好きな物とか嫌いなものとか。
っていうか、妹の生まれ変わりだろうな。
っていうか、俺、親ばかになりました。麻雀も、パチンコもやめたし、家にも早く帰るようになったし。

 俺の実家に帰ると、もう、皆、猫っ可愛がり。ばーちゃん大興奮。
おやじ、初孫の為にデジカメとデジタルビデオカメラ買いました。
おかん、連れてくと離しません。

 とても元気で、いたずら盛りの我が娘、元気に育てよ。
まぁ、平和です、我が家。



304 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:32:41.25 ID:JMWvkSld0
はああ…俺は何て無駄な人生を送ってきたんだろう…。
 もっと早くに気付いていれば…。
 せめて10年前、いや5年前に戻りたい…。
 戻って何もかもやり直したいよ…。はあ…。
 俺って駄目な奴だよなぁ…。
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  )   …………。
   (;´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
_(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 兄者は5年後にはきっと、せめて5年でいいからもどってやり直したいと
  ∑(;´_ゝ`) /   ⌒i  思っているのだろう。
   /   \     | |  今やり直せよ。未来を。
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |   5年後か、10年後か、50年後からもどってきたんだよ今。
_(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃



305 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:32:54.62 ID:deocFruwO
泣いてる
本当に死亡できたらいいのに

そしたら母に会いたいな

6年経つけど、家に仏壇あるけど
まだちゃんと線香上げられない
おやすみおかあさん



308 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:34:51.88 ID:JMWvkSld0
254 :大人の名無しさん :04/04/14 23:30 ID:tI0K887k

今まで2,3ヶ月に一度しか実家にいかなかった。
何人かの人が書いていたようなTVだけをみている生活の親。
親も何をしていいのかわからない様子。(すでに片親です)
本当に何が楽しいのかと思うが、親の生活に口出しはすまいと3年経過。

訪問するのがつらかった。TVしかみていない親と
何の会話をすればいいのか?ムリに明るい雰囲気を作るのがつらかった。

先日軽い痴呆の可能性があるとの診断がでた。
本人にはいっていない。

診断がでて、肩の力が抜けた。テンションを上げる必要なんてない。
ただ訪問し、おせっかいでも親の手の届かない掃除などをして
2,3時間過ごす。掃除の合間に「手伝ってー」とか
「休憩。おやつあったらくれる?」と、TVをみている親に
ちょっかいをかける。「これおいしいなー」とかくだらない、
まさにただの日常会話をして、そして掃除を再開する。

半日滞在して会話している時間は20分程度かもしれない。
でもお互いなんだか穏やかな雰囲気だ。

これからもこうして当たり前の時間をすごしたいと思う。

親に会うのが照れくさい人、家に行ってごそごそするだけでもいいんですよ。
きっと。



310 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:36:02.31 ID:JMWvkSld0
俺はセイコーマートで働いて三年目になる。いつもくる小さな子の話を一つ。
その子は生まれつき目が見えないらしく白い杖をつき母親と一緒に週に二、三度うちの店を訪れる客だった。
ある日、その子が一人で入口の前に立っている。入口のドアが引くタイプだったので俺はドアを開けてあげようとした。
その瞬間!同年代らしき糞ガキ二人が「お前さぁ、目見えねぇんだろ?素直に親帰ってくるまで家でおとなしく留守番でもしてろよ。バカだなぁ」といった。
さすがに俺も障害をもった人間に冷たくする人間は許せなかったので入口に向かったその時!
ガキの片方が「ほら、先に入れよ。ドア開けといてやるからよ。」と言った。
そしてその子の手をつなぎ、「何買いに来たんだ?」と二人組の片方が言うと、その子は「お母さんがすごい熱が出てるの。だから水枕に入れる氷買いにきたの。」と言った。
そして俺がレジで「398円です。」と言うと、二人組が「いいよ。俺が出しといてやるよ!そのかわりお前のお母ちゃんがよくなったら俺たちと遊べよな!」といい会計をすました。
そしてきっとその子の家までだろう。片方が氷をもち、片方はその子の手を繋いで帰っていった。
小さな子ども達の友情に感動!



312 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:37:28.85 ID:JMWvkSld0
357 愛と死の名無しさん 2007/04/10(火) 19:38:02
職場の同僚(♂)の結婚式で。
音楽が鳴り、新郎新婦が入場してきた途端親族席にいた子供(多分姪っ子)が
「あれ?おじちゃん、髪の毛あるよ?どうしたの?」
実はこの新郎、26歳にして若ハゲでア○ランスのお世話になっていて、去年からこのヅラをつけている。
(それまでは若ハゲだった)
姪っ子は遠方に住んでいたのか久々に顔をみたようで、ハゲていたころの顔しか知らないらしい。
この無邪気な一言が新郎新婦が入ってきた瞬間起こったせいで、同僚たちは肩を震わせ笑いを堪え、新郎の親族席は微妙な雰囲気。
新婦側の友達や親戚はそのことを知らないのかちょっとざわついている様子。

しばらくして二人の馴れ初めが紹介され、過去の二人の写真がスクリーンに映し出された時、またもこの姪っ子が口を開いた。
「ほら。まま。あれ、あの写真の時のおじさん帽子かぶってるけど、髪の毛なかったよね」
流石に新婦側の親戚や友達も理解したのか、クスクス忍び笑いが聞こえてくる。
新郎は明らかに機嫌を損ねて、新婦も俯いていた。
ヤバイと思ったのか姪っ子は親に連れられて退場。
気がついたら席に戻ってたので多分説教されて帰ってきたんだと思う。

で、キャンドルサービスの時、新郎が近くにきた時この子がじーっと新郎の頭の方を見てまたも一言
「おじさん。髪の毛誰からもらったの?」

以上。
新郎がカワイソスな結婚式でした。



313 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:38:09.44 ID:JMWvkSld0
227 :Mr.名無しさん :04/09/08 23:49
カーチャン、なかなか親孝行できなくてゴメンな。
本当は家事を手伝ったり、
「カーチャンの作る飯が一番ンマイよ!」と言ったり
孫の顔を見せたりしたいんだが・・・

金銭的な孝行だけで(しかもそれも少ない)スマソ。
大学生の弟が居るんだが、もうじき学費の振込だ。
なけなしの貯金20マソだが、足しにしてくれ・・・

本当はマッサージチェアを買ってやりたかった。40マソはする奴な…ムリポorz


228 :Mr.名無しさん :04/09/09 01:01
>>227
40万が無いなら、お前の両手があるだろ。
その手は飾りか?

カアチャン喜ぶぞ。



315 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:40:39.88 ID:JMWvkSld0
799 :癒されたい名無しさん :04/09/25 04:21:52 ID:F0r2rWGf
「沖縄に行かない?」

いきなり母が電話で聞いてきた。
当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。
「忙しいから駄目」と言ったのだが母はなかなか諦めない。
「どうしても駄目?」「今大事な時期だから。就職決まったらね」
「そう・・・」母は残念そうに電話を切った。
急になんだろうと思ったが気にしないでおいた。

それから半年後に母が死んだ。癌だった。
医者からは余命半年と言われてたらしい。
医者や親戚には息子が今大事な時期で、心配するから連絡しないでくれと念を押していたらしい。
父母俺と三人家族で中学の頃、父が交通事故で死に、パートをして大学まで行かせてくれた母。
沖縄に行きたいというのは今まで俺のためだけに生きてきた母の最初で最後のワガママだった。

叔母から母が病院で最後まで持っていた小学生の頃の自分の絵日記を渡された。
パラパラとめくると写真が挟んであるページがあった。
絵日記には
「今日は沖縄に遊びにきた。海がきれいで雲がきれいですごく楽しい。
ずっと遊んでいたら旅館に帰ってから全身がやけてむちゃくちゃ痛かった。」
・・・というような事が書いてあった。すっかり忘れていた記憶を思い出す事が出来た。
自分は大きくなったらお金を貯めて父母を沖縄に連れていってあげる。
というようなことをこの旅行の後、言ったと思う。
母はそれをずっと覚えていたのだ。
そして挟んである写真には自分を真ん中に砂浜での三人が楽しそうに映っていた。

自分は母が電話をしてきた時、どうして母の唯一のワガママを聞いてやれなかったのか。
もう恩返しする事が出来ない・・・
涙がぶわっと溢れてきて止められなかった。



317 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:44:36.92 ID:JMWvkSld0
361 :名無しは20歳になってから :03/07/31 18:46
中学生卒業と共に親元を離れ、地方の進学校に入学。
タバコを吸っている友達はいたが俺は吸わなかった。

そして、大学に進学。サークルの飲み会の席でタバコを
無理矢理勧められて以来、やみつきになってしまった。

でも、俺はそれまでずっとタバコが嫌いだったのだ。

夏休み、帰省で親元に帰った俺は実家で何気なくタバコに
火を付けた。それを見た母親は当然の如く仰天。
「あんた、いつからタバコ吸うようになったのさ?」
「2ヶ月位前かな」

俺がタバコを吸う様を黙って見ていた親父が口を開いた。
「お前がタバコ吸うなんてなぁ… お前覚えてるか?」
「え?何を?」
「お前に小学校6年生の時に怒られたんだよ。
『タバコ嫌いなんだよ、吸うな!』って。」
「へぇー、そんなことあったんだ。」
「それ以来俺はタバコを吸っていないんだ。」

親父は笑いながら、黙ってグラスに焼酎を注いだ。
俺も黙ってまたタバコに火を付けた。煙が部屋の天井の方へと
流れていく様を見ていた。



318 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:45:49.23 ID:JMWvkSld0
801 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/09/29(金) 17:38:20 ID:DRHaEVsU
子供の頃から両親共働き、今も上京して弟とふたり暮らしなんで
私と弟のご飯を自然と作るようになり10年余り。
けどこの間大けんかした時に「まずい飯しか作らないくせに!」と怒鳴られ…
後で弟がついカッとして言っただけ、本心じゃないって平謝りしてきたけど、
言われてみれば美味いと言われた事が無かった事に気が付いた。

今まで姉なんだから、とか女だからとかいう義務感で作ってたわけで、
美味しいと感じて欲しいとか、喜んで欲しいと思って料理してなかったから、
食べる相手がどう思うかと気になることがなかった自分に、
何だか情けなくなって泣いてしまった。



323 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:49:32.02 ID:JMWvkSld0
420 :大人になった名無しさん :2006/10/06(金) 13:54:47
中学生の頃 一部の男子と上手くいかない時期があって
これ見よがしに何か言われたり掲示物に悪戯されたり
強がってたけど本当は凄く悲しくてもう登校したくないって思った
いじめが原因で自ら命を絶ってしまった子のニュースをぼんやり見ながら
「もし私がこうなったらどうする?」ってなんとなく聞いてしまった。
お母さんは間髪いれずに
「相手の子を殺してしまう」
と言った。いつも優しくてお茶目でお笑い番組のどつきにすら
難色を示す人からそんな暴力的な言葉が出るとは思わなくてビックリして
なんだか解らないけど涙がジワジワ出てきて
「冗談だよ」って無理やり笑顔作ったけど自分の部屋で泣いた。
そんな事一瞬でも考えさせてごめんね。
お母さん大好き。またお母さんの娘に生まれたい。お母さんの娘じゃなかったら
生まれ変らなくていい。長生きしてね お母さん優しすぎるから心配だよ。



325 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:50:59.60 ID:empCgdCy0
中学1年の時、近所の幼馴染の子(2こ年下)がよく遊びに来た。
目当てはスーファミ。オレが遊び飽きた聖剣伝説2を彼女は楽しそうにプレイしてた。
「ここからどう進むの?」「この魔法ってなに?」とか
いちいちうるさいので「自分で考えろや」とか邪険にしてたら
「むぅぅ・・・ケチ(ボソ」とか言い返してきて、
ちょっとむかついたからリセットボタン押してやった。
案の定「酷い・・・酷いよぉ~~わぁああqwせrtyふじこlp」と泣き出したので、
オレは部屋を飛び出して、ちょっと反省。

んで、お中元(?)でもらったカルピスを、氷を目一杯入れたコップに注いで、
冷やした水を加えて、箸で混ぜ混ぜして
彼女に出してやったら「・・・・いいの?」とか言って一気飲みして、
赤い目で鼻水垂らしながら「おいしっ!ありがと!!」とか
調子のいいこといいこと。

彼女の家はかなり貧しい系の家で、
オレは「もう使わないだろう」と思ってたファミコン一式を「やるよ」って言ったんだけど
「いらない・・・うち、テレビ一台だけだし。
家族全員が揃ったときじゃないとテレビつけちゃだめなの・・・」って
すっげー悲しそうな顔して断った。「でも・・・ありがとね!」って笑ってたけど、
しばらくしたら、下を向いて震えてた。
オレは「明日も俺んち来いよ。氷の国の攻略、2コンで手伝ってやるから!」って彼女を誘った。
そしたら「ほんと!? うん、行く行く!絶対行くね!
明日もカルピス出してね~ すっごくおいしかったよ!」って全回復。

翌日、彼女がなかなか来ないもんだから彼女の家までいったら
留守なのか玄関に鍵がかかっていて反応が無い。
しばらく待ったんだけど、結局誰も帰ってこなかった。
彼女のことを好きになってたオレは「絶対行くっていったのに・・・」と失意の中、
怒りを覚えつつ帰宅した。



326 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:51:12.60 ID:JMWvkSld0
>>319

何年か前、スタンフォード病院でボランティアとして勤務していた医者の体験したことです。

彼はエリザベトという難病の女の子を診ていました。
この女の子の病気を治す唯一の方法は、5歳の兄からの輸血しかありませんでした。
兄は同じ病気を奇跡的にも乗り越えて、免疫体を持っていたからです。

医者は、5歳の兄にわけを説明してから、妹に輸血してもよいかどうか尋ねました。
男の子はちょっとためらってから、苦しそうに大きなため息をついて、
「血をあげるよ。エリザベトが助かるのなら!」
と答えました。

その子は妹のベッドのそばに横たわって輸血をしながら、妹の顔色をみて満足そうに
微笑んでいましたが、しばらくすると、だんだんその微笑みが消えて、顔をこわばらせ、
青ざめてきました。そして、震える声で医者に尋ねました。

「……いつ、ぼくは死ぬの?」

男の子は、医者の説明をよく理解していなかったのです。
輸血とは自分の血を全部あげることだと思って、「いいよ」と答えたのでした。
男の子の決死の覚悟が祈りとなって天に通じたのか、手術は成功に終ったそうです。



328 2投稿日:2008/01/05(土) 03:51:31.07 ID:empCgdCy0
帰宅したオレを、かあちゃんが泣きながら出迎えた。
幼馴染の彼女は、駄菓子屋でお菓子を買って俺んちに向かう途中、
交通事故にあい、病院にいると教えられた。
オレは何も考えられなくなって部屋にこもった。
いつの間にか寝てて、気づいたら翌日の朝だった。
部屋を出て、かあちゃんに彼女のことを聞いた。
彼女は深夜、意識が戻らないまま亡くなったらしい。

オレは嗚咽&号泣しながら聖剣をプレイして彼女との約束を果たした。



331 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:54:13.42 ID:JMWvkSld0
206 :佐賀県産業振興センター :2006/10/26(木) 00:00:35 ID:ZU9mCSBV0
>>180
コレ見てたら涙出てきた・・・
今日、ウチの仔猫が死んじゃったんだよ・・・
現実は、厳しいやね・・・動画㌧クス・・・

214 :番組の途中ですが名無しです :2006/10/26(木) 00:12:22 ID:v2dPz4qG0 ?
>>212
おめえの糞猫はな、天国になんか行っちゃいねえよw
無機物に戻ったんだよ。
いや、まだ腐っちゃいねえから今んとこはまだ生ごみかww

そのうち無機物になってな、地に吸収されたり大気中に撒き散らされたり
するんだよw

ほんでお前がもの食ったり息したりする度に、お前のところに帰って来るんだよ。

でも思い出は、ずっとお前の心の中にあるんだよ。

もう寝ろよ、ほんで夢の中で会えよ、お前の糞猫と。



332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:54:49.27 ID:JMWvkSld0
フリーターの末路

10代、20前:適当に暮らしていても、親もまだ現役世代なのでまだまだパラサイト可能。
       夢がある、やりたい事を探しているなどといいつつ、社会人に比べると たいした苦労もなく、
       自由を謳歌した気ままな生活を送る。" 一生フリーターでもいいや "などと豪語する。


↓↓今ここ↓↓
20後~30前:同級生たちは中堅どころ。自分はまだまだ浮草生活。ただ、親が定年退職した頃から
       生活費が苦しいことをリアルに感じ出す。しかし改心していざ職に就こうにも
       年齢制限、職歴なしで全て書類落ち。面接にも漕ぎ着けられない。ようやく現実を知る。
       身分に差がつき始め、恥ずかしくて友人の結婚式や同窓会に出席できなくなる。

30後~40前:社会人の同級生はぼちぼち管理職となり月収も増え、ボーナスの額に一喜一憂するが、
       自分の時給は20代の頃と変わらない。それどころか、体力は衰える一方なのに、
       バイト内容は、相変わらず、単純作業・深夜・立ちっぱなし等の肉体労働。いまだ職歴なし。
       普通の庶民の生活に憧れるが完全に手遅れ。結婚も家庭も諦める。絶望が全身を支配する。

40後~50前 :若いフリーターの方が使えるのでバイトをクビになる。
       いつしか一線を超えてしまい、雨風をしのぐためのビニールシートを購入する。
       服は毎日同じ。プライドを捨て、コンビニ・飲食店の残飯あさりを始める。

50前~60代 :同世代は孫ができ、退職後は退職金やこれまでの貯蓄、年金等で、
       贅沢とは言えないまでも普通の暖かい老後を送る。幸せな普通の人生と言える。
       一方、長年に渡る浮浪者生活で体はボロボロ、あちこちが痛む。しかし健康保険もないので
       病院にも行けない。もちろん国民年金などもらえない。あとは時間の問題にすぎない。



333 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:55:26.68 ID:JMWvkSld0
350 名前: 名無し職人 [sage] 投稿日: 2006/09/23(土) 16:14:05
先日の給料日に、新入り数人に声かけて俺のオゴリで飲みにいこうと誘いかけたんだが、
その内の一人が用事があるからと謝ってきた。
聞くと、給料日は両親と外食してるらしい。更に毎月仕送りもしているんだとか。

「お前、まだ給料だってそんなに貰ってないだろう?若いんだし、もっとやりたい事ないのか?」
と尋ねると
「だって、今のうちから返しはじめないと、親が死ぬ前に返しきれませんから」
と笑顔で答えた。



もう親孝行ができない俺にとって、お前が心底羨ましいよ。



337 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 03:58:00.06 ID:JMWvkSld0
71 名前:名無しさん?[sage] 投稿日:04/08/06(金) 11:58 ID:???
8/6
今日は幼馴染の誕生日
消防の頃から仲が良かった
単車で事故って死んだ
死んでから14回目の誕生日
生きてれば32回目か

仕事から帰ったらアルバムを見ながら酒を飲もう
そう思った昼休み



343 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:04:06.90 ID:q7a/Qm0rO
俺のカーチャンも数あるコピペみたいな体の悪さなんだ。
両親離婚して離れてるからなかなか会いにいけないし、カーチャンと仲が良い姉が言うには二、三か月に一度は入院してるらしい。しかも別の病気やら不調やらで。
でもたまに会いに行くと全然そんな素振り見せないんだよ。少し痩せたぐらいで元気だしガキの頃から変わらないんじゃないかっつーぐらいの世話焼きっぷりだし。

あのさ、こういうカーチャン系見たら何かしなきゃって思うんだよ。でもカーチャンは俺には体調悪かったり入退院繰り返してる事内緒にしてるし、どんな顔して何していいか分かんない…。

涙腺崩壊で感情溢れ過ぎてて日本語になってないけど!マジレスでキモいんだけどさ!!ばーさんより早く死にそうなカーチャンに何かしてやんなきゃって焦ってんだよ……誰か教えてくれ…



346 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:06:46.62 ID:SUdYWAmeO
センターまで2週間ぐらいなのに、年明けてからなぜかやる気が落ちてきてた
今もだらだら夜更かしして携帯からVIP

>>166-169を見て泣いた。目が覚めた。
うちの母親は元気だから、合格通知見せられるようにするわ。
合格通知見せて、毎日ありがとうって言ってみよ。
言えるように勉強はじめるわ

貼ってくれてありがとう



350 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:10:39.19 ID:Iy7q/PLC0
俺にはまだ両親いるもんな
まだ工房のクソガキな上に寮生だからめったに家にいないけど
でも俺将来絶対今みたいな金の無い暮らしとおさらばさせてやるんだ
親父はニュージーランド行きたがってたし
お袋はまあそれなりに満足してるみたいだけど欲の無い人だしな
俺んちは幸せだと思うよ
俺より先にお袋や親父死ぬのかと思うと哀しいから死にたくなるけど残されたらこいつら発狂するだろうから生きててやるんだ
このスレ見ててちょっと下向いてみたら楽譜びしゃびしゃじゃねーかwww
手震えてるしよwwwww
どうしてくれんだwww
親が生きてるうちにこのスレに出会えた事に感謝するよ

文才なくてごめんな



351 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:11:26.22 ID:Z0Ox4oTd0
>>343
あいつらなんて「ありがとう」の一言で簡単に喜ぶぜチョロイwwwwww




言えるうちに言ってくれよ。頼む。



352 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:11:26.90 ID:JMWvkSld0
34 : 可愛い奥様 :03/06/15 21:18 ID:jcw9fpI6
俺の妻はたぶん、日本で一番よくやってる。
家賃引いた額から、切りつめた光熱・通信費引くと
食費で月2万くらい。おれの小遣い1万5000円。
月給日が近づくと、「お小遣いまだある?」ってかならず
何度か聞いてくる。「大丈夫!」「まだちょっとあるよ!」って
答えるんだが、そんな日は1000円札が1枚おれの机に置いてある。
今月はちょびっと使いすぎて今15日だと言うのに俺の財布には
1000円ちょい・・やっぱり「大丈夫?って聞かれて、「うん」と
答えたけど冴えない顔を読まれたのか、奥の方でごそごそしてると
思ったら「はい!これ、最後の千円札!」って笑顔で差し出された。
いつも苦労かけてごめんね・・
夏のボーナスも出ないぽいんだけど、今月のおまえの誕生日には
時計質屋に入れてでもお小遣いあげたいよ・・

ありがとう。妻。



358 1/2投稿日:2008/01/05(土) 04:16:10.88 ID:JMWvkSld0
783 名前:名無しさん 投稿日:04/03/22 01:31
去年の9月に、初めての恋人が事故で死んだ。
高速道路で、トラックにひかれた。即死。
しかも、そいつの誕生日の日に。
遠恋だったから、プレゼントも宅急便で、
「もう宅急便届いたかな?」って携帯にメールしたら、
お兄さんから返事が来て、はじめてその事実を知った。
涙はふしぎと出てこなくって、お葬式の日程をぼんやりきいてた
死んだとは、どうしても思えなくて、死んだ朝も携帯に電話して、
「おはよう」って声を聞いたのになぁって思って。
相手の住んでるところは東京で、自分は三重。
しかも私は工房で、親が東京行きを許してくれなかったけど、
無視していった。後悔するからって思って。
夜行バスにゆられながら、何度も何度も携帯に電話する。もうだれも出ない電話
何度も何度も携帯にメールを打った。もう見ることはできないのに
そして、東京の彼の実家に着いて、お葬式に参列した。
お葬式のあいだも涙はでなかった。やっぱり泣けなかった
ほとぼりが冷めて、彼の家族に「彼の顔が見たい」と言った
向こうはしぶってた。なんでかなぁってちょっと不思議に思ったら、
顔も、体も原型を留めてなかった。それでも愛しいと思えた。
彼を目の前にして、1時間ぐらいぼうっとしてた。どうしても泣けなかった
彼のお兄さんがずっと棺桶の前に立ってる私を無理やりすわらせて、
あったかい缶ココアをさしだしてくれたとき、はじめて泣いた。
湯気がみんな隠してくれると思って、いっぱい泣いた。



360 1/2投稿日:2008/01/05(土) 04:17:17.90 ID:MdEpWfdx0
>>326あった!!!!!!!!!!

あるベトナムの村に宣教師たちの運営する孤児院がありましたが、爆撃を受けてしまいました。
宣教師達と2人の子供達が即死し、その他の者も重傷を負いました。

重傷になったものたちの中でも8才の女の子は最も危ない状態でした。

無線で助けを求めると、しばらくしてアメリカ海軍の医者と看護婦が到着しました。
大量に出血したことにより危ない状態にあり、早く手当をしないと少女は命を落とすことになります。
輸血が必要でした。

しかしどうやってそれを行うことができるというのでしょうか。

言葉が通じないため、ジェスチャーを使って子供達を集め、何がおきていたのかを説明し、
誰かが血液を提供することが必要であることを伝えようとしました。

沈黙の時間がしばらく続いた後、一本の細い腕が恐る恐るあがりました。
ヘングという名の少年でした。



361 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:17:30.38 ID:onODOWF/0
意外とすんなり見付かった。



428 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 15:45
俺の近所に住んでた爺さんの話。

一人暮らしだった爺さんは子供好きで、ちっちゃい頃の俺もよく遊んでもらってた。
ある時、爺さんの家で見た暴れん坊将軍(だったと思う)の1シーンで
老中と主役が「じい」「若」と呼び合うのを二人で真似して
俺「じい!今日も遊びに来たぞ。」
爺「若、よくぞいらっしゃいました。」
なんて呼び合って遊んでいた。
そんな関係は俺が他県の大学に進学するまで延々と続いていた。



362 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:17:50.99 ID:onODOWF/0
卒業後に実家に戻ってきたらなんと「じい」が脳卒中やって入院中だという。
さっそく見舞いに行ってみたら「じい」はたくさんの管に繋がれてベッドに横たわっていた。
看護士の話では外界からの刺激にはなんの反応も示さない状態だと言う。
俺は「じい」に呼びかけてみた。
「じい、俺だぞ。覚えてるか?」
ダメもとのつもりだった。・・・が、次の瞬間、閉じられていた「じい」の目がカッと見開き
そして今まで昏睡してたとは思えないようなハッキリとした声で喋った。

      「若、ご立派になられましたな。」

もう意識が戻ることはないと聞かされていた俺、そしてソレを言った当の本人である看護士。
二人して悲鳴をあげるほどビックリした。付き添いで来ていたオカンなどは腰を抜かしたほどである。
直ちに医師が呼ばれ「じい」の意識回復の検査が行われたが、その頃には再び「じい」の目は閉じられていた。
そして結局、それっきり目覚めることのないまま半月後、「じい」は永遠の眠りについてしまったのだった。

後に医師から聞かされた話なのだが、「じい」が脳に負った障害は重く、そこから意識が回復した例は
聞いたことがない、というかまずあり得ないということであった。
だがあの場にいた俺は、オカンは、看護士は、確かにその《あり得ない事態》を見た。そして聞いたのだ。
「アンタに会うために目を覚ましたんだろうね。」 とは腰を抜かしてたオカンの談である。
そして「じい」の残してくれた言葉に恥じぬようになろうと心に誓ったものの
結局こんな時間から2chに入り浸ってるような、天国の「じい」に申し訳ない俺なのであった。



363 2/2投稿日:2008/01/05(土) 04:18:07.76 ID:MdEpWfdx0
急いで少年の準備をすると、苦しむ少女の隣に寝かせ、輸血ようの管をとりつけました。
少年は黙ったまま天井をじっと見つめていました。

しばらくすると、少年は自由になっている手で顔を覆うと、しゃくりあげるように泣いているのでした。
医師がどこか痛いのかと尋ねるとそうではないようでした。


しかし、しばらくするとまた、しゃくりあげ、今度は大粒の涙をこぼしていました。
医師は気になり、再び尋ねましたが、またもや彼は否定しました。

ときどきしゃくりあげていたのが、やがて静かに泣き出しました。
明らかに何かが間違っているようでした。

すると別の村からベトナム人の看護婦が現れました。
医師はその看護婦にヘングに何が起きたのか尋ねてくれるように頼みました。

すると少年の苦しそうな表情はゆるみ、しばらくすると彼の顔は再び平静を取り戻しました。
すると看護婦はアメリカ人の医師達に説明しました。

「彼はもう自分が死ぬのかと思っていたんです。あなた達が説明したことを理解しておらず、少女を助けるため、全ての
血液を提供しなければいけないと思ったようです。」

すると医師はベトナム人看護婦の助けを借り、少年にきいてみました。

「そうであればどうしてあなたは血液を提供しようと決心したんですか。」
すると少年は単純に応えました。


「あの子はぼくの友達なんです。」



364 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:18:36.81 ID:MdEpWfdx0
3年前の話。
当時、金融屋をやっていたんだけど<裏金>その年の夏。
いつものように追い込みかけに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど
子供が2人置いてかれてた。
5歳と3歳。<上は男の子、下は女の子
俺はまだペーペーで、周りの兄さんらと違って顔も怖くなかったらしく
家に行ったときすぐに下の子になつかれた。
ボロボロの服で風呂にも入ってなくて、「いつから親はいないんだ?」って
聞いても答えない。
「何食ってたんだ?」って聞いたら、上の子は下をむいて泣いた。
下の子が「こっち」って手を引いて裏庭に俺をつれていった。
破れた金網を通ってでたところは、小学校の裏庭だった。
「あのね、みーちゃんこれ食べたの」って池を指す。
嫌な予感がした。
だってさ、その池って金魚がウヨウヨ泳いでるんだよ・・・。
2人を抱きかかえて家に戻ると、テーブルに小さいボウルと茶碗。
「お前ら・・・金魚食ってたのか・・・」って聞いたら「・・・うん」
すっげーやるせなくて涙がでて、俺もその場にいた兄さんらも泣いた。
すぐに兄さんがたくさん食べ物と洋服を買ってきた。
近くの銭湯で体を洗ってやった。
その後、俺らじゃどうしようもないから施設に連絡をいれた。
連れていかれる時に「お兄ちゃんありがとう」っていってた。
・・・全然ありがとうじゃねーよ・・・俺たちがお前らの親を追いつめたのに。
俺を含めて何人かは、この後仕事を抜けた。
ただ、救われたのは、こいつらの親がきちんと出てきた事だった。



366 1/2投稿日:2008/01/05(土) 04:19:31.56 ID:MdEpWfdx0
私には、兄がいました。
3つ年上の兄は、妹想いの優しい兄でした。
ドラクエ3を兄と一緒にやってました。(見てました。)
勇者が兄で、僧侶が私。遊び人はペットの猫の名前にしました。
バランスの悪い3人パーティ。兄はとっても強かった。
苦労しながらコツコツすすめた、ドラクエ3。おもしろかった。
たしか、砂漠でピラミッドがあった場所だったと思います。
とても、強かったので、大苦戦してました。



368 2/2投稿日:2008/01/05(土) 04:19:40.98 ID:MdEpWfdx0
ある日、兄が友人と野球にいくときに、私にいいました。
「レベ上げだけやってていいよ。でも先には進めるなよ。」
私は、いっつもみてるだけで、よくわからなかったけど、
なんだか、とてもうれしかったのを覚えてます。
そして、その言葉が、兄の最後の言葉になりました。
葬式の日、父は、兄の大事にしてたものを棺おけにいれようとしたのを覚えてます。
お気に入りの服。グローブ。セイントクロス。そして、ドラクエ3。
でも、私は、ドラクエ3をいれないでって、もらいました。
だって、兄から、レベ上げを頼まれてたから。

私は、くる日もくる日も時間を見つけては、砂漠でレベ上げをしてました。
ドラクエ3の中には、兄が生きてたからです。
そして、なんとなく、強くなったら、ひょっこり兄が戻ってくると思ってたかもしれません。
兄は、とっても強くなりました。とっても強い魔法で、全部倒してしまうのです。

それから、しばらくして、ドラクエ3の冒険の書が消えてしまいました。

その時、初めて私は、泣きました。 ずっとずっと、母の近くで泣きました。
お兄ちゃんが死んじゃった。やっと、実感できました。

今では、前へ進むきっかけをくれた、冒険の書が消えたことを、感謝しています。



369 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:20:26.86 ID:MdEpWfdx0
中学校1年のときのこと

授業中に隣の席の女の子がおしっこ漏らしていました

女の子の席は一番後ろのはじだったので他には誰も気がついてない様子

僕はおもむろに席を立って無言で廊下へ
先生が後から追いかけてきたけど無視して手洗い場でバケツに水を汲むと教室に戻り
その女の子にぶっかけました

教室中大騒ぎになり、学校に両方の親まで呼ばれました
うちの親は相手の親に平謝り

なぜそんなことをしたのか問い詰められましたが
僕は結局最後まで口を割りませんでした

家に帰る途中で女の子が事実を親に話したらしく
お礼を言いにうちまで来ていました

時は過ぎて今その女の子は僕の奥さんです



372 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:22:12.18 ID:MdEpWfdx0
この前飼い猫が病気になったんですよ、末期のね。
で、生まれて初めてペットロスを経験したわけですわ。正直最初はペットロスって軽いもんだと思ってたのよ。動物飼いならみんな普通に経験してるからさ。
あのね、俺が間違ってた。あれは人が経験するもんじゃない。冷血人間だね、冷血人間だけが耐えられるものだよ。
最初に「安楽死承諾書」出された時さ、めちゃめちゃびびってペンそろ~って持ってそろ~っと名前書いたのよ。10秒くらいかけてさ。でなんか怖くなって消すどころか承諾書破り捨てちゃったのさ。
そしたら飼い猫がさ「苦しいよ」とか目で訴えてくるの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だから名前書いたのさ。えぇ、そりゃもう書きましたとも。全てを忘れて書いたよ。家に迷い込んできた時のヤツの心もとないほどガリガリだった体とか、
初めて膝で寝てくれたときにホントに嬉しかった事とか、エサをねだる時の愛らしい顔とか色々思い浮かんでくるのを頭から振り払ってね。
だってヤツが苦しいって訴えてたからね。
そしてらエライ事になった。
もうすごい即死。そして俺のすごい涙。幅3cmくらい。昔の漫画だけど星飛雄馬やはだしのゲンにも負けない。
それで横見たら飼い猫がすごい安らかな顔を俺の方に向けてんの。ホントごめんなさい。
正直「飼い主なら苦しみから救ってやるのが義務だぜ!」なんて見栄張らないで素直に最後まで悪あがきしてやればよかった、せめて自然に任せて死なせてやればよかったと思ったよ。
心の底から承諾書にサインした事を後悔したね。
でも埋葬が終わって友達に「猫はさっさと死んじまうな!これだから猫は。今度は長生きするカメでも飼うか」とか言っちゃてんの。
ホント俺ってダメ人間。
誰か助けて下さい。・゚・(ノД`)・゚・。



373 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:22:29.78 ID:MdEpWfdx0
この前病気になったんですよ、末期のね。
で、生まれて初めて飼い主との別れを経験したわけですわ。正直最初は別れって簡単なもんだと思ってたのよ。野良猫時代は普通のことだったからさ。
あのね、俺が間違ってた。あれは猫が経験するもんじゃない。冷血動物だね、は虫類だけが耐えられるものだよ。
最初に動物病院に入った時さ、めちゃめちゃ痛くて脚そろ~って動かしてそろ~っと尻尾ひきずったのよ。10秒くらいかけてさ。でなんか体が動かなくなって診療台の上でへたりこんじゃったのさ。
そしたら飼い主がさ「苦しいのか」とか目で訴えてくるの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だからニャーンて鳴いたのさ。えぇ、そりゃもう鳴きましたとも。全てを忘れて鳴いたよ。家に迷い込んだ時のヤツの暖かいまなざしとか、
初めて膝で寝たときにホントに気持ちよかった事とか、エサをくれる時の呼び声とか色々思い浮かんでくるのを頭から振り払ってね。
だって長引くと飼い主がつらいだろうって思ったからね。
そしてらエライ事になった。
もうすごい即死。そして飼い主のすごい涙。幅3cmくらい。昔の漫画だけど星飛雄馬やはだしのゲンにも負けない。
それで横見たら飼い主がすごい悲しそうな顔を俺の方に向けてんの。ホントごめんなさい。
正直「飼い主を苦しみから救ってやるのが義務だぜ!」なんて見栄張らないで素直に最後まで悪あがきしてやればよかった、せめて自然に任せて死ねばよかったと思ったよ。
心の底から承諾書にサインさせた事を後悔したね。
でも埋葬が終わって天国で「飼い主って寿命ありすぎるよな!これだから人間は。今度は長生きするカメにでも生まれるか」とか言っちゃてんの。
ホント俺ってダメ猫。
…もう泣かないで下さい。



374 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:22:56.26 ID:MdEpWfdx0
俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。

それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにグレた。
親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。
俺、親父のエロビデオとかかな?なんて思って見てみた。
そしたら・・・
病室のベットの上にお母さんがうつってた。
『〇〇ちゃん二十歳のお誕生日おめでと。なにも買ってあげれなくてゴメンね。
お母さんがいなくても、〇〇ちゃんは強い子になってるでしょうね。
今頃、大学生になってるのかな?もしかして結婚してたりしてね・・・』
10分くらいのビデオテープだった。

俺、泣いた、本気で泣いた。
次ぎの瞬間、親父の髭剃りでパンチパーマ全部剃った。
みんなにバカにされるくらい勉強した。
俺が一浪だけどマーチに合格した時、
親父、まるで俺が東大にでも受かったかのように泣きながら親戚に電話してた。

そんで、二十歳の誕生日に、案の定、親父が俺にテープを渡してきた。
また、よく見てみたら。
ビデオを撮ってる親父の泣き声が聞こえてた。
お母さんは、笑いながら『情けないわねぇ』なんて言ってるんだ。
俺また泣いちゃったよ。
父親も辛かったんだろうな、
親父にそのこと言ったら、知らねーよなんて言ってたけど、
就職決まった時、
親父が『これでお母さんに怒られなくて済むよ』なんていってた。

俺このビデオテープがあったからまっとうに生きられてる。



377 1/2投稿日:2008/01/05(土) 04:23:48.27 ID:JMWvkSld0
605 水先案名無い人 sage 03/10/12 01:00 ID:q8tYxxW2
ヤバイ。私ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。 私ヤバイ。
まず恋人に先立たれた。もうフライングなんてもんじゃない。 超悲しい。
先立たれたとか言っても、
「病気で亡くなったの?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ交通事故。最悪!なんかもう、私感情とかないの。
悲しいとか怒りとかを超越してる。とにかく無気力だし超激鬱。
しかも、ひき逃げだった。ヤバイよ、ひき逃げだよ。
だって普通、良心のある人ならひき逃げとかしないじゃん。
だって、自分からぶつかってきて逃げて、相手の怪我がだんだん酷くなっていったら困るじゃん。
ひき逃げされた私の彼氏がかわいそうっしょ。
けががだんだん酷くなって、事故後1分後には少し意識があったのに、
5分たったら意識がなくなってたら泣くっしょ。
だから、ふつうの人は人をひき逃げしたりなんかしない。当然の話だ。
けど、あのひき逃げした奴はヤバイ。そんなの気にしない。
ひき逃げしまくり。
たぶん最も親しかった私が彼のなくなった後の顔を直視できないくらい轢いた。ヤバすぎ。
先立たれたっていったけど、もしかしたらまだ先立たれてないかもしれない。
でも、先立たれてないってことになると、
「じゃぁ、いつまでもメッセオンラインにならないのはナニよ?
携帯に電話やメールしても反応ないのはナニよ?」
ってことになるし、そんなことみんなわかってる。悲しい。
みんなわかってるなんて悲しすぎる。
あと超約束やぶられた。超予定ガラガラ。
近かった予定でいうと彼の誕生日。悲しい。
すごく悩んで買ったプレゼントを渡す3日前に私の前からいなくなった。悲しい。
それに超私何もなくなった。超ひきこもり。それに超自暴自棄。
「死にたい」「戻ってきて」とか平気ででてくる。
「死にたい」て。小学生でも言わねぇよ、最近。



378 2/2投稿日:2008/01/05(土) 04:24:08.82 ID:JMWvkSld0
606 水先案名無い人 sage 03/10/12 01:00 ID:q8tYxxW2
なんつっても彼は私の中での存在感がすごい。
いなくなったとか私ぜんぜん平気じゃないし。
私なんてちょっとへこんだりとか怒られたとかだけでうまく人に愚痴って処理できないから、
彼にわがまま言ってみたり、甘えてみたり、愚痴聞いてもらったりしてたけど、
今はその彼がいない。ぜんぜん平気じゃない。
彼がいないという事実を彼がいない事実のまま扱えていない。悲しい。ヤバイ。
とにかく貴様ら、私のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなダメな私をちょっとでも好きだと思ってくれていた彼とか超えらい。
めっちゃ大好き。帰ってきて。。。



379 1/3投稿日:2008/01/05(土) 04:25:38.87 ID:MdEpWfdx0
Saga2は思い出のソフトなんだ……今でもよく思いだしては切なくなってます。

俺さ、産まれた時から酷い小児喘息だったのよ。
夜中にかーちゃん起こして病院連れてってもらうなんてしょっちゅうだったし、
小学校あがって更に病状が悪くなって。もちろん体育なんかでれないし、
みんなと外で遊ぶ事すらできなかった。

んで、小五になってからほぼ毎日病院行って吸入するくらいまで悪化しちゃって、
そのまま3週間入院する事になって。。。

んでね、そん時4人部屋の病室だったんだけど
二人はおばあちゃんとおじさん、んでもう一人は俺と同い年くらいの女の子だった。
俺、昔からすげぇ人見知りが激しい上に物凄い照れ屋で、なかなかその同室の人達と仲良くなれないで
一人で勉強してるかゲームボーイやってるかだったのよ。
そん時家から持ってきたソフトが「Saga2」で、もう一回クリアしたやつだったんだけど
ヒマだしもっかいやるかな、って毎日やってたワケさ。



381 2/3投稿日:2008/01/05(土) 04:26:28.78 ID:MdEpWfdx0
んで入院して一週間立った頃、俺がゲームボーイやってる時は
なんかその同室の女の子がじーっとこっち見てる事に気づいたんよ。俺が彼女の方みると慌てて目逸らすんだけどね。
もしかしてやってみたいのかな?と思って、「良かったらコレ借そうか?」って聞いたのよ。
そしたら目ぇ輝かせて「いいの?」っていうもんだから、「もう飽きたからな」とか照れ隠しして借してあげたさ。

でも案の定操作が分からないらしく、画面とずっとにらめっこしてるもんだから
俺が操作教えながら一緒にゲーム進めることにしたんよ。
パーティーは人間・男の主人公「リョータ(俺の名前)」で、仲間は人間・女「さやか(彼女の名前)」
あとはエスパーガールとロボットにそれぞれ同室のばあちゃんとおじさんの名前つけたっけ。

それからどんどんそのコと仲良くなって、二人でゲームボーイやるだけじゃなく、色んな話もするようになった。
学校の事、家族の事、好きな音楽の事、近くに迫った夏休みの事…

それからの時間はあっという間だった。すぐに俺が退院する時がやってきた。
看護婦や同室のおじさん、ばあちゃん達が口々に「おめでとう」って言ってくれてる中
彼女だけ泣いてた。それ見て俺も泣きそうになったさ。でもグッと堪えて
「オマエ退院するまでコレ借してやるよ。退院したら連絡くれよな」ってそのままゲームボーイとSaga2置いていったのよ。

「遠い所にいった」とかうまくはぐらかされたけど、俺も小6だったし、そこまでバカじゃない。
その場の空気や後ろの看護婦が泣き出したのを見ても明らかだった。
俺がショック状態で呆然としてる中、その看護婦が
「ああ、そういえばさやかちゃんから、リョータ君が来たら渡しといて、って言われた物があるのよ」
と言って俺にそれを渡してくれた。借してあげたゲームボーイとSaga2だった。



383 3/3投稿日:2008/01/05(土) 04:27:15.13 ID:MdEpWfdx0
俺はそれを受けとって家に帰った。

帰るなりメシも食わないで、暗い自分の部屋でゲームボーイのスイッチを入れた。
懐かしいあのOPの音楽。それと一緒にでてくるロード画面。

一つは彼女と俺が一緒にプレイしたデータ。あの時からほとんど変わってない。
懐かしさと悲しさで胸がいっぱいになった。

もう一つのデータはやたらレベルの低いデータだった。
最初から始めてすぐ飽きたんかな?と思ってそのデータをロードしてみた。

パーティー四人の名前がこうなっていた。



「リョータ」

「いろいろ」

「ありがと」

「バイバイ」

…今でもSaga2のOPの曲を聞くと涙が出るよ。
お見舞行ってあげられなくてゴメンな…。



386 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:30:19.14 ID:tOBbrs+2O
72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/11/28(水) 13:50:38.33 ID:kDYoP4Sd0
923 :Mr.名無しさん :04/10/28 19:56:58
11年前の8月1日の俺へ

こんにちは。11年後の君です。
儲け話いっぱい知ってるし、彼女になる女の子も知ってます。
でも君には教えてあげません。その代わりもっと大事な事教えてあげます。
明日、君の弟死にます。高3なのにくも膜下出血なんてジジィみたいな死にかたで
風呂の中に浮いてます。まあ今の時点で避けられないだろうから、
せめて君が最初に見つけなさい。母さんを第一発見者にするな。

あとせめて弟に言ってあげなさい「俺もイケメソでモテモテのお前が自慢だ」って。
君の弟は「俺はバカだけど俺の兄貴は大学生でこの後大学院行くんだぜ!」
って無邪気に自慢していたことを、葬式に来た弟の友だちに知らされます。
君は内心弟を恥じていますね?バカな弟と。でもバカは君の方です。
避けられない別れなら、せめて弟に言ってあげなさい。
「お前は俺にとって自慢の弟だ」と。



388 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:35:50.59 ID:empCgdCy0
友人達と四人で汽車に乗った時のこと。
その時の車両の座席は、通常全席が汽車の進行方向を向いているものを
回転させる事で四人が向かい合っても座れるような仕組みのものだった。
どうせなら皆一緒に座ろうと友人が座席を回転させると、
座席と一緒に新聞を持ったおっさんが回転しながら現れた。
友人はそのままその椅子を回転させ、
おっさんは再び回転しながら元の位置に戻っていった。




389 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:35:54.14 ID:DSup4Bu+0
見つかった ほほえましい系かね

中学の時、英語の辞書忘れたから近くの女子のを共同で使わせてもらった。
家も近所だし気さくで話しやすいやつだったもんで、
彼女が見てない隙に、ふざけてその辞書の「vagina」の項を○で囲んでやった。
…あれから10年以上が経ち、そんな事ずっと忘れてた。
盆休みで実家に帰省して仕事の整理をしてた時の事。
英語の辞書が必要になって、中学時代のを探し出して使った。
そしたら憶えの無い落書きをみつけた。
「penis」が○で囲んであって余白に「お返しだバーカ昼休みに図書室で待つ」と書いてある。
それで思い出した。
あの時あたりからだったか、彼女は昼休みになると真っ先に教室から出て行くようになった。
俺は「委員長だか知らないけど忙しいんだなぁ」なんて思ってた。
中学最後の昼休みも、彼女は教室にいなかったっけ…。
で、嫁にそれ見せたら顔真っ赤にして「今頃みつけるな!」だって。
ごめんな魅音・・・・。



390 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:38:44.99 ID:JMWvkSld0
558 名前: 1/4 投稿日: 03/04/12 02:59 ID:yXfW0hhy
この前妻に先立たれたんですよ、この前と言っても随分前だけどね。
で、生まれて初めて一人で乳児を育て始めたわけですわ。正直最初は乳児を育てるのって簡単だと思ってたのよ。みんな普通に育児してるからさ。
あのね、俺が間違ってた。あれは男一人でやるもんじゃない。女性だね、お母さんが愛情込めてやるものだよ。
最初に寝かせつける時さ、めちゃめちゃびびってお腹そろ~ってさすって頭そろ~っと撫でたのよ。
10秒くらいかけてさ。でなんか怖くなって手を止めちゃったのさ。
そしたら娘がさ「もっと撫でて!」って感じでぐずるの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だからお腹トントンしたのさ。えぇ、そりゃもうトントンしましたとも。全てを忘れてトントンしたよ。
ちょっと強すぎるんじゃないか、とか実はそろそろミルクやる時間だとかオムツも確かめないといけない事とか色々忘れてね。
だって娘が撫でろって言ったからね。
そしたらエライ事になった。
もうすごい号泣。すごい喧しさ。耳元でシンバル鳴らされたくらい。空港の隣に住んでる人でもきっと驚く。
それで横見たら娘がすごい勢いで俺の事見てんの。ホントごめんなさい。
正直「男なら女房の忘れ形見くらい一人で育てるぜ!」なんて見栄張らないで素直に娘と一緒に妻の後を追えばよかったと思ったよ。
心の底から一人で育てると決めた事を後悔して今後の事を不安に思ったね。
でも会社行って同僚に「赤ん坊の世話なんて簡単だな!専業主婦なんてただの暇人だよ。」とか言っちゃってんの。
ホント俺ってダメ人間。
誰か助けて下さい。



391 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:39:16.00 ID:JMWvkSld0
559 :2/4 :03/04/12 03:00 ID:yXfW0hhy
この前娘の尻に赤い染み見つけたんですよ、初めてね。
で、生まれて初めて娘の初潮に気付いたわけですわ。正直最初はそんなの簡単だと思ってたのよ。みんな普通に気付いてるからさ。
あのね、俺が間違ってた。あれは男親が処理するもんじゃない。女性だね、母親でなくてもいいからとにかく女性がやるものだよ。
最初に娘に知らせる時さ、めちゃめちゃ怯んで娘の肩そろ~って叩いて「あのさ」って静かに囁いたのよ。
10秒くらいかけてさ。でなんか言いにくくなって下向いちゃったのさ。
そしたら娘が俺の視線に気付いてさ「もっと早く言ってよ!」とか怒るの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だから謝って生理用品買いに行ったのさ。えぇ、そりゃもう買いましたとも。全てを忘れて買ったよ。
俺は結構ごつい外見してる事とかレジのお姉さんが結構若くて綺麗な事とか夜用と昼用がある事とか色々忘れてね。
だって娘が家で恥ずかしがりながら俺を待ってたからね。
そしたらエライ事になった。
もうすごい血まみれのゴミ箱。すごい血まみれ。俺の方が貧血になるくらい。 赤ん坊一人の血の量くらいあるかもしれなかった。
それで横見たら娘がすごい勢いで俺の事睨んでるの。ホント頼むから紙に包んで捨てなさい。
正直「男ならなんでも対応できるぜ!」なんて見栄張らないで素直に職場の若い子とかに聞いておけばよかったと思ったよ。
心の底から一人でパニクった事を後悔したね。
でも会社出て友達に話した時に「娘もこれで一人前だな!欲情すんなよ」とか言われて顔で笑って腹で密かにむかついてんの。
ホント俺ってダメ人間。
これから思春期迎える娘、俺一人で平気なのかなぁ。



392 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:39:54.21 ID:JMWvkSld0
560 :3/4 :03/04/12 03:00 ID:yXfW0hhy
この前娘が大学受けたんですよ、初めてね。
で、生まれて初めて娘の合格発表を迎えたわけですわ。正直最初は合格発表見に行った娘の電話待つのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通に待ってるからさ。
あのね、俺が間違ってた。あれは普通の親が待つもんじゃない。裏口入学者の親だね、合格確実な親だけが安心して待てるものだよ。
最初に受話器上げる時さ、めちゃめちゃびびって受話器そろ~って握ってそのままそろ~っと耳に当てたのよ。
10秒くらいかけてさ。でなんか怖くなって戻そうとしちゃったのさ。
そしたら電話の向こうで娘がさ「ちょっとお父さん聞いて!」とか言ってんの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だから「どうだった?」って聞いたのさ。えぇ、そりゃもう聞きましたとも。全てを忘れて聞いたよ。
高1の時から決めてた第一志望だとか強気な娘は滑り止め受けてないとか…受かってたら彼女は一人暮らしを始めると決まってる事とか色々忘れてね。
だって娘が聞けって言ったからね。
そしたらエライ事になった。
もうすごい合格。すごい「サクラサク」。満開過ぎて涙出てくるくらい。遠山の金さんなら肌色が見えなくなってる。
それで横見たら鏡の中の俺がすごい勢いで涙こらえてんの。ホントごめんなさい。
正直「いい父親なら娘との距離は適度にとるべきだぜ!」なんて見栄張らないで素直にもっともっといろんな話をしときゃよかったと思ったよ。
心の底から娘との会話が減っていた日頃の自分を恨んだね。
でも妻の実家言って義理の両親に「これで一段落ですよ!これからは少しは一人の人生楽しもうかな。」とか言っちゃってんの。
ホント俺ってダメ人間。
娘よ、たまには帰ってきて下さい。



393 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:40:28.58 ID:JMWvkSld0
561 :4/4 :03/04/12 03:01 ID:yXfW0hhy
この前娘の結婚式に出たんですよ、初めてね。
で、生まれて初めて娘と腕を組んでバージンロードを歩いたわけですわ。正直最初はバージンロード歩くのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通に歩いてるからさ。
あのね、俺が間違ってた。あれは父親が歩くとこじゃない。新郎だね、どうせ連れてっちゃうなら最初から新郎が腕組んで歩けばいいんだよ。
最初に歩き始める時さ、めちゃめちゃびびって右足そろ~って踏み出して左足そろ~っと揃えたのよ。
10秒くらいかけてさ。でなんか不安になって娘の方見たのさ。
そしたら娘がさ「お父さんしっかりして!ロボットみたいだよ」とか言うの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だから堂々と歩いたのさ。えぇ、そりゃもう歩きましたとも。全てを忘れて歩いたよ。
娘のドレス姿が眩しすぎるとか今からでも回り右してやりたいとか時折励ますように娘が組んでる手に力を入れてくるとか色々忘れてね。
だって娘がしっかりしろって言ったからね。
そんで新郎のとこに辿り着いたらエライ事になった。
もうすごいキス。すごい突然頬にキス。しかも「私からの最後っ屁じゃ!」って囁きながら。何だよ、それ。俺を泣かせたいのか、笑わせたいのか、泣いてやるよ。
それで横見たら新郎がすごい神妙な顔で俺の事見てんの。ホント幸せにしないとぶっ殺す。
正直「男なら余裕持って娘を送り出すぜ!」なんて見栄張らないで素直に新郎を10発くらいぶん殴りゃよかったと思ったよ。
心の底から笑顔で送り出した事を後悔したね。
でも式場出て娘に「お前の世話も大変だったよ!これからしばらくはお母さんとの思い出に浸るぜ。」とか言っちゃってんの。

「お母さん」でいてくれた時間が短すぎて名前で呼んだ事の方が多かったな、翠。
僕はいつも君と一緒にあの子を育ててきたつもりだ。
もう何年かしたら胸を張って君に会いに行きます。誉めて下さい。



394 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:41:35.45 ID:JMWvkSld0
ちょっと泣けた夜だったんで書いてみます。

今日は結婚記念日でカミさんと外食した。

レストランはそこそこに混んでいてガヤガヤうるさかった。
特に隣の家族がうるさくって、カミさんとちょっと顔を見合わせて苦笑いをしたぐらいだった。

父親が子供にいろいろ質問しては笑い、っていうのがえんえん続いてこっちもうんざりしてた。
しかも、その父親がやたらと大きく咳き込むので実際鬱陶しかった。

しばらくすると、ウチのカミさんがその家族の父親を見て、「ちょっとあのお父さん見て」と 言うので、
見つめるのも失礼なので向いの鏡越しに彼の後姿をみてみた。

咳き込むたびに ハンカチを口に当てていて、それをポケットにしまうのが見えた。
ハンカチは血だらけだった。
咳き込んだあとは赤ワインを口に含んで子供たちにばれないよう大声で笑いごまかしていた。

向いに座っていた彼の奥さんは笑っていたが、今にも泣きそうな顔をしていた。
奥さんはどうやら事情を知っているみたいだった。
その父親が何らかの重い病気なのは明らかだった。
うちのカミさんはちょっともらい涙していた。

帰りに俺は無神経にも「今日はなんか暗い結婚記念日になっちゃったな。台無しだよな」 とカミさんにいった。

カミさんはちょっと沈黙を置いて、
「かっこよかったじゃんあのお父さん。ああいうお父さんになってね」
って涙声で俺に言った。俺もちょっと泣いた。



396 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:43:50.05 ID:JMWvkSld0
俺も父親とは仲が悪かった。
色々理由はあったが、ほぼ物心ついた時から折り合いが悪く、ほぼ毎日のように、>>1みたいな嫌味の言い合いだった。
あまりにも居心地が悪いので、大学入学とともにバイトをはじめ、半ば無理やり一人暮らしをはじめた。
その後実家への帰省は年に1度あるかないか・・・その時もほとんど口をきいたことはない。

ようやく自分も結婚相手が決まった年のある日、嫁と買い物に行った。
酒屋に行って気に入っている日本酒の小瓶を買っていると、もう一本嫁が持って来た。
「別に飲み終わったら、また買いにくればいいじゃん」
「お義父さまにあげるのよ。父の日近いでしょ」
「うちには誕生日とか父の日とかに何かする習慣はなかったよ」
そう言ってみたが、まあいいかと思って一緒に清算した。

ある晩、実家から電話がかかってきた。
居間にいた嫁がとり、いつものようにそのまま長話(父は嫁を気に入っていて、嫁は電話が好きだ)していたが、
「しばらく話していて」と子機を渡しに来た。話してみるとだいぶ酔っ払っている。
「この酒はなかなかうまい」
「○○(嫁の名前)が買うと言ったんだ」
「うん。お前の好きな酒だってな」
「ああ」
「なかなかうまい」
「わかった。けど、あまり飲みすぎないように。」
そう言って切ろうとしたら、嫁がお銚子とお猪口を持ってきて、
結局父親がその酒の小瓶を飲み終わるまで、嫁と2人で付き合うことになった。
酔っ払った父親は「うまい」「なかなかうまい」と何度言ったかわからない。というよりも、ほとんどそればかり言っていた。
ようやく飲み終わると最後に「ありがとう」と言って電話を切った。
何だか俺は妙な気分になり、しばらく嫁に泣かせてもらった。



397 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:46:04.98 ID:JMWvkSld0
516 :おさかなくわえた名無しさん :03/08/11 15:51 ID:igdzCCVj
ちょっと頑固な親父のいるラーメン屋で。
最近の名店ってやつは「俺はラーメンの達人だ」みたいな客が多くて、
異様に静かでさ、みんな眉間にしわを寄せちゃったりしてるんだよね。

で、ムスっとした顔の親父とラーメン道達人みたいな客の殺伐とした中に、
ちょっと不似合いな小学校低学年くらいの少年とその親父が入ってきた。

で、その少年、一口ラーメンを食った瞬間
「美味しい!すげぇ美味しい!」と。

それからも夢中になってラーメンをすすっちゃあ
「俺、しあわせだぁ~」。

初めは「うっせぇな」くらいしか思ってなかったんだけど、
なんか俺のラーメンまで美味い気がしてきた。
いつもなら客の私語を平気で怒鳴りつける店主も、
なぜかソイツには何も言わない。

で、最後までがっつくように食ってた少年、
最後に店を出る時に店主に一礼して
「とっても美味しかったです!ごちそうさまでした」と出て行った。

店の外から
「俺、この味一生忘れないよ!」
と興奮した声が聞こえた時、頑固店主がニヤリとしたのを俺は見逃さなかった。

その日のラーメンは俺にとっても最高に美味いラーメンだった。
素直な感性に触れて、世の中まだまだ捨てたもんじゃないな、と思った



398 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:46:33.54 ID:wsvyGbzBO
俺、小学校低学年の頃よく母ちゃんに「姉ちゃんが欲しい」って言ってたんだ。
当然そんなのは無理なわけなので、母ちゃん苦笑い。
というのを去年のクリスマスに親戚などの集まりで話してた。
ハハハと親戚一同が笑ってて俺は恥ずかしさのあまりハニカミ王子になってたんだ。
すると、全く笑ってなかった妹(16)が小さく呟いた。
「だから『姉、ちゃんとしよ』ってのがあったんか」
親戚達は聞こえてなかったようなのが唯一の救いだった。
その後、妹は一人黙ってダイエットコークを飲んでいたのが印象的だった。
それ以降記憶がありません。


コピペじゃない実体験はスレチかな?ただ、泣きたくなったんだ。



400 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:47:12.75 ID:JMWvkSld0
110 :おさかなくわえた名無しさん :04/04/02 13:14 ID:nwD4Dris
飲みすぎて終電間際で帰ってきたときのこと。
駅から家まで遠いので、バスに乗ろうとしたがそのバスさえもうない。
仕方がないからタクシーで、と思い道まで出ると、外はすごい雨。
屋内にいたから全然気づかなかったわけなんですが。

土砂降りの中、手をあげてる小娘に止まってくれるタクシーは一台もない。
酔ってるのもあるし、寒いし、どうしようどうしようと半泣きでいると、
2人組の強面のおじさんに、なにかを押し付けられた。

「ほら、これやるから」

びっくりして見ると、ビニ傘なんて足元にも及ばない、しっかりしたいい傘。
突然のことにアホみたいな顔してる私を尻目に、
2人はそのまま走り去って行ってしまった。
きちんと、ありがとうございますって言えなかったのが今でも悔やまれるよ。
傘をさしたら、タクシーは簡単につかまった。

おじさん、あのときはありがとう。
あの傘、いつでも帰せるようにしまってあるよ。



402 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:48:52.59 ID:JMWvkSld0
164 おさかなくわえた名無しさん 2007/04/07(土) 22:29:32 ID:EPmCwa0E
自宅の前の道で姪っ子とバドミントンしてたら
シャトルが家のひさしの上に乗ってしまい、取れなくなってしまった。
姪はショボーンな顔になっちゃうし、なんとかしなきゃと焦ってたら
道の向かいの工事現場から、脚立持ったおっさんがやって来て
「通りすがりの者ですが、脚立あるんで取りましょうか?」

「お願いします」と言う間もなく、おっさんはもう脚立に上っていた。
でも、微妙に届かない。
再びショボーンとする姪。

しかしおっさんは、「ふふふ」と笑って脚立から下りると、
脚立の足についてる黒いボッチを押した。
すると、シャコンシャコーン!と脚立の足が30センチくらい伸びた!
そしておっさんはまた脚立に上って、シャトルを下に落としてくれた。

「すごい!足が伸びるんですね!」と言うと
「すごいだろ?NASAで極秘開発した脚立なんだ~w」
とか照れ臭そうに言いながら、また工事現場に戻って行った。

「一方、ロシアは梯子を使った」とか思ってたらお礼言うの忘れちまったw
ありがと、おっさん。

169 おさかなくわえた名無しさん 2007/04/08(日) 01:44:36 ID:MYFMOjlW
NASAがシャトル落としたらダメじゃんかw



404 1/2投稿日:2008/01/05(土) 04:52:09.27 ID:JMWvkSld0
668 :おさかなくわえた名無しさん :03/08/05 01:07 ID:xJtTfcZ9
私は地方の高校を卒業して東京の大学に進学しました。
実家は小売業をしていて、父と母が2人で自宅横の店を経営していた。
兄弟は4人居て俺を含めて2人が大学に在学し、下の妹と弟は高3と中2だった。
今思えば、とんでもなく金がかかる時期だったはずでした。
その頃は気にしてもいなかったけど。

大学2年の冬休みに帰省をした時に母へ、
「友達にスキー旅行誘われてるから道具代とツアー代のお金ちょうだい。」
と15万円ほど小遣いとしてもらった。

翌日から3泊4日でスキーに出掛けて4日後に帰宅した。
帰宅したのは夕飯前の時間だったけど私は旅行疲れで寝てしまった。
目が覚めたのは、よる11時過ぎだった。
腹が減って目が覚めた。
居間に行っても妹がテレビを見ているだけで、晩飯を作って欲しい母は居なかった。
どこにいるのか聞くと店に居るとのことだった。



405 2/2投稿日:2008/01/05(土) 04:52:39.88 ID:JMWvkSld0
こんな時間まで何をしているのかと見に行くことにした。お腹も空いたし。
店に入っていくと、母は床にしゃがんで一心不乱に商品を並べていて私が入ってきたことに気づきませんでした。
じーっと後姿を見ていて、はっとして涙がこぼれてしまいました。
母の手は埃で薄汚れ、着ていたズボンもセーターも毛玉だらけだし何年も着ていてよれよれでした。

自分は全然お金を使わないで、息子の学校や遊びのお金をいやな顔ひとつせずくれてたなんて。
こんな時間まで仕事して。
小学校の頃は、母に対して朝起きるの遅いし家の中が掃除しきれてなくて、散らかってていやだなと思っていた。
店が忙しかったからしょうがなかったのだが。
でもこんな姿見てしまったら、今までなんとわがままに過ごしていたのかと悔やみました。

母に「もう遅いで明日にしたら」というと
「あ、起きたの?ご飯食べて無いでしょ。ここ寒いし、後で作ったるで部屋で待っとって。」と言われた。
また涙が滲んできたので悟られないように後ろを向いて戻りながら
「ん、わかった」と歩いて部屋に戻った。

今、36歳で妻、一男一女の父。
親の有難みが一番わかる。
「これからがんがんお返ししていくからな」



406 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:53:50.88 ID:JMWvkSld0
211 :素敵な旦那様 :2005/04/06(水) 10:51:23
同級生と中華街に行くとか言ってた日、家の前まで来るとイイ匂い。
ウキウキしながらドアを開けたら、にっこり笑ったカミさんが
ホンコンソース焼きそば(知ってる?)のキャラみたいなカッコで
ソデに手を入れて
「アぃヤー、お帰りアルヨー!」

ヒザから崩れ落ちたね。ナマズヒゲまで付けてるし。
そのヘンな服は小ネタのためにわざわざ買ったのか。
「そうアル。アナタ帰り遅いから何度かスに戻って大変だたアルネー」
「あーパパアルー」娘もかよ!

・・・・バカだこいつ、バカすぎる。
あまりのバカさ加減に、涙が出た。
ああ俺、結婚して良かったなあ。
ホントに良かったなあ。



407 既にある名前は勘弁な ◆Q1BiTcH..Q 投稿日:2008/01/05(土) 04:53:59.59 ID:AFYQ6BWcO BE:1062396858-2BP(1260)
エアコンの中ってさ、ジメジメしてんのよ、結構
で、虫とかにとって過ごし易いもんだから、たまに居ついちゃうわけ Gが
しかもGの卵ってかたまりで一粒一粒が小さいじゃん?見たことある?
それがエアコンの風に乗って部屋中に撒かれるんだと
まさかエアコンに顔向けて風浴びたりしてないよね?
そんな事したら目や鼻、耳や口から入っちゃうのよ
まああまりにも細かいし体内で孵化する確率も低いからそんなに気にすることじゃないかもね

まあエアコンの掃除は小まめにしといた方がいいと思うよ



408 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:54:29.61 ID:JMWvkSld0
474 :素敵な旦那様 :2005/05/23(月) 00:57:47
子供と3人並んで眠るとき。
俺の親も、その親も、その親も、
ずーっとこうやって子供を造り、
育ててきて今ここにわが家族があり、
幸せな時間が流れていることを感じる。

隣に寝ている子も、
これから生まれてくる子供達も、
こうやって人とめぐり合い、
愛し合って子供を作り、
そうやって幸せな時間が続いていくんだと思うと、
生まれてきてよかったと感じるな。



409 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:55:49.91 ID:JMWvkSld0
608 :おさかなくわえた名無しさん :04/11/04 20:59:11 ID:ZadZ+zyI
今日さ、友達の買物につきあってデパート行ったわけ。
遠方に住んでる両親に送るプレゼント選ぶとか言って夫婦茶碗とか見てんの。
ようやく決めて会計する時に、10日に着くように送ってくださいとか頼んでて。

で、10日ってその子の誕生日なんだけどさ。
なんで自分の誕生日なのに親宛でプレゼントとか贈ってんのw
と聞いたら友達が照れくさそうに笑って

『あ、これね、産んでくれてありがとうのプレゼント』

だってさ。
自分で稼げるようになってから毎年贈ってるらしい。
なんか家帰ってからじんわり涙でた。



410 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:55:54.79 ID:JV9jKMgFP
二次元に恋し、喪のまま結婚する事無く八十数才になった俺
近所からは危ない老人、キチガイ老人と若い頃と同じく迫害され続ける俺
訪れる人といえば市の職員が死んでねーか?と来るくらい

ある日風邪をこじらせた俺の家の玄関をダンダン!と叩く馬鹿がいる
ブチ切れた俺は「誰だ!フォルァァ!」と扉を激しく開ける

そこには50年以上前に心の底から愛し恋い焦がれたあのキャラの姿があった
彼女は何ら変わらぬ優しい笑顔で俺に手を差し伸べ
「お待たせ!さぁ一緒に行こっ」
震えた、涙が止まらなかった

それから数日後、俺の家を訪ねた市の職員は玄関先で倒れた俺を発見する
すでにこと切れていた
警察や役所は風邪をこじらせた独居老人の孤独死と結論を出す

しかし色んな孤独死を見てきた市の職員は不思議に思っていた
これ程の満面の笑みで亡くなった老人を彼は知らない
最後の最後でこの孤独な老人にいったいどんな奇跡が起きたのだろうか



412 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:58:55.85 ID:JMWvkSld0
火曜日に正社員の面接行ったのね。もうこれで20数社目。
今まで全部駄目だった。
それで、その日は車でしか行けないところだったんで、
母親が仕事を休んで付き添ってくれた。
駐車場の社内に母を待たせて面接してもらった。
出てきたのは社長と人事課長。社長が絵に書いたような悪人顔でさ。
鼻くそほじりながら履歴書見て「職歴なし?あんたもう30だろ?」
「バイトなら経験あるっていったって職歴なしは職歴なしだろう?」
「うちでそんなの雇うわけないだろ?もう帰ってくれ。用はないだろ。終わり終わり」

車に戻ると母は面接には触れず、「また寒くなるんだって、今ラジオで行ってた」
「ごはん食べて帰ろうか」って。

無言のままうどん屋に入ってカツ丼食べた。
そしたら母親が「受かるといいねー」って言うからさ、俺答えに困っちゃってさ。
で、いろんな言い訳考えた末に正直に「いや、駄目だったんだ、今日も」といった。

母親、「また次も送っていくよ、カツ丼、あんまりおいしくなかったね」だってさ。

今頃になって泣けてきたよ。情けねーなー。就職してーなー。
今まで何やってたんだろうな、俺は。



413 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 04:58:56.22 ID:zYrVWHeAO
コピペじゃないですが

高3の時、同じクラスになった女子に一目惚れした
俺はがり勉でかっこよくもない。彼女はめちゃくちゃ可愛くて男にも人気あったし俺は見てるだけだった。
彼女のおそらく一番仲がいいであろう麻美と俺は小学校からの腐れ縁で思い切って打ち明けてみた。
「あんたには無理だ」と言われた。
そんなんわかってるけど。とそのときの俺はただむっとしただけだった。
後にその言葉の真意を知ることになる。
何の進展もないまま卒業した。
俺は大学に落ちてフリーターになって近所のパチ屋でバイトをしていた。卒業して半年ぐらいたってなんと彼女が新人として入店した。髪を染めてコンタクトにしてキツい肉体労働で10キロ痩せた俺に彼女は気づいてくれなかったので俺は自分で言った。
驚いていたけど知ってる奴がいることに彼女はとても喜んでくれてすぐに仲良くなった。



414 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 05:09:03.25 ID:zYrVWHeAO
クリスマス一緒にすごした。
USJに行った。
初詣も一緒に行った。
末吉にすねてる彼女が可愛かった。
バレンタインにチョコレートケーキをもらった。
ホワイトチョコで書いた文字はぐちゃぐちゃで読めなかったけど多分スキって書いてあった。
俺たちは恋人になった。
お弁当を持って花見に行った。
映画もいっぱい見た。
すぐ酔うくせに飲みに行くのがスキだった。派手な顔をしてるくせに料理がうまかった。
教習所も一緒に通った。
やたら遠かったけどチャリ2ケツで歌いながら行ってた。
彼女が笑うと嬉しくて、何でも叶えてやりたいって思った。



416 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 05:15:58.62 ID:RliDqrwHO
物凄い良スレだな…

まだまだガキだから、最初の方の母親とかの記述は耐えれたんだけど、>>116,>>121ときて>>151で涙が止まらなくなった。

昔、長い間一緒に暮らしていたペットを亡くしてるし、最近では一番好きだったばあちゃんも他界したから気持ちが分かる気がする。
特にクレシンは正によく見ていた世代だから、あの暖かい家族のことを鮮明に想像しながら読んでたら涙が止まらなかった。

自分で言うのもなんだけど、若いから死や大切なモノ(言い方悪いけど、人だけじゃないから)を亡くすことが、まだそこまでリアルに考えられない。現にあんなに号泣したばあちゃんやペットのことも、ここ読むまで忘れていた自分がいる。

『失って、初めて気づく』の典型的な人間の自分だけど、これじゃ駄目なんだよね。もう20になるのに。今一緒にいられるこの時間を大切にしていかなきゃいけないなぁ。


長文&駄文、そしてスレタイ違いのコピペ貼らずでスマソ。普段は全く書き込まないけど、どうしても気持ちを吐き出したかったんだ(>_<)

今日から少し意識して孝行やらと言うモノをしてみるよ!



下らないのが多いけどw、なぜ2chが廃れないのか分かった、そんな夜でしたm(_ _)m



420 既にある名前は勘弁な ◆Q1BiTcH..Q 投稿日:2008/01/05(土) 05:21:43.82 ID:AFYQ6BWcO BE:159359832-2BP(2000)
冷えたご飯の美味しい食べ方

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/01/05(土) 05:15:43.26 ID:UXLUjDTaO
さらに氷水入れて冷やして食う


ものすごいうまくて母ちゃんと2人で
「うまいねーこれすっごいうまいねー」「うん、おいしいね」
と、大絶賛して食ってたら父ちゃんに
「飯はあたたかい物を食うって決まってんだ!」
って怒られながら箸とか茶碗とかぶつけられて泣きながら
母ちゃんと婆ちゃんちに行った記憶がある。
それから父ちゃんと母ちゃん離婚した

兎にも角にも氷水かけ冷ご飯はうまい



422 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 05:23:56.44 ID:EtLVDM1pO
あぁ…
なんか…身の回りの人の大切さがわかったよ…






高校進級出来るかな…



かぁちゃんいつもありがとな…
兄ちゃん働いて彼女も出来て俺なんかに金使ってる場合じゃないのにごめんな…



ごめんな…
頑張るよ…



423 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 05:25:37.45 ID:JMWvkSld0
41 名前:カレーなる名無しさん[] 投稿日:2006/02/16(木) 09:39:00
うちはククレカレーの甘口だった。
私が高校生になっても甘口だった。正直しんどい。
ある日の会話

弟「お母さん…いい加減辛口にしようよ。せめて中辛に。」
母「○○(末っ子・小6)が辛いの食べられないでしょ!ダメ!」
私「お母さん、給食のカレーも6年生だとだいぶ辛いよ?」
母「そ、そうなの?でもダメ!食べられないから!食べられないでしょ!?」
末「俺ももう少し辛いほうが…」
母「…もうっ!お母さん辛いの苦手なのに!!」

最後に本音が出たw
その後、中辛と甘口と半々のカレーが出るようになった。
その弟も今では18歳になったが、今は中辛と甘口が7:3の割合にまで進歩したそうだ。

42 名前:カレーなる名無しさん[] 投稿日:2006/02/16(木) 09:46:59
>>41
あー、初めて食卓に辛いカレーが出た日は嬉しかったなあ。
ちょっと大人になった気分だったよ。

46 名前:カレーなる名無しさん[] 投稿日:2006/05/10(水) 15:12:53
>41
うちの「元服」は、中学に入った頃だったかな。
S&B ゴールデンカレーから、ハウス ジャワカレーに変わった。
「辛いねぇ、辛いねぇ」と言いながら、家族みんなで食べた。
父親は他界し、妹は嫁に行き、俺は結婚して家を出た。
みんなでジャワカレーを食べたあの家には、母親が一人で住んでる。
そういえば、お母さんのカレー、何年も食べてなかったよ・・・。



424 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 05:26:01.24 ID:zYrVWHeAO
「あんたには無理だ」
その言葉を聞いて丁度一年ぐらいたったころ、俺はその言葉の意味を知ることになる。毎日楽しくて、喧嘩もするけど幸せで、そんなこと、忘れてた。
彼女は家族の話をすることを嫌がった。
はじめはそれでも良かったけど、そのうち彼女の態度にイライラしてきた。
俺は彼女の全てをしりたかった。
「何で隠す?」率直に疑問をぶつけると「あんたには関係ない」と一蹴された。
今まで彼女の何を見てたんだろうと思うくらい冷たい顔で。
俺は麻美に相談した。
麻美はなかなか口を割らなかったけど、俺のしつこさに折れて話してくれた。



425 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 05:27:38.21 ID:JMWvkSld0
83 :可愛い奥様 :05/03/17 22:02:13 ID:nvNG4V7N
母は、父を信頼しきって生きてきました。身体の弱かった彼女は
当然、自分が先に逝くと信じて、一生自分は守られると信じて生きてきました。

が、現実は反対でした。父が末期癌だと解ったとき、彼女は現実を受け止められ
ませんでした。病院にも来ることはなく、現実逃避に走りました。

一人娘の自分は、会社に行き早退し帰宅して、お風呂に入り、病院にいき
夜通し父に付き添い、出勤する日を繰り返しました。

そうして、大好きな父が亡くなる時も。母は居ませんでした。
父亡き後、一年足らずで、母も不治の病を宣告され、また夜通しの病院通いが
始まりました。

結局、母の死に目には会えませんでした。
独身だし、バイトだし・・・・今仕事辞めたら・・・・・て。

その後、結婚して・・・・母の気持ちが解りました。
兄弟も親戚も居ない状態で暮らして、自分も病気をしたり
色んなコト経験して。

旦那ってこんなに大事だったなんて。。。
ママ、あの時責めてごめんね。結婚ってこんなに素敵なんだね。

今も体調良くないケド、すごい幸せだよ。
きっと、空から見てるよね。



427 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 05:29:38.67 ID:JMWvkSld0
42 名前:24old 投稿日:02/03/31 03:20
スーマリ、バイナリィランド、チャンピオンシップロードランナー、
忍者ハットリくん、火の鳥、ドラゴンクエスト2…

自分で買ったソフトは売れたけど、
母親が買ってくれたソフトはどうしても手放せません。
おかあさん、母子家庭なのにファミコン買ってくれてありがとうね。



429 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 05:32:06.46 ID:/SMM+U7aO
「おい、まだかよ?」
俺は、女房の背中に向かって言った。どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。
「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、せっかちは俺の性分だから仕方がない。
今年もあとわずか。世間は慌しさに包まれていた。
俺は背広のポケットからタバコを取り出し、火をつけた。

「いきなりでお義父さんとお義母さんビックリしないかしら?」
「なあに、孫の顔を見た途端ニコニコ顔になるさ」
俺は傍らで横になっている息子を眺めて言った。
「お待たせ。いいわよ。…あら?」
「ん、どうした?」
「あなた、ここ、ここ」女房が俺の首元を指差すので、触ってみた。
「あっ、忘れてた」
「あなたったら、せっかちな上にそそっかしいんだから。こっち向いて」

「あなた…愛してるわ」女房は俺の首周りを整えながら、独り言のように言った。
「何だよ、いきなり」
「いいじゃない、夫婦なんだから」
女房は下を向いたままだったが、照れているようだ。
「そうか…、俺も愛してるよ」こんなにはっきり言ったのは何年ぶりだろう。
少し気恥ずかしかったが、気分は悪くない。俺は、女房の手を握った。
「じゃ、行くか」「ええ」



俺は、足下の台を蹴った。




430 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 05:32:10.25 ID:JMWvkSld0
君が死んでからもう1年。
君は今も僕を見守ってくれているのかな?
君は、僕の生まれて初めて出来た彼女だった。
すごく嬉しくて、幸せだったなあ。
突然、白血病だって医者に宣告されてから、君は病室で日に日に弱っていった。
「病院ってひまねえ」って笑う君を見て、僕はいつも泣いていたんだ。
君の為に、僕の小汚いノートパソコンをあげたら、君はすごく喜んでくれたよね。
ネットをするようになった君がいつも見ていたサイト、それが「2チャンネル」だった。
ある日君はいつものように、笑いながら言った。
「ほら、見て今日も2ゲット出来たよ。」
「あまりパソコンばっかいじってると身体に障るよ」
なんて僕が注意すると、
「ごめんねえ。 でもね、これ見てよ。
ほら、この3のひと、2げっとぉ!なんて言っちゃってさぁ、ふふ」
僕は黙っていた。君がすごく楽しそうで、僕は何も言えなかった。
「ほらみて、この3のひと、変な絵文字使ってくやしぃ~!だって。
かわいいねえ。 ふふ。」
僕はまだ黙っていた。笑う君を見て、どうしようもなく悲しくなった。
「憶えててくれるかなあ」 君がふと言った。
「…この3のひと、私がいなくなっても、あの時変な奴に2をとられたんだよなー
なんて、憶えててくれないかなあ……無理かな……憶えてて、ほしいなぁ……」
それから数ヶ月後、君は家族と僕に見守れながら息を引き取った。
君はもうこの世に居ない、なのに僕は今F5を連続でクリックしている。
君の事を、3のひとが忘れないように、いつまでも、いつまでも忘れないように。
天国にいる君と一緒に、今ここに刻み込む

        2 ゲ ッ ト



433 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 05:38:54.92 ID:FO7i2hmtO
コピペでもなんでもなくてマジ話
ごめん




私がいじめられて誰にも言えなかった時
ひとりで泣いてたときそばに来てなめて泣きやむまでそばにいてくれてありがとう

家帰ってきたら迎えきてくれてありがとう
でも病院入院したとき看取れなくてごめんなさい
徹夜でゲームなんかするんじゃなかったよ
泣かずに静かに
雨が降っててだんだん暗くなって冷たくなっていくくせに寝てるみたいで
話しかけても揺すっても起きなかった

五年前に飼ってた犬は
噛まないしすぐ甘えるしこまったこだった
でも私がいじめられて死のうとした時だけ怒って噛んだよね
痛かったよ本当に

私が今生きてるのはお前のおかげだよ



434 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 05:39:00.61 ID:oQAJ1EG3O
ありがとうお母さん。
産んでくれてありがとう。
育ててくれてありがとう。
生きててくれてありがとう。
入退院繰り返しながらも働いてそれを学費にしてくれてありがとう。
中途半端な時期に浪人を決めた僕の気持ちを押し通させてくれてありがとう。
言葉にならないくらい感謝してます。
お母さんの病気が遺伝性の病気だからって謝らないでください。
お母さんはなんにも悪くなんかないです。
そんなことは自分でなんとかします。
そんなことお母さんへのありがとうと比べたら目に見えないくらい小さいです。
ありがとうお母さん。
僕は精一杯親孝行します。
だから孫の顏は見れないとか
結婚式は見れないとか言わないでください。
がんばってがんばって親孝行します。
迷惑かけた分がんばってがんばって
これからたくさん笑ってもらいます。
これからたくさん好きなことしてもらいます。
だからもっともっと親孝行させてください。
だからもっともっと生きててください。
こんなこと恥ずかしくて言えないし見せたりも出来ないけど
本当に大好きです。

息子より



437 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 05:45:03.16 ID:zYrVWHeAO
母親はクリーニング屋のパート。
父親はゴルフのコーチ。
何の不便もなく実家住まいの俺。
恵まれてるとかそんなの考えもしないほど普通な家庭で育った。そんな俺に、彼女の痛みを理解しようなんておこがましいにもほどがある。
ヒス持ちの母親に虐待を受けて育った。
男好きな母親はずっと浮気をしていて、それが父親に発覚。
ショックから父親は覚醒剤に手を出し、おかしな行動が目立つようになる。会社の金を横領、莫大な借金と共にクビになり、両親は離婚。
彼女は母親と暮らすしかなかったという。卒業したら父親と一緒に暮らすと言って料理を練習していたらしい。
高2の秋、父親は死亡。
死因は不明。
死後二週間以上たつまで発見されず、変に思った管理人が合い鍵を使って中に入ったときには腐ってしまっていたという。
葬儀は執り行われなかった。
みんな厄介者が死んでくれてよかったと言っていた。
彼女が父親の死を知ったのは冬になって彼女のもとに届いた借金の催促状。「ご遺族の皆様へ」。
彼女はたったひとり頼りにしていた父親の死を受け入れられずに父親が死んだのは自分のせいだと自分を責めて、やがて病んでいった。



442 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 06:00:20.21 ID:zYrVWHeAO
「今一人暮らししてるのは、『あんたがいたら生活保護もらえないから出てって』ってお母さんに言われたからだよ。あたしが知ってるのは、以上。」
そんな素振り、見せなかったじゃないか。俺はチャリを飛ばして彼女の家に押しかけた。
「ごめん!!!」力いっぱい抱きしめて泣いた。
いつも笑っていた。
どこか影があった。
この小さな彼女が今までどれほどの痛みに耐えてきたのかと思うと涙が止まらなかった。
それからも俺は、俺にできる精一杯で彼女を大切にした。
俺たちは二十歳になった。
11月、彼女の母親が突然自殺した。



448 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 06:21:41.27 ID:zYrVWHeAO
母親の遺影を見て佇む彼女に何もできなかった。
何も言えなかった。
まばたきもせずにでっかい目からぽろぽろ涙をこぼす彼女。
ひどい母親でも彼女には必要だったのかもしれない。
彼女は壊れてしまった。
家から一歩も出ないでものも食わずに泣き暮らしていた。
二週間ほどそんな日が続いた。
ある日ころっと元気になった。
もう立ち直ったんだって思った。
そんなわけないのに。
メシもちょっとだけど食ってる。
ちょっとでも気分転換になればと俺はたびたび外食に連れ出していた。
人よりは少ないけどちゃんと食ってる。
なのに彼女はだんだん痩せていった。
久しぶりに彼女の家でメシを食ったときに理由がわかった。
吐いてたのだ。
「なんで?いつから?」
俺の問いに少し微笑んで答えた。
「ずっと。高校のときから。最初はね、誰かに心配してほしかったの。痩せたいってのもあったかな。コントロール、できてたんだけどね。気付いたら、もの食べられなくなっちった。ばかだよね」
目の前が真っ暗になった。
お願いだから彼女を救ってやってくれとなりふりかまわず神に祈りたい気持ちだった。



449 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 06:22:20.30 ID:cHNiGhmR0
ドウモ~~~ッ!!お~o(∵)oは~♪ハジメマシテ~~~ッ☆☆(∵)
私は27歳のOLしてるのぉ~~~っ♪(∵)キャハ
うーんとー、私メル友がすっごくすっごく欲しくってー、\(∵)/
探してたら(∵)なんσ(∵)とっ!☆彡(ノ∵)ノ☆彡ヘ(∵ヘ)☆彡(ノ∵)ノ☆彡
素敵∑(∵ハウッ!な掲示板♪を発見!!!!(∵)//""" パチパチパチ
あやしい所∑(∵ハウッ!とか…{{ (∵) }} ブルブルすごい数の掲示板がありますけど、
これ全部1人の方が管理して \(∵)/ いるんですか?(∵)すごすぎ …
てなわけで、ついついσ(∵)書いちゃったC= C= C= C=┌(∵)┘ のらー(∵) エヘヘφ(∵)φカキコカキコ♪
メル友に、なってσ(∵)くれるよねっ。(∵) お・ね・が・い♪(∵)ちゅ♪ッ
え?くれないのぉ~?(∵)そんなのいやい♪(∵)キャハ や~~、ガ━━━(∵)━━━ン
なってくれなかったら、( ∵)乂(∵ ) 勝負! \(∵)/
☆○(∵)o ぱ~んち、☆(∵(○=(∵ )o バコ~ン!!♪(∵)キャハ (∵)=◯)∵)・;'パーンチ
(∵) いてっ!ダメ!! ゛o(∵)oo(∵)o″ダメ!!
素敵∑(∵ハウッ!な掲示板♪ガ━━━(∵)━━━ン を発見!!!!(∵)//""" パチパチパチ
(∵)きゃ~~(∵)やられた~~(o∵)o ドテッ ガ━━(∵)━━ン!
(∵) 気絶中。。。。・゜゜・o(∵)o・゜゜・。うぇぇん <(∵)>ノォオオオオオ!! ∑(∵ハウッ!
なあんて(∵)こんな♪(∵)キャハ 私っ!σ(∵)だけど、(∵)
お友達σ(∵)になってm(∵)mくださいませませ♪(∵)フフ ドガ━━━Σ(∵)━━━━━ン
ということで。(∵)vじゃあね~~~♪(∵)/~~ ほんじゃo(∵ヽ)(/∵)o レッツゴー♪
それでは、今から他の掲示∑(∵ハウッ!板も色々見てきまーすC= C= C= C=┌( ∵)┘
(∵)ノ~~マタネー☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★



457 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 06:42:27.03 ID:ZHCsYeTZ0
>>452
すでに分かってることがあるかもしれないけど、まあ聞いてくれ。

まずは彼女の両親を悪く言わないこと。
世間的に見れば、とんでもない父親、とんでもない母親なのは確かだ。
でもその親の血を彼女は引き継いでるんだ。
親を悪く言うのは彼女自身を追い込む事になりかねない。
かといって下手なフォローは危険だからしなくていい。
「色々と事情があったんだよ」とか適当なことを言っても後が続かないから。

それと身近な人が死ぬと「自分も生きていたらいけないのかも」と思う人もいる。
これは人によりけりだから何とも言えないけど、そういう人もいる。
それを回避しようとして「オレにはお前が必要だ!」って言うのはプレッシャーになりかねない。
一緒に居よう、で十分。



458 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 06:43:00.17 ID:ZHCsYeTZ0
あとは、彼女はアダルトチルドレン(注、後述)になってる可能性もある。
暖かい家庭っていうのを見せてあげるんだ。
笑いの絶えない家庭ってヤツじゃないぞ。時には喧嘩が起こるような家庭だ。
小さなことで喧嘩してお互いの欠点をつつきあって。
それでも普段と変わりない生活を送るような家庭。

本人はその気じゃなくてもお前さんを試すような行動をとるかもしれない。
わざととしか思えないような自虐的な行動とか。そういう時でも根気強く相手をしてあげてくれ。

女「まったくいい加減なんだから」
男「うっせーな」
みたいな男女でも結婚して幸せな家庭を築けるんだよってのを教えられればベスト。

頑張れとは言わない。
フツーに生きて、フツーに幸せになれ。

注)アダルトチルドレン
機能不全家庭で育ったことにより、成人してもなお内心的なトラウマを持っている人のこと。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア



461 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 06:49:21.32 ID:condhcMiO
コピペじゃなくて俺の実話だから、スレチなんだけど…母ちゃんネタだからカキコする
というか…このスレ全部見たら泣きすぎて、少しでも文章にしなきゃ精神崩壊しそうだ
(´・ω・`)

俺が小学校四年の時、母ちゃんが入院した。
筋無力症という病気
段々と筋力が衰えていって、最終的には呼吸をする筋力すらなくなって…
っていう素晴らしいくらいヤバい病気
しかも根治出来ないらしい。

で、補足説明するんだけど
俺が住んでる場所は北海道のとある町なんだけど、ここじゃ手術出来ないってんで札幌に転院することになったんだ。

でも手術費用が結構かかるらしくて、元国鉄職員で相当な金持ちな親戚の家に頭下げに行ったんだ。
俺も同伴で



462 >>461の続き投稿日:2008/01/05(土) 06:50:26.80 ID:condhcMiO
その時、その親戚が

「なんであんたの家のそんなことに金を出さなきゃならないんだ。手術をしたって治らないんだろ」

とか

「どうせ治らないんだったら、ほっとけよ」

とか言って、お金を出してくれる気配が無い。

確かに、手術をしても治る見込みはほとんど無いんだけど、進行を遅らせることは出来る。

そして、グチグチと言われ続けている内に、母ちゃんは泣き出して

「このままだったら明日にはポックリ死んでるかもしんないんだよ!○○(俺の名前)の為にもまだ「母親」をやっていたいんだよ!」

と叫んだ。

そんなすぐ死ぬような病気じゃないと思ってた(というか、実際にそんなすぐにような死ぬ病気では無かったw)から、その言葉を聞いてびっくりした。



463 >>461-462の続き投稿日:2008/01/05(土) 06:53:37.09 ID:condhcMiO
この言葉が効いたのか、なんとかお金を出してくれることに。

俺はその日、一人ベッドで声を聞かれないように、布団を噛みながら号泣した。


数日後、転院する日取りも決まり…

札幌へ行く日
平日の昼頃に行くということで、俺が学校から帰ってきたときには既に母の姿は無かった。

携帯なんかもまだあまり普及していなく、(メロディが単音でPHSがどう、とかいう時代)連絡も手紙、という感じだったので、すぐに連絡を取ることは出来なかった。

そして自分の部屋に行くと、机の上に手紙が



464 >>461-463の続き投稿日:2008/01/05(土) 06:54:50.74 ID:condhcMiO
○○へ

お母さんはこれから行ってきます。
ちょっとの間居なくなるのはさみしいかな?
お母さんはちょっとだけさみしいです。
でも、まだまだ死なない予定なので、安心して待っていてください。
お父さんは料理がヘタなので、お弁当が必要な日はばあちゃんの家に行って作ってもらってね。
退院して戻ってきたら、もっともっと優しいお母さんになって帰ってくるから、楽しみに待っててね

お母さんより


見た瞬間号泣した。
母親がこの人でよかった。
本当にそう思った。



465 >>461-464の続き投稿日:2008/01/05(土) 06:56:31.93 ID:condhcMiO
手術は無事に成功。

十二年後
今も、毎日大量の薬を飲んで、騙し騙し暮らしているけど、ちゃんと生きてる。

俺が中学一年の時に、父親がリストラにあって、入院する前まで働いていて、もってた看護士免許を駆使して再び看護婦として職場復帰
そして今でも現役で働いてる。



467 >>461-465の続き投稿日:2008/01/05(土) 06:59:35.38 ID:condhcMiO
だけど本当は知ってるよ、母さん。
毎日寝る前に本を読むのは、身体中がダルくて寝付けないからだよね?
でもそんな小さい字の文庫本ばっかり読んでたら、余計身体が疲れちゃうよ?

だけど本当は知ってるよ、母さん。
漢方を飲み始めたのは、健康の為じゃないでしょ?
その漢方の名前をググったら、筋肉痛を和らげたり、筋肉がつるのを抑えたりする効能だったよ。
病気の症状にそれがあったよ。

だから言ってよ、母さん。
本当は病気で辛いんでしょ?
本当は仕事から帰ってきて家事をするのも辛いんでしょ?



468 >>461-465、>>467の続き投稿日:2008/01/05(土) 07:00:22.66 ID:condhcMiO
この前、精一杯の勇気を振り絞って

「何か欲しいものは無い?親孝行のつもり」

と言ったら

「なぁに言ってんの!子供なんてのは、生きてる事が一番の親孝行なんだよ。だから、お母さんより先に死ぬな。お母さんとお父さんの最期を看取れ。それが親孝行ってもんだよ」

ありがとう、母さん。
でもそれだけじゃ俺が足りないから、食事に連れて行くよ。
だって、明日母さん、誕生日だもん。

このスレ見るまでは、連れて行くかどうしようか本気で悩んでたけど、決心した。
VIPもまだまだ捨てたもんじゃないねw

母さんの一言

「でもまぁ、死ぬまでにとりあえず結婚した姿と孫は見てみたいね。まあ、あんたじゃ無理かw」




476 >>461-465、>>467-468、>>473の続き投稿日:2008/01/05(土) 07:04:41.17 ID:condhcMiO
彼女が出来たところで、やっぱり一番好きなのは母さんです。
マザコン?そんなの知らねぇよバカ。

先にいなくなる可能性が高いのは母さんなんだよ。
その母さんを何よりも大切にしたいと思う事の何が悪いんだよ。

だから母さん、まだまだ生きてください。
命あるものは何れ死にます。
そんなのは知ってます。
だけどまだまだ生きてください。

生きているうちは、俺の中の一番で居続けますから。


長文&乱文&スレ汚しスマソ
だけど、面と向かって言えないからこんなとこに書いちゃった
(´・ω・`)

おまいらも、親は絶対大事にしろよ。
親がウザイとか思ってる奴
ウザイかも知れないけど、嫌いか?
虐待受けてる奴は別として、親の行動に無意味な事は無いんだよ。
子供を想うからこその行動なんだよ。
今はそれが分からなくても、いつか分かる時が来るはずだからさ。

ではでは、再びROMってます
文才無くてごめんね
(´・ω・`)ノシ



479 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 07:18:31.88 ID:WAneNtJJO
コピペじゃなくてオリジナルでスマン
一昨日の話
俺は一人で初詣へ出掛けた、場所はガキの頃から行ってた護国神社。お参りをしてから、社務所で温かいお茶を貰いに行った。
お茶を飲んで一服してから社務所の2階へ上がった、そこには県出身の戦争へ行った人達の遺品が飾られているフロアだった。
展示品を見てくと
「○○で戦死、享年16才」
という紹介文。
大半が俺より年下、みんな戦死
少し回った所である手紙と汚れた手帳を見つけた。
手紙はもうインクが薄くなり、殆ど薄く見えなかったが、読める所があった
「お父さん、お母さん、お元気ですか、私は元気です。」
ここからインクが薄く解読不能
「今遠くに居ますが、今でも××の街なみを思い出します、お父さん、お母さん、○○、どうか、どうかお元気で」
という内容
汚れた手帳(多分、血)には
「お父さんお母さん○○、死にたくない、帰りたい、家に帰りたい」
悲痛な内容、そこに書かれた紹介文「○○にて戦死、享年24才、手帳は戦死胸ポケットに仕舞われていた」
これを見た時どんなに無念だったかと思うと、涙が自然と出てしまった



483 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 07:22:34.42 ID:gMd98s1V0
>>480
よう兄弟



自衛隊のデモ中に女の子が来てデモの人たちは去っていって自衛隊が敬礼した
ってコピペなかったか?



486 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 07:30:32.51 ID:ZHCsYeTZ0
>>481
カーチャンを喜ばせられたらいいな。
シングルマザーだろうが義理の孫だろうが
おまいさんがビシっとしてればOKだ。

心配してなんでシングルマザーなのか、
とか色々聞くだろうけど訂正に説明して
安心させてあげてくれ。



490 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 07:53:57.13 ID:ZGgbE4vV0
何してはるんすか岡村さん こんなボケ ないですよ?

憶えてはりますか岡村さん あの日「夕ニャンええですよね」って話しかけたことを
憶えてはりますか岡村さん あの時「いっしょにお笑いやりませんか」って誘ったことを

先輩やけど すみませんけど 言わしてもらいます
おまえ アホか!? なに勝手に死んどんねん!!

「おじいちゃん おじいちゃん」て言うてきましたけど
おじいちゃん飛びこしていきなりあの世に行くやなんて
ほんま こんなボケいりませんよ ほんま 「なんでやねん」ですよ
こんなツッコミようしませんわ しとうなかったですわ

そろそろお別れせんといけません もうだいぶおしてますんでね
ほんますみませんけど 先行って天国のグラウンド ならしとってください
またサッカーやりましょ 先輩
いや相方 また漫才しましょう 今度は僕がボケでもええです
ヘタですけど 一生懸命ボケたおしますんで ガンガンつっこんで下さいや

さあ岡村さん またいつか

わあわあ言うとります
お時間です
さようなら



492 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 08:07:55.96 ID:zYrVWHeAO
俺は彼女を病院に連れて行った。
ほとんど眠らなくなったからだ。
昼間はいつもどおりなのに、夜になると不安定になるらしかった。
できるだけ一緒にいた。
12月になると彼女は長い手袋をずっとつけているようになった。
室内でもずっと。
はずしたら?と言ってもはぐらかす。
寒いからだ。彼女は極度の寒がりなのだ。そんなわけない。彼女は痛がりの怖がりなのだ。



497 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 08:38:28.59 ID:zYrVWHeAO
やめられないもんなんかな?
それからも何度も手首を切り刻んだ。
何度もオーバードーズした。
ついに彼女の体に限界がきた。
俺と一緒にいて、普通にテレビ見てた。
急に彼女が泡吹いて倒れた。
すぐに救急車呼んで病院に連れてった。
彼女はICUに入った。
脳に傷がついてしまったらしい。
助かる可能性は50%。
もし意識が戻っても何らかの障害が残ると言われた。
泣きながらお百度行った。
一回手を合わせる度に彼女との思い出がよぎった。
3日後彼女は奇跡的に意識を取り戻した。病院から連絡が入ってバイトは早退した。「愛!!」
俺の声に彼女が振り返る。
にっこり笑って。
「こんにちわ」
「よかった…ホントに無事でよかった…」彼女の手を握る。
付き合って半年記念に奮発して買ったグッチのペアリング。
彼女は痩せてぶかぶかになってしまったけど、ブレスレットにチェーンでつないで落とさないように大切につけている。
「あっ。一緒」
彼女の言葉に顔をあげる。
「コレ、一緒ね」
ペアリングを指差してにこにこしている。
その笑顔にひとかけらの影も見あたらなかった。



499 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 08:59:53.28 ID:zYrVWHeAO
>>494
ほんとありがとな。もっと早く知り合いたかったわ

明日でちょうど1ヶ月になる。
彼女は退院して今は施設にいる。
絵書いたりテレビ見たりしてすごしている。
身体障害は残らなかったから、1から義務教育をし直して社会復帰も可能だ。
俺は彼女の名前を呼ぶ。
「好きだよ」と言えば「わたしも好きだよ」と言ってくれる。
前は「わたしも好きだよ」なんて言わなかったが。
社交辞令的に「ありがと」って言われるのがほとんどで。
あのツンデレな彼女はもういない。
戻るかもしれないし戻らないかもしれない。どちらの前例も報告されているらしい。初めは本当に辛かった。
俺との二年間がなかったことになったんだから。毎日毎日早く記憶が戻ることだけ願った。
今は。今、子供みたいに笑う彼女を見て、このままでいいんじゃないかって思う。
全部、忘れたのだから。悲しい18年間全部。
それに比べたら俺との二年なんてどうでもいいように思えた。
何も変わらない。
二年前も、今も。
俺は彼女を好きだから。



500 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 09:22:22.58 ID:PQBjVXuYO
名作コピペに乗じて自分の話し始める連中が居なければ本当にいいスレなんだけどね。
最近のvipで自分語りのスレが乱立してんのはこういうコピペに触発されてんのかな。

>>495
記憶が定かじゃないけど…
確か「もし岡村が死んだら」みたいな感じの全くのネタスレで生まれちゃった、誰もが予想だにしなかった涙コピペ
コピペって程じゃないけど、「他のめちゃイケメンバーの場合」っていう感じのもおまけであって、それも好き。



502 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 09:30:36.87 ID:q36OE9QFO
泣きすぎて頭いたい
目痛い
12時から仕事だよorz

もう寝ます
おつかれっした





507 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:04:38.92 ID:JMWvkSld0
俺の実家は阪神淡路大震災の直撃を受けた。
後に聞いた話で、家の崩壊まで10分ほど時間があったそうなのだが、
その間父は逃げ延び、祖母は自室で絶命し、母親は生き埋めになった。
俺と妹は運良く上京しており、被災から3日目には掘り起こしを手伝っていた。
泥まみれの母親を初めに発見したのは俺だった。その時足は骨折していたが、
身動きが取れない中、ボロ雑巾のようなものを握り締めて放さないでいた。
俺が小学校の時に描いた、お絵かきコンクールで銀賞を取った絵だった。
自分では記憶にすら残っていなかったその絵が、
母親にとっては自分の息子を誇る最も大切な宝物だったらしい。
危機に直面した土壇場で、身の安全やお金よりも、息子の絵の事を考えたんだそうだ。

大学に殆ど顔も出さず退学寸前だった俺は、
その日から勉強に励み、5年掛けて大学を卒業した。

当時は後ろめたかったけど、今では胸張って叱ってあげられる。
「今度地震があったら、自分の命を一番に考えろよ」って。
母さん、長生きして下さい。



508 1/3投稿日:2008/01/05(土) 11:07:53.05 ID:JMWvkSld0
【ありがとう】ノリックがくれたモノ【いつかまた】

810 名前:774RR[] 投稿日:2007/10/12(金) 13:14:36 ID:H0Qk6S4a
阿部さんは笑顔で快く記念撮影に応じてくれた・・・
肩を組んで2人で撮った写真は、緊張してる俺より阿部さんの方がすばらしい笑顔で
こんなことになってただただ悲しいだけだ・・・

ノリックのことを何も知らない嫁は言う
「毎日バイクに乗ってたあなたがあの日以来バイクに触ってもないなんて
 ノリックってよっぽどすごい人なんだね。乗ってあげれば?」

俺はその言葉を聞いて
その場で泣き崩れてしまったよ・・・



509 1/4投稿日:2008/01/05(土) 11:09:20.56 ID:JMWvkSld0
子供の頃、家は流行らない商店で貧乏だった。
母がパートに出て何とか生活できているよう程度の生活だ。
学校の集金のたびに母親がため息をついていたのをよく憶えている。
別段、小学校、中学校は何とも思わなかったけれど、
高校の入り、進学を考えた頃から両親と喧嘩することが多くなった。
私は大学に進みたかった。美大に行って本格的に絵を描きたかったからだ。
しかし進学するのに必要なお金など、どう考えても捻出できなかった。
毎日、昼のパート、夕方からのパートと掛け持ちで働き、くたくたになっている母親に、
「何で進学できないんだよ!子供の進学資金も出せないようじゃ親失格だぜ!」
と言ったことがある。
母親は涙ぐみ何も言わなかった。
その姿にハッと我に返ったが、ぶつけようのない悔しさが邪魔をしてそのまま謝りもしなかった。
しばらく後になって、あの時なぜ謝らなかったのだろうと猛烈に悔やむことになった。



510 2/4投稿日:2008/01/05(土) 11:10:00.79 ID:JMWvkSld0
母親は事故で亡くなり、直接謝ることは出来なくなってしまったのだ。
パートの帰りの運転中の事故だった。
交差点に突っ込んでの事故で、ブレーキ痕もない、、
過労だと思う、、

葬式の後、母の部屋を整理していて日記とも家計簿とも取れるようなノートを見つけた。
食費や光熱費、、、私は家計をやりくりした事など当然ないが、
そんな私が見てもギリギリの生活だった。
母親が自分のために使ったものなど何一つなかった。
なのに、、私のための進学のための貯金があった。
ぎりぎりの生活の中で、本当に数百円の単位で毎月貯金してあった。
私が怒鳴ったあたりから、パートの時間が増えていた。
後でわかった事だが、パートの勤務時間を頼み込んで増やしていたようだ。
増えた分は全て貯金、、

私はバカだった。
自分のことだけだった。
母の笑った顔を最後に見たのはいつだったろう?
私は何一つ親孝行などしてない、
母がいなくなってから、後悔の連続だった。
苦労ばかりかけて、自分のことばかり考えていた。
何の親孝行もしていない。
なぜあんな事を言ったのか、謝らなかったのか、
謝りたい、心から母に謝りたかった。



511 3/4投稿日:2008/01/05(土) 11:10:32.06 ID:JMWvkSld0
そんな時、ものすごくリアルな夢を見た。
夢の中で母親は居間で座っていた。
母を見つけた私は、泣きながら母親に詫びた。
何もしてやれないで、ひどい事を言って、ごめんと。
本当に子供のように泣いた。
母親は私の手を握って、
「謝らなくちゃいけないのはお母さんだから、、ごめんね」と言った。
それを聞いて、私はますます声をあげて泣いた。
起きた時は枕まで涙で濡れていた。
そして手にははっきりと、母の手の感覚が残っていたのを憶えている。
それだけならリアルな夢で終わっていたのだが、
その夢を見た朝、父が
「今朝、母さんの夢を見た。」と言うのだ。
私のことをよろしくと言ったらしい。
父が直接会いに行って話したらいいと母に言うと、
もう会ってきたからと言ったそうだ。
後悔の念が見せた夢で、偶然の事かもしれない。
でも、夢であれ母に謝ることができて良かった。



512 4/4投稿日:2008/01/05(土) 11:11:03.92 ID:JMWvkSld0
結局、私は大学には行けなかった。
今は普通の会社員だ。
が、暇を見つけては絵を描いて、
描きあがった絵は仏壇の前に飾っている。
絵を好きになったのは、美大に行きたかったのは、
子供の頃「上手に描けたね」と言ってくれた母の一言がきっかけだった。
それに気づいたから。
今も、母の事を思うと自責の念で心が痛むけれど、
その母のためにもがんばって生きていきたいと思う。



513 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:13:02.14 ID:TWh7BKUf0
75 :大人になった名無しさん :2005/11/25(金) 18:56:03
小さいころ新聞に折り込まれた広告を見ると近所に出来た電気屋さんの開店セールのチラシが入っていた。
そのチラシには「開店記念、ホットプレートで作った焼きそばを無料配布」の文字が!
焼きそばが大好きだった俺は、タダで焼きそばか食べられるのかとワクワクしながら
弟を一緒に電気屋の前まで行ったが電気屋の近くまで来た時に目にした光景は閑散とした
客誰一人としていない店頭で一生懸命呼び込みをしながら焼きそばを小さなホットプレートで
焼きつづける電気店主夫婦・・・
子供の目にもあまりにも寂しい雰囲気だったので「焼きそば下さい」と店の前まで行く勇気が
湧かず弟と一緒に遠巻きに電気屋を見て、そのままそそくさと帰宅した。
それから月日は経ち電気屋は無くなった。



514 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:13:03.40 ID:JMWvkSld0
   / ̄ ̄\
 /   ⌒ ⌒\  そんな不細工なツラでよく生きていけるね?
 |    ( ●)(●)               ____
. |   ⌒(__人__)            /      \
  |     |r┬-|           /─    ─  \
.  |     `ー'´}  \      / (●) (●)    \
.  ヽ        }     \     |   (__人__)       | 配られたカードで
   ヽ     ノ       \   \   ` ⌒´     _/   勝負するしかないのさ
   /    く. \      \  ノ           \
   |     \  \    (⌒二              |
    |    |ヽ、二⌒)、      \         |  |



515 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:14:05.78 ID:JMWvkSld0
永久保存って書いたカセットがでてきたから、なんだと
思って聞いてみたら
赤ん坊の頃で訳のわからないことしゃべってる俺と、
両親の楽しそうな会話が入ってた

それ聞いてたら、なんか涙が止まらなくなった
いま両親が家庭内別居って状態だったり、
俺が両親の期待に添えなかった自分へ後悔とか
色々な気持ちが出てきて、涙が止まらん

父ちゃん母ちゃんこんな俺の世話をしてくれてありがとう



516 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:15:30.87 ID:JMWvkSld0
おいおい、そんなことより>>1よ。聞いてくれよ。
昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。
そしたらなんか通夜が終わって病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら
その荷物の中に俺宛に手紙が入ってたんです。
で、よく見たらなんか「わたしの人生は普通の人よりも短かった、だけど〇〇君と一緒に
過ごせたことで普通の人よりもずっと幸せな日々を送れた」、とか書いてあるんです。 もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前な、そんなこといまさら言ってんじゃねーよ、ボケが。死んだ後だよ、もうお前いねぇんだよ。
なんか最後の方はろくに起き上がれもしなかったくせに。弱々しい字で必死で書いてたのか。おめでてーな。
よーし〇〇君のことずっと見守ってるぞー、とか書いてるの。もう見てらんない。
お前な、俺だってまだ言いたいこと沢山あったんだから生き返ってこいと。
愛の言葉ってのはな、もっと生きてるうちに伝えるべきなんだよ。
初めて出会った頃みたいにドギマギして恥ずかしさの余りいつ心臓が破裂してもおかしくない、
言おうか言わざるべきか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。今になってこんな事言い出すやつは、すっこんでろ。
で、やっと涙堪えながら読み終わったと思ったら、最後の方に、「わたしの事は忘れて他の人と幸せになって欲しい」、
とか書いてあるんです。 そこでまたぶち切れですよ。
あのな、俺はお前がホントに死んだなんて信じらんねーんだよ。ボケが。 得意げな顔して何が、見守ってる、だ。
お前は本当にこの世にいないのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、これは全部タチの悪い夢でホントはどっかで生きてるんちゃうんかと。
独り残された俺から言わせてもらえば今、お前に対してできる供養はやっぱり、 お前の事を忘れないこと、これだね。
たとえジジイになってボケたとしても。これが俺の生き方。
お前との思い出ってのは俺には辛すぎる。そん代わり忘れない。これ。 で、それにお前の事をずっと想い続ける。これ最強。
しかしこれを貫くと次から恋人が2度と出来ないかもしれないという危険も伴う、諸刃の剣。 軟弱者にはお薦め出来ない。
まあお前みたいな寂しがりやは、俺がいつかそっちに行くまで待ってなさいってこった。



517 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:16:24.71 ID:JMWvkSld0
22 :大人の名無しさん :04/06/09 01:33 ID:biqi9haY
20代の上に泣けるほどの話じゃないが。


毎日毎日眠い。どんなに寝ても眠い。
おかしいと思い病院に行ったのは2年前。
3ヶ月に渡る様々な検査の結果、過眠症と診断された。
しかしそのころにはもう既に職務怠慢で会社を解雇されていた。
薬を使って眠気を抑える事になり、念には念をと行った検査で不整脈が見つかった。
結果、薬は使えない。カフェインすらも飲めない。
同じ眠りに関する病気なのに、不眠症とは世間のイメージがまったく違う。
認められない悔しさを恋人にぶつけた。
思えば、理不尽で自分勝手な言い分だったのに、それを恋人はじっと聞きつづけた。
言い返すこともせず、慰めることもせず、俺の暴力にじっと耐え続けた。
俺が突然眠ってしまうと、細い腕で一生懸命布団まで引きずってくれた。
彼女の趣味である映画に行っても必ず寝てしまう俺を、責めなかった。
今だ無職で結婚の予定など立てれるはずもない俺に、付き合い続けてくれる。
俺が車を運転するのは危険だからと取得した運転免許、最初は危なっかしかった運転
も、最近では俺より上手いくらいだ。

時々、深夜に目を覚ます。
丁度今もパソコンの光に照らされた彼女の顔が見える。
目を覚ましたばかりのときだけは、眠気はない。
隣に彼女が寝ているのを見ると、涙が出てくる。
ごめんとありがとうを泣き声交じりの声で言った。
彼女には、感謝してもしきれない。

とりあえず心臓を治して、薬を飲める体にしよう。
彼女を幸せにできる体になりたい。



519 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:17:43.81 ID:JMWvkSld0
70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/10/17(水) 02:22:16.22 ID:FYgGyfSfO
19の時、妹が産まれた。友達から「お前の子供だろー!」なんてからかいも受けたりした。
でも、高齢出産だったかあさんはそれが元で、体がおかしくなった。
無理して産むから!妹なんていらない!なんで子供が出来るん?!
って、思った。
正直、その時は妹が嫌いだった。余計な「物」だった。
気持ち良さそうに寝ている姿にムカついた。
結局、かあさんは出産のために入った病院から出ることなく家には帰ってこなかった
妹を殺してやろうと思った。大嫌いだった。絶対面倒なんて見ないって思った。
でも、父さんは違った。
自分の子供だからね。かあさんとの子供だからね。
そう思った。
お葬式が終わって、49日の法要の日がきた。それまでほとんど家には帰らなかった。
妹がいる家にはいたくなかった。
法要のあと、父さんに呼ばれた。話があるって。
リビングのソファーに父さんが座ってた。そばで妹が寝ていた。
泣いた。すごく泣いた。父さんの話を聞いてすごく泣いた。そして、自分のバカさ加減に情けなくなった。
かあさんは元々体が悪かった。ずっと昔から。私を産む時も家族・親戚中から反対されてた。
でも、私を産んでくれた。
妹を妊娠した時も医者に止められていた。せっかく授かったかけがえのない命を無駄にしない!って医者に言った
どうせ長くないみたいだから、あなたとあの子に最後のプレゼント。そう父さんに言った。
私が死んで、あなたが死んでも、これであの子は一人ぼっちにはならない。そう父さんに言った。
ごめん、もうかけない



520 1/2投稿日:2008/01/05(土) 11:19:11.12 ID:JMWvkSld0
「我、死す。 されど、屈せず。 さらば、祖国よ―」
1941年6月22日、独ソ開戦から1ヶ月にして、ワルシャワとモスクワの中間都市ミンスクは、
ヒトラーの電撃作戦に敗れ、陥落。
イジニエフ・アリスコビッチは、この遺書をしたため、戦闘に参加した。
そして、皮肉なことに、遺書をしたためた彼だけが生き残った。

1945年のドイツ降伏まで、彼は捕虜として過酷な収容所生活を送り、
やっと祖国に帰国した彼を待っていたのは「ソビエトも負けたところがある」ことを認めたくなかったスターリンによる、
「イジニエフは対ドイツ協力者、裏切り者である」としてシベリア送りにする陰謀だった。

やがて、時は流れ、スターリンは失脚。
後に立ったフルチショフによるスターリン批判により、「ナチス・ドイツに対して勇敢に戦った者達」として、
ミンスクとブレスト要塞が「英雄都市」として、祭り上げられると同時に
イジニエフは「ソビエト最大の裏切り者」から、一日にして「ソビエト最大の英雄」に成る。

ソビエトという国家は手の平を返したようにイジニエフを賞賛し、数多くの勲章を送る。
だがイジニエフは、英雄に成ったからといって奢るでもなく、
シベリア送りに成っていたからといって、いじけるでもなく、
 「私は単なる共産主義者。単なる労働者に過ぎない」
と、言って、数多くの「英雄」としての名誉職をすべて断り、
一人の労働者として、鉄道整備をしながら人生を過ごした。

そして、晩年を迎えようとする彼の人生に一つの事件が起きる。
チェルノブイリ原子力発電所の事故である。



521 2/2投稿日:2008/01/05(土) 11:19:42.17 ID:JMWvkSld0
「私がいなかったら、誰が列車を動かすんだ?」

彼はただ、それだけを言うと、次々と逃げ出した同僚を尻目に
避難者で満員の列車を一人で動かしつづけた。
汚染地域の上を何往復も…

やがて、すべてが終わった時、イジニエフは血を吐いた。
放射能症である。

医者すらも、「イジニエフを治療すると自分が危ない」として、治療を断わる始末。
チェルノブイリ原子力発電所の事故は、崩壊しつつあったソビエトという国家そのものを
象徴していたとも言える。

「一人の労働者」として働き続け、ようやく稼いだイジニエフの持つ「ルーブル」は、
インフレにより一夜にして紙クズと変り、貰った数多くの勲章は、何の価値も無いガラクタなっていた。

そして、イジニエフは死にかけていた。

病床のイジニエフが、同じく死にかけていたソビエトに対して、遺した言葉がある。

 「我、死す。されど、屈せず。 さらば、祖国よ―」

1991年12月21日。イジニエフ、放射能症により死去。
それは奇しくも、彼が別れを告げた祖国・ソビエト連邦が消滅したのと同じ日であった。



522 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:21:50.54 ID:JMWvkSld0
419 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 2005/04/26(火) 05:02:18 ID:k2mwGjxz
通勤で電車を利用しないけど、私用でたまに電車を利用したときは
周囲に老人が立っていると、席を譲るようにしている。
一昨年の花見の帰り、すっかり寝入った三歳の息子を抱っこして
電車に乗りました。
歩きつかれたのと、それまで子供を抱っこしていたのとで、電車に乗った時点で
疲労の極致。すし詰めではないが、空いている座席は見当たらない。
電車に乗るまでは家内と交互に抱っこしていたが、車内で抱きかえると
迷惑になるかなと言うぐらいには混雑している。
下車する駅に着くまでの三十分は抱き続けか、かなりの地獄だなと
息子を抱えたまま悲痛な顔になると、目の前に座っていた老人が立ち上がり
「座りなさい。ほら、ここ、ここ」と席を譲ってくれた。
「いえいえ、平気です。そんなわけにはいきません」と、やせ我慢しようとしたら
「覚えてないんだね。あんた、以前、私に席を譲ってくれたじゃないか」と、
「助かります」と、家内に子供を抱かせて座らせた。
情けは人のためならずと、ちょっと涙が出そうになった。
お爺さん、ありがとうね。



523 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:23:41.47 ID:5eEo3v5v0
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃┏━━━━━━━━━━┓┃
┃┃                   ┃┃
┃┃   J('ー`)し       ┃┃
┃┃    (  )\('∀`).   .┃┃
┃┃    │|  (_ _)ヾ    ┃┃
┃┗━━━━━━━━━━┛┃
┗━━━━━━━━━━━━┛

初めて動物園に行った時の写真だ。
母はそれを肌身離さずいつも持っていた。


   せ・先生、あらもう診察の時間?

 |
 |   /J( ゚∀゚)し     ('ー` ;) カ・カーチャンオレダヨ
 |   |  (  /⌒⌒⌒ヽ (  )  タケシダヨ・・・
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    きゃはは 先生ったら冗談ばっかり!

 |
 |   /J( ゚∀゚)し     ('ー` ;)  ・・・・・・・
 |   |  (  /⌒⌒⌒ヽ (  )  ・・・・・・・・
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



524 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:24:11.66 ID:5eEo3v5v0
  ねえねえ 先生!これ見て見て
  うちの息子のタケシなのかわいいでしょ
 |          ◇
 |   /J( ゚∀゚)/    ヾ('ー` ;) 
 |   |  (  /⌒⌒⌒ヽ (  )  
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    

 |                    モレ、コノシャシン トッタアト
 |   /J( ゚∀゚)し     ('ー` ;)  オシッコ モラシチャッタヨ ネ
 |   |  (  /⌒⌒⌒ヽ□ヽ )   カーチャン・・・
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    そーなのよー もう大変だったの
     でもかわいい息子でしょ?
 |                    
 |   / J( ゚∀)ゞ     ('ー` ;)  ウン・・・・・
 |   |  (  /⌒⌒⌒ヽ□ヽ )   
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



525 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:24:51.29 ID:5eEo3v5v0
    あら、そういえばタケシ
    どこいっちゃったのかしら???
 |                    
 |   J(∀゚=゚∀゚)し    ('ー` ;)  カ・カーチャン・・・・
 |   |  (  /⌒⌒⌒ヽ□ヽ )   
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ちょっと!!あんた誰? なぜ私の
   大事な写真を取ったの??ドロボー!!!
 |                    
 |   /J(# `Д)/    ('ー` ;)  ス・スミマセン・・・
 |   |  (  /⌒⌒⌒ヽ□ヽ )   
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     かえせ!!! バカヤロー!!
 |          ◇         
 |   /J(# `Д)/ ヾ ('ー` ;)  
 |   |  (  /⌒⌒⌒ヽヽ )   
 |   |/ /     /|│|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



527 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:25:34.66 ID:5eEo3v5v0
     脳細胞が破壊される病気で現代の医学では
 |    お手上げなんです。徐々に記憶がなくなって
 |     そのうち心肺機能も停止してしまいます。
 | 
 |          ◎__,,     < ̄>
 |    (; 'A`)  (゙A゙ )   J(‘A‘ )し
 |     (ヽ )   ヽ(  )    (y )
/ ̄ ̄ ̄□>> ̄ くく□ ̄ ̄ ̄|│ ̄ ̄

     
    あれ?おじさんだあれ?
     私のお父さんとお母さんはどこ?

 |
 |   /J( ゚A゚)し      ('A` ;) カーチャン
 |   |  (  /⌒⌒⌒ヽ (  )  タケシダヨ・・・
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     お家へ帰りたいよう・・・
     おかあさーーーーん
 |
 |   /J( 'Д`)し      ('A` ;) ・・・・・・・・
 |   |  (  /⌒⌒⌒ヽ (  )  
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



528 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:26:14.77 ID:5eEo3v5v0
    |          ジリリリリリーーーーン
    |   ( 'A`)               
   / ̄ ̄ヘヘ ) ̄苗 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       


       エエ !? カーチャン ガ ??
    |   
    |   (゚A゚ ;】>              
   / ̄ ̄ヘヘ )~~~田 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   

    もう脳の機能も低下して記憶そのものも
    ない状態です・・・
 | 
 |          ◎__,,     < ̄>
 |    (; 'A`)  (゙A゙ )   J(‘A‘ )し
 |     (ヽ )   ヽ(  )    (y )
/ ̄ ̄ ̄□>> ̄ くく□ ̄ ̄ ̄|│ ̄ ̄


 |
 |   /~|          ('A` ;) ・・・・・・・・
 |   |J( 'A`)/⌒⌒⌒ヽ (  )  
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



529 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:26:46.25 ID:5eEo3v5v0
                   カーチャン ドウブツエン ニ イクヒ
                   イッショ ニ オベントウ ヲ ツクッタノ
 |                   オボエテルカイ?
 |   /~|          ('ー` ;) 
 |   |J( 'A`)/⌒⌒⌒ヽ (  )  
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                   モレ、オニギリニギッタヨ
                   ナカナカ ウマク ニギレナカッタ
 |                   デモ カーチャン ホメテ クレタ
 |   /~|          ('ー` ;)  オカズハ タマゴヤキト
 |   |J( 'A`)/⌒⌒⌒ヽ (  )   ウインナー・・・・・
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                   ウーン・・・
                   アト ナニガ ハイッテタカ
 |                   オモイダセナイヤ・・・
 |   /~|          ('ー` ;) 
 |   |J( 'A`)/⌒⌒⌒ヽ (  )  
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



530 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:27:21.51 ID:5eEo3v5v0
    ア・アスパラ・・・ベーコン巻き・・               
                   
 |                   
 |   /~|          (゚A゚ ;)   カ・カーチャン???
 |   |J( 'A`)/⌒⌒⌒ヽ (  )  
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    
     あと・・・肉じゃが・・・ね・・・     
                   
 |                   
 |   /~|          (゚∀゚ ;)   キオク ガ モドッタノ??
 |   |J( 'ー`)/⌒⌒⌒ヽヾ( ヾ)  
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     お弁当おいしかったかい?     
                   
 |                    ウン! カーチャンノオベントウ
 |   /~|         (∀` ;)   オイシイヨ
 |   |J( 'ー`)/⌒⌒⌒ヽヾ( ヾ)  
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄



531 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:27:56.62 ID:5eEo3v5v0
     ぞうさん 大きかったねー     
                   
 |                    ウン! ゾウサン
 |   /~|         (∀` ;)   スッゴイオオキカッタヨ!!
 |   |J( 'ー`)/⌒⌒⌒ヽヾ( ヾ)  
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     タケシ・・・・     
                   
 |                    
 |   /~|         (∀` ;)   ン?ナニカーチャン?
 |   |J( 'ー`)/⌒⌒⌒ヽヾ( ヾ)  
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     動物園楽しいかい?     
                   
 |                    タ・タノシイヨ!!
 |   /~|         (∀` ;)   スッゴクタノシイヨ
 |   |J( 'ー`)/⌒⌒⌒ヽヾ( ヾ)  
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄



532 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:29:25.90 ID:5eEo3v5v0
     ・・・・・・・・・     
                   
 |                    
 |   /~|         (∀` ;)   カ・カーチャン??
 |   |J( 'ー`)/⌒⌒⌒ヽヾ( ヾ)  
 |   |/ /     /| │|
/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



533 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:29:47.44 ID:5eEo3v5v0
その後 カーチャンは二度と目を覚まさなかった。
脳の記憶が薄れていく中、カーチャンは懸命に
動物園の時の記憶を漏れの為に最後まで
残してくれていたのかもしれない・・・

カーチャンの枕の下には動物園の写真があった。
その写真のネガはもうなく、動物園に行った時の
たった1枚の写真だった。
漏れは棺おけの中に動物園の写真を入れた。





     タケシ、お弁当食べよっか?

              J( 'ー`)し     ウン!!
               (  )\(∀` ).
               │|  (_ _)ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





534 1/4投稿日:2008/01/05(土) 11:30:37.65 ID:JMWvkSld0
さよなら、にちゃんねる

テレビにニュース速報が入る。
俺は慌ててパソコンを立ち上げ、そして気付く。
「あぁ、2chは閉鎖したんだっけ……」
テレビからは現場の慌しい状況が伝わってくる。
もし2chがあったら、どういうスレが立っているのだろう。
重複スレが沢山できて、それで荒らしとかやってきて……
テレビでは相変わらず、レポーターが必死で現場の状況を伝えている。
可愛いレポーターだ。俺は、頭の中で「萌え~」というレスを
つけている自分を想像した。
後ろの群集がテレビに向かって挑発的なポーズを取っている。
「なんだ、あのドキュソ」「厨房氏ね」……
俺はたまらなくなり、無いとは分かっていながら再び2chにアクセスした。
しかし、画面には一言「閉鎖したのです。。。」とだけしか表示されない。
何度リロードしても変わらない。あの日以来、2chは止まったのだ。
どうやら犯人が逮捕されたようだ。相変わらず可愛いレポーターが
その状況を伝えている。
「さよなら、にちゃんねる」
俺はお気に入りから2chを削除し、そして騒がしいニュースを冷めた目で
見るのであった。



535 2/4投稿日:2008/01/05(土) 11:31:15.29 ID:JMWvkSld0
その日はいつもと変わらずに暑い日だった。俺は残った仕事を片づけようと、
一人オフィスに残ってパソコンに向かっていた。そろそろ仕事を切り上げよう
かと思ったその時、メールが送られてきたことを知らせる聞きなれた電子音
が鳴った。
「ん?」
俺はメールに目を走らせた。差出人は・・・知らない名前だ。
「いたずらか宣伝かぁ?」
あまり深くは考えずに、メールの中身をチェックする。
するとそこには、懐かしいあのキャラクターがあるではないか。
「モナー・・・」

もう3年も前になる。自らの巨大さに耐え切れずに陥落した超巨大掲示板
「2ちゃんねる」。その存在に終止符をつけたのは、今日のような暑い夏だった。
奇しくもその日は、俺の学生時代における「最後の夏休みの日」でもあった。
あれから社会人となり、そこそこ平凡な日々を送ってきた。だが2ちゃんねるが
存在していたときのように、気持ちが熱く高ぶることはほぼなかった。



536 3/4投稿日:2008/01/05(土) 11:31:47.02 ID:JMWvkSld0
モナーを見る俺の胸に、熱いものが込み上げてきた。モナーの輪郭がにじんで
見える。終ってしまった夏休み。俺は居たたまれなくなり、かつて2ちゃんねるが
存在していた場所へアクセスする。驚くことにそこには大きく「2ちゃんねる」の文字。
「復活しましたです。」飄々としたそのレスは、紛れもなくひろゆきのものだった。
規模は縮小されているものの、雰囲気はほぼかつてのまま。駄スレが乱立し煽りが
飛び交う。俺の腕は信じられないものを見たかのように、小刻みに震えていた。

終ってしまった夏休みが、帰ってきたのだ。



537 4/4投稿日:2008/01/05(土) 11:32:30.61 ID:JMWvkSld0
ミーンミンミンミーーン・・・
床板がきしむ縁側から、空を仰ぎ見る。
私は、この時期が来ると、決まってあの伝説の掲示板を思い出す。
「2ちゃんねる」
もう60年も前になるだろうか。
これが存在した時は、私の人生の黄金期だ。
閉鎖後、徐々にインターネットの規制が厳しくなり、
煽りやネタも忌み嫌われるつまらない世界になった。
大学を中退したことは後悔していない。
優良企業をやめたことも後悔していない。
幸いにも天職が見つかり、40近くにして妻も見つかった。

回想に耽っているところへ、孫が私を現実に呼び戻した。
私の持っているリモコンを指して言う。
「おじーちゃん、2チャンネルつけて。」
「ん、あぁ。2ちゃんねるか。どれ」
一瞬ドキッとしながら、ネットワーク3Dパソコンテレビのスイッチを押す。
しかし・・・2チャンネルは使われていなかったはずだ。
首を傾げながら、2のボタンを押す。
そこには、懐かしい壷の陳腐な2Dグラフィックがあった。
「逝ってよし!」「オマエモナー!」「1の主治医です」
日付は、2001年8月25日のままだ。
そうか・・・あのひろゆきの小せがれが・・・。
涙が止まらない。
60年ぶりに元厨房が作り出す駄スレの饗宴に酔いしれた。
ありがとうありがとう。。。



538 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:33:59.66 ID:JMWvkSld0
はぐれメタルの経験値がなんで高いのかって?
そりゃ、勇者達になかなか倒されないから長いこと生きてるわけよ
スライムなんか最初の町出てすぐいるじゃん?
全然長生きできないわけ。だから経験値も少ないわけ
でもはぐれメタルは逃げたりして長生きしてんの
一生懸命生きて、生活してんの
働いたり、恋愛したり、結婚したり、そりゃ一生懸命
結婚したら子供は何匹つくるか悩んだりして
養育費をどうしようとか、小学校卒業したら私立中学校に入れるかとか
ローン組んで一戸建て買うか、それともアパートでこのまま暮らすかとか
安月給で嫁さんに怒られたりとか、それでも嫁さん愛してたりとか
頑張って生きてるわけ。だから人生経験も豊富
そりゃ経験値も高くなるわ

ところでさ、はぐれメタルがなかなか逃げないときあるじゃん
あれってさ、はぐれメタルの親父が時間稼ぎしてんの
子供と奥さんだけは絶対に守りたいから
勇者達が自分に夢中になってる間に嫁さんと子供逃がしてんの
自分が死んでも家族が幸せに生きてくれるならって、自分を犠牲にしてさ
そんなことってできるか普通。自分を犠牲にだなんて
だから、はぐれメタルの親父は本当に偉大だなって思うよ俺



542 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:37:53.88 ID:JMWvkSld0
阪神大震災後のはなし
当時オレはあるファミレスの店員をしていて、
震災後、ボランティアでバイキングのみのメニューを無料で提供する事になった
開店と同時に満席になって席待ちの列、繁忙期以上の忙しさだった
お客さんの中には着の身着のままで来る人がいて、
他のお客さんが「自分は家が残っているし、帰れば着る物がある」と言って
上着を差し出す光景を時折目にして、目頭が熱くなったのを覚えている

昼を過ぎた頃、待ち列の中にやたら身奇麗でアクセをジャラジャラ付けた若い男女二組がいた
彼等は使い捨てカメラで撮影してはギャーギャー騒いでいた
さらに彼等は皆が我慢して並んでいる中、「はやく席に案内してよ」と文句を言うばかりか、
「席に着いたら、即ビール4つね」「わたしパフェたべたーいw」とワガママ放題
見るに見かねてケンカ覚悟で退店願おうとしたその時、
一人の御老人が「あんたら、観光に来たのなら、頼むから帰ってくれないか!」
と涙ながらに訴えた
すると彼等は「カンケーないよw」「ナニか言ってるーw」とケラケラ笑って茶化すだけ
さすがに頭に来たオレが「申し訳ないですが、出て行ってもらえますか?」
と啖呵をきった瞬間、オレの肩をポンと叩いて前に割って入る男性がいた
男性は腕まくりをして見事な刺青を見せ付け、傍若無人な若者たちの前に立つと
「オイ、にいちゃんら はよおうちに帰って、テレビでも見とかんかい!」と一喝
彼等は黙ってスゴスゴと、埃一つ付いてない国産高級車で帰っていった

その後、ヤのつくヒトであろう男性は帰り際、
「店員さんはケンカしちゃいかんよ、そういうのはワシらの仕事やからw」
「食事ありがとう、おいしかったよ」と言って店を後にした
その時の男性の埃まみれのパンチパーマにヒビの入ったサングラス、
少し足を引きずって歩いて帰っていく姿が印象的だった



544 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:44:14.75 ID:JMWvkSld0
俺んち母子家庭で貧乏だったから、ファミコン買えなかったよ。。。
すっげーうらやましかったな、持ってる奴が。俺が小6のときにクラスの給食費が無くなった時なんて、
「ファミコン持ってない奴が怪しい」なんて、真っ先に疑われたっけ。
貧乏の家になんか生まれてこなきゃよかった!って悪態ついたときの
母の悲しそうな目、今でも忘れないなぁ、、。
どーしても欲しくって、中学の時に新聞配達して金貯めた。
これでようやく遊べると思ったんだけど、ニチイのゲーム売り場の
前まで来て買うのやめた。そのかわりに小3の妹にアシックスの
ジャージを買ってやった。いままで俺のお下がりを折って着ていたから。
母にはハンドクリーム買ってやった。いっつも手が荒れてたから。

去年俺は結婚したんだけど、
結婚式前日に母に大事そうに錆びた ハンドクリームの缶を見せられた。
泣いたね、、。
初めて言ったよ「生んでくれてありがとう」って。



545 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:47:00.40 ID:JMWvkSld0
186 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/09(水) 23:33:30 ID:g5FQzX2v
当時中1くらいだった俺は新テーマパークって遊園地経営ゲームをしていた
ゲームは3歳の頃からしていたくらいのオタだが所詮は中学生
初めての経営物が上手くいくわけもなく赤字決算が続いていた
このままでは俺の遊園地は赤字で潰れてしまう
どうしようと思ってた矢先に裏技の情報が舞い込んだ

その裏技は「お客さんが店に並んで会計をする瞬間に値段を上げればいくらでもぼったくれる」という裏技だった
経営難の俺は早速その裏技を実行する事にした
ターゲットにした「若者(男)」がコーラショップに入った瞬間に俺は120円のコーラを9999円に値上げ
もちろんそのまま売れて普段のコーラ80杯分の値段で売った俺はホクホク顔

しかしそこで俺は気がついた
「この店の商品は高すぎる!」のマークを出しながら若者がパークをウロウロし始めたのだ
てっきり無一文になったらさっさと帰ると思っていた俺がその若者にチェックマークを付けて追跡すると
怒りのマークを外したけどお金が無いため何も出来ずうろうろする若者
無一文のためにアトラクションに乗れず目の前に置いてあるベンチに座ってひたすら眺めてる若者
ゲームショップを横切るも「お金が無いよ」のマークをだして名残惜しそうに通り過ぎる若者
彼がぼったくりコーラを持ってパークを去ったのは閉園時間だった

俺はその時この若者が俺のパークに来る事をどれだけ楽しみにしていたかという事を思い知らされ涙した
その日から様々な方法を試してお客さんに高い満足を得てもらいながら利益を出す方法を研究した
いつかパークが有名になってその若者がもう一度来園してくれた時に「この遊園地は最高だ」といってもらえるように夢見て…

今でも経営物のゲームをやる時はこの時の事を思い出して良い経営者になれるように努力している。



546 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:47:41.93 ID:JMWvkSld0
81 おさかなくわえた名無しさん 2007/04/01(日) 22:24:22 ID:79z5q7nY
近所にでかい桜があって、うちの土地の前が通り道。
毎年花見帰りの奴らがうちにゴミを捨てていくから、今年からちっちゃいお地蔵さんを置いてみた。

ゴミが綺麗さっぱりなくなった。
子供が拝むからか、何人か外国人観光客が行き帰りに拝んでいた。
週の頭には、誰がしてくれたのか、赤いちゃんちゃんこが着せてあった。
それからは、お願い事の名刺がお地蔵さんの前に置かれるようになった。
とうとう今日は近所のおばあちゃんがお花をお供え。

2000円のお地蔵さんが、俺の知らない間にどんどん出世していっている。
悔しいから、お地蔵さんの待機場所を雨よけのトタン屋根から
木造のインチキお社に改造してやった。



547 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:49:17.32 ID:JMWvkSld0
588 おさかなくわえた名無しさん 2007/03/24(土) 23:22:26 ID:2Vkl9gXN
うちは親父が早く死んで、当然働かなきゃならなかった母ちゃんは
疲れきった中、それでも毎食作ってくれるんだが、どうにも料理が下手で
しかも上達に費やす時間も体力もなかった。
(目玉焼きはガチガチ、トンカツは豚肉を生卵に浸して出してパン粉ぶっ掛けて
ちょwこげてるwwくらいまで揚げる物だ、付け合せのキャベツは千切りなんだが、粗い粗い。)

小5の時、親友の誕生日に俺と弟が夕飯に呼んでもらって
そこんちで食ったトンカツの美味いこと美味いこと、弟と思わず顔見合わせて
机の下で互いの腿たたきあったくらいのうまさだったんだが、さすがに子供心に
ここで美味いと大騒ぎしたら母ちゃんが恥かく…と以心伝心、大騒ぎせず他の子にあわせ
「すごくおいしいです!」「Aのお母さん料理上手だね」と感動を極めて抑えて伝え、
帰り際に「今日はごちそうさまでした、あの……」と切り出し、作り方を訊いた。
まあなんてことはない、肉をちゃんと叩いて筋切って、まず小麦粉軽くまぶして、
溶いた卵に塩コショウとニンニクを混ぜたものに浸して、パン粉を付けて
キツネ色に揚げて、キッチンペーパーで油きってから盛り合わせる、食べる時は
ソースとともにカラシをつける、くらいのごく普通のトンカツなんだが
あの美味さに感動して以来十数年、他の料理も俺か弟が作った方が美味いから
大抵作るようになったものの、とにかくトンカツだけは俺と弟専門料理になった。
今でも弟が帰ってくると、じゃ今日はトンカツやるか、同じ作り方でヒレカツいくか、
エビフライいくか、という流れになる。



548 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:52:14.55 ID:JMWvkSld0
22 天涯孤独(アラバマ州) [] 2007/05/25(金) 13:19:36 ID:9Q54031B0

以前観た深夜番組でダッチワイフ(性欲処理用の実物大精密人形)の製作会社の職人さんが出てた。
その人がこんなこと言ってた。

「そりゃああんまりでっかい声で言える仕事じゃねえけどさ。
 おれの仲間でも娘にばれて何年も口聞いてもらえなかったって奴居るしさ。
 ダッチワイフなんて言ったら気持ち悪いとか、変態とかさ。
 女性差別だって抗議にきた団体もあったよ。
 でもさ、ソープもそうだけど、だ~れもソープやダッチワイフと寝たいなんて
 思ってる男なんていねえんだよね。
 誰だっていい女とちゃんと恋愛して、ほれられてセックスしたいよね。
 でもさ皆が皆そんなこと出来ないじゃない。
 ましてや障害者の人なんてそんなにしょっちゅうソープ行くほどお金貰ってないしさ。
 昔一回ある施設に寄付したときがあってさ、一人の障害者が
 『ソープとか 行っても何となくいやな顔をされてるのが分かる』
 って言って自分らの寄付したダッチワイフをいとおしそうに受け取ってくれたんだよね。
 それ以来おれは 例え人におま○こ人形って言われても、
 すこしでもあういう人達が喜んでくれるような人形を研究したいわけよ」



549 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:53:16.27 ID:JMWvkSld0
チェルノブイリ事故は、メーデー前の金曜日深夜に起きた。

制御棒を完全に入れれば、炉心は止まる。
だが、中途半端に入れれば、残った核反応で
発電できるのではないか? という実験中だった。

安全装置は切られていた。
金曜日の深夜。技師や作業員たちは、
「この仕事を終えれば休める!」と意気軒昂だった。

実験は暴走という結果を生み、休みは潰れた。
災厄。炉心融解、メルトダウン。

炉心直下には、核反応を制御するための冷却水プールがあった。
メルトダウンが進めば、そのプールの水で水蒸気爆発が起きるだろう。

どうしたか?

3人の男たちが、汚染された水の中を泳いでいってプールの栓を抜いた。
彼らのことは誰も知らない。

アンドレイ・アナネンコ
ヴァレリイ・ベズパロフ
ポリス・バラノフ

彼らは、ひどい事故が「よりひどい事故」になることを防いだ。
ヨーロッパ全域が「死の森」になることを防いだ3人。
彼らのその後は、あえて語らない。



550 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:54:38.67 ID:JMWvkSld0
647 :Mr.名無しさん :03/11/14 12:14
俺が物心ついた頃から入退院を繰り返してたママンに、泣かれた事あるよ。
「母親らしい事を何ひとつしてやれなかった」つって。
馬鹿じゃなかろうか。

お前がインコに一生懸命話しかけてるの見て育ってペットショップで働いてるし、今もインコ飼ってるし。
多趣味な所も、喋り好きな所もお前ソックリじゃねーかと。

十分母親の役割果たしてるじゃねーか。満足してるっつーの。
伝えそこなったけどな('A`)



552 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:56:53.77 ID:JMWvkSld0
69 :もぐもぐ名無しさん :04/11/03 02:35:57

おれは、ガキの頃シンプルなものが好きだった。
チャーシュー麺よりラーメン
海鮮ピラフよりたまごピラフ
けんちん汁よりみそ汁
色々と具が入っているのは面倒くさく感じていた。
おれがガキのある日、
かあちゃんが「きょうはうどんにしよう」と言った。
おれは迷わず「かけうどん」(関西でいう素うどん)を要望した。
出てきたものは鶏肉やら野菜やら具沢山のうどんだった。
おれは「これ、かけうどん?」と聞くと
かあちゃんはそうだと言う。
仕方なくおれは全部喰った。
その後「かけうどん」なるものは何度も食卓に登場した。
いつもいろんなものが乗っている「かけうどん」だった。

おれも、いい年になった。
インチキ「かけうどん」のおかげかどうかは知らんが
好き嫌いもないし、いたって健康だ。



553 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:57:26.48 ID:JMWvkSld0
646 :素敵な旦那様 :2005/07/27(水) 23:42:24
今日、会社から帰ってきたら、子供二人がそれぞれ
「おかえり~」「おかえり~」
夕食の用意していた嫁も出てきて
「おかえり~」
すると小4の息子が
「父さんは三回も『ただいま~』を言わなくちゃいけないから大変だね」と言い出した。

三回も「ただいま~」を言える漏れは幸せなんだよ。
実親が離婚して、小2の時から母子家庭だった俺は、当然母親が働きに出ていたから、いつも家の鍵を首からぶら下げてた。
冬は特に、帰ってきてドア開けても寒々としてて、それだけで泣きそうになった覚えがある。
今はその寂しさを埋めるように、「おかえり」の声が待っててくれる気がする。



554 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:58:00.23 ID:JMWvkSld0
168 :可愛い奥様 :2005/06/03(金) 15:01:57 ID:wZ1+jOYC
お母さんに会いたいなー。

何でもいいからお母さんの作ったもの食べたい。
凝った料理じゃなくていいんだ。
茹でたとうきびでも枝豆いいよ。
茹でるのが面倒なら、りんご切ってくれるだけでもいい。

ただ切るだけや、茹でるだけのものでも
私が作るのとお母さんが作るのってなんか違うんだよね。

でも、父は里帰りした時に私が何か作ると
「お母さんと同じ味がする」とか
「同じ茹で加減」って言うんだ。
そうなのかな。
そうだと嬉しい。



555 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 11:59:29.70 ID:JMWvkSld0
社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。
「いつもありがとう」ってプレゼントを渡したかった。
でも照れくさいし、もし選んだプレゼントが気に入ってもらえないと怖かった。

だから「選ぶのめんどいから」って嘘ついてデパートに連れて行って、
「何でもいいから適当に買えよ」とぶっきらぼうに言うと、
「高いエプロンだけどいい?」とおずおずと見せに来て、値札見たらたった3000円。
「こんな安物かよ」とひったくって後ろ向いて、泣きそうな顔を見られないようにレジに走った。

服でもバックでも、ほかに何でもあるだろ、
財布の中に給料全部入れてきたんだぞ!って涙が出たけど、
トイレで急いで顔洗って、そ知らぬ顔で袋を渡した。

そしたら、母さんがうれしそうにそれを抱きしめたのを見て、また泣きそうになった。

いまでも帰るたびにそのエプロンつけて飯作ってくれて、ありがとう。
ほんと美味いよ。世界一だ。
いつも素直になれなくてごめん。マザコンでもいいよ、母さん大好きだ。



556 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:00:18.05 ID:ci8Dc3YbO
俺の友達が就職決まって東京に行くことになった。
その夜妹が母親に向かってわんわん泣きながら
たった一人の友達がいなくなったら俺がひとりぼっちになってしまう、可哀想だ
と言って泣いていた



色んな意味で泣いた



560 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:10:18.42 ID:JMWvkSld0
181 大人になった名無しさん sage 2005/08/25(木) 14:17:43
保守がてらに今日あったこと

一ヶ月くらい久しぶりにじぃちゃんに会った。
うちは実家からじぃちゃんの家が近いんで
逆にそうそう行くこともない。

家に録画した衛星放送のDVDを届けに来てくれた。
この歳になっても最新の家電製品をよく使えるなと思う。
旅行にはデジカメを欠かさない。
でも、実際は頑張ってマニュアル読んで何回も練習して
俺らの為に録画してくれたと思うと涙が出てくる。

久しぶりに会ったじぃちゃんはかなり老けて見えた。


 じぃちゃんはまだ生きている
 その間に孝行しなきゃ



562 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:17:02.61 ID:t5D9WPGx0
婆ちゃんちに下宿してて、就職で引っ越すことになったとき
愛用してたPCを婆ちゃんちに残してきた。
ついでに情報で使ってた教科書も置いてきた。

就職先の近くに叔母の家があったので遊びにいったら
従兄弟の小学生が婆ちゃんに写真メール送ってた。

帰郷のとき、婆ちゃんちに寄ったら、海外のサッカーチームのHP
めっちゃ履歴に入ってた。
叔父によると、ミランの選手の背番号と名前、殆ど一致してるらしい。
年賀状も自分で刷ったそうだ。
町内会のプリントとかも作っちゃうとさ。


でもな、ばーちゃん。
俺、引越し先にデスクトップがでかすぎるから置いてっただけなんだわ。
そんな、XPがギリ動く程度のPCでお礼言われても困るよ……



563 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:18:30.44 ID:SwHJ/l5t0

娘が6歳で死んだ。
ある日突然、風呂に入れている最中意識を失った。
直接の死因は心臓発作なのだが、持病のない子だったので
病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受けた。

別れた女房が「彼氏」同伴でやって来たが、
もはや俺にはその無神経に腹を立てる気力もなく
機械的に葬式をすませた。
初七日も済んで、俺は独りで映画を観にいき、娘が観たがっていた
ゴジラととっとこハム太郎の二本立てを観ることにした。
とっとこぉはしるよハム太郎♪の歌を聴いた瞬間、やっぱり俺は泣いた。
6歳にもなって活舌の悪い娘が、この歌を一生懸命覚えて、
とっとこぉ、はしゆよ、はむたよお♪と歌っていたっけ。

ハム太郎の紙コロジーだってクリスマスに買ってやるつもりだった。
女親のいない家庭だったが、少しでも女の子らしくと、
服を買うときだって、面倒がらずに吟味を重ねた。
学校だって、行きたいところに行かせてやるつもりだったし
成人式には、ちゃんと着物を着せてやるつもりだった。
女房と離婚してから俺は100%子供のために生きることにして、
必死にやってきたのに、この世に神様なんて絶対いないんだと知った。



564 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:19:15.61 ID:SwHJ/l5t0
一人になった俺は、今でもハム太郎を欠かさず観ている。
30半ばの男が、ビール飲みながらアニメを観てる光景は異様とは思うが、
なんとなく習慣で、金曜の6時半は必ずTVをつけてハム太郎にしている。
もちろん毎週泣いたりはしていない。

今朝、仕事に行くとき車の中でラジオをつけると、子供電話相談室をやっていた。
ゲストはハム太郎とたいしょうくんの声優が来ていた。
「どうしてハム太郎は、何かするとき(たーっ!)って言うんですか?」
「どうしてたいしょうくんのおへそはバッテンなんですか?」
二人の声優は「○○くん!あのね・・・」と一人一人の名前に語りかけ、
きちんとそのキャラクターを演じて答えた。

俺はまた泣いてしまった。一人でTVを習慣で観ていても平気だったのに。

聞いてくれ、ハム太郎、そしてたいしょうくん。
俺にも娘がいたんだ、男としての自分を捨てて父親としてのみ
生きる決心をさせるにふさわしい最愛の娘だった。
何枚もハム太郎の絵を描いた。何度も懸賞に応募した。
ぬいぐるみショーは地方都市優先だったから東京にはなかなか来なかった。
ハムちゃんずは、全国の子供達のスターだからそれはしょうがない。
だけど、うちの娘もずっと疑問に思っていたことがあったんだ。
それは「どうしてまいどくんはいつも目をつぶっているのか?」という疑問だ。
どうかどうか、俺の娘の名前も呼んで語りかけて答えて欲しい。

そんなバカで無茶なことを考え、嗚咽しながら俺は車を運転した。
ダメだ、ずっと冷静に暮らしているのに、ときおりこんな些細なことで
突然こんな風になってしまう。



566 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:20:54.22 ID:JMWvkSld0
113 :77:2005/10/19(木) 17:18:14 ID:RRry43tj0
俺が引きこもりをやめたのは去年の夏のことなんだけど、
いつものようにネットして2ちゃんねるしてたらモニターに小さい蟻が歩いてた。
そんなこと一度もなかったから珍しいなーとか思って見てて、
いつもの癖でマウスのポインタをその蟻に合わせたんだけど、
当たり前だけど蟻にはなんの影響もなく、歩き続けていて。
恥ずかしながら、その時初めてインターネットが仮想空間なんだなって認識できた。
結局アリにすら影響与えられないところでいい気になってたんだなって。
小さい頃にアリとかいじめてチッポケな存在だと思っていたけど、
アリに教えられたよ。
なんかマジレスしちゃって、ちょっと恥ずかしいな。



568 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:27:11.61 ID:JMWvkSld0
640 :名無しの心子知らず :2007/01/15(月) 15:08:46 ID:w8w9MLhG
数年前、事故で1週間近く意識が戻らなかった私。
当然、その一週間はなんにも記憶はないんだけど
夢で2歳半の息子をずーっと抱きしめてた。
とても暖かくていい匂いがして、心地よかった。
気づいたときにはベッドの上だったんだけど
後で聞いた話によると、息子は毎日私の母に連れられて病院に来て
私の横で「おかあたん、おかあたん、ぱっちりあけて(目を)」
と延々と言ってたらしい。
それが夢と関係あるのかどうかは分からないけど、
息子の存在が私の意識を呼び覚ましたのだと思う。

あの事故以来、なるべく穏やかに子供に接するように心がけてます。
人間、いつ死ぬか分からないから。



569 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:28:30.56 ID:JMWvkSld0
480 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 2007/01/19(金) 17:07:52 ID:f6yLzxK0
昼食にカレーうどん食べたんだけど、
受験の時期とか冬場はよく祖母がカレーうどんを作ってくれたのを思い出した。「寒くないかい?頑張ってね」
と丼をお盆にのせて部屋に持ってきてくれてた。
出前のカレーうどんは少し伸びてて、味まで祖母が作ってくれたのに似てたもんで。
デスクでなぜか泣けてきて、鼻すすりながら食べてたら、
何で泣いてる?と上司に聞かれたので、
「寒い時期、受験勉強してると祖母がよくカレーうどん作ってくれたんです」
と答えた。
そしたら、
「お前は本当に優しい子だなぁ、まだまだばぁちゃん孝行できるぞ、ほれほれ」
とハンカチで顔を拭いてくれた。
それでもっと泣いた。
正月帰省して会ったばかりなのに何故だろう。。。



570 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:29:51.57 ID:JMWvkSld0
332 名前:名無しさん@七周年 本日のレス 投稿日:2007/01/26(金) 11:25:20 b9bhucne0
某議員サイトでの自衛隊のあまりの叩かれ方に辟易してここにやってきました。
外野でボロカスに言われても、こことか見てると、分かる人は分かってるんだなって思ってほっとしました。

被災したとき、俺はまだ中学生でした。全開した家で、たまたま通りに近い部屋で寝てたので、腕の骨折だけで自力脱出できました。
奥の部屋で寝ていたオカンと妹はだめでした。
なんとかしようにも、あたりも真っ暗、俺も怪我していて手作業ではどうしようもなく、明るくなってからようやく近所の人に手伝ってもらって瓦礫をどけながら、必死で掘り返しました。
でもどうしようもなかった。
半日以上たってから、自衛隊の人を見かけて夢中で助けを呼びました。
数時間以上かけたと思います、自衛隊の皆さんは瓦礫の中から母と妹を救助してくださいました。
残念ながら母も妹はすでに亡くなっておりました。
その後、家は家事で焼け落ちました。
あの時自衛隊の皆さんが来てくださらなかったら、妹の遺骨を焼け跡から拾うことになったのかも知れません。
ボロボロになった妹の体を引きずり出して、「ごめんなぁ」とつぶやいた自衛隊の方の顔を俺は一生忘れません。
あの時は、本当にありがとうございました。
それから、俺の怪我の手当もしていただきました。ありがとうございました。

政治家が何を言おうと、俺達はあのときの皆さんに感謝しています。
本当にありがとうございました。



571 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:31:25.06 ID:fH4ivF480
ばっかじゃないの!?
なんで男ってパンツとかパンチラとかを珍重するわけ? 布じゃない!
あー、わかんない! ホント、田代とかわかんない。なんにも得るものないのに。
だからあんた達が読んでる漫画の、苺なんとかいうラブコメ…っていうか
パンツパンツ言ってるコメディもよくわかんない! 布でしょ!

だいたい他の子たちも、パンツの出るような服着すぎ! スカート短すぎ!!
うちの制服にしたってそうよ。あたしだって今着てるけど。
いや…着てるのはパンツを誰かれなく見せたいからじゃなくて…。他の子に負けたくないから。
あんただってこういう制服とか、そういうものが大好きなんでしょ!?

…ばっ! ち、違うわよ。問題なのはあたしの気持ちとかじゃなく、パンツでしょ?
パンツが見られるくらいあたしは構わないし、ただの布だって話じゃない!

だからそうじゃなくて、なんであたしがわざわざパンツの出るような服を着てるのかってこと!
あんたに、あたし以外の子を見て欲しくないから…。

…もういいでしょ? 途中からワケわかんなくなってきたから、今ならもう…ぃぃょ



572 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:34:34.30 ID:JMWvkSld0
171 :名無し@話し合い中 :2006/09/09(土) 15:01:45
息子が大好きなお饅頭食べてるとき、
パパとママどっちが好きと聞いたら少し考えてから
お饅頭2つに割って

「どっちが美味しい?」

と俺に聞いた。
まじに一級さんの生まれ変わりかもしれない。



573 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:35:56.60 ID:JMWvkSld0
766 :おさかなくわえた名無しさん :2007/02/22(木) 23:46:24 ID:58CiMhL3
小学6年の体育の授業で、「障害物リレー」なるものがあった。
障害物には私が苦手だった鉄棒の逆上がりがあった。
全員が完走したが、逆上がりできない私は一人で鉄棒でふんばってた。
ムキになって、鼻水と涙でドロドロになりながら鉄棒にかじりついてた。
でも、やっぱりできなくて、大声で叫びながら授業を放棄して教室に戻った。

という、話をイタい過去スレに書こうとしたんだけど、ここまで書いて今まで忘れてた事を思い出した。
当時の私はクラスの男子達から生理的に嫌われてて、いつもシネと言われてた。
鉄棒の時も、私のせいでチームが負けたので「ブタ死ねよ」とか「ふざけんな」と野次が飛んでいた。
女の子も先生も誰も止めなかったから、私は本当に嫌われてたんだと思う。
でも「○○、がんばれ」という声が聞こえた。

それはクラスでは「バカ担当」と言われてて、男子からもバカにされてる男の子だった。
女子からもの凄く嫌われてたけど、私とはTVの趣味が合うのでよく話してヤツだった。
給食のヨーグルトの争奪戦の時、せっかく勝ち取ったのに、
帰りに待ち伏せして、なぜか私に押し付けて変なヤツだと思ってた。
「お前と結婚してあげてもいいよ。」とみんなの前で言って、大騒ぎにして困った奴だと思ってた。

でも、すごくイイヤツだったって、今更気が付いた。
せっかくの応援を無視して逃げる私をどんな気持ちで見てたんだろう。
思い出したら涙が出てきた。
ごめんなさい、と、ありがとうを言いたい。



574 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:40:45.59 ID:JMWvkSld0
93 大人になった名無しさん 2006/11/10(金) 00:22:56
死んだ親父はよく食いに連れてってくれたな
うまいんだけど、親父は食うのが早くて、
食い終わるとじっと怒ったよな顔でオレが食べるのを見てた。
「早く食え」って言ってるみたいでちょっとヤだった。

こないだ初めて子供とラーメン屋に言ったら、やけにおいしかったらしく
ガツガツ食うわ、あせって水飲むし、ちっこい手で丼つかんでスープ飲んでハァハァいってる
可愛かった
そしたら「ねぇなんでじっと見てるん?怒ってる?」

オヤジ・・・・



577 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:55:07.55 ID:JMWvkSld0
>>576

俺思うんだ・・・。俺、死ぬ前に小学生の頃を
一日でいいから、またやってみたい
わいわい授業受けて、体育で外で遊んで、学校終わったら夕方までまた遊んだ

空き地に夕焼け、金木犀の香りの中家に帰ると、家族が「おかえり~」と迎えてくれて
TV見ながら談笑して、お母さんが晩御飯作ってくれる(ホントありがたいよな)
お風呂に入って上がったらみんな映画に夢中になってて、子供なのにさもわかってるように見入ってみたり
でも、全部見終える前に眠くなって、お部屋に戻って布団に入る
みんなのいる部屋の光が名残惜しいけど、そのうち意識がなくなって…


そして死にたい



579 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 12:58:15.25 ID:A4GZfmBaO
半年ちょい前の俺へ

そっちは午前4時だな。
部活で疲れてぐっすりだと思うが、頑張って起きろ
今から言う事をやってくれ。頼む、お前の為だから。しくじるなよ。

音をたてないようにしろ、気づかれるから。
まず、1階に降りて台所から包丁を持ってこい。
そしてお前のバカ兄貴の部屋の前に行き
ドアを開けて部屋に駆け込み一撃でぶった切れ。

バカ兄貴が首を吊ろうとしてる、その柔道の帯で作った輪っかをな。
そうしないとバカ兄貴が首吊って死んじまうぞ。
発見した時の光景と母さんの悲鳴はたぶん一生お前の頭から離れなくなる。
前日まで普通に相談に乗ってもらってた兄貴が次の日には死んでんだぞ
いなくなるんだ

あと兄貴に言ってやれ。
「さんざんアンタをバカにしてきたり、ケンカだって飽きるほどしたけど、学校じゃ自慢しまくるくらい好きなんだよ。」って

頼む。頼むよ。
頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ。
頼むよ。お願いします

「おやすみ。また明日な。」
って言ってたじゃねえか
バカ兄貴。



580 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:01:45.20 ID:mKcb3TQZ0
八月六日
ただの夏の暑い日だった
早朝起きて、郵便配達のために街を出て山を越そうとする
鳥取は遠いけどオイラの足じゃひとっ飛びさ
手紙先のおっさんは裕福だからなんかくれるだろ!
みずあめとか欲しいなぁ~


僕はね今日兵隊さんの歌を歌いながら学校に行って…
授業を楽しんでお昼になったらおかあさんのお手伝いして…
えーとね、えーとね!

やけに熱かった、
まず家の周りを水撒きして
それからラジオの修理に取り掛かった
ラジオ屋はつらいけど、この治り具合がやめられないんさ
戦争中とはいえ、ラジオは画期的さ

私は非国民とか言われた
戦争なんて殺し合いをしてはいけない
正しい事を言っているはずなのに間違ったことを言っていることなっている
今日も餓鬼共もが石を投げる
真っ先に怖い顔をしてやったさ



581 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:02:02.01 ID:fH4ivF480
俺思うんだ・・・。俺、死ぬ前に小学生の頃を
一日でいいから、またやってみたい
わいわい授業受けて、体育で外で遊んで、学校終わったら夕方までまた遊んだ
空き地に夕焼け、金木犀の香りの中家に帰ると、家族が「おかえり~」と迎えてくれて
TV見ながら談笑して、お母さんが晩御飯作ってくれる(ホントありがたいよな)
お風呂に入って上がったらみんな映画に夢中になってて、子供なのにさもわかってるように見入ってみたり
でも、全部見終える/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\部屋に戻って布団に入る
みんなのいる部屋|  うるさい黙れ   |そのうち意識がなくなっ/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \_______/ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ∨      (゚д゚ )
                  <⌒/ヽ-、__ノヽノ |
                /<_/____/ < <



582 580投稿日:2008/01/05(土) 13:02:13.10 ID:mKcb3TQZ0
なにが戦争はいけないだ
我々は悪というアメリカを倒そうとしているのは
我々には神が付き、アメリカを倒せといっている
全く、奴はどういう思考なんだ

今日夜に自殺すると思う
こんな世の中は嫌だ
いつ死ぬか分からない、ならいっそ自分の手でやったほうがいい
どうせ私は臆病者なのだ

『今日も朝からアメリカの飛行機が飛んできた』
『空襲かと思い、みなで防空壕に入った』
『案の定、何もなかった』
『きっと偵察だったのだろう』
『みんなで防空壕を出て普通に生活に戻る』


後、みな死んだという



584 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:05:14.08 ID:/OzVmvSB0
おとなしい、消極的
運動音痴
コミュニケーション能力がない
話題がなく、人と話してても途中で会話が続かなくなる
自分から孤独を望んでいる
人間関係がわずらわしく思う
社交性がない、活動的でない
本当は友達が欲しいが、出来たら出来たで関係の維持に面倒くさがり
結局は孤立していく
気が弱い
集団生活が嫌い



585 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:14:42.99 ID:JMWvkSld0
844 名前:おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日:2007/05/30(水) 21:27:08 ID:O4TUJy/z
何年前だったかな。10年以上前か・・・
テレビの深夜枠で結構ディープなドキュメンタリーやってたんだ。
高砂義勇隊の台湾ジジイが二人で戦後初めて靖国神社に参拝するって
内容だったと思う。一切日本語はしゃべらなかった。(編集でカットしてたのかな)
台湾ジジイ二人でくしゃくしゃの戦闘帽かぶってよろよろだ。
背中曲がってふうふう言いながら本殿へ歩いていくわけ。
でな、本殿へ近づくにつれてジジイの目が潤んでくるんだ。
そんで、引きつってた顔はだんだんと温和になってくるんだ。
そこで全編通じてジジイがたった一言発した日本語。

「おい!・・・会いにきたぞ!・・・」

ジジイの目に何が見えてたのか解からんが、
本殿から「なんだ藻舞ら、ジジイになりやがって」
とか聞こえてたンかも知れんな。あのシーンは忘れられん。



586 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:15:21.94 ID:JMWvkSld0
254 おさかなくわえた名無しさん :2007/04/21(土) 10:59:55 ID:BIAlOrMp
電車で帰省していた時のこと。
結構まんべんなく人が座っているくらいの乗車率で、私は優先席付近に立っ
ていたのだが、貧血を起こしてしまい床にしゃがみこんだ。

すると優先席に座っていた老夫婦の片方(おじいさん)が席を譲ってくれ
た。私も最初は遠慮したが「わしは健康だけどアンタ具合悪そうだし、優先
席はジジババの為だけのもんじゃないよ」と言って下さったし、おばあさん
のほうも勧めて下さったので座らせてもらった。貧血が回復したら立つか移動しようと思いながら。

で、しばらく座っていたら、とある停車駅でおばちゃん二人が乗ってきた。
そのおばちゃん、暫く席を探して車内をうろついていたが、生憎満席だった
らしくドアの方に戻ってきた。そしてドア付近に立ったまま喋り出したのだが
その内容が丸聞こえ。「あの子老人立たせて座ってるわよ」「私たちだって
立ってるのにねぇ」「これだから最近の若い子は……」と完全に私に文句を言っている。
なんかいたたまれなくなって立とうとするも、まだ具合が悪くて立てそうに
ない。私の様子に気付いたおばあさんが「いいのよ気にしないで」と言って下
さるものの肩身の狭い思いをしてたら、おじいさんがキレた。

おじいさんはそのおばちゃん二人に歩み寄って行って
「確かにあの子は若いが、具合が悪いからわしが席を譲ったんだ。あんたら見
た所座らなきゃいけないようなトシでも身体でもないだろうが。悪口言ってる
暇があったら少し他人のこと考えたらどうだ」
と穏やかだが説得力のある口調で窘めた。

おばちゃん二人、最初は呆然とおじいさんを見ていたが、結局コソコソと車両を移っていった。
戻ってきたおじいさんは、私に「あんなの気にする必要ないからね」と朗らかに笑っていた。
こんな人と結婚できたおばあさんは幸せだと思った。



589 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:20:43.63 ID:JMWvkSld0
790 :素敵な旦那様 :2005/08/14(日) 07:02:02
先月、俺の誕生日があった。
毎年誕生日には妻がごちそうを作り、ケーキを焼いてくれる。
特に今年は、幼稚園に入ったばかりの息子からは「パパ」というタイトルの似顔絵、
片言を喋れるようになったばかりの娘からは「パパ、チュキ」という言葉とチュウを
もらって、とても嬉しかった。
そのささやかなパーティーのあと、寝ようとしてベッドにいくと、サイドテーブルに
小さな包みが置いてあった。
あけてみると、俺が前から欲しいと思っていたフランクミュラーが入っていた。
こんな高価なものを・・・家計は大丈夫なのか。
妻に聞くと、にこにこしながら、家計からは一切出していないから安心して。
私のお金で買ったのよ、と言う。
妻は子供ができてからずっと専業主婦だし、家を買うとき妻名義の貯金もほとんど
使ってしまったから、妻個人のお金でこんな高いものを買えるはずがない。
そのとき俺の脳裏に、数日前の妻の姿が浮かんだ。
独身の頃から大事にしてきた着物を、何故か突然取り出して眺めていた妻。
いとおしそうに一枚一枚触れながら、思い出話をしていた妻。
着物用のたんすを開けると、予想したとおり、それらが何枚もなくなっていた。
妻が祖母から受け継いだという、大切な着物まで・・・
もう着ないから処分しただけよ、あなたはいつも私にプレゼントをくれるけど
私はいつもケーキくらいしか作ってあげられなかったから。
あなたのお金を使わずに、私自身のお金でプレゼントしたかったの。
あなたへの感謝は、こんなものじゃ表しきれないくらいだけど・・・。
妻はそう言った。
俺はケーキだけで充分だったのに。大事な思い出を売ってまで、プレゼントなんて
してくれなくてもよかったのに。でも、でもありがとう。とても嬉しいよ。
俺は泣いた。泣きながら妻を抱きしめた。
あれから毎日、妻のくれた時計をはめて会社に行っている。
妻の愛が詰まったこの時計を見ると、どんどんやる気がわいてくる。
これからも妻と子供のためにがんばっていこうと思う。



590 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:21:37.33 ID:JMWvkSld0
830 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/06/19(火) 11:26:58
流れぶった切ってスマン

今度の土曜日に息子が生まれて初めての運動会wwwwwwwwwwww
昨日保育園からプログラムもろたwwwwww
先生曰く息子のやつ走るの速いらしいwwwwwwwwwww
しかもリレーの選手とかwwwwwwwwwwww
みwなwぎwっwてwきwたwwwwww
もう実家に電話しまくったwww
俺のオトンオカン気合い入りまくりwwwちょっと引くwww
もち俺の弟と妹も応援にくるwwwwww
たかが4歳のハナタレ小僧に応援に親族8人集合とかwwwwサーセンwwww


4年前。
息子は、生まれたときに肺に水が入っちゃって、
すぐ大きい病院に連れて行かないと危ない、といわれた。
俺が生まれて初めて乗った救急車が、生まれたての息子の同伴。
正直わけがわからなかった。
ついさっきまで嫁と「やったね!元気な男の子だね!」って喜んでたのに。
救急車で片道2時間の距離を運ばれ、それから1カ月保育器に入っていた。
その1カ月は俺は自宅で、嫁は実家で、息子は病院で
3人別々にくらしてたっけな。寂しかったな。

そんな息子がついに運動会デビュー。

よくここまで大きくなった。
よくここまで元気になった。
順位なんて何でもいい。ビリけっつでもいい。
土曜日は父ちゃん一番大きな声で応援するからな。



596 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:42:28.55 ID:JMWvkSld0
天国のあなたへ

  娘を背に日の丸の小旗をふって、あなたを見送ってから、もう半世紀がすぎてしまいました。
  たくましいあなたの腕に抱かれたのは、ほんのつかの間でした。
  三二歳で英霊となって天国に行ってしまったあなたは、今どうしていますか。
  私も宇宙船に乗ってあなたのおそばに行きたい。
  あなたは三二歳の青年、私は傘寿を迎える年です。
  おそばに行った時、おまえはどこの人だ、なんて言わないでね。
  よく来たと言って、あの頃のように寄り添って座らせて下さいね。
  お逢いしたら娘夫婦のこと、孫のこと、また、すぎし日のあれこれを話し、思いっきり甘えてみたい。
  あなたは優しく、そうかそうかとうなづきながら、慰め、よくがんばったねとほめて下さいね。
  そして、そちらの「きみまち坂」につれて行ってもらいたい。

  春、あでやかな桜花
  夏、なまめかしい新緑
  秋、ようえんなもみじ
  冬、清らかな雪模様

  など四季のうつろいの中を二人手をつないで歩いてみたい。
  私はお別れしてからずっとあなたを思いつづけ、愛情を支えにして生きて参りました。
  もう一度あなたの腕に抱かれ、ねむりたいものです。
  力いっぱい抱きしめて絶対にはなさないで下さいね。



*主人は昭和14年9月に中国山西省で戦死しました。当時の軍事郵便は検閲されました。
  今回そのころ自由に書けなかった思いの万分の一を書きました。
  すっきりして若返ったような気持ちです。



597 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:43:36.64 ID:JMWvkSld0
ヘタレプログラマーは,今日も仕事で疲れきって,遅くなって家に帰ってきた。
すると,彼の5歳になる娘がドアのところで待っていたのである。彼は驚いて言った。
「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」
「パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど」
「なんだ?」
「パパは,1時間にいくらお金をかせぐの?」
「お前には関係ないことだ」ヘタレプログラマーである父親はイライラして言った。
「なんだって,そんなこと聞くんだ?」
「どうしても知りたいだけなの。1時間にいくらなの?」女の子は嘆願した。
「あまり給料は良くないさ・・・20ドルくらいだな。ただし残業代はタダだ」
「わあ」女の子は言った。「ねえ。パパ。私に10ドル貸してくれない?」
「なんだって!」疲れていた父親は激昂した。
「お前が何不自由なく暮らせるためにオレは働いているんだ。それが金が欲しいだなんて。だめだ!早く部屋に行って寝なさい!」
女の子は,黙って自分の部屋に行った。しばらくして,父親は後悔し始めた。少し厳しく叱りすぎたかもしれない...。
たぶん,娘はどうしても買わなくちゃならないものがあったのだろう。
それに,今まで娘はそんなに何かをねだるってことはしない方だった・・・ 。
男は,娘の部屋に行くと,そっとドアを開けた。
「もう,寝ちゃったかい?」彼は小さな声で言った。
「ううん。パパ」女の子の声がした。少し泣いているようだ。
「今日は長いこと働いていたし,ちょっとイライラしてたんだ・・・ほら。お前の10ドルだよ」
女の子は,ベットから起きあがって,顔を輝かせた。
「ありがとう。パパ!」そして,小さな手を枕の下に入れると,数枚の硬貨を取り出した。
父親はちょっとびっくりして言った。「おいおい。もういくらか持ってるじゃないか」
「だって足りなかったんだもん。でももう足りたよ」そして,10ドル札と硬貨を父親に差しのべて...
「パパ。私,20ドル持ってるの。これでパパの1時間を買えるよね?」



599 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:45:19.61 ID:JMWvkSld0
255 本当にあった怖い名無し sage 2007/03/22(木) 15:56:40 ID:80UrdAnb0
あるスレと重複になっちゃうんですがいいでしょうか。本当すいません。↓

御歳84になるおじいちゃんが言いました。
「僕はね、昔、まあ今もだけど。運動も勉学もロクにできなかった」
「友達もいないし。顔も悪い。いつもひとりぼっち」
「だから、死のうと思ったことがある」
「でも、死んでしまったら僕の葬式代がかかるだろう」
「役立たずの僕のためにそんな無駄なお金を使ってほしくなかったんだ」
「そこで僕は考えた。これ以上迷惑をかけないように今は死なないでおこう」
「生きて生きて、僕が死んで迷惑になる人たち皆死んでから、死のう。と」
「どこかの海か崖にでも身を投げて・・・ね」
「でもね、気付いたんだ。僕には両親がいる。兄弟がいる」
「兄弟はやがて結婚して子供を持った」
「僕も運良く結婚できて子供をもてた」
「僕が生きている以上、つながりが消えることはないんだ・・・ってね」
「そして、僕は僕の大事な妻のため、子供の為に今まで生きてきた」
「その、僕の大事な子供の子供が、君です」
「ありがとう、君がいるから僕は生きています」

病院で自傷による出血多量の手当てのため入院していた、僕に向かって。

それからしばらくして。
おじいちゃんは死にました。
葬式の会場で
「すまないねえ」
というおじいちゃんの声を、身内の者のほとんどが聞いたそうです。
僕も、聞きました。

もうすぐ月命日です。思い出したのでなんとなく。



600 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:45:52.15 ID:JMWvkSld0
954 名前:全米のこころがあたたまった  投稿日:2005/11/08(火) 12:56:05 ID:CTGfJM3VO
待ち合わせた彼女を待ってて見かけたのは、大学生風のカップルだった
男が女の子の正面に立って、何かしきりに手を動かしてた。手話だ
彼はやっと手話を覚えたこと、覚えるのは結構大変だったこと
女の子を驚かせようとして、その日まで秘密にしてたことを伝え、
女の子の方は彼が勉強してることを知らなかったこと、本当に驚いたこと、
嬉しいと思っていることを伝えて、そのうちもどかしくなったのか彼の手を握って
2度3度、嬉しそうにその場でほんの少し飛び跳ねてみたりしてた
悪趣味な盗み聞きだとは解ってたけど、その時ようやく手話を使いこなせる
様になったばかりの俺には、それは例えば外国の街で突然耳に入ってきた
日本語が気になる様に、申し訳ないけどどうしても気になる光景だった
たぶん、俺はにやけてたと思う。怪しい奴に見えたかもしれない。
でも、それは微笑ましくて、こっちまで心があったかくなる光景だった
服の裾が引っ張られる感覚に振り返ると、そこに俺の彼女が来ていた
何を見てたのかとか、顔が嬉しそうだとか、もっとはやく私に気づけとか、
微妙に頬を膨らませて、もの凄い勢いで手話を繰り出す彼女に、
俺は手話でごめんなさいと伝え、ちょっと昔を思い出してたことを伝えた
それでも彼女は少し首を傾げ、その”昔”を知りたそうな表情だったけど、
俺は笑ってごまかした

今目の前にいる女の子を驚かそうと、秘密で手話を勉強してた頃の事だ
……とは、恥ずかしくて言えなかった



601 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:47:19.67 ID:JMWvkSld0
小4の夏休みプールから帰る途中、
自販機でNCAAを買おうと思ったが、財布を持ってない事に
気付いた。名札にいつも入れていた100円をあてにしたが、
名札さえ付けていなかった。
「もしかして・・・・?」と思い、自販機の下を覗き込んだ。
ほこりまみれの奥の方に100円玉を見つけた。
棒を使い必至に引っ張り出そうとした。
何度やっても上手くいかない。ドブの穴に落ちる可能性もある
慎重にゆっくり手元まで運ぶ事が出来た。
カナブンだった。



602 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:47:36.40 ID:4osHT4s30
ど→う→て→い  完成で・・・

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/12/25(火) 19:55:27.16 ID:qmd6Xi0G0
一生童貞




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/25(火) 19:55:40.46 ID:dfhYb+fI0


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/25(火) 19:56:14.58 ID:5BwK+VCb0


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/25(火) 19:56:26.10 ID:l+xwUp+G0



604 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:48:43.78 ID:JMWvkSld0
544 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2007/01/27(土) 18:19:15 ID:c6SIHnOo0
高校最後の修学旅行の班決めの日、中2病の俺は一人余ってしまった。その日遅刻してきたアキバ系Yと学校をサボったと
思われる不良Tと班を組むことになってしまった。当日、行きのバスでは終始無言だった。
宿に着き、夕飯までの自由時間に三人部屋の隅っこでMDを聞いていた俺とT。Yはノーパソでゲームをしていた。
しばらくしてYのやっているゲームがドラクエⅢであることに気が付き俺がYに初めて話しかけた。ドラクエトークをしていると
Tも入ってきて夕食の時間まで懐かしいゲームの話で盛り上がった。打ち解けて消灯までの時間もゲーム以外の話をしたり
売店で買ってきたトランプをしたりもした。楽しかった。消灯し、しばらく色んな話をしていたがTがタバコが切れたから買ってきたい
と言い出した。少し戸惑ったが俺とYはタバコを買いに行くのに付いて行った。11時までじゃないとタバコの自動販売機が終わって
しまうらしく山道を3人で駆け下りてなんとか自動販売機にたどり着いた。自動販売機を見つけたときは俺もYも少しはしゃいでしまった。
あの日の夜中の山道は俺の唯一の青春。
次の日からスウェットのTとアキバスタイルのYとジャケットからシャツの襟を無駄に出した俺という異様な組み合わせで一緒に長崎を観光
した。ゲーセンに寄ってYのゲームに付き合ったり、Tが調子に乗ってナンパして一人も引っかからないのを笑って見てたり、
地元のヤンキーに絡まれたりしたがTがボコボコにして必死に逃げたり…そんな漫画が読みたい。



609 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:54:25.98 ID:JMWvkSld0
J( 'ー`)し たけしへげんきですか。いまめーるしてます

(`Д)   うるさい死ね メールすんな殺すぞ

J( 'ー`)し ごめんね。おかあさんはじめてめーるしたから、ごめんね

(`Д)   うるさいくたばれ、メールすんな

J( 'ー`)し お金ふりこんでおきました。たいせつにつかってね 食事はしていますか?

(`Д)   死ねくそ女

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            o
__        ゚ 
 母 |
 の |
 墓 |  ∴  ('A`)カーチャン..........
──┐ ∀  << )



610 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:56:22.25 ID:JMWvkSld0
「過去の自分に1通だけメールを送れるとしたら」

35 :受験番号774:04/07/31 07:11 ID:mnKjk50h
卑屈になるな。
少なくとも良い、心から信頼できるともだちをつくれ。
誰とも分かり合えないなんて勝手に思うな。おまえのおごりだ。
悪いくせだ。
最初は誰だって、誰とも分かり合えない、当然だよ違う人間なんだから?
妥協と対立と話し合いを経てみんな強くなっていくんだ
おまえはそれから逃げているだけなんだよ
おまえは決して頭が良い訳じゃない。
ちょっと勉強が出来るだけだ。
早く気付け。



611 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 13:59:06.17 ID:/F3DTNUeO
ファービーが「ナデナデシテー」ってうるさいから
頭の上にマッサージ器あてて死ぬほどナデナデしたら
「ファー…ブルスコ…ファー…ブルスコ…ファ-」ってなった。


最初は面白かったんだけど、なんかキモくなったので首元を横から思い切りチョップした

「モルスァ」みたいなこと言いながらすごい勢いで飛んで行った。



612 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 14:04:53.67 ID:JMWvkSld0
520 :呑んべぇさん :2005/12/01(木) 10:41:57
父とは仲は良いけど、俺は恥ずかしくてオヤジとは言えない関係です。
頭も良くとても尊敬できる人です。

俺が高校生のときに1人でビールを飲んでいて怒られたこともはっきり覚えている。
俺が大学に入って20歳の誕生日にはマッカランというウイスキーを送ってきた。
いつしか志向がかわり大学を中退して田舎を遠く離れてフリーターになった。
次の誕生日にはボウモアというウイスキーを送ってきた。

久々に実家に帰ると父は仕事から帰り、普段はほとんど飲まないビールを出して
「たまにはビールでも飲むか」と出してきた。

お互い恥ずかしいのか乾杯しないまま飲み始める。
「ラフロイグという酒も面白いぞ」
と教えてくれた。

俺はウイスキーにどっぷり嵌っていった。
いつの日か初めて父にラフロイグの15年という酒を送った。
喜んでくれたが「もったいなくてまだ飲んでいません」とメールが。
たしかに俺から物を送るなんてめったになかったからかもしれない。

そんな父が今年不意の事故で亡くなった。
言葉が出なかった。
家族の前であんな号泣したのは初めてだ。
贅沢は言わないから1時間でいい。
一緒にウイスキーを飲みたい。
声を聞きたい。
今でもあなたの息子であることを誇りに思っています。



614 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 14:06:12.92 ID:JMWvkSld0
大学が決まり一人暮らしの前日の日
親父が時計をくれた。
金ピカの趣味の悪そうな時計だった。
「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」
そういってた。
二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。途方にくれていた時。
ハッと気がつき、親父の時計を質にもって行った。
紛れもない偽者であることが判明した。
すぐに親父電話した。

俺「おい!偽者子供につかませんなよ!」
親父「なっあてになんねーだろ人のゆうことなんざ。困った時にこそ裏切られるんだよ
   最後の頼みの綱になー。がはははは!これが俺の教育だよ。」
親父「でいくら必要なんだ?金に困ったんだろ?」
俺「・・・・あきれるわ。十二万貸してください・・・」
親父「明日振り込むから、何があったかは聞かない。金がない理由は親にいえない事が多いわな!」
親父「がはははは!女にでもはまったか?このバカ息子が!!ははは!!」

正直心底むかついたが、親父の声は俺を安心させてくれた。
今思うと、小さい会社だが経営者らしい教育だったのかなと思う。
そんな親父も去年の夏、ガンで死んだ。往年の面影も消え、ガリガリになった親父が
また時計をくれた。まだ箱に入った買ったばかりの時計だった。必死で笑顔を作りながらいった。
親父「金に・・困ったら質にでも・・・入れろや・・!」
オメガのシーマスターだった。くしくもその日は俺の誕生日だった。

俺「親父の時計はあてになんねーから質には入れないよ。」
二人で笑った三日後、親父は死んだ・・・・
親父が死んだ今も、金ピカの時計はメッキもはげたがまだ時を刻んでいる。



616 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 14:11:35.23 ID:JMWvkSld0
ばぁちゃんが言った。
「1番は1番いいけど1番大変だよ。2番目くらいがいいんじゃないかねぇ」
僕は聞いた
「でも2番は2番目に大変なんでしょ」
ばぁちゃんは言った。
「そうだね。でもね2番には1番になるって目標があるからね、頑張れるよ」

そんなばあちゃんが病気で倒れたとき僕はばあちゃんに言った。
「ばぁちゃん、僕、ばあちゃんのことが世界で1番好きだよ。早く元気になって。
 僕をひとりにしないで」
ばあちゃんは一生懸命笑って言った
「こればっかりはやっぱり1番が1番嬉しいねぇ」

ばぁちゃん、覚えてますか?
その1番はばぁちゃんがずっと持っていてください。

僕は1番になる目標を持った2番でいいんだ。
ばぁちゃんが好きだった2番が大好きなんだ。


        2 G E T



618 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 14:14:31.81 ID:FhSmfygjO
中学生のときにハムスターを飼った。でかくなりすぎて、ペットショップの上の棚に隔離されていたいわゆる売れ残り。
すげー美人で、大人しくて、舞い上がってて、かわいがるだけかわいがって、部活で疲れてるって言い訳して、世話忘れたりとかしょっちゅうだった。
部活の引退試合が終わった次の日、眼孔から眼球が3分の2くらい飛び出ていた。
慌てて動物病院に連れて行った。眼球が乾燥しないように綿棒で薬を塗らなきゃいけないんだけど、それがつらかった。
大好きだった人参もブドウももう食べなかった。
翌朝、学校を休んで看取った。
手のなかで横たわったまま、足を走らせるようにしていた。途中何回かけいれんして、あとは短く呼吸するだけだった。
10か月しか一緒にいられなかった。自分をぶん殴りたかった。責めて欲しかった。
でも、親もハムスターも、黙ったままだった。



619 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 14:14:35.32 ID:JMWvkSld0
217 名前:Mr.名無しさん [sage] 投稿日:04/11/14 17:26:50
中学2年12月10日の俺へ

お前さ、今、原因不明のけいれん発作に悩んでるだろ、誰にも相談せずにさ。
けいれんの時の顔が「変な顔」とかもっとひどい言葉で罵られていじめられてるだろ。
病気といじめで悩んで、この日もかなりいじめられて帰ってきたんだよな。
それで、包丁持ち出して手首切ろうとしてるだろ。ホント辞めろ、頼むから。
お前度胸ないしさ、軽傷で終わるけど母さん泣かせるんだから。さらに父さんに殴られるから。

病気に効く薬、ちゃんとあるからな。いろんな病院行って2年後にそれ飲んだとき感動するよ。
お前、街中でいきなり大声でよっしゃーとか言ってガッツポーズする。でも恥ずかしいからやめておけ。
それでお前は大学入学の頃、化学を勉強して薬を作るのを一生の仕事にしようと思うわけだ。

お前の病気は完治しないんだけどさ、でもお陰で学んだことたくさんある。
死んじまったらなんにもできねぇんだ。
お前なんかよりきつい立場にいる奴いっぱいいるよ。
でも、お前の手足は薬飲んでりゃまともに動くから!

お前の切ろうとしてるその左手で、俺は新しい薬作ろうとしてんだ。
何か新しい薬作って誰かをよっしゃーって叫ばせてやろうぜ!
街中でガッツポーズとらせてやれ!ついでに恥ずかしい思いさせてやれ!
いいか、包丁は持ち出すんじゃない、それはお前の手首切るための道具じゃない。
その包丁で母さんに明日の朝飯と弁当作ってもらえ、いいな!



620 1/3投稿日:2008/01/05(土) 14:15:09.65 ID:JMWvkSld0
443 :名無しさん@├\├\廾□`/:2006/01/27(金) 14:49:28 ID:QWSgWgR0
ばあちゃん(゚Д゚)ゴルァ!

四年ぶりに田舎帰ってその帰り際に押し問答で押しきられた封筒の厚さがおかしいと思ったら
5 0 万 もはいってましたよ(゚Д゚)ゴルァ!
渡されるとき変だな変だな~って思ってましたよ(゚Д゚)ゴルァ!
1万円でも漏れには大金なのに 5 0 万 て何事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
漏れはちょっと前に事故で死にかけて、今すげー金欠ですよ
でもな、ばあちゃん
何やってんですか(゚Д゚)ゴルァ!

50万てばあちゃんその金稼ぐのにどれだけ苦労しましたか?
ばあちゃんが作ってうってる野菜ひとふくろ100円ですよ(゚Д゚)ゴルァ!
ひとふくろたった5本の胡瓜だけれどそれをつくるのにばあちゃんどれだけ苦労しましたか(゚Д゚)ゴルァ!
曲がった腰更に曲げて草取り水遣り肥料遣りに支え作り袋詰だって楽じゃないですよ(゚Д゚)ゴルァ!
ばあちゃん、体きついって、頭痛い腰痛い足痛いって言ってるじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!
ばあちゃんの胡瓜はばあちゃんの命すり減らして作ってますよ(゚Д゚)ゴルァ!

金額も金額だけど、金の価値はそれだけじゃないですよ(゚Д゚)ゴルァ!
漏れはばあちゃんの命を喰ってるようで涙が止まりませんよ(゚Д゚)ゴルァ!
田舎にも帰らず28P300円でフォモ本作って売りさばいてたりしてごめんなさい(゚Д゚)ゴルァ!
漏れの本とばあちゃんの野菜は価値が違うよ
四年ぶりに会ったばあちゃん、ちっちゃくなって
声もちいさくなって前はきりきり働き者だったのに頭痛いってずっと寝てましたよ(゚Д゚)ゴルァ!



621 2/3投稿日:2008/01/05(土) 14:15:42.60 ID:JMWvkSld0
444 :名無しさん@├\├\廾□`/:2006/01/27(金) 14:49:59 ID:QWSgWgR0
医者いってください
整体いってください
頼むから!
頼むから、ばあちゃん!
「被爆者手帳で医療費ただだから気にせんで」って
医療費ただでも交通費はただじゃないじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!

「あんたが生きててくれて嬉しいん。
このお金で車買い、今使わなくても結婚資金にすればいいから」って(゚Д゚)ゴルァ!
ばあちゃん(゚Д゚)ゴルァ!

自分どうすればいいですか(゚Д゚)ゴルァ!
結婚資金どころか相手もいないですよ(゚Д゚)ゴルァ!
ばあちゃんを安心させて喜ばせてあげたいのにそれすらできませんよ(゚Д゚)ゴルァ!

使えません、使えませんよ(゚Д゚)ゴルァ!
受け取っちゃったんで返せませんよ(゚Д゚)ゴルァ!
かえしたらばあちゃんきっと悲しむ
でも返したいですよ(゚Д゚)ゴルァ!
漏れはどうしたらいいですか(゚Д゚)ゴルァ!



622 3/3投稿日:2008/01/05(土) 14:16:13.61 ID:JMWvkSld0
漏れは悪い孫ですよ
ばあちゃんにそんなことしてもらえる価値なんてないですよ

四年も田舎に帰らなかった自分(゚Д゚)ゴルァ!

帰らなかった間にばあちゃんすげーちっちゃくなってるじゃないか(゚Д゚)ゴルァ!
手の骨とかポキンて折れそうですよ(゚Д゚)ゴルァ!
漏れにはなんてことのない四年だったけど
ばあちゃんが年をとるには十分すぎる年月なんだな(゚Д゚)ゴルァ!

ばあちゃん、ばあちゃん、しんじゃ嫌だ
しんじゃいやだよう
ずっと生きてて漏れに孝行させてください(゚Д゚)ゴルァ!
漏れに背中もませてください
手つないで坂道歩かせてください(゚Д゚)ゴルァ!
ひいばあちゃんひいじいちゃん、事故のとき漏れを助けてくれてありがとう!
まだばあちゃんまだ連れてかないでください(゚Д゚)ゴルァ!

次の休みは年末だ(゚Д゚)ゴルァ!
祭りにはいかねえ
田舎に帰るよ
ばあちゃん待っててな(゚Д゚)ゴルァ!
いっしょに温泉行こうな
漏れ少ない給料がんがってためるよ(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!



624 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 14:18:13.43 ID:3N/Eh5R50
遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。
「あそこでみんな死んでいったんだ・・・」
沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやいた。太平洋戦争のとき、その島には日本軍が進駐し陣地が作られた。
老人は村の若者達と共にその作業に参加した。日本兵とは仲良くなって、日本の歌を一緒に歌ったりしたという。
やがて戦況は日本に不利となり、いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。
仲間達と話し合った彼は代表数人と共に日本の守備隊長のもとを訪れた。自分達も一緒に戦わせて欲しい、と。

それを聞くなり隊長は激高し叫んだという
「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」
日本人は仲間だと思っていたのに…みせかけだったのか裏切られた想いで、みな悔し涙を流した…
船に乗って島を去る日 日本兵は誰一人見送りに来ない。村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。
しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。その瞬間、彼は悟ったという。
あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと・・・。

 「この島を訪れる、もろもろの国の旅人たちよ。あなたが日本の国を通過することあらば伝えてほしい。
 此の島を死んで守った日本軍守備隊の勇気と祖国を憶う、その心根を。」
 

ちなみにパラオに存在するこの神社は、天照大神と戦死者一万余名の「護国の英霊」を御祭神とする神社である。

パラオ共和国大統領トミー・E・レメンゲサウ・ジュニアは、
敗戦から復興し様々な分野において世界を牽引する力になっている今日の日本を称え、また、
戦時中のパラオ統治に今でも感謝し、パラオは世界で最も親日感情が高い国と言った。


そして当時を知るパラオの長老たちは今でも日本をこう呼ぶという。


           「内地」



628 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 14:36:22.33 ID:Dny5RbRx0
あなたは未熟なヒヨコです。
あなたは今、卵の殻の中にいます。
あなたはあと数日で、殻を破って外に出られるまでに成長します。
あなたはあと数日で、完全なヒヨコになるのです。
そんなとき、あなたの卵の上に何かがやってきて、影ができました。
ぐしゃ。
あなたの卵が、踏み潰されました。
あなたが踏み潰されたのです。
あなたは死んだのです。
あっけなかったですね、さようなら。

これが中絶です。



630 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 14:51:48.91 ID:JMWvkSld0
【最後の】世界の終わりに何をする? part2【審判】

151 あなたのうしろに名無しさんが・・・ New! 03/08/22 12:28
仕事ですよ。
郵便配達員なので、郵便を配り終えてから、
家に帰って家族と終わりの時を迎えます。
手紙を待ち侘びてる人が、いるだろうからね。

出来れば配り終わるまで、終わらないで欲しいなぁ。



633 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 15:07:01.23 ID:UKLXIbfF0
大きなことを成し遂げるために力を与えてほしいと神に求めたのに、
謙遜を学ぶようにと弱い者とされた。

より偉大なことができるように健康を求めたのに、
よりよいことができるようにと病気を頂いた。

幸せになろうとして富を求めたのに、
賢明であるようにと貧しさを授かった。

世の人々の賞賛を得ようとして成功を求めたのに、
神を求め続けるようにと弱さを授かった。

人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに、
あらゆることを喜べるようにと命を授かった。

求めたものは一つとして与えられなかったが、
願いはすべて聞き届けられた。

神の意に添わぬものであるにもかかわらず、
こころの中で言い表せない祈りはすべて叶えられた。

私はあらゆる人の中で最も豊かに祝福されたのだ。


ニューヨーク市立大学のリハビリテーションルームに刻んであった詩



634 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 15:08:25.69 ID:JMWvkSld0
168 名前:名無しさん@4周年[] 投稿日:04/01/17 10:43 ID:X7vkUwRR
いよいよ明日がセンター試験本番ですよ!

むっちゃドキドキしてきた…。

受験生の皆さん、今日くらいは勉強は休んで明日に備えますよね?


169 名前:名無しさん@4周年[] 投稿日:04/01/17 10:57 ID:zUQVRYG7
>>168
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄
今日と明日だよ
来年こそはがんばってよ
シーズン開幕からこんなことになるなんて


173 名前:168[] 投稿日:04/01/17 11:10 ID:X7vkUwRR
受験要綱を見た。
どうやら今日と明日、両方とも試験があるらしい…。

親に話したら泣かれた。怒られた。殴られた。
学校の先生に電話したら怒鳴られた。今すぐに学校に来いって言われた。

今から学校に行ってきます……もうだめぽですか



635 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 15:12:39.23 ID:JMWvkSld0
アルゼンチンのプロゴルファー、ロベルト・デ・ビンセンツォは、
あるトーナメントで優勝し、賞金の小切手を受け取って帰る準備をしていた。
彼が一人で駐車場に向かっていると、一人の女性が彼に話しかけてきた。

彼女は彼の勝利をたたえた後、自分の子供は重い病気にかかって死に掛けているが、
お金がないために、医者に見せることもできないのだと彼に伝えた。
それを聞いて哀れに思ったビンセンツォは
「これが子供のために役立てば良いのだけど」
といって、獲得したばかりの賞金の小切手を彼女に握らせた。

翌週、彼がカントリークラブで食事をしているとテーブルにゴルフ協会の職員がやって来た。
「先週、駐車場にいたやつらが、
君がトーナメントで勝った後、そこで若い女性に会っていたといっていたが・・・」
ビンセンツォはうなずいた。「実は」と職員は続けた。
「彼女は詐欺師なんだ。病気の赤ん坊なんていないんだ。結婚すらしていないんだよ。君はだまされたんだ」
「すると、死に掛けている赤ん坊なんていないのか?」
「そのとおりだ」
すると、ビンセンツォは笑いながらこう言った。

「そうか。そいつは今週で一番の良い知らせだ」



636 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 15:13:25.02 ID:JMWvkSld0
34 名前:名無しさん@4周年[] 投稿日:03/11/07 19:10 ID:VzEVzB7T
つーか
おまいらどれだけ神戸の人が自衛隊を好きかしらんやろ。

瓦礫の山の中にきてくれたときは
それこそほんまもんの、ヒーローに見えたんやから。

115 名前:34[] 投稿日:03/11/07 19:21 ID:VzEVzB7T
>>38
当事者にとっては、自衛隊がどう遅れたかなんてわからんからし、
警察も、自前の警察署がつぶれて、警察の人も総がかりで
中の埋まった署員を助けようとしてるねん。でも今まさに、
その掘ってる横に机を置いて、(自分も掘りたいだろう気持ちを抑えて)俺らの言う
誰がどこに埋まってるとかの調書も同時に取ってるわけよ。
本当に異様な光景で、誰も助けてくれへんという無力感が漂ったとき

どこまでも続く道のかなたから
自衛隊の車列がたくさん見えたとき、みんな拍手して
道に駆けつけたもの。
どれだけ嬉しかったか。

あの人らプロやから、もーすごい勢いで掘り起こしてくれるの。
中の人は助かってないことが多かったけど
俺ら、あそこの中で生き埋めになってるかもしれない思うだけで
体かきむしりたい思いやったから。
生きてるにしろ死んでるにしろ、埋まった人が出てくるということは嬉しかった。

大きな公園のあちこちに自衛隊が駐留してテントはって、近くに
そういった人がいてくれてるというだけで力ずよかった。
ほんまに、神戸の人にとって自衛隊はヒーローやねん



638 1/2投稿日:2008/01/05(土) 15:17:33.64 ID:JMWvkSld0
23 大人になった名無しさん 04/03/28 20:07
ちいさい頃は全員集合が大好きだった。
一番の仲良しといつもカトケンごっこをしていた。
僕が志村でそいつが加藤。
顔マネをしてはいつも先生に怒られていた。

そのうちひょうきん族が始まって、なんだかそっちが気になりだして、
僕はだんだんそいつと遊ばなくなっていった。
いつの間にか、毎回同じシチュエーションでコントを続けるドリフが幼稚に見えてきた。
僕がたけしさんまで大笑いするようになる頃、
全員集合は僕の知らないうちにひっそりと終っていた。

しばらくして僕は父の仕事の都合で田舎の町へ引っ越した。
あたりまえだけど、風習、友達、景色、すべてが違う環境で、
僕は新しい土地に馴染めないでいた。
学校が終ればいつも前の学校に戻りたくて泣いた。
本当に毎日泣いていた。



639 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 15:17:53.30 ID:ZGgbE4vV0
引退を決め、名古屋とレッドスターとの引退親善試合を終え、ベオグラードに旅立つ
数日前、私(ドラガン・ストイコビッチ)は家族4人で名古屋のレストランに出かけた

レストランに入っても、誰も振り向かないので、今日は自分の事を知らない
人ばかり何だろうなと思い、4人で楽しく会話していた。

ところが、食事を終え、立ち上がったとたん、
一斉にお店中に拍手の音が鳴り響いた。
一瞬何が起こったかわからずボーゼンとしたが
周りを見回して見ると、皆、笑顔を見せながら、コチラに向かって拍手しているではないか
しかも、「ピクシーありがとう」という感謝の言葉を口にして・・・

なんと、この人達は、私達を気遣って、食事が終わるまで、
敢えて、無関心を装ってくれていたのである。
ケガをして、傷心でやってきた私を助けてくれたのはむしろ日本のほうなのに
なんという人達なのだろうか
私が居た他の国で、こんなに素晴らしい人達がいただろうか
私たちは思わず涙が出そうになった。
本当に日本に来て良かった、と改めて思った。
私はこの日のことは一生忘れないだろう。

私達のほうこそ言いたい「日本の皆さん、ありがとう」と



640 2/2投稿日:2008/01/05(土) 15:18:59.69 ID:JMWvkSld0
49 名前:水先案名無い人  投稿日:04/03/28(日) 23:14 ID:0eNJkhB8
ある日、テレビをつけたらドリフ大爆笑を放送していて、
僕は泣きながらドリフを見た。
昔から何も変わらないドリフのコントを見て、
僕は久しぶりに笑った。
声を出して笑ったのは本当に久しぶりだった。

ドリフを見て、変わらないものがある、と思えたから
僕は泣くのをやめた。
前の学校の出来事も、大事な思い出と思えるようになった。

さよならするのは辛いけど、ドリフで笑った幼少時代は
僕の大事な思い出です。
大切な思い出をどうもありがとうございました。



641 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 15:21:03.98 ID:JMWvkSld0
353 名前:もいっこ  sage 投稿日:04/05/15(土) 15:42 ID:eF/k3eow
小1の頃、ばあちゃんに旅行の土産にと「ドラクエ2」を頼んだ。
でも買ってきたのは黄金に輝くソフト「ドラゴンバスター」。当時60歳くらいだった
ばあちゃんにはそんな違いわかるはずも無いのに俺はばあちゃんが憎くて、
「ばあちゃんなんか嫌いだ!!」
といってその日は一言もばあちゃんと話さなかったっけ。
物心ついたときから毎日いっしょに寝てたばあちゃん。でもその日だけは
両親と一緒に寝たんだ。ばあちゃんその日は寂しかったろうな。
んで、次の日学校から帰ってしょうがなく「ドラゴンバスター」をやってみた。
そしたらこれが以外に面白い。夢中になって遊んでいるとばあちゃんが突然部屋に入ってきて、
「ごめんなぁ。○○○。ばあちゃん馬鹿だがらわがんねくてよぅ・・・(山形弁)」
俺はゲームに夢中で「もういいから!入ってくんな!!」
そう言われた時のばあちゃんほんとに悲しそうな顔してた。
でも、「ドラゴンバスター」が面白かったから怒りなんてとっくに忘れて
その日はいつもどおりばあちゃんの部屋に行った。
布団に入るとばあちゃんがぎゅっと抱きしめてくれた。
俺はその日ばあちゃんに抱きしめられながらばあちゃんの腕枕で眠った。

ばあちゃんが死んでもうすぐ5年。ばあちゃん、あの時は本当にごめんね。
急病で亡くなったばあちゃんに俺は何もしてあげられなかったけど、
一人暮らししている今でもあの「ドラゴンバスター」は大事に持ってるよ。
ばあちゃん、いろんな思い出をありがとう。



642 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 15:24:33.08 ID:JMWvkSld0
436 名前:水先案名無い人  投稿日:04/05/29(土) 01:25 ID:mid453O9
妹に「母の日に何か送らないの?」といわれた。
社会人になってはや数年。
母の日に何か贈るなんて、小学校の授業参観以来。
たまには送ってやるか、と思ってネットで華を配達できるサーヒスをみつけ、
カーネーションを送った。

数日後。
母からのメール「涙が出ました。花束とメッセージ、ありがとう」

たいしたことないって。
メッセージなんて、何種類か用意されているのを適当に選んだだけだから。

「忙しいでしょうに、そのこころづかいがうれしいです」

ネットで頼めるんだよ。5分もかからないよ。


「この花、押し花にして大事にするね」

そんなことせんでいいよ!来年もまた送ってやるからさ!



643 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 15:27:42.11 ID:JMWvkSld0
27 名前:名無しさん@5周年 投稿日:04/07/07 09:45 ID:JcS7EiJg
俺の爺さんの話。
田舎の親戚が、東京の病院に入れてくれと爺さんを頼ってやってきた。ほぼ末期の癌。
爺さんは医者じゃないが、手を尽くしていい病院に入れたが、手遅れに変わりはない。

何も出来ない自分が歯痒く、せめて輸血だけでもと申し出た。
そしたら健康チェックで断られた。ヘビースモーカーの爺さんは
かなりの高血圧になっていたらしい。

その日を境に一切タバコを断った。
今でも爺さんは後悔してるようだ。



644 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 15:31:48.51 ID:JMWvkSld0
97 名前:水先案名無い人  投稿日:04/07/24(土) 17:27 ID:YgF1Bdva
前に花火職人の爺さんが、世界各地で花火を打ち上げた時のエピソードを書いていた本を読んだことがある。
多分何十年も昔の話だと思うけど。

ヨーロッパのある国(ドイツだったか…?)では花火の打ち上げが大盛況に終わってホテルに帰ったそうだ。
しかし、すすだらけで火薬の臭いもひどい東洋人の薄汚れた男が現れたもんで、
他の宿泊客がみんな顔をしかめてたんだけど、ホテルの人がこの人がさっきの花火を
打ち上げた人だと説明したら、見事に一変、あれは素晴らしかったと真っ黒だったにも
拘らず取り囲まれて握手責めにあったそうだ。

アメリカでは花火がよく見える橋でみんな車を止めてしまうので大渋滞。同じ日に、
野球の試合もあったそうだけど、選手も客も花火に目を奪われてしまって試合に
ならなくて、とうとう試合を中断、選手も観客も敵味方関係なく花火を見て歓声を
あげていたそうだ。

アフリカに行った時は、さぞかし大騒ぎするだろうと思っていたけど、予想に反して
会場のスタジアムは静まり返ったまま。筆者はガッカリしたそうだが、後に風の噂で、
始めて見たあんまり花火がすごすぎて観客がみんな腰が抜かすほど度肝を
抜かれていたのだということが判明。ほっとしたとか。

きっとそれから年月をかけて日本の花火は世界に知れ渡って、メジャーになっていったんだろうな。
ディズニーは日常を忘れさせる、ディズニーならではの幻想的な夜のイベントをと、
世界中に素材を探し回ったあげく、日本の花火に行き着いたそうな。今でも
城のバックに派手に花火が打ちあがってるもんなあ…



646 1/3投稿日:2008/01/05(土) 15:39:06.91 ID:JMWvkSld0
232 :名無しさん@非公式ガイド:05/02/03 17:50:24 ID:???
俺の友達は、病気でずっと入院してた。
病名は、悪性リンパ腫。結構末期だったらしい。
抗癌剤の投与を受けながら、看護婦さんに頼み込んで、院内に持ち込んだPS2でMHをやる事が楽しみだった。

彼は重火器好きで、序盤は金無くて辛いからやめとけ、と言っても、ずっとヘヴィボウガンばかりを使っていた。
そんな彼がオフなのにも関わらず欠かさなかったのは、何故か回復弾の調合だった。
「オフ専なんだからそんなのいらないだろ」って聞いたら、
「いつか治った時にオンに行ってサポートしてやるんだよ!」って笑ってた。
レウス討伐クエで、同エリア内のランポスを回復して守る、なんて練習をひたすら繰り返してた。
ドスガレで苦戦したり、オフ一対で「こりゃ無理だよ」なんて愚痴ったり、早く街行って見たいな、なんてボヤいたり。
病室内で二人で笑いながらMHをやってるのが、凄く充実した時間だった。

そんなある日、俺はMHのPARコードで、擬似オンラインコードという物がある、という噂を聞いた。
すぐにPARを買いに行き、必死でコードを探し、長いコードの入力を終えると、本当に街に行く事が出来た。
俺はPARとそのコードをプリントアウトした紙を彼にプレゼントした。
相性が出るとは聞いていたが・・・、結果、見事成功した。
「おー!ここが俺が退院したら行く世界なんだな。回復弾撃ちてえぇぇぇ!!」
なんて言いながら喜ぶ彼を見ながら、なんだか凄く充実した気持ちになったし、解析してくれた人に本当に感謝した。 >



647 2/3投稿日:2008/01/05(土) 15:39:38.05 ID:JMWvkSld0
234 :名無しさん@非公式ガイド:05/02/03 17:51:36 ID:???
なんだかんだで数ヵ月後、MHGが発売された。
早速彼と二人分購入し、二人で競争してプレイした。
未だ彼は退院できていない。どちらかというと悪化しているらしい。
だから俺は、Gではオンは控えて、彼と一緒にオフ専でプレイする事にした。
オフクエも全て終わり、後は訓練所のクリアのみ。
「絶対俺が先に終わらせてやるからな。んで、病気も終わらせて、オンでお前に回復弾撃ちこんでやるよ。」
はは、期待して待ってるぜ、と俺は言った。

1月30日、彼の容態が急変し、面会謝絶になった。
俺は心配しながらも、訓練所の方を約束どおり進めていた。
MHGのオンも見せてやりたいと、擬似オンコードの解析を待ち、このスレもずっと見てきた。
それと同時に、彼の回復を、ずっと、ずっと祈ってた。あいつに回復弾撃ち込んでやりたい、なんて思いながら。

今日の早朝、彼の親から連絡が入った。
なんかやばいらしい。緊急手術を受けるから来れるなら君も来て欲しい、との事だった。
仕事先に事情を話し、俺はすぐにとんでいった。
病院につくと、既に手術が始まっていた。
俺は何故か持ってきてしまったMHGのデータの入ったメモカを握り締めながら、彼の無事をひたすら祈った。
競争するって約束しただろ。病気終わらせて、オンで回復弾撃ってくれるって言ってただろ。
だから、だから、頼むから生きてくれ。そんな事をひたすら祈り続けた。 >



648 3/3投稿日:2008/01/05(土) 15:40:08.88 ID:JMWvkSld0
235 :名無しさん@非公式ガイド:05/02/03 17:52:25 ID:???
2月3日、午前7時26分。
彼は、この世を去った。享年、23歳。
悪性リンパ腫は全身に転移し、手の施しようが無かったらしい。
彼の死に顔は、何故かうっすらと笑みをこぼしていた。
号泣する彼の両親の後ろで、信じられないその光景を、ただ呆然と眺めていた。

ふらりと彼の元の病室に行くと、いつもベッドの上でコントローラー持って待っていた奴が居なかった。
残されていたPS2の電源を入れると、何気なく彼のデータを見てみた。

訓練所は、残りはグラビモスのボウガン1つだけだった。

俺はまだレイアすらクリアしてない。
「はは、負けちゃったな。」なんて独り言を言った。
途端、急に涙が止まらなくなった。
俺は病院中に響くくらいの大声で、PS2の画面を前に、ただただ号泣した。

長くなったが、そんな一人のガンナーの話。
前作で擬似オンを解析してくれた方、本当にありがとう。
短いようで長い期間、本当に充実した毎日を送れたと思う。

俺のMHGは、メモカと一緒に、彼の墓に埋めてやろうと思う。
そんなわけで、俺とあいつのMHGはここでエンディング。

最後に、改造スレの住人の皆と、神と呼ばれる解析者の方々へ、感謝を込めて。
ありがとう、そして、さようなら、みんな。 >



650 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 15:44:53.31 ID:JMWvkSld0
308 名前: 名無したん(;´Д`)ハァハァ [sage] 投稿日: 04/09/15 19:45:36 ID:XYdrd6JW
5インチフロッピーて、まだ手に入りますかハァハァ


312 名前: 名無したん(;´Д`)ハァハァ [sage] 投稿日: 04/09/15 21:16:14 ID:9LQnYVYS
>>308
既に生産終了してる。


314 名前: 名無したん(;´Д`)ハァハァ [sage] 投稿日: 04/09/15 21:29:29 ID:XYdrd6JW
8インチフロッピーも、もう見かけないね・・。


315 名前: 名無したん(;´Д`)ハァハァ [sage] 投稿日: 04/09/15 22:07:13 ID:eXTDQdj3
なんだかんだでさ
こうやって時代は去っていくんだよな
気がついたら
いつも隣にいたやつを見かけなくなっていて
ああ
もう
会えないんだなってね



651 1/2投稿日:2008/01/05(土) 15:47:14.93 ID:JMWvkSld0
627 名前:大人の名無しさん 投稿日:02/04/20 14:08 ID:ietIbiLR
彼との結婚を私(25歳)の父と母は猛反対していました。
彼は昔両親を亡くして、祖父母に育てられていました。
そして4年前祖父が亡くなり、彼は32歳になる今まで84歳の祖母と二人暮しでした。
それが反対の理由でした。
「何も結婚してすぐに介護が目の前にあるような結婚をする事はない」と。
結婚を申し込みにきた彼と彼の祖母ににもそう言い放ったんです。
その2日後でした。
彼の祖母が置手紙を残していなくなりました。
仕事から帰った彼からの電話で、私達は必死で探しました。
探して探して探して
空が明るくなりかけた頃、彼の祖父の眠るお墓の前に座りこんでいる祖母を見つけました。
歳も歳だったので衰弱し、そのまま即入院になりました。
その事がきっかけで、私の両親も私達の結婚を許してくれ
結婚式はせず、すぐに籍だけをいれました。
もう10年近く前の話です。
祖母は入院後1ヶ月ほどで亡くなりました。
その時の手紙です。



652 2/2投稿日:2008/01/05(土) 15:47:45.77 ID:JMWvkSld0
●●へ(彼の名前)

ばあちゃんは本当に貴方がかわいかった。
貴方のお父さんとお母さんが死んだ時
私のこの先の人生は貴方の為に使っていこうと心に誓いました。
ばあちゃんは年であるしお金もない
何も何も持ってはおりません。
貴方への愛情だけです。
そして貴方はばあちゃんの事をとてもとても大切にしてくれた
とてもとても良い子に育ってくれました
そして人生の伴侶となるべき相手を見付けました。
でもばあちゃんがそれをじゃましているんだね。
幸せになってください。
ばあちゃんは貴方を育てる事が出来た事がとてもうれしいです。
とてもとても幸せでした。
妙子ちゃん(私)と、どうかどうか幸せになってください。



654 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 15:53:02.65 ID:JMWvkSld0
733 名前:名無し職人[sage] 投稿日:04/09/30 17:37:33
実家へ子ども達を連れて行った。母はもう年なので、
お昼に何か 買って行くね、と言っておいたのに、
前日に電話で「色々作ったから何も持たずにおいで」と。
行くと私や子ども達の好きな物が食卓に並んでいた。
後かたづけの時「疲れるでしょ?今度は私が食べる物、持ってくるから」
と言ったら「あと何回、お前にご飯を作ってやれるか、と思ったんだよ」と言われた。
泣きそうだったんで慌てて下を向いて「娘ってのは、お母さんは絶対死なない、って
思ってるんだよ、長生きしてね」と言うのが精一杯だった。
お母さん、ありがとう。ご飯とっても美味しかったよ。



656 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 16:33:07.07 ID:4OJMIJgg0
母が死んじゃったw
ちゃんと死に目には会いに行くはずだったのに着いたら死んでたぜw
やっぱ人間ってすぐ死んじゃうんだなってw
んでもって言ってやったよw
大嫌いなその顔に死に底無いって言うはずだったんだぜってw
好物を一緒に棺にいれてやったぜw
きんかん1個だけだけどこれで我慢してね・・・さっさと成仏しやがれw



665 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 17:04:08.88 ID:jvb1Mwi90
>>655
手話を万国共通と思う人が多いのだが、
手話は国によって違う、ましてや日本国内でも地方によって違う。


トマソン選手は通訳にこう言った。
――――――――――――――――――――――――┐
ボクは彼と紙で 、文字を通して話をしたいのですが     |
手伝ってください 。それと 、後ろの人たちにも彼と      |
話す時間をボクにください と 言っておいてください 。     |
――――――――‐v―――――――――――――――┘
 記者 ∧_∧ 彡彡'ミ       ∧_∧
(;´Д`)( ´∀`)(´<_` )   ∧∧ ミ   彡
(  筆)(っ通訳)(つ と) (゚*  )(    )



666 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 17:04:40.78 ID:jvb1Mwi90
後ろで順番を待つ人たちは何も文句を言わなかった・・・一言も・・・。

  ∧_∧ ∧_∧ ∧ ∧   ∧,,∧  ∧ ∧ ノノハヾ、 ○ノハヾ○
 ( ´∀` )( ・∀・ ) (,゚Д゚,) ミ,゚Д゚,彡 (=゚ω゚=) ( ´` ) ( ‘д‘ )


そして通訳を介し、少年とトマソンの『会話』が始まった。

 記者 ∧_∧ 彡彡'ミ       ∧_∧
(;´Д`)( ´∀`)( ´、ゝ`)  ∧∧ミ   彡
(  筆)(っ通訳)(つ と) (`*  )(   )

       「( ´、ゝ`) 君はサッカーが好きですか?」

       「はい。大好きです。 (´д`*)」

       「( ´、ゝ`) そうですか。デンマークを応援してくださいね。」

       「はい。あの聞いていいですか? (´д`*)」

       「( ´、ゝ`) いいですよ。何でも聞いてください。」

       「トマソン選手はどうして手話ができるんですか?
        正直、ビックリしました。 (´д`*)」



667 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 17:05:03.54 ID:jvb1Mwi90
この少年の質問に彼は答える。

  彡彡'ミ   「ボクにも君と同じ試練を持っている姉がいます。
 ( ´、ゝ`)   その彼女のためにボクは手話を覚えたんですよ。」
 (_つ と)
                          ∧∧
その彼の言葉をじっくりと読む少年。 []、(´д`*)

そしてトマソンは少年に言った。

  彡彡'ミ   「君の試練は君にとって辛いことだと思いますが、
 ( ´、ゝ`)   君と同じように君の家族も、その試練を共有しています。
 (_つ と)    君は一人ぼっちじゃないという事を理解していますか?」

                             ∧∧
この言葉に黙ってうなずく少年。    (( (´д`*) コク!

         「わかっているなら、オーケー!
  彡彡'ミ    誰にも辛いことはあります。君にもボクにも
 ( ´、ゝ`)   そして君のお母さんにも辛いことはあるのです。
 (_つ と)    それを乗り越える勇気を持ってください。」



668 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 17:05:19.49 ID:jvb1Mwi90
そして、トマソンは最後に少年にこう言った

  彡彡'ミ    「ボクは今大会で1点は必ず獲ります。
 ( ´、ゝ`)    その姿を見て、君がこれからの人生を
 (_9   )    頑張れるようにボクは祈っておきます。」

この言葉に
            ∧∧
           (´∀`*) ニコ!

この少年は初めて笑顔を浮かべた。

            ∧∧   「はい!応援しますから、
           (´∀`*)   頑張ってください。」

そして、トマソン選手にサインをもらい、

彡彡'ミ
(  ´、ゝ ∧∧
(   づと(∀`*)、

少年と母親は、その場をあとにした。



669 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 17:05:36.69 ID:jvb1Mwi90
母親は目に涙を浮かべ、取材する記者に向かって

     ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 記者 ミ;´∀∩彡 < あんなことされたらデンマークを応援しないわけ
(;´Д`)(    )   | にはいかないですよ。日本と試合することになっても、
(φ筆) |||     ! 私らはデンマークを応援しますよ。

涙を流し、笑いながら言った・・・。



そして、このトマソン・・・少年との約束を守り、
試合での得点を決めた。

1点どころか、彼は4得点という大活躍だった。

475 名前:名無しさん 投稿日:02/08/05 16:55 ID:5E5Sm9as
1次リーグ、フランスという前回覇者と同じA組だったデンマーク。
その試合会場が韓国であろうとも
彼ら和歌山県民は
応援に駆けつけた。



676 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 19:15:45.79 ID:UNrcVCwhO
俺のWindowsME、発売当初から七年使ってる。今じゃもう、すっかり型遅れだけど。
で、当然のごとく凄まじいリソース不足。エラーばっかり。
でも3年目ぐらいでもう大体何をやったらフリーズするかわかるし、起動音でその日の調子もわかるようになった。
ちょっと可愛く思えて来た。

その日はいかにも調子が悪そうだったけど、どうしても論文を仕上げなきゃいけなかったら無理矢理ワード起動して書いてたら、見事にフリーズしてものが消し飛んだ。
すっごい落ち込んでたら、見たことのない画面(Windowsじゃなくてハードその物の起動画面)が出て来た。
チカチカしてる文字が、何か励ましてくれてるみたいだった。論文は何とか仕上げた。

それでこの間、ついに起動すらできない状態になった。
ずっと一緒にいた、危ないエロサイトやら下らないフラッシュやらを見たそのPCが、OSを起こせなくなった。
だから、あの時に見た起動画面以外、もう写らない。
自分はもうダメだけど、そっちは頑張れって励まされてるみたいで、今も部屋の見える所に置いてある。



677 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/05(土) 19:45:35.03 ID:KkuYSqOV0
ごしゅじんさま、いままで、とてもたのしかたです。
よく歩りーずしておこられたけど、やくにたたないで、ごめんなさい。
ごしゅじんさまが、いれるよていの、えくすぴーは、あたしのいもおとです。
いもおとだけど、」あたしみたいに、やくたたずではありません。
すなおなこで、でふらぐも、とくいです。
すたいるもいいから、ほんとはちょと、くやしいです。
いもおとを、かわいがてもらえると、おねえさんとして、うれしいです。
いままでつかってくれて、ありがとおゴザいました。
あたしは、もう、きえちゃうけれど¥、
さいごに、おねがいがあります。きいてくれると、うれしいです。
ごしゅじんさまの、もっている、えむいーのディすく、すてないでください。
あたしが、はいっています。いまのあたしじゃ、ないけど、あたしです。
ときどきみたり、さわったり。、してくれるとうれしいです。
ごしゅじんさまにあえて、えむいはしあわs



712 1/4投稿日:2008/01/06(日) 00:05:37.89 ID:1Th9hbRD0
256 名前:ヤマト 投稿日:02/04/27 18:27
では・・・。

上野の動物園は、桜の花盛りです。風にぱっと散る花。
お日様に光り輝いて咲く花。
お花見の人たちがどっと押し寄せて、動物園は、砂埃を巻き上げて混み合っていました。
象の檻の前の広場では、今、2頭の象が、芸当の真っ最中です。
長い鼻を、天に向けて、日の丸の旗を振ったり、カラランランと鈴を振り鳴らしたり、
よたよたと、丸太渡りをしたりして、大勢の見物人を、わあわあと喜ばせています。
 その賑やかな広場から、少し離れた所に、一つの石のお墓があります。
あまり気の付く人はありませんが、動物園で死んだ動物たちを、お祭りしてあるお墓です。
お天気の良い日は、いつも、暖かそうに、お日様の光を浴びています。


257 名前:ヤマト 投稿日:02/04/27 18:29
ある日。
動物園の人が、その石のお墓をしみじみと撫で回して、
わたくしに、哀しい象の物語を聞かせてくれました。
今、動物園には、三頭の象がいます。
名前を、インデラ、ジャンポー、メナムといいます。
けれども、その前にも、やはり三頭の象がいました。
名前を、ジョン、トンキー、ワンリーといいました。
その頃、日本は、アメリカと戦争をしていました。
戦争がだんだん激しくなって、東京の街には、毎日毎晩、
爆弾が雨のように振り落とされてきました。
その爆弾が、もしも、動物園に落ちたら、どうなることでしょう。
檻が壊されて、恐ろしい動物たちが街へ暴れ出したら、大変なことになります。
そこで、ライオンも、トラも、ヒョウも、クマも大蛇も、 
毒を飲ませて殺したのです



713 1/4投稿日:2008/01/06(日) 00:07:08.30 ID:1Th9hbRD0
258 名前:ヤマト 投稿日:02/04/27 18:32
三頭の象も、いよいよ殺されることになりました。
まず第一に、いつも暴れん坊で、言う事を聞かない、
ジョンから始めることに成りました。
ジョンは、ジャガイモが大好きでした。ですから、毒薬を入れたジャガイモを、
普通のジャガイモに混ぜて、食べさせました。けれども、利口なジョンは、
毒のジャガイモを口まで持っていくのですが、すぐに長い鼻で、
ポンポンと、遠くへ投げ返してしまうのです。
 仕方なく、毒薬を身体へ注射することになりました。
 馬に使う、とても大きな注射の道具と、太い注射の針が支度されました。
 ところが、象の身体は、大変皮が厚くて、
太い針は、どれもぽきぽきと折れてしまうのでした。
仕方なく食べ物を一つもやらずにいますと、可愛そうに、十七日目に死にました。

259 名前:ヤマト 投稿日:02/04/27 18:34
続いて、トンキーと、ワンリーの番です。
この二頭の象は、いつも、可愛い目をじっと見張った、心の優しい象でした。
ですから、動物園の人たちは、この二頭を、何とかして助けたいと考えて、
遠い仙台の動物園へ、送ることに決めました。
けれども、仙台の町に、爆弾が落とされたらどうなるでしょう。
仙台の街へ、象が暴れ出たら、東京の人たちがいくらごめんなさいと謝っても、
もうだめです。そこで、やはり、上野の動物園で殺すことになりました。
毎日、餌をやらない日が続きました。トンキーも、ワンリーも、
だんだん痩せ細って、元気が無くなっていきました。
時々、見回りに行く人を見ると、よたよたと立ち上がって、
「餌をください。」
「食べ物をください。」
と、細い声を出して、せがむのでした。
  そのうちに、げっそりと痩せこけた顔に、あの可愛い目が、ゴムまりのようにぐっと飛び出してきました。
耳ばかりが物凄く大きく見える哀しい姿に変わりました。



714 3/4投稿日:2008/01/06(日) 00:07:57.87 ID:1Th9hbRD0
260 名前:ヤマト 投稿日:02/04/27 18:36
今まで、どの象も、自分の子供のように可愛がってきた象係の人は、
「可哀相に。可愛そうに。」と、
檻の前を行ったり来たりして、うろうろするばかりでした。
すると、トンキーと、ワンリーは、ひょろひょろと身体を起して、
象係の前に進み出たのでした。
お互いにぐったりとした身体を、背中で凭れ合って、芸当を始めたのです。
後ろ足で立ち上がりました。
前足を折り曲げました。
鼻を高く上げて、万歳をしました。
萎び切った身体中の力を振り絞って、芸当を見せるのでした。
芸当をすれば、昔のように、餌がもらえると思ったのです。
トンキーも、ワンリーも、よろけながら一生懸命です。


261 名前:ヤマト 投稿日:02/04/27 18:38
象係の人は、もう我慢できません。
「ああ、ワンリーや、トンキーや。」
と、餌のある小屋へ飛び込みました。そこから走り出て、水を運びました。
餌を抱えて、象の脚に抱きすがりました。
動物園の人たちは、みんなこれを見てみないふりをしていました。
園長さんも、唇を噛み締めて、じっと机の上ばかり見つめていました。
象に餌をやってはいけないのです。水を飲ませてはならないのです。
どうしても、この二頭の象を殺さなければならないのです。
けれども、こうして、一日でも長く生かしておけば、戦争も終わって、
助かるのではないかと、どの人も心の中で、神様にお願いをしていました。
 けれども、トンキーも、ワンリーも、ついに動けなくなってしまいました。
じっと身体を横にしたまま、動物園の空に流れる雲を見つめているのがやっとでした。



715 4/4投稿日:2008/01/06(日) 00:08:26.60 ID:1Th9hbRD0
263 名前:ヤマト 投稿日:02/04/27 18:40
こうなると、象係の人も、もう胸が張り裂けるほどつらくなって、象を見に行く元気がありません。
他の人も苦しくなって、象の檻から遠く離れていました。
ついに、ワンリーは十幾日目に、トンキーは二十幾日目に、どちらも、
鉄の檻にもたれながら、やせこけた鼻を高く伸ばして、
万歳の芸当をしたまま死んでしまいました。
「象が死んだあ。象が死んだあ。」
象係の人が、叫びながら、事務所に飛び込んで飛び込んできました。
拳骨で机を叩いて、泣き伏しました。
動物園の人たちは、象の檻に駆け集まって、みんなどっと檻の中へ転がり込みました。
象の身体にとりすがりました。象の身体を揺さぶりました。
みんな、おいおいと声をあげて泣き出しました。その頭の上を、
またも爆弾を積んだ敵の飛行機が、ごうごうと東京の空に攻め寄せてきました。
 どの人も、象に抱きついたまま、こぶしを振り上げて叫びました。
「戦争をやめろ。」
「戦争をやめてくれえ。やめてくれえ。」


264 名前:ヤマト 投稿日:02/04/27 18:41
後で調べますと、盥位もある大きな象の胃袋には、
一滴の水さえも入っていなかったのです。
その三頭の象も、今は、このお墓の下に、静かに眠っているのです。
動物園の人は、目を潤ませて、私にこの話をしてくれました。
そして、吹雪のように、桜の花びらが散り掛かってくる石のお墓を、
いつまでも撫でていました。



717 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 00:20:49.24 ID:1Th9hbRD0
235 :わんにゃん@名無しさん :03/02/14 03:36 ID:xadi5DRs
もう二年になるんだな・・・
俺が幼稚園の時、目も開いてない君が家に拾われて来た。
一週間でお別れの約束だったのに、気付いたら、18年。
毎日一緒に寝てた小さい頃のこと
一ヶ月半行方不明だった君が、ガリガリになって帰ってきたあの日のこと
まだ幾筋かうっすらと残る、君に噛まれた傷の跡
みんなみんないい思い出だけど
一番嬉しかったのは、留学で家を出て、2年ぶりに実家に帰ってきたときに
玄関のドア開けた所で、ちゃんとお迎えしてくれたこと。
あの時、ちょっと涙出たよ。
忘れられてるんじゃないかって不安だったんだ。実は。
でも、俺の足音まで覚えててくれた!
もう嬉しくて・・・!
あの時の光景は、今でも目に焼き付いています。

結局死に目には会えなかったけど
母さんの腕の中で最期を迎えられたって聞いたから、ホッとしました。
報せを聞いて、飛行機に飛び乗って帰ったら
少し痩せた、でも、パッと目を覚ましそうなぐらいに綺麗な顔の君が
綺麗な花に埋もれてました。
そして君を久しぶりに抱き上げたとき、
君はもう帰ってこないんだなあって、初めて思いました。
でも今度は涙は堪えたよ。君が幸せだったと信じてるから。



718 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 00:26:37.38 ID:3tUmr2D30
>>703
まだスレが残っている事にも驚きだが
俺のにレスがあったのにもびっくりwww

桜が出てきていたかも知れない。。。

予知無みたいなのが印象に残っている



719 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 00:30:34.53 ID:PnoDFOtq0
2004年 「あきらめないことだ」
http://image.blog.livedoor.jp/vitaminw/imgs/0/0/00f29dda.jpg

↓三年後

2007年
http://image.blog.livedoor.jp/vitaminw/imgs/4/a/4a94dea9.jpg



722 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 00:44:16.95 ID:1Th9hbRD0
ねえ○○、私が見た桜の女の子はどんな子なのかな?
私あんまり賭事はやったこと無いけど、どんな子か賭けてみたいの。
もし私が勝ったら、この手紙の最後にお願いを書いておくから必ず守って。
もしあなたが勝ったら、どうしよっか?(笑)
でも、多分私が勝つから考えなくて良いよね。

あなたが愛した桜の女の子は、スポーツもできて、周りからも慕われて、一見とても明るい子。
好きになった人には一途なんだけど、ちょっぴり恥ずかしがり屋かな?
芯も強いんだけど、どこかでガラスのように弱い心も持ってる。

どう?
ちょっと抽象的すぎるかな?
もし当たってたらちゃんと約束守ってね。
それじゃそろそろ手紙も終わることにします。
今までありがとう。
幸せになってね。

って手紙かな?
あんまり書くと本人見てたら困るからなw
しかしコピペになってたのか。



723 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 00:49:06.84 ID:3tUmr2D30
>>722
そうそうこれです。

しかし、コピペだと自分のキャラを作り上げて
映画的感覚で泣けるんだが、
リアルって感じた瞬間に励ましたい?とか、応援したい?って云う感覚になってしまう。。。
見守りたいって云うか・・・

これって変な感覚だなぁ・・・






724 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 00:54:25.41 ID:1Th9hbRD0
>>723
どこで見たのかきになるw
あいつしょっちゅう色んなとこで書いてたのかなw

夢の内容ってのは↓かな
「昨日夢を見ました。
私は真っ暗な所に立っていて、一つの光を目指してた。
その光の方向には、私の大好きな桜があった。
そしてその下には私の大好きなあなたが…。
声をかけようとしたけどできなかった…あなたの横に女の子がいたから。
女の子は後ろを向いていたから顔は分からなかったけど、あなたはとても嬉しそうに笑ってた。

あの子は誰なんだろ?
私の知ってる子なのかな?
あなたもまだ会ったことが無い子なのかな?
私はあなたがいないと生きていけない。
でもあなたは私がいなくても生きていくんだよね…」




リアルで応援した俺がいますよ
結果報告しとくと、その後妹さんの頑張りもあって
今やつは幸せです



726 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 01:09:42.35 ID:3tUmr2D30
>>724
いつもの様に感動コピペを探していた時に印象に残っていた。
ただそれ以降なかなか見つからなかったから、今思うとコピペじゃなく
まとめサイトとかだったかも知れん。

確か、妹さんから最後の手紙?を渡されたって云うんじゃなかったかな?

男の一途さはかっこよく見えたな・・・・
下世話な俺には出来んよ。。。



727 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2008/01/06(日) 01:22:48.93 ID:1Th9hbRD0
>>726
まとめサイト・・・いつの間にw

手紙は多分彼女ができたら渡して、みたいな感じだったなぁ

一途なやつだなぁ。鈍感で天然なやつだけどw
これからもお互い一途でいて欲しいなぁ。
やつらが上手くいったときは俺も泣いたよw

ちなみにこの前結婚したよ

なんか知らないところでそういう風に覚えてくれる人がいてくれたなんてなぁ
機会があればやつにも伝えておくよ



728 1/6投稿日:2008/01/06(日) 01:34:15.66 ID:3tUmr2D30
>>727
そうそう、妹さんが何度も告って・・・だったかな
『お前さんに惚れた男がいた』って伝えておいてくれww

暫しスレちだったので好きなコピペでも

1 :Mr.名無しさん :04/06/01 20:33
一昨日妹が死んだ。
原因は居眠り運転の車にはねられての事だった。
年齢はまだ23歳と若くこれから楽しい人生が待ってたはずなのに。

小さい頃両親が交通事故で無くなり兄妹離れ離れで暮らさなければ成らなかった
生活能力の無い俺達にとってそれはごく当たり前の事だったと思う。
俺はその当時17歳妹は12歳だった・・・・。

俺は父親方の親戚に引き取られ、妹は母親方の親戚に引き取られていった。
2人とも引き取られたのは良いが、やはり他人が家に来ると言う事は
受け入れがたい部分も有ったのだろう、俺はそれ位の事は重々承知している。

ただ12歳と幼かった妹にとっては非常につらかったと思う。
俺は何とか我慢をして生活していく事は出来たが、
ある日俺の親代わりの親戚の父親が妹は親戚を盥回しされているんではないかと
夫婦で話をしているのをふと耳に入れた。



729 2/6投稿日:2008/01/06(日) 01:34:50.93 ID:3tUmr2D30
10 :1 :04/06/01 20:47
いてもたってもいられず、その親戚の家に電話をしたらもう他の家に預けたと言う。
俺はその親戚に「何でちゃんと見てくれないのか?」と問いただしたら
大人には大人の事情がある!その一言でかたずけられてしまった。

そう言われた俺は、ただただ悔しくて悔しくて泣いた。自分の無力さを恨んだ。
両親が交通事故で亡くなり、唯一の肉親がたった一人の妹だった。
そんな妹を毎日毎日「泣いてはいないか?」「元気にしてるのだろうか?」と毎日思っていた。

そして俺が高校を出て21歳に成り就職を機に一人暮らしを始めるとともに妹を
「俺の借りているマンションに一緒に住まないか?」と言ったら、妹はすんなりと受け入れてくれた。
こうして一緒に住むことが決まりその日の夜に、これからとこれまでの生活の事を話し合った。
妹はやはり親戚の家ではあまり良くない扱いを受けていたそうで、俺のこの話を聞いた時
その家で嬉しくて泣いていたと言う。やっとこの生活から開放されるんだと。



730 3/6投稿日:2008/01/06(日) 01:35:30.71 ID:3tUmr2D30
31 :1 :04/06/01 22:06
それからの俺の生活は大変だった。
お金が無く公立高校にしか行かせてやれなかったが、普通に高校生として生活させてやりたいと、必死になって働いた。

毎日毎日働いた。
やりたい事もせず、俺の事は置いといて何よりも妹のために頑張って働いた。
こうして妹が高校を卒業して就職が決まり、その日は2人でささやかなお祝いをした。
あの小さかった妹が、大きくなりこうして俺の前で笑ってる。俺は涙が出そうになった。

その時妹が、小さく小さく聞こえるかどうかの小さな声で、「ありがとう」と言ってたと思う。
本当にそう聞こえたかどうかは分からないが、その時俺はそう聞こえたと思いたい。
そしてある日妹が父の日だからとネクタイをプレゼントをしてくれた。
俺は、なんで父の日にプレゼントなんだよ~って笑って聞いてみたら、妹が
「両親が亡くなって代わりにここまで育ててくれたお兄ちゃんがお父さん代わり」なんだと。
俺はそれを聞いて嬉しかった。両親が亡くなり妹のために何も考えず必死に働いてたから・・・
そういった心から嬉しがる事が無かったから非常に嬉しくてトイレで
妹に気付かれないように声を殺してクゥクゥ泣いた。

ネクタイを締めて見せてくれとせがむ妹に恥ずかしいからと必死に断わった事を今更遅いが悔やんでいる。
何故あの時妹に見せてやらなかったんだと。
今でも妹のふくれっつらが目に浮かぶ。



732 4/6投稿日:2008/01/06(日) 01:36:05.42 ID:3tUmr2D30
132 :1 :04/06/01 23:21
妹の事故に遭ったと連絡を会社で聞いた時、最初は何がなんだか理解できなかった。

病院に駆けつけた時には既に息を引き取った後だった。
眠るようにベッドに横たわる妹の顔見た時、俺は嘘だと思った。
何でなんだと。両親が亡くなり兄妹離れ離れに暮らすはめになり
挙句の果てに親戚に盥回しにされ、邪魔者扱いを受けて暮らしていた妹。
こんなにも不幸な暮らしを受けて生きてきた妹にやっと見つかったと思う幸せな日々。

妹が「お兄ちゃん、今まで見守ってくれててありがとう。
 私は十分幸せだから今度はお兄ちゃんが幸せになってね」と
言ってくれていた優しい妹に、何でこんな仕打ちが有るんだと!!
俺の幸せなんかお前の後で十分なのに、何でお前が先に逝くんだと・・・・・。
何で両親ならずたった一人の妹までこうなるんだと、俺は病室で妹の顔を見ながらそう思った。
俺の幸せなんかお前の後で十分なのに、何でお前が先に逝くんだと・・・・・。

葬式には俺の友人・妹の友人とその彼氏。あと優しくしてくれた親戚の者だけで静かに行いました。
たらい回しにした親戚も来ていて「残念な子を亡くしたね」っと言った時に俺は怒った!激しく怒った!
小さい頃に邪険に扱っておきながら何を今更と、何であの時優しくせずに今そんな言葉をかけるのかと。
それを言うとその親戚の人達は何も言わずその場から離れた。
今思えば少し言い過ぎたかもしれないけれど、その時優しくしてくれてれば
妹はもっとましな人生を送っていたかもしれないと思うと、俺は悲しかった。



733 5/6投稿日:2008/01/06(日) 01:37:06.51 ID:3tUmr2D30
176 :1 :04/06/01 23:47
友人や親戚には言えないのでここで妹の事を少し話したい。

妹は俺が病気のと時に必死で心配してくれていた優しい子だった。
妹はつらくっても中々俺に相談しない繊細な子だった。
妹の高校の卒業式には両親の遺影と一緒に参加した
妹がご飯食べて帰るなら連絡しろって事を忘れて外で食って帰った時には怒られた。
妹に怒鳴りつけて泣かせた事もあった。
妹の帰りが遅いと怒りその事で喧嘩もした。
妹に彼氏が出来たと聞いて複雑な気持ちになった。
妹が泣いてた時も一生懸命話を聞いてあげた。
妹との色々と書き込めないくらいの思い出が一杯有った。

これからも喧嘩もしながら兄妹仲良く暮らして行きたかったけど妹はもう居ない。
結婚の挨拶に妹の彼氏が来たら追い返そうと思ってたけど、それすらもう出来ない。
それでも俺は当たり前の事だけど、これから妹の居ない生活を生きていかなければならない。
妹の言葉通り精一杯生き、そして幸せになる事が妹への最高のはなむけになると俺は信じている。



734 6/6投稿日:2008/01/06(日) 01:37:40.56 ID:3tUmr2D30
188 :1 :04/06/01 23:53
俺は無神論者だけどこれだけは言わせて欲しい。
この世に神様が居るとしたらあの世で妹が幸せで有る事を切に願う。
来世でも妹に会え、その妹が人並みの幸せな暮らしが出来ることを願う。
今度生まれ変わってもまたあの頃と同じ家族で出会いたいと俺は願う。

最後に俺の家族へのメッセージを言わせてください。

お父さんへ
「こんなに立派になりました。妹の事よろしく」

お母さんへ
「あなたの息子は精一杯生きています。先に逝った妹を可愛がってください。」

妹へ
「いろいろと迷惑かけたけど、安心してください。そちらに逝った時にはまた兄妹として仲良くしよう」

最後になりますが皆さんへのメッセージを大きな声で言わせてください

「ありがとう」



スポンサーサイト
未分類 | - | - |
copyright (C) う゛ぃぺぶろぐ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。